言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (33 users, 33 posts)

[宗教][学問][ビジネス][表現][倫理][ウヨ]
飯山陽氏が信用できない著者だとは聞いていたがここまでとは思わなかった。「新書サイズに落とし込んだから云々」が通用しないレベルだな。
コテンパンだな… 著者がイスラームに関して専門家と呼ばれる資格があるのかどうかのレベルで批判してるよねえ。
「著者がイスラム法の論理に言及する多くの部分に,理解が誤っている部分や不正確な表現を見出すことができる。」原著は新書であり、誤解が世間に膾炙するのを防ぐため、DL版だけでなくnoteなどでも公開して欲しい。
[イスラム] ときおりこういうのをブクマで知ることができるのはありがたい。
[宗教] 飯山陽『イスラム教の論理』の書評。やりたい方向性は評価するがやれてないし著者はやれるレベルに達していない、素人は読むべきでない、という酷評。
イスラム学研究者の松山洋平准教授による飯山陽著『イスラム教の論理』の問題点の指摘
[reviews] "本書では,こういった初歩的領域についての理解もおぼつかないまま構築された「イスラム教の論理」に基づき,著者の主張が展開されていく。" "イスラム教についての誤った理解をもたらす可能性が高い"
「イスラム法学の諸理論について正確な理解を欠いている」「ぞんざいな説明が読者に誤った理解をもたらす」「よく知らないことについて無理に説明」「初歩的領域についての理解もおぼつかないまま」徹底批判だ。
いたるところで・ジハードはイスラム教で正当な行為→「イスラム国」はジハードを実行→故に「イスラム国」はイスラム教の正しい実践者,という。 この論法はその過程で多くの要素を意図的にそぎ落として初めて
飯山陽著『イスラム教の論理』の書評だが、ここまで事細かにフルボッコにしている書評も珍しい気がする(そして書評を読む限り、それが無理もない内容みたいだが)
[Book][宗教][政治] イスラム法の理論に依拠して議論しようとする本書の立場は画期的であると評しつつ、いきなり「第一の問題点は,著者がイスラム法学の諸理論について正確な理解を欠いていることである」と致命傷を負わせる書評
この大変重要な書評が,オープンアクセスで読めることは大変ありがたい

Twitter (445 users, 534 posts, 942 favorites)

J-STAGE Articles - 飯山陽著『イスラム教の論理』 https://t.co/Fw9OFq81S8 書評ではなく査読、そしてリジェクト
松山洋平. 書評: 飯山陽著『イスラム教の論理』. オリエント. 2018, 61(1), p.74-78. https://t.co/K7Ndrrs1XM, (参照 2021-10-02).
“飯山陽著『イスラム教の論理』” https://t.co/9EZpiQk5kq
書評 飯山陽著『イスラム教の論理』 https://t.co/M5Fr1uhh6F
>第一の問題点は,著者がイスラム法学の諸理論について正確な理解を欠いていることである──これは本書の基盤にかかわる重大な問題点と言える 書評 J-STAGE Articles - 飯山陽著『イスラム教の論理』 https://t.co/4QN1rGjYXx
"よく知らないことに ついて無理に説明すると,こういう余分な概念を挿入してしまうことになる。" https://t.co/0FkiYoqQ5i
飯山陽著『イスラム教の論理』 https://t.co/qnYeQAgeaP
なかなかのめったざしにしている書評。飯山氏のイスラム法に対する理解があやしいと。 - 〔書評〕飯山陽著『イスラム教の論理』(評者:松山 洋平) https://t.co/d2ytioIFMR
批判的な書評が出ていたので、リンクします。 常人にも分かるように書いてほしい。 https://t.co/35z1vxxSQ5
松山洋平. 書評: 飯山陽著『イスラム教の論理』. オリエント. 2018, 61(1), p.74-78. https://t.co/RINeX04NP0, (参照 2021-10-02). #イスラム教 #イスラム法
→『 ・初歩的領域についての理解もおぼつかないまま構築された「イスラム教の論理」に基づき,著者の主張が展開され ・宗教全般についての先入観と無理解 ・全体的な論の進め方・レトリック…扇動的な筆致…クルアーンの恣意的な引用 』 >飯山陽著『イスラム教の論理』https://t.co/xOXjmuo42R
「本書では,こういった初歩的領域についての理解もおぼつかないまま構築された『イスラム教の論理』に基づき,著者の主張が展開されていく」。 「第二の問題点は、著者の(イスラム教以外の宗教を含む)宗教全般についての先入観と無理解である」。 一刀両断バッサリ書評。 https://t.co/2e8cIZWbx3
池内恵先生のご見解を知りたい。 https://t.co/35bP87AHEx
飯山陽著『イスラム教の論理』 https://t.co/EEkezjZh0m
飯山陽著『イスラム教の論理』の書評だが、ここまで事細かにフルボッコにしている書評も珍しい気がする(そして書評を読む限り、それが無理もない内容みたいだが) / 1件のコメント https://t.co/FEWqbS3vGl https://t.co/s0G4x7eppw
飯山陽著『イスラム教の論理』の書評だが、ここまで事細かにフルボッコにしている書評も珍しい気がする(そして書評を読む限り、それが無理もない内容みたいだが) / 1件のコメント https://t.co/FEWqbS3vGl https://t.co/s0G4x7eppw
松山陽平先生による書評。まさに「一刀両断」。僕も一応読んだけど、イスラーム神学に詳しくなくても「こんな“野蛮”な解釈で、千年以上続いてきた訳ねえだろ」と感覚的に思った。あの本を褒めていた人は反省するべき。/J-STAGE Articles - 飯山陽著『イスラム教の論理』 https://t.co/QzL6Dgrv81
“飯山陽著『イスラム教の論理』” https://t.co/eS1wt6l4mm
J-STAGE Articles - 飯山陽著『イスラム教の論理』 https://t.co/P2lDtTfQ4p
J-STAGE Articles - 飯山陽著『イスラム教の論理』 https://t.co/9LqYtexnXg 書評 飯山陽著『イスラム教の論理』 新潮社,2018 年 2 月,238 頁,定価 780 円(税別) 松山 洋平 これが学術的な内容だよね
松山洋平(2018)「書評 飯山陽著『イスラム教の論理』新潮社」『オリエント』61(1): 74-78. https://t.co/4hLKAzhezK ああとても重要な書評がようやくオープンアクセスに。「イスラーム」をどう論じ表象するのかという現在の困難な問題に「研究の論理」がどう向かうかということも考えさせる書評。

収集済み URL リスト