中田考 (@HASSANKONAKATA)

投稿一覧(最新100件)

RT @khargush1969: Liddle, A.V. 2013: Coins of Jahangir: creations of a numismatist https://t.co/c0xekmNno0 内容もだが表紙に使われている細密画がシッカ(打刻型)による貨幣打…
RT @khargush1969: 飯塚正人(1992)「イブン・タイミーヤ著/湯川武・中田考訳『イスラーム政治論 : シャリーアによる統治』」『史学雑誌』101(1): 130-131. https://t.co/JtsUP0j99r 飯塚先生による新刊紹介があったことをいま…
RT @khargush1969: Amitai, R. 2013: Mamluks, Franks and Mongols: A Necessary but Impossible Triangle. https://t.co/xIXMCNrbtQ マムルーク朝=ジョチ・ウルス…
これね→ CiNii 論文 -  書評 飯山陽著『イスラム教の論理』https://t.co/rB7dsZlX0M https://t.co/yJturhoJGY
RT @HarutaSeiro: 10月にツイートした嶺崎寛子先生の『宗教研究』誌論文がフリーで読めるようになりました:J-STAGE Articles - イスラームとジェンダーをめぐるアポリアの先へ https://t.co/QXgWoowKww
RT @khargush1969: →イブン・タイミーヤのアッラーマ・ヒッリーに対する批判については,この論文を読めば良いらしい。 Tariq Al-Jamil 2010: Ibn Taymiyya and Ibn Al-Mutahhar Al-Hilli: Shi'i Pol…
RT @n_jacoken: 「西欧の宗教学の出自はキリスト教神学、より正確に言えば、近代西欧のプロテスタント神学であり、その『宗教』概念には、宗教の本質を個人の内心の信仰と看做す特殊プロテスタント的『宗教』理解が刻印されている」 中田考「宗教学とイスラーム研究」 https:…
RT @chutoislam: カーブース国王といえば、サウジ・イラン間で中立を保ち、イランとの太いパイプを持った、かつ欧米に敵対的でない立場からの、米イランの仲介外交で知られる。【2011年以降のケリー国務長官による交渉過程では上述のオマーンのチャンネルが重要な役割を果たした…
RT @tkstpauli: これ読んでお勉強したらいいですよ。 J-STAGE Articles - 宗教学とイスラーム研究 : 規範的アプローチの構築のための準備作業(<特集>イスラームと宗教研究) https://t.co/z1TkGZ0yGu https:/…
RT @khargush1969: 手島勲矢(2009)「書評 長窪専三著『古典ユダヤ教事典』(教文館、二〇〇八年、六三八頁)」『日本の神学』48: 107-112. https://t.co/oxgoXkJJcx 書評。ユダヤ史/学について調べる工具は何を使うべきか門外漢ゆえ…
https://t.co/qzzl6ZJfMf https://t.co/bABdwmlAPm
@nemutaiM 狭義の専門はイブン・タイミーヤだが、私が依拠する法学者は百人や二百人ではない。https://t.co/7641s9HBN4 , https://t.co/6mIBe2YnOu ,… https://t.co/fTdhsvEeMo
@nemutaiM 狭義の専門はイブン・タイミーヤだが、私が依拠する法学者は百人や二百人ではない。https://t.co/7641s9HBN4 , https://t.co/6mIBe2YnOu ,… https://t.co/fTdhsvEeMo
@nemutaiM 狭義の専門はイブン・タイミーヤだが、私が依拠する法学者は百人や二百人ではない。https://t.co/7641s9HBN4 , https://t.co/6mIBe2YnOu ,… https://t.co/fTdhsvEeMo
@nemutaiM 狭義の専門はイブン・タイミーヤだが、私が依拠する法学者は百人や二百人ではない。https://t.co/7641s9HBN4 , https://t.co/6mIBe2YnOu ,… https://t.co/fTdhsvEeMo
@nemutaiM 狭義の専門はイブン・タイミーヤだが、私が依拠する法学者は百人や二百人ではない。https://t.co/7641s9HBN4 , https://t.co/6mIBe2YnOu ,… https://t.co/fTdhsvEeMo
RT @khargush1969: 西村淳一(2016)「日本における預言者ムハンマド画に関する覚書」『イスラーム地域研究ジャーナル』8: 37-53. https://t.co/StIGPYMTJD やや,これは読んでいなかった。西アジア・イスラーム社会のムハンマド肖像の歴史…
RT @khargush1969: https://t.co/Jxz2t8QXP2 橋本満(1992)「「近代日本における伝統の発明」シンポジウム」『ソシオロジ』37(1): 61-66. https://t.co/mdkb3n5Ufr 「人々が日本古来の伝統と思っているもの」…
末法。Cf.『末法の法学』 https://t.co/gv9NGc3ESd https://t.co/dgaMVVdhQD
RT @khargush1969: RT:教えていただいたラフサンジャーニーのイラン革命回想録,日本での所蔵はアジ研か〜。 https://t.co/OgyGjRL5vJ そういえば2017年のイランの歴史大河『シャーの謎(mo'amma-yi shah)』は,革命に身を投じる…
20年前に書いた論文だけど、現在のインドネシアの俗に言う「イスラーム化」を考えるのに極めて示唆的。昔は優れた仕事してたなぁ、私。 ↓  J-STAGE Articles - アブドッラフマン・ワヒドのイスラーム政治観 https://t.co/wWS8g5jRUg
RT @khargush1969: 設樂國廣(2009)「私の大学院生時代」『史苑』69: 223-228. https://t.co/MnWZbbxkBM 1960年代の日本のトルコ学と激動するトルコ現代史と重なった留学時代・・・貴重な史料ではないだろうか?
RT @khargush1969: 三沢伸生(2015)「20世紀前半のイスタンブルにおける日本軍部の活動」『東洋大学社会学部紀要』53(1): 21-34. https://t.co/iwgeoqE5zs 日露戦争〜第二次大戦期まで。しかしオスマン帝国末期〜共和国初期のトルコ…
RT @khargush1969: リンク貼り直し: 保坂修司(2007)「アラブ社会における日本のアニメ・マンガの影響」池内恵編『Cairo Conference on Japanese Studies』国際日本文化研究センター: 131-145. https://t.co/…
論文集用に、拙稿「アブドッラフマン・ワヒドのイスラーム政治観」『オリエント』42巻2号2001年、104-124頁(https://t.co/lnqBcpnZCI)、「マレーシアの「公認」イスラーム国家論」JAMS News No… https://t.co/5nCpEBNnx1
RT @tkstpauli: 懇親会で複数人にご笑覧されていることが分かり、うれしかったのでシェア。 J-STAGE Articles - 世俗主義批判の射程 : イスラーム復興に関する人類学の最前線 https://t.co/0IerWlexRL
RT @kaz_fukuyama: OECD加盟36か国では、大学授業料が低額か給付型奨学金等の補助が充実しているのがスタンダード。ノルウェー、フィンランド、トルコ等は授業料が無償又は安い上に補助も充実。授業料が高いのに公的補助が貧弱というのは日本・韓国・チリの僅か3か国という…
RT @khargush1969: 黒岩高(2004)「「学」と「教」:回民蜂起に見る清代ムスリム社会の地域相」『東洋学報』86(3): 421-455. https://t.co/ke4wH7f3Qa 19世紀半,同治年間の回民蜂起の中でアホンが担った役割,コミュニティ指導者…
RT @khargush1969: 松山洋平(2013)「マートゥリーディー学派研究の諸側面」『日本中東学会年報』29(1): 145-159. https://t.co/LGwnQnmd7u スンナ派の理性主義潮流を担ったマートゥリーディー神学について,ハナフィー派との相互影…
RT @tkstpauli: J-STAGE Articles - 宗教学とイスラーム研究 : 規範的アプローチの構築のための準備作業(<特集>イスラームと宗教研究) https://t.co/z1TkGZ0yGu
RT @notremames: しかしヘブライズムとヘレニズムはイスラーム文明の源流でもあり、むしろイスラーム文明こそが両者の正統な継承者「正嫡」である、とも言い得るからです。」 中田考 (2004)「イスラーム研究のパラダイム転換 : オリエンタリズムから一神教学際研究へ」…
RT @Saxifragamystic: トルコの新聞読むときは東京外大の『トルコ新聞記事翻訳ハンドブック』がとても便利。トルコウォッチャー必携。https://t.co/AAo6wScHVZ
ちょっと時間が出来たので https://t.co/UW4exdSP5e の続きの研究をしてみようかしら。せっかくラーフィイーやジュワイニーやガザーリーやマーワルディーの法学書がネットでpdfで読める夢のような時代なのだからね。
RT @notremames: 学術的な言説における「宗教」の気持ち悪さの原因は、中田先生の論文で大体わかりますね。 --- 宗教学とイスラーム研究 : 規範的アプローチの構築のための準備作業(<特集>イスラームと宗教研究) 中田 考 https://t.co/Wr8jkif…
「末法の法学 ー ジュワイニーの法滅論」https://t.co/qzzl6ZJfMf https://t.co/v6ZuiGKX3f
J-STAGE Articles - 末法の法学-ジュワイニーの法滅論 https://t.co/4KgIzb513A
RT @mittsko: 私、こういう論文をもう20年近く前に書いていたりするのです…(´・ω・`)  ↓ CiNii 論文 -  ヒンドゥー・ナショナリストの「一神教」批判 https://t.co/pJokKd4MxE #CiNii
RT @yusai00: エアコンの設定温度を28℃にする根拠がない事はだんだん知られてきたけど、では何度が最適なのか?オフィスでの作業効率と電力消費を調べた論文によれば「作業効率が最大になるのは25.7℃」。設定温度じゃないぞ室温だぞ。それではご唱和下さい!「最も捗る室温は2…
拙稿『シーア派法学の「善の命令と悪の禁止」理論の発展とホメイニーによるその革新』 https://t.co/2HfiZkg15g も是非お読みください https://t.co/JZqRA1qeiH
RT @khargush1969: 三浦勉(1997)「エルサレムの法的地位」『アジア研究所紀要』24, 166-147. https://t.co/wlfw5X1peB 少し古い論文だが,イスラエルがどのようにエルサレムを占領し領有権を主張してきたか,そこに合法性はあるか,英…
RT @HASSANKONAKATA: 拙稿「イスラーム法学に於けるカリフ論の展開」自体のリンクは https://t.co/32BfKNLPkD https://t.co/93TK3LEaRG
拙稿「イスラーム法学に於けるカリフ論の展開」自体のリンクは https://t.co/32BfKNLPkD https://t.co/93TK3LEaRG
27年も前ですが慶應の長谷部史彦先生から「『あるべきイスラームの政治像』を求める中田氏の意気込みは読者を圧倒する」と過分なお褒め(??)の言葉を頂きました。私はもう30年以上カリフ制再興のために学問をしてきたのです。「イスラーム法… https://t.co/oahMisz2UK
「 宗教学とイスラーム研究 : 規範的アプローチの構築のための準備作業 」 https://t.co/7CB9oCFaCh
「ワッハーブ派の政治理念と国家原理」 https://t.co/yqH8y7qgVW
「末法の法学 ―ジュワイニーの法滅論」 https://t.co/gv9NGc3ESd
「シーア派法学における『善の命令と悪の阻止』理論の発展とホメイニーによるその革新」 https://t.co/2HfiZkg15g
RT @khargush1969: 榊和良(2010)「「内なるインド」とイスラーム(第3回シンポジウム 「インド的文明」とは何かII)」『南アジア研究*2010(22): 277-284. https://t.co/swyo2LYyEu インド・イスラームの形成(ヒンドゥーと…
現在のムスリムの状況への反省が足りないなぁ。拙稿「救済の境界」 https://t.co/anMy51tDKE 参照。 https://t.co/rGqVmcfAs4
RT @HASSANKONAKATA: 【急募】本日14時30分より京都河原町今出川で引っ越しの手伝い。屈強な男子求む。予定作業時間約3時間。謝礼は拙論文「宗教学とイスラーム研究」 https://t.co/7v24y2PzyX 抜き刷り一部進呈。 来られる方はリプ下さい。作業…
【急募】本日14時30分より京都河原町今出川で引っ越しの手伝い。屈強な男子求む。予定作業時間約3時間。謝礼は拙論文「宗教学とイスラーム研究」 https://t.co/7v24y2PzyX 抜き刷り一部進呈。 来られる方はリプ下さい。作業場所をDMでお知らせします。
「ワッハーブ派」が他称、蔑称であり、分析概念として定義が必要なのは確かだが、例えば「サウド王家の支配の正当性を認めるサラフィー主義の一派」のように定義可能。詳しくは拙稿 https://t.co/Tbu6iiiHwT など参照。 https://t.co/70XYbsUkVY
RT @khargush1969: スピルマン,クリストファー・W・A(2005)「河野広中関係文書に見られる上海時代の北一輝の行動:有賀文八郎からの書簡と電報を中心に」『九州産業大学国際文化学部紀要』31, A1-A8. https://t.co/avfISEHR0d 有賀阿…
RT @pentan0102: https://t.co/i0MJQ1TUp6 日露戦争と日土関係-20世紀における日露戦争の記憶 この論文のp173に明治天皇カリフ化計画に関する記述を発見
RT @khargush1969: RT:これの翻訳かな??騎士道というかスーフィズムのフトゥッワのほう(フルースィーヤじゃなく)・・・山本直輝さんの訳なんて、すばらしいな。 https://t.co/D5NDjsSoWN
RT @khargush1969: Bengio,O. & MLitvak ed. 2011.The Sunna and Shi’a in History https://t.co/GCA1tZxPl9 初期イスラームから現代までのスンナ・シーア派関係を様々な視点から http…
RT @NaokiQayyim: 川本先生のナクシュバンディー教団解説も分かりやすい。 川本正知「ナクシュバンディー教團の修行法について」 https://t.co/fR6VRrHpFg
RT @khargush1969: CiNii 論文 -  イスラーム文化圏の文学的伝統とその近代化 : オスマン帝国からトルコ共和国へ https://t.co/33ccpaGrPt #CiNii
RT @NaokiQayyim: CiNii 論文 -  高尾賢一郎、「ヒスバ」から見る「イスラーム国」の統治 (中東における政治変動とイスラーム主義) https://t.co/a6y0a8GFUS
RT @khargush1969: 大塚和夫(1984)「アッラー、神、アラーの神:イスラームの日本的理解をめぐる一考察」『国立民族学博物館研究報告』9: 383-419. https://t.co/4DfunDXO6D 日本における「神」概念を捉えた上で、それが日本のイスラー…
RT @NaokiQayyim: アメリカ人の改宗ムスリム院生が読んで感銘を受けたそう。→松山洋平「不信仰の地」におけるイスラーム : マートゥリーディー学派における宣教未到達の民の信仰 https://t.co/TkLVBPcwdB
RT @khargush1969: 日下部達哉(2009)「バングラデシュ農村のマドラサ」『イスラーム地域研究ジャーナル』1: 23-36. https://t.co/a1QY5Y19RM 南アジアのマドラサが「過激派教育の温床」とレッテルを貼られがちな現状への批判に基づき、イ…
RT @khargush1969: 酒井啓子(2008)「中東における反米意識の歴史的展開(特集1 反米:その歴史と構造)」『アメリカ太平洋研究』8(創立40周年記念号): 28-35. https://t.co/LGbMBOEFlP
ここで買うのか→ @arifahmatsuyama 『やさしい神さまのお話』届きました。アル=ハムドリッラー。ご注文お待ちしております。 http://t.co/T9zpThS68i http://t.co/LEqJlfieCZ http://t.co/VQhlljbRhx
RT @khargush1969: イスラームにおける異教徒政策のスンナの形成過程については、 太田敬子(2011)「ナジュラーンの安全保障契約を巡る諸問題 (1)-(2)」『北海道大学文学研究科紀要』133, 135. http://t.co/ie6FN2yLPt http:…
RT @khargush1969: イスラームにおける異教徒政策のスンナの形成過程については、 太田敬子(2011)「ナジュラーンの安全保障契約を巡る諸問題 (1)-(2)」『北海道大学文学研究科紀要』133, 135. http://t.co/ie6FN2yLPt http:…
私のことを「イスラーム法学者」とか名付けて何か理解した気になっている人たちは、せめて拙稿「末法の法学」  http://t.co/N5LlQJdeWp ぐらいは読んでください 【ツイッター自粛中なう】
RT @khargush1969: 飯塚正人(1990)「オラービー運動期のムハンマド・アブドゥフ:シャリーア施行を巡る戦い」『オリエント』33(2):20-35. https://t.co/JRKVsCujLX 初期のアブドゥフの思想の分析。その議会制支持の思想があくまでシャ…
RT @khargush1969: Clarence-Smith, W. G. (2006) Islam and the abolition of slavery. Oxford University Press http://t.co/UFWervdOMH イスラームにおける…
RT @khargush1969: Ehud R. Toledano (1998) Slavery and abolition in the Ottoman Middle East. Univ. of Washington Press http://t.co/ygcODSmNl…
RT @khargush1969: Deringil, S. (1997) 加護された領域:オスマン帝国におけるイデオロギーと権力の正統化、1876-1909 http://t.co/zVAaVsugxo 秋葉淳先生の短評 http://t.co/wz8MYTCm1f オスマン…
RT @massacreofegypt: この人ツイッターもやってるRT @tangeshinikuo: ま、彼の場合は今年4月の週刊金曜日に『戦争という極限状況で“生きる” シリアからの帰還兵、25歳・鵜澤佳史さん』なんて記事も載ってたみたいだし驚くには当たらないのか?htt…
RT @khargush1969: 中田考(1995)「ワッハーブ派の政治理念と国家原理:宣教国家サウディアラビアの成立と変質」『オリエント』38 (1): 79-95. https://t.co/yRLzj8kl1p ワッハーブ派の非ワッハーブ派ムスリムに対する姿勢(伝統的ハ…
RT @khargush1969: 青柳かおる 2005「ガザーリーの修行論における性の問題 : 神秘主義的宇宙論との関係を中心に」『宗教研究』79/3 http://t.co/n42braL5Iy イブン・アラビーの女性観凄いなー女性は神の完全な自己顕現、女性は預言者に愛され…
多謝 "@QsarKbir: サアド朝カリフ制(アミール・ムウミニーンの自称)の起源についてはこちら(http://t.co/9ZcabDoi7j)の18ページに数行ですが書きました。後はこちら(https://t.co/f9ZBR6aQis)を。"
"@khargush1969: 川又正智「境界世界の一事例:悪魔教徒・悪魔崇拝者と呼ばれるヤズィーディ(ヤズィード教徒)」 http://t.co/ndvdAKj55j 1984年モスル近郊のヤズィーディーの村に逗留" やはりクルアーンが聞こえると音を小さくしている!
RT @khargush1969: 渋谷努(2008)「フランスにおけるイスラーム恐怖症と北アフリカ出身移民による「イスラーム」イメージ再修正の試み」『東北人類学論壇』7: 38-61. http://t.co/o5q16szhKa フランスのイスラーム恐怖症の背景分析と、共存…
中田考「イスラームの今日的使命 : カリフ制再興による大地の解放」 http://t.co/r6cGs6j1Di
「スンナ派カリフ論の脱構築:地上における法の支配の実現」 http://t.co/r4CyG4Fmzu , http://t.co/UtrO7ppG8I 日本人は皆、こういう論文が日本語で読めることを(アッラーに)感謝するべきなんだけどねぇ...

6 0 0 0 宗教公論

RT @khargush1969: 青山光二(1948)「僧正(イマム)イブラヒムのこと」『宗教公論』17(4): 7-11. 戦前の宣撫映画制作に関わっていた青山光二はイブラヒムの宣伝映画『東京の回教徒』について回想を残した。国立国会図書館デジタル資料(館内閲覧)。 http…
"@harukosakaedani: @HASSANKONAKATA 『やさしい神さまのお話』 http://t.co/LEqJlf1bAZ  限定100部だったんですか。もう増刷しないんですか?" 出版予算があるかどうか、ムスリム新聞社に訊ねてみます
偽イスラーム経済論、それなりに自己批判もあるのね。まぁ、所詮、反イスラーム国家、会社法人概念、不換紙幣など根本的問題から目を逸らした茶番だが→「ムダーラバ・コンセンサス」のマレーシア的転回: イスラーム資本市場が切り開く新たな地平」 http://t.co/YMfljHN1wr
アブドゥルガニー・ナーブルスィー研究の軌跡と課題その他のタイトル: 著者: 山本, 直輝  http://t.co/JoM325TE3T
「イスラーム解放党のカリフ革命論」 http://t.co/6E88mQwNIR
RT @khargush1969: 中田考(2004)「イスラーム研究のパラダイム転換:オリエンタリズムから一神教学際研究へ」『基督教研究』66 http://t.co/IV7xF6Wdrq ヨーロッパ東洋学発祥のイスラーム研究の歴史的変遷とその問題に関する、極めて分かりやすい…
"@prmeis: ハーメネイー最高指導者「タクフィール派はイスラーム世界にとって大いなる脅威」(3) http://t.co/OzcQBvgvLH "シーア派こそタクフィール主義者ですが、現世での共存は可能。詳しくは拙稿参照→ http://t.co/deoX3CAhf5
CiNii 論文 -  シーア派法学における古典ジハード論とその現代的展開--スンナ派法学との比較の視点から http://t.co/deoX3CAhf5
イスラーム法に反した世俗主義の統治を背教とみなす理論的根拠については拙稿「ジハード(聖戦)論再考 https://t.co/bIxR4o0JOK 」 参照  → ヌスラはアサド政権が…イスラーム法に反した世俗主義の統治を行う背教者であると考えるが故に戦っている…
RT @mariko_mugitani: 「我が国のパブリック・ディプロマシーの変遷と今後の課題―インドネシアの事例を中心に―」 http://t.co/T1tRFnrZ

1246 6 0 0 OA エロエロ草紙

RT @bando_alpha: 何だこりゃ・・・「エロエロ草子」 http://t.co/8lKwGJJY これが国会図書館アクセス1位・・・
日本はクリスチャンが平気でこういう本(『ニーバーとその時代―ラインホールド・ニーバーの預言者的役割とその遺産 』チャールズ・C. ブラウン)やこういう論文(「内村鑑三 : その預言者的側面についての一考察」本多峰子) http://t.co/1O4uXLzm 書く国だからね。

お気に入り一覧(最新100件)

設樂國廣(2009)「私の大学院生時代」『史苑』69: 223-228. https://t.co/MnWZbbxkBM 1960年代の日本のトルコ学と激動するトルコ現代史と重なった留学時代・・・貴重な史料ではないだろうか?
懇親会で複数人にご笑覧されていることが分かり、うれしかったのでシェア。 J-STAGE Articles - 世俗主義批判の射程 : イスラーム復興に関する人類学の最前線 https://t.co/0IerWlexRL
こっちも:近藤洋平「東方イバード派における人間の宗教的分類と忘恩・偽信概念の展開」『宗教研究』85-1, 2011. https://t.co/hdk0qJsOh2
トルコの新聞読むときは東京外大の『トルコ新聞記事翻訳ハンドブック』がとても便利。トルコウォッチャー必携。https://t.co/AAo6wScHVZ
CiNii 論文 -  イスラーム文化圏の文学的伝統とその近代化 : オスマン帝国からトルコ共和国へ https://t.co/33ccpaGrPt #CiNii

フォロー(193ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

20世紀初のアルダビール・サフィー廟の状況については,F・サーレが必読なのだな。 Sarre, Friedrich 1924: Ardabil : Grabmoschee des Schech Safi : Denkmäler p… https://t.co/hz8iIC8Ma6
→3月に来日予定のS.Blair先生が,バラ水撒き器の論文を書いていた。 Blair 2014: Perfuming the Air: A Rosewater Sprinkler from Herat… https://t.co/y4HcDY3CWo
https://t.co/cbXI2ug2Ay →これは,大塚修先生が宮紀子先生の大著の書評で指摘しておられた,「”縦軸”の重要性」とも通じるのではないか。 https://t.co/TE9fgj3e0W 一人でやることはもとより… https://t.co/Ltmw1OOCoZ

フォロワー(25156ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…
アリスター・マクグラスと森本あんりの対談「無神論の黄昏とアジア神学の将来」、なかなか面白い。 https://t.co/bXnLsarTnQ
これの書籍化かな。 KAKEN — 研究課題をさがす | 「議会運営における時間」に関する比較研究 (KAKENHI-PROJECT-17H02453) https://t.co/itWVqRBTXT

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…
CiNii 論文 -  自己呈示の手法としての「SNSの使い分け」 : 状況論的自己論の視点から https://t.co/CViRjxhKBC #CiNii
RT @TaniTakuo: https://t.co/VED0ku9K5O Virtualの訳語を考察した、「VR=バーチャルリアリティーは、“仮想”現実か」の全文、J-STAGEでも公開されています。ぜひご覧ください! #VRの訳語 #仮想現実

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

138 138 138 50 OA 枕草子春曙抄

RT @tarareba722: 現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…
「福島正夫は戦前の仁井田の研究により生み出された『唐令拾遺』、『唐宋法律文書の研究』、『支那身分法史』を戦前三大著と評し、それぞれの研究を順に資料精査、法律文書の分類、比較法制史として特徴づけている」 唐宋法律文書の研究… https://t.co/Kunz8gVtl7

3 1 1 1 OA 支那身分法史

「福島正夫は戦前の仁井田の研究により生み出された『唐令拾遺』、『唐宋法律文書の研究』、『支那身分法史』を戦前三大著と評し、それぞれの研究を順に資料精査、法律文書の分類、比較法制史として特徴づけている」 唐宋法律文書の研究… https://t.co/Kunz8gVtl7
参考「天竺のことば、日本の五十音-文化接触における選択と同化の様態-」坂田貞二氏(拓大商学部 日本音響学会誌47巻8号1991年) より必要部要約 https://t.co/HGSIAAdYPk

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…
RT @naoto_muranaka: 心的回転の神経回路モデル  https://t.co/QbDm9MPD2t 視点変換・心的回転に関わる脳内基盤の検討:fMRI研究 https://t.co/4vMjWZHUMC 定型・非定型発達児を対象とした他者視点取得に関する 神…
RT @naoto_muranaka: 心的回転の神経回路モデル  https://t.co/QbDm9MPD2t 視点変換・心的回転に関わる脳内基盤の検討:fMRI研究 https://t.co/4vMjWZHUMC 定型・非定型発達児を対象とした他者視点取得に関する 神…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

138 138 138 50 OA 枕草子春曙抄

RT @tarareba722: 現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

138 138 138 50 OA 枕草子春曙抄

RT @tarareba722: 現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。…
RT @Philo_Shinkan: 【本日掲載】 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1087「OECD諸国の憲法―憲法典の比較による概観―」 ①制定年、②改正状況、③新しい人権等、④議会と選挙、⑤安全保障、緊急事態、⑥違憲審査制の規定状況を一覧表にまと…
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1088「デジタル・プラットフォーマーと競争政策」(PDF:476KB)を掲載しました https://t.co/PC7gFQSHzq
”舞踊の核動作 [第62回大会 シンポジウム 全体討論];吉川,周平|古井戸,秀夫|野村,伸一|尼ヶ崎,彬;舞踊學 2011年 34号 p.31-33 https://t.co/ynMF7X6jS8
”韓国巫俗舞踊のチュムサウィ(舞型) とその事例 [第62回大会 シンポジウム報告];野村,伸一;舞踊學 2011年 34号 p.27-30 https://t.co/ZTTckDef8P
”伝統舞踊の核動作 [第62回大会 シンポジウム報告];古井戸,秀夫;舞踊學 2011年 34号 p.25-26 https://t.co/QaR1ILiZcT
”民俗舞踊における舞と踊りの核動作 [第62回大会 シンポジウム基調講演];吉川,周平;舞踊學 2011年 34号 p.23-24 https://t.co/nBX2X71dgK

138 138 138 50 OA 枕草子春曙抄

RT @tarareba722: 現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。…

138 138 138 50 OA 枕草子春曙抄

RT @tarareba722: 現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。…
"音楽のパフォーマンスデザインとイノベーション:ジャズにおける即興と革新を事例として [特集 デザイン学];田柳,恵美子;認知科学 2010年 17巻 3号 p.459-473 https://t.co/tNqgt37gXh
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  水俣病発生地域における差別と抑圧の論理―新潟水俣病を中心に― https://t.co/w25lojdDAx #CiNii
RT @tcv2catnap: J-STAGE Articles - 森永ヒ素ミルク中毒事件50年目の課題 https://t.co/BEWemH8fQm
RT @tcv2catnap: J-STAGE Articles - 森永ヒ素ミルク中毒事件50年目の課題 https://t.co/BEWemH8fQm
【本日掲載】 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1087「OECD諸国の憲法―憲法典の比較による概観―」 ①制定年、②改正状況、③新しい人権等、④議会と選挙、⑤安全保障、緊急事態、⑥違憲審査制の規定状況を一… https://t.co/nFlN6fzdma
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  水俣病発生地域における差別と抑圧の論理―新潟水俣病を中心に― https://t.co/w25lojdDAx #CiNii
RT @kumagaikazuhimi: 徹子が黙ったとき:テレビトーク番組の相互作用分析 https://t.co/jwhQho1Tdb
RT @tcv2catnap: 俺にクソ投げてきたのも何かの縁だろ。 勉強しな。 https://t.co/w25lojdDAx
RT @oshio_at: 公刊されました。バブルの時期以降,日本全体がネガティブな方向に向かっているかもしれないという論文。 日本における情緒不安定性の増加 ──YG性格検査の時間横断的メタ分析── https://t.co/CcBUQ1bxbG
RT @matiasauquebaux: 広島修道大の中嶋先生が中心に行った日本語版相貌失認尺度の研究が論文として刊行されました。授業で顔の認識の話をするときに受講生にやってもらってデータをプロットしたりすると結構個人差があることがわかって、学生も興味を持ちます。お試しあれ。h…
RT @oshio_at: 公刊されました。バブルの時期以降,日本全体がネガティブな方向に向かっているかもしれないという論文。 日本における情緒不安定性の増加 ──YG性格検査の時間横断的メタ分析── https://t.co/CcBUQ1bxbG
RT @MajukyiSanapey: @ArbUrtla 御存知無い様ですが一方で日琉語とアイヌ語との系統関係は全く見込めません。(cf. Vovin1989, 中川 2003) (ja.wpとかを読めば分かるレヴェルの話ですし、曲がりなりにも研究をしている身が殴るのはアレだ…
RT @atmsphrca: @oukaichimon 高齢者ほどガッツリ効く研究結果もありました。イメージup効果は存外大きいのかもです https://t.co/btvFfhDeSU
RT @MajukyiSanapey: @ArbUrtla 御存知無い様ですが一方で日琉語とアイヌ語との系統関係は全く見込めません。(cf. Vovin1989, 中川 2003) (ja.wpとかを読めば分かるレヴェルの話ですし、曲がりなりにも研究をしている身が殴るのはアレだ…
RT @tk_sskmt: 入試の小論文は論文ではなくてエッセイだからあれでいいんだという意見がありましたが、米国式簡略版エッセイの劣化版としてもあれはひどい。文芸としてのエッセイなら復活したモンテーニュに殴られるレベル。渡邉雅子「ディセルタシオンとエッセイ」は必読文献。 ht…
RT @hayakawa2600: 同じ著者のこちらもよかった。「祝祭商品」という着想がおもしろい:右田裕規「日本近代の民衆経験に見る<祝祭商品>の同時代的意義の再考」『社会経済史学』79(1)、2013年 https://t.co/XrDU931PZU
RT @hayakawa2600: 同じ著者のこちらもよかった。「祝祭商品」という着想がおもしろい:右田裕規「日本近代の民衆経験に見る<祝祭商品>の同時代的意義の再考」『社会経済史学』79(1)、2013年 https://t.co/XrDU931PZU
RT @hayakawa2600: 国民精神総動員運動期の国旗掲揚運動については拙著でも触れたが、それ以前の掲揚してなさぶりが紹介されていて興味深い。さらに「祝祭日を知らない人びと」節などおもしろし:右田裕規「近代民衆世界における祝祭日のサボタージュ」『時間学研究』2(0)、2…
RT @hayakawa2600: 国民精神総動員運動期の国旗掲揚運動については拙著でも触れたが、それ以前の掲揚してなさぶりが紹介されていて興味深い。さらに「祝祭日を知らない人びと」節などおもしろし:右田裕規「近代民衆世界における祝祭日のサボタージュ」『時間学研究』2(0)、2…

5 4 4 0 OA 類聚名義抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…
RT @ItuWan3781: 宮崎事件以前の80年代のオタク史を分析した論文をあげる。まず『どこか「問題化」される若者たち』に掲載された松谷創一郎の「<オタク問題>の四半世紀」。 https://t.co/AXiUMIiRK5
RT @tomoak1n: @WadaJP さすがに、正規分布になるとは言っていないで終わりそう。 単峰型の想定事態は、たぶん普通でテキトーな線を書いただけでしょう。 ちょい古いけど、 https://t.co/SVZxT0vjg1 なんかありました。
RT @Fuwarin: ちなみに内閣府でも病院船の勘案をしたようで、災害時多目的船(病院船)に関する調査・検討なるものがあったりするのです。 https://t.co/QyAZWOnIjA https://t.co/wEh02NblUa 。病院船の概要と課題 https://…
RT @Fuwarin: ちなみに内閣府でも病院船の勘案をしたようで、災害時多目的船(病院船)に関する調査・検討なるものがあったりするのです。 https://t.co/QyAZWOnIjA https://t.co/wEh02NblUa 。病院船の概要と課題 https://…
RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…
RT @Fuwarin: ちなみに内閣府でも病院船の勘案をしたようで、災害時多目的船(病院船)に関する調査・検討なるものがあったりするのです。 https://t.co/QyAZWOnIjA https://t.co/wEh02NblUa 。病院船の概要と課題 https://…
RT @Fuwarin: ちなみに内閣府でも病院船の勘案をしたようで、災害時多目的船(病院船)に関する調査・検討なるものがあったりするのです。 https://t.co/QyAZWOnIjA https://t.co/wEh02NblUa 。病院船の概要と課題 https://…
RT @manju1635: 村上信明「清朝中期における旗人エリートの「旗人」意識と「中国化」 ──松筠著『百二老人語録』・『西招図略』の検討を通じて──」(『創価大学人文論集』31、2019年3月) 興味深い論文*˙︶˙*)ノ" 以下、オープンアクセス↓↓↓ https:…
CiNii 論文 -  わが国におけるESG投資の現状と展望 https://t.co/PoxPPXiixS
CiNii 論文 -  ウェーバーの宗教観 ―「近代の経済エートス」の形成― https://t.co/PhkDpEZRjw
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
RT @ZF_phantom: ダイヤモンド・プリンセス号の空調システム設計。 ・客室の新鮮空気量は30%(70%は循環) ・客室に入った空気は主に通路に出て換気ダクトへ(再循環) →感染者の室内空気は通路を経て別の客室へ。 感染拡大原因はさておき、隔離施設としては不適切…
RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…
「Relativistic Quantum Chemistry of the Superheavy Elements. Closed-Shell Element 114 as a Case Study.」 重い元素からなる物質を調… https://t.co/6erklO2tfs
@dazai_books @MNeeton ショーペンハウアーはゲーテと交友があったので、彼の『色彩論』についても議論をしています。詳しくはザフランスキーによるショーペンハウアーの評伝がおすすめです!とても面白くてドイツを訪ねたく… https://t.co/t4G8VLSD1t
RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
教育福祉、医療領域の女性リーダーについて、コンパラブル・ワース、組織のタイプ、所属するスペース、スペースの中で権力関係を伴う位置=プレイスの概念を用いてアプローチ影響力をもつプレイスに座ったとしても、それが男女平等を質的に進める参… https://t.co/ImBhUbRdX4
障害者の『自立にとって重要なファクタ-は何かが「できる」という能力というよりも他者(対社会)とのコミュニケ-ション能力や精神的安定であり、 結婚が自立を促進し、生活の安定を図る要素となりうること,識字・計算能力と社会生活能力の関連… https://t.co/bsnldkDwdv
RT @HattoriM: 私が関わった中国の科学事情の閲覧フリー記事をまとめました(URL更新)。 中国でラボをはじめるということ(生物物理学会) https://t.co/XCANkh8jOI 大学メシからみえてくる中国の大学の強み (JST) https://t.co…
RT @ma31stm: 人混みじゃなくても、黄砂由来でウイルスが国内に入ってきていることは確認されているようなので、花粉症の人じゃなくても洗濯物屋外干しとか窓の開閉とかも気をつけたほうがよさそう。→礒田 博子 (2011)「黄砂によって輸送される病原性物質」https://t…
RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…
RT @Braunite: @LussaPedersen @JP_VoiceTalent1 @jirou_ikushima CT画像診断は、肺炎の起炎菌の推定に役立ちうるとhttps://t.co/FB0mw63iNS https://t.co/T41KZODCMa読影は、場数…
RT @Braunite: @LussaPedersen @JP_VoiceTalent1 @jirou_ikushima CT画像診断は、肺炎の起炎菌の推定に役立ちうるとhttps://t.co/FB0mw63iNS https://t.co/T41KZODCMa読影は、場数…
出産時に胎児と一緒に出てくる胞衣(卵膜や胎盤)を胞衣皿に載せて、人が多く通る場所(より踏み固められる場所で玄関先など)に埋めて、子供の成長を願う「胞衣納め」という儀式があったけど、明治にはこの胞衣納めの会社があったんだ。今では禁止… https://t.co/C5zUgTA5jY
"シンバルの音響特性に及ぼすベルサイズの影響 小川 渉, 鞍谷 文保, 吉田 達哉, 小出 俊雄, 水田 泰次 https://t.co/d6LexAYOUq
RT @stuvw22: 同じく「妨害した」という文言を用いている偽計業務妨害罪(刑法233条)についても「妨害ノ結果ヲ發生セシムヘキ虞アル行爲ヲ爲スニ依リ成立シ現實ニ妨害ノ結果ヲ生セシメタルコトヲ必要トセス」(大審院昭和11年5月7日判決・刑集15巻573頁(https://…
20世紀初のアルダビール・サフィー廟の状況については,F・サーレが必読なのだな。 Sarre, Friedrich 1924: Ardabil : Grabmoschee des Schech Safi : Denkmäler p… https://t.co/hz8iIC8Ma6
RT @khargush1969: →バラ水の歴史はやはり 杉田英明(2002)『葡萄樹の見える回廊』 https://t.co/fYdMYw7RPJ 第1部第1章「薔薇水」が最高だなあ。薔薇水の製法,文学・詩に描かれたその用法,そしてヨーロッパ・日本への伝播が広汎な史料により…
→3月に来日予定のS.Blair先生が,バラ水撒き器の論文を書いていた。 Blair 2014: Perfuming the Air: A Rosewater Sprinkler from Herat… https://t.co/y4HcDY3CWo
RT @BungakuReportRS: 寺島 徹 -  芭蕉百回忌追善集『風羅念仏 みちのく』について https://t.co/BdOaGMlbVn
RT @BungakuReportRS: 髙橋 裕次 -  デジタルマイクロスコープからみた日本の料紙の特色 https://t.co/ugMaeAOx2H
RT @BungakuReportRS: 髙城弘一 -  藤原興風の歌三首 : 藤原興風の古画にそえて https://t.co/cFz4k06ILO