✒ Notch (@door_kn0cker)

投稿一覧(最新100件)

J-STAGE Articles - 縮退型都市計画の導入実態と居住抑制地区の実装過程に関する研究 https://t.co/cqU2OObuRF
@500Haraken きのう話した農振農用地のべた塗りの話 https://t.co/PlpUJI9aui
都市計画法旧法公布100年・新法施行50年輪講やりたい! (とりあえずはこのあたりを参考資料としたい) 石田頼房『日本近現代都市計画の展開』、2004年 石田頼房「最終講義記録2019年への都市計画史」、『総合都市研究』、第58号… https://t.co/8gzrlhPFhD
こういうのを探してた。 https://t.co/YL5ZI4NuVo

お気に入り一覧(最新100件)

「看板建築」の命名は藤森照信による、というのが通説になっているが、「看板建築の概念について」(1975)で藤森が註記している通り、堀勇良の発案による。藤森・堀の会話の中で堀が提案した呼称を用いて、藤森が日本建築学会で初めて学術的な… https://t.co/V3i1IfBnzM
埼玉県東部の江戸川と古利根川の間には散村が見られるが、分家する際に微高地を選んだためという。人文地理7 巻 (1955-1956) 「関東低地における散村の成立と微地形」https://t.co/fklyJgukw4 https://t.co/J4aXQjHeFY
旧城下町における鉄道の導入とその後の町の変容に関する研究 https://t.co/ItURGtfGbW こういう話好きな人多そう https://t.co/X9GSdYZ9jq

フォロー(929ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

2 1 1 0 OA 将棋名家手合

答えは知りません。たとえば嘉永2年(1849年)の御城将棋▲伊藤印寿(後の八代宗印)-△七代大橋宗与(左香落)戦は98手で持将棋成立。 https://t.co/Vnk4ypqZnj https://t.co/44F1y12Qed
RT @nekonoizumi: 『法の原理』の翻訳問題については、こちら。 岩波文庫版『法の原理』書評。PDFあり。 ⇒高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8I…
@HomeiMiyashita 以前お話ししたかもしれませんが、アクションリサーチ法の援用ではダメなのですかね? 例えば https://t.co/3PuIVIT2as
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
“立山カルデラの形成と深層崩壊の歴史 -鳶泥と国見泥-” https://t.co/B4evNiNdFM
“https://t.co/QO3BqaB9uc” https://t.co/Nu5dFZhvjv
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @Nou_YunYun: よむよむ CiNii 論文 -  18世紀初頭の朝鮮通信使と日本の知識人 https://t.co/AqwHQqcjy2 #CiNii
RT @yamada__asuka: この「斜面の魔術師」井出共治氏の設計になる、「病院らしくない病院」「斜面地に建つ(!?)病院」葉山ハートセンター。先進的な心臓外科医療の牙城として築かれたが他の病院でも技術が進歩し、斜面地ならではの1フロアの狭さや立地から随時大規模改修が選…
RT @jack19998: レヴィ=ストロースの料理の三角形や、分子料理というジャンルがあることも初めて知った。 レヴィ=ストロースの料理構造論―料理の三角形から料理の四面体へ―川 端 晶 子 https://t.co/VFK4V8jB1L 分子ガストロノミー https…
“https://t.co/MEYg2lU9Oe” https://t.co/fjbJoZVxtl
RT @ajgeog: 【E-journal GEO掲載論文】宮澤 仁 2009.東京大都市圏における有料老人ホームの立地と施設特性,E-journal GEO 4: 69-85.https://t.co/DZcxTPWaO1
RT @ajgeog: 【E-journal GEO掲載論文】西野寿章 2009.山間集落の現局面と山村政策への視点,E-journal GEO 4: 86-102.http://t.co/2dLRV0ms4C
【E-journal GEO掲載論文】宮澤 仁 2009.東京大都市圏における有料老人ホームの立地と施設特性,E-journal GEO 4: 69-85.https://t.co/DZcxTPWaO1
RT @ajgeog: 【E-journal GEO掲載論文】江崎雄治・西岡八郎・鈴木 透・小池司朗・山内昌和・菅 桂太・貴志匡博 2013.地域の将来像を人口から考える,E-journal-GEO 8: 255-267.http://t.co/O1b9dVaQCQ
RT @ajgeog: 【E-journal GEO掲載論文】岩間信之ほか 2016.食料品アクセスおよび家族・地域住民との繋がりを指標としたフードデザートの析出―県庁所在都市の都心部における事例研究―,E-journal GEO 11(1),70-84.https://t.c…
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】伊藤慎悟 2010.仙台市における戸建住宅団地の高齢化,地理学評論83,510-523.http://t.co/HYqiBOg4Xv
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】森田匡俊・奥貫圭一・塩出志乃 2012.老年人口密度を考慮した高齢化率の空間的分布パターンの把握に関する研究.地理学評論85A: 608-617.https://t.co/JWBBKAzvUr
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】植村円香 2011.東京都利島村におけるツバキ実生産による高齢者の生計維持,地理学評論84A,242-257.https://t.co/6a0ZLNS2g6

フォロワー(620ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nekonoizumi: 『法の原理』の翻訳問題については、こちら。 岩波文庫版『法の原理』書評。PDFあり。 ⇒高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8I…
@HomeiMiyashita 以前お話ししたかもしれませんが、アクションリサーチ法の援用ではダメなのですかね? 例えば https://t.co/3PuIVIT2as
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
“立山カルデラの形成と深層崩壊の歴史 -鳶泥と国見泥-” https://t.co/B4evNiNdFM
“https://t.co/QO3BqaB9uc” https://t.co/Nu5dFZhvjv
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @yamada__asuka: この「斜面の魔術師」井出共治氏の設計になる、「病院らしくない病院」「斜面地に建つ(!?)病院」葉山ハートセンター。先進的な心臓外科医療の牙城として築かれたが他の病院でも技術が進歩し、斜面地ならではの1フロアの狭さや立地から随時大規模改修が選…
“https://t.co/MEYg2lU9Oe” https://t.co/fjbJoZVxtl