一般社団法人地理情報システム学会 (@gisa_office)

投稿一覧(最新100件)

RT @ajgeog: 「E-journal GEO」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 観光の経済効果の地域格差──観光政策による格差再生産とCOVID-19 福井 一喜 https://t.co/eVtuNEggia
GIS理論と応用21巻1号(2013)より 「海上航路ネットワークとエネルギー資源の国際輸送におけるチョークポイント分析」鳥海 重喜, 高嶋 船舶ごとに寄港した場所を時系列把握したデータをもとに通航実態を把握、チョークポイント分析と経済性分析を実施されています。 全文:https://t.co/rUDHauTH4a
GIS理論と応用17巻2号(2009)より 「交通量配分のための入力データの作成法」島川 陽一, 鹿島 茂 交通量配分に利用するためのデジタル道路地図から道路ネットワークを構成し、各道路リンクにパラメタを簡易設定する手法、計算を高速化する工夫を開発されています。 全文:https://t.co/0gYHcj6gmC
GIS理論と応用 17巻1号(2009)より 「鉄道路線エリア間比較による住環境の社会-心理的評価の地域的差異と地域イメージの生成要因に関する分析」刀根 令子 住環境の社会・心理的要素(街の雰囲気やイメージ)に着目し、因子の抽出と地域間差異を分析されています。 全文:https://t.co/IXfw2LENq1
RT @ajgeog: 新着記事を登載しました。E-journal GEO [ タイトル ] ラオス中部における焼畑民の食料獲得戦略─食事日誌の副食材料データ分析から─ [ 著者 ] 佐藤 廉也,蒋 宏偉,西本 太,横山 智 https://t.co/vNU576eqW1
GIS理論と応用 14巻1号(2006)より 「東京都市圏における鉄道網整備と時間圏域の変遷について」鈴木 勉, 吉永 智則 GISを活用し、関東1都6県を対象に時間圏域の変化を1960年から2000年にわたって経年的に測定し、鉄道網整備の影響を定量分析されています。 全文:https://t.co/83kBb1Xebh
GIS理論と応用 11巻1号(2003)より 「時空間制約下での交通行動理解のためのGISシステムの開発と授業への適用」大森 宣暁, 原田 昇, 太田 勝敏 都市空間における時空間制約下での交通行動を理解するためのGISの開発と、大学院授業への適用結果の分析をされています。 全文:https://t.co/brCx87Wwgb
GIS理論と応用 10巻1号(2002)より 「利用者の移動費用から見たWebGISによる情報提供の便益評価」大場 亨, 柳町,木下,山本,玉川,伊藤 自治体の道路管理情報をWebGIS提供することによる住民サービス向上の便益を、縮減される住民の総移動費用により評価されています。 全文:https://t.co/Za8GTxrH1l
GIS理論と応用 25巻1号(2017)より 「個人の交通行動と近隣環境に関するジオデモグラフィクス分析」上杉 昌也, 矢野 桂司 通勤・買物目的の移動に着目し、影響を与える個人属性、建造環境を含む近隣環境、社会的文脈の役割について研究されています。 全文:https://t.co/i5zePmsXqi
GIS理論と応用14巻1号(2006)より 「歩道ネットワークを用いた鉄道駅周辺の徒歩移動距離および迂回率の分析〜渋谷駅を事例として〜」扇谷 公輔, 鈴木 勉 駅再開発前後の徒歩移動距離の変化を算出し, 歩行者空間の整備が移動に与える影響を分析されています。 全文:https://t.co/v5blHE4ILb
GIS理論と応用2巻1号(1994)より 「移動時間を用いた都市圏における自然へのアクセシビリティ評価〜宇都宮市における事例〜」森下 英治, 原科 幸彦 「ハイキング・山歩き」を対象にGISを用いて移動時間を推定、自然へのアクセシビリティ評価手法を開発されています。 全文:https://t.co/ZeeNvRwy4t
GIS理論と応用 24巻2号(2016)より 「矩形都市移動時における太陽光逆光割合」髙原 勇, 大澤 義明, 湊 信乃介 道路網ごとに、都市の形態・位置・向き など都市の地理的要因が逆光をどの程度発生させるのかを定量的に考察されています。 全文:https://t.co/HAiMlBUeUG
GIS理論と応用 22巻1号(2014)より 「日本の主要都市における直線距離と道路距離との比に関する実証的研究」森田 匡俊, 鈴木 克哉, 奥貫 圭一 道直比が都市によってどのように異なるのか、全国の主要112都市を対象に道路網データを用いて実証分析されています。 全文:https://t.co/GlcDxXsaFP
GIS理論と応用 9巻1号(2001)より 「旅行速度からみた自動車交通アクセシビリティ−長野県松本市を事例として−」田中 耕市 GISを利用して時間距離の問題点の改良を試み、道路環境の向上の地域のアクセシビリティや移動効率への影響を分析されています。 全文:https://t.co/Om8VIqDkbO
GIS理論と応用 26巻2号(2018)より 「GISを用いた内水氾濫ハザードマップのイメージ情報に関する研究」ツアン, 大佛 内水氾濫ハザードマッ プの高度化に向け、排水負荷状態を可視化、内水氾濫の特徴を動画として表現、高リスク域を提示等、試作・提案されています。 全文:https://t.co/aylXmOZC6c
GIS理論と応用 22巻2号(2014)より 「都市域における洪水流出解析を目的とした微小道路要素の自動構築手法に関する研究」田内, 天口, 河村, 中川, 古賀 洪水流出解析モデルに使用する微小道路要素をポリゴン道路要素から自動構築する手法を提案しされています。 全文:https://t.co/XVErCey0QO
GIS理論と応用 22巻2号(2014)より 「都市域における洪水流出解析を目的とした微小道路要素の自動構築手法に関する研究」田内, 天口, 河村, 中川, 古賀 洪水流出解析モデルに使用する微小道路要素をポリゴン道路要素から自動構築する手法を提案しされています。 全文:https://t.co/2Bt8ax1TwD
GIS理論と応用 22巻1号(2014)より 「数値標高モデルのみによる簡易な洪水氾濫域予測法」舛谷 敬一, 馬籠 純 氾濫・流出解析を行わず、様々な解像度のDEMをそのまま用いて簡易に氾濫域を推定する手法を提案されています。 全文:https://t.co/HvoaMG1g7u
GIS理論と応用 15巻1号(2007)より 「GISを用いた洪水氾濫時避難行動解析システムの開発」明田 修, 天野 貴文, 内田 裕丈 行政の避難計画策定、住民の防止あ意識啓発を目的として、洪水氾濫時の避難行動をシミュレーションする解析システムを開発されています。 全文:https://t.co/EEBaXgcxcO
GIS理論と応用 14巻1号(2006)より 「集中豪雨下の道路冠水状態と交通動画シミュレーションの開発」坂本 淳, 藤田 素弘, 鈴木 弘司, 三田村 純 豪雨が起きた際の道路冠水の時系列分析、交通への影響をシミュレーションされています。 全文:https://t.co/f3xBJ3Ww1D
GIS理論と応用 9巻2号(2001)より 「崖災害対策へのGISの活用:崖およびその被災危険区域の抽出と雨量による崩壊危険区域の公開」川崎, 服部, 浦川, 中島, 佐土原 土地利用とDEMから被災危険箇所の抽出手法の開発、雨量と共に危険情報の住民周知システムを提案されています https://t.co/Pbbs3lTkvT
GIS 理論と応用 第27巻第2号(2019)より 「ボランタリー地理情報を用いた北海道におけるサイクリストの周遊行動の分析」西村 圭太, 杉本 興運, 菊地 俊夫 周遊データを用いてサイクリストの周遊行動の実態把握と影響を与える地域特性の定量分析を行われています。 全文:https://t.co/1JZh0SXLUU
GIS 理論と応用 第25巻第2号(2017)より 「登山実態の把握へ向けた登山者行動計測手法の検討」金杉 洋, 松原 剛, 柴崎 亮介, 杉田 暁, 福井 弘道 登山者が提出する登山計画書とICカードを利用した山小屋通過実績を記録・集約するシステムを試作されています。 全文:https://t.co/eb61XdGLDk
GIS 理論と応用 第21巻第1号(2013)より 「スマートフォンを用いたフィールドミュージアム案内システムの開発」工藤 彰, 窪田 諭, 市川 尚, 阿部 昭博 観光客向けの古地図、古写真を用いたフィールドミュージアム案内システムの試作と評価を行われています。 全文:https://t.co/gEA1jkZxlH
GIS 理論と応用 第24巻第1号(2016)より 「時空間行動を表す複数の説明変数を用いた観覧行動推定-多摩動物公園におけるGPS調査実験をもとに-」川瀬 純也, 伊藤 史子, 倉田 陽平 GPSログから観光者の歩行速度と観覧行動の関係性を解析されています。 全文:https://t.co/sVsvqsNz5I
GIS 理論と応用 第20巻第1号(2012)より 「観光者の視覚的体験情報に基づく回遊空間の評価—デジタルカメラ,GPS,GISを活用した分析手法—」杉本 興運 観光者にデジカメとGPSロガーを携帯させ、写真撮影データの空間・統計解析を行われています。 全文:https://t.co/aPrAcCrj4k
GIS 理論と応用 第21巻第1号(2013)より 「東京大都市圏におけるIC乗車券を用いた訪日外国人の観光行動分析」矢部 直人, 倉田 陽平 Suicaの利用履歴データを用い、訪日外国人の滞在日数や旅程の推計を行われています。 全文:https://t.co/8hMquVYbRO
GIS 理論と応用 第1巻第1号(1993)より 「地理情報システムを用いた半乾燥地域での土壌侵食の評価タンザニア・マクタポーラ流域を事例として」森下 英治 植皮率や土壌分布、地形重み分布等のGISデータを作成し、侵食量分布図の作成・評価をされている研究です。 全文:https://t.co/yiYd6n1yno
GIS 理論と応用 第1巻第1号(1993)より 「ニューラルネットワークによる地域分類法」青木 義次, 永井 明子, 大佛 俊泰 土地利用メッシュを対象にニューラルネットワーク理論を用いてゾーン分け手法を研究されています。 全文:https://t.co/STXNRs40MJ
GIS 理論と応用 第1巻第1号(1993)より 「市場分析に対する地理情報システムの可能性」高阪 宏行 市場分析の必要機能として市場情報システム、人口地理学、空間決定システムの3つを考察されています。 全文:https://t.co/IqfZ5IfJyc
GIS 理論と応用 第1巻第1号(1993)より 「3次元メッシュマップ方法による階層別空間利用に関する実態調査研究と評価」衣袋 洋一, 上島 進, 関 益巳 都市の土地利用(土地や建物)を一辺3.5mの立方体でモデル作成されている研究です。 全文:https://t.co/XBY4u1GNXl
RT @gis_oer: 【新着論文】 「三次元地理空間情報とVR技術を用いた遺構の散策アプリの試作と評価―地理教育への応用に向けて―」 本研究では、バーチャル空間に横浜市栄区の「田谷の洞窟」を再現したVRアプリを構築し、アンケート調査をした結果を紹介しています。 http…

お気に入り一覧(最新100件)

地理情報システム学会 @gisa_office 学術研究発表大会(10/28-29開催)で下記の論文を発表します。 論文リンク: https://t.co/O7Kwbu4KhA 「地理空間情報科学 (GIS)」と「自然言語処理 (NLP)」のさらなる融合に向け、場所を表す言語表現を #OpenStreetMap に自動で紐付ける方法を探求しています。 https://t.co/3zng5ltvuY
M1の荘君が、第75回UBI研究会(@ipsj_sigubi)にて「A preliminary study for monitoring hygiene behaviors by using multiple sensors on a wrist」について発表を行いました。 https://t.co/mWSP6JaKXk https://t.co/0gtLGzL1hc

フォロー(184ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(1280ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)