著者
福井 一喜
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.15, no.2, pp.397-418, 2020 (Released:2020-12-25)
参考文献数
43

近年,日本の観光政策は観光振興による雇用拡大や経済成長を目指してきた.しかし各県の2012年から2016年の観光経済振興を分析すると,観光客数や消費額はほぼ全国で増加したが,観光産業の雇用拡大や付加価値額の増加は大都市圏とりわけ首都圏に集中し,地方圏では観光の基幹産業化や既存の地域経済格差を覆すような経済振興が生じた県はほぼ見られない.それは観光のサービスとしての宿命である貯蔵の不可能性と機械化による生産性向上力の小ささが地方圏に条件不利性として作用し,他方で大都市圏では立地優位性によって観光産業集積が累積的に増大し,知識集約的な都市的サービス業との連携による経営の合理化の機会も拡充されるからである.観光振興を促進する観光政策はすべての地域で有効とは限らず,大都市圏と地方圏との地域格差を再生産する構造を持つ.COVID-19を契機に,日本の観光政策は経済振興への偏重から転換し,観光の「豊かさ」の意味を再考すべきである.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (55 users, 57 posts, 289 favorites)

https://t.co/1u6XhNtmq7 この論文は結構おもしろくて観光事業の振興(増大)を地域経済の発展に繋げられるのは大都市圏だけ,という話をしていて,その原因として観光産業は在庫による需給調整が難しく,それが大都市圏に一方的に有利に働いているという考察をしています
GoToが感染を拡大するかどうか以前に、そもそも観光の活性化は地方経済の活性化につながらないですからね。そういう論文が日本地理学会から出てます。 https://t.co/twwm6KNQTf https://t.co/f70LQqwMJw
読んでる | J-STAGE Articles - 観光の経済効果の地域格差―観光政策による格差再生産とCOVID-19― https://t.co/arANEZvEUl
観光の経済効果の地域格差―観光政策による格差再生産とCOVID-19― https://t.co/M0Cr8HTcXl
観光による経済発展は地方では難しく、それどころか観光は大都市と地方との経済格差を悪化させることを論証した論文をこのまえ書きました。Go Toキャンペーンにも言及してるよ。 観光の経済効果の地域格差―観光政策による格差再生産とCOVID-19― https://t.co/z9FgQajLcF

収集済み URL リスト