サフラン (@inusahusan)

投稿一覧(最新100件)

「マールブルク大学の創設 : ドイツ大学の伝統と革新」https://t.co/yhYVHNwBE0 マールブルク大学作る時に、建物は修道院から没収したもの使ったし、教員の給料もその領地の収入当てたって言う。
「帝国劇場」としてのフランクフルト : 国王選定・戴冠と書籍取引・検閲をめぐって https://t.co/YLmr4E6xGi 1612年のボヘミア王マティアスの皇帝戴冠式について絵入りで詳しく書いてありました。
宮廷騎士文学と宮廷の生活形式 : 文学と現実の交錯 https://t.co/gyxoxGxN0r テューリンゲン方伯と吟遊詩人の関わりが書いてあったので。しかし、ヘルマン1世の文芸に対する気前の良さの話を聞くたびに、その金は一体どこから出て来たんだよ…と要らん心配をしてしまう。
最近仕入れたヘッシャン情報は、「青物食い」といわれるほど野菜が好きらしいとか。州北部にも当てはまるのかは知らんが。 https://t.co/eC83KVXUpl
看護の思想--その源泉をたずねて(4)エリザベト・フォン・チューリンゲン https://t.co/L84BmA3uga これでエリザベートがハンガリーに里帰りする時全行程自分で馬に乗ってたとか書かれてて、参考文献が全部ドイツ語だったので詳しいとこわからないのが辛い。
「19世紀後半西南ドイツ・ヴュルテンベルクの産業振興政策」 https://t.co/uJE5Jt4Mzx 軽工業でもう一個、ヴュルテンベルクがちまちまと繊維業を頑張ってる話。
19〜20世紀初頭におけるドイツ文化圏の磁器産業とデザインの発展 : 日本とドイツの陶磁器産業とデザインに関する研究(1) https://t.co/zJhu7IjACU 18世紀後半から現れ、庶民が磁器製の食器が普及するのにあわせて大量生産を行って供給した民間企業に関する話。
ドイツの狩猟(1) https://t.co/l9NFi6Wc6c 現代の林務官のお仕事の一つに、狩猟用の動物が減りすぎないように冬にえさ場を作ったりするのがあるんですが、こうやって餌集めてたのかと。
蜜蜂と俗信 : 観察されるミツバチ https://t.co/GIZFNZZ3GL 前も貼った気がするけど、ここに書いてあります。
「ヨーロッパ運河 : マイン・ドナウ運河の歴史的背景と諸問題」 https://t.co/vcqXp0Aype 二つの国際河川を結ぶ運河の歴史的背景とそこに見られる人々の意識について、あとは現在運河を掘るにあたって問題になる環境についてのはなし。技術とか経済の話ではないです。
「第一次世界大戦以前のドイツにおける自転車の生産と普及」 https://t.co/5VI8TIXXJn 確かに、これ読んだときあんまり普及してる感じではなかったかな…。
ローマ帝国崩壊後の西ヨーロッパ世界の形成とキリスト教: メロヴィング・カロリング両王朝期の社会と精神 https://t.co/s8xYZ4SLQ4 まだ全部読めてないけど、いちおうここに少しテューリンゲン王国の最後についても書いてありました。
ウェナンティウス=フォルトゥナトゥス『聖ラデグンディス伝』(1) https://t.co/bIxyFO6Jgz テューリンゲン族について読んでたら、王国滅亡後の最後の王族であるラデグンディスという女性がフランク王妃になった後出家して聖女になったとかで、聖人伝の邦訳があった…。
「中世から近世にかけてのドイツ・オーストリアの文化史--郵便の誕生」 https://t.co/F0lRKTLLvU あと、この前の帝国郵便の誕生と発展についての話で、菊池先生が書いてるやつ。読みやすいです。
「サクソンとザクセン―中世初期アングロ・サクソン諸王国の民族的背景(3)―」 https://t.co/KuUsAOkR16 で、こっちがザクセンの。タキトゥスには書かれてないが、そのすぐ後のプトレマイオスには記述が見られるザクセン族の成立についてのいくつかの説を紹介するもの。
「アングルの故地とその移動の軌跡について -中世初期アングロ・サクソン諸王国の民族的背景(4)-」 https://t.co/1qCNERAptc アングロ・サクソンのうち、アングルはどこから来たのかについて、テューリンゲン族との関係も含めて海外で提唱されている説を紹介するもの。

4 0 0 0 OA 「菩提樹」考

ボダイジュに関してウンターリンデンの発展とかは、こっちのほうで。→「菩提樹」考 https://t.co/WPGLuLk5z4
ドイツの森林とその利用(1) https://t.co/ppkpBV9111  その7まで。ドイツの森林の成り立ちと、人との関わり、森林を構成する各樹種について利用方法や俗信など。
大体同じ時代扱ってるのに、こっちとの落差が凄くて笑うしかない。→「領邦君主と宗教改革 : ヘッセン地方伯フィリップの場合(1)」 https://t.co/nV22CECutA
昨日読んでたやつ→「十六世紀ヘッセンの領邦財政」 https://t.co/qaiwVoLjOj ヘッセン法伯が作成した、当時としては驚愕に価する程組織的な財政資料「経済国家」を利用して、絶対王政創始期に、等族勢力の制約を受けない国家財政が成立する過程を検討してみようという論文。
ヤーコプ・グリムの「郷土愛について」の訳があった…! http://t.co/OWX6LHudNf
あとこれも。「カール大王のザクセン戦役について」 http://t.co/57jPjR9inc ザクセン戦争について、部族連合の集会とフランク王国の貴族制という法制の違いから長引いた原因を考えてみようというはなし…でいいのかな?
読書する気力がないので、じゃあ積ん読状態の論文PDFに手を付けようとしばらくこれ読んで地図とが年表とか周辺の国の情報とか集めてた。→「マジャール人と中世前期のバィエルン--歴史的地域研究試論」 http://t.co/ASHKWZgaJ5
このまえ三十年戦争期の新聞事情がどんなもんかなってツイートしましたが、ダウンロードした論文整理してたら前にこれ落としてたらしく、読んでました。→ http://t.co/gAADS4p4Yj 新聞の発生から17世紀に印刷された日刊紙が定着するまでの簡単な歴史
「東フランク王国における大公権の形成について」 http://t.co/BQZXGmpIOP これ読んでるとバイエルンはフランク王国時代から独立気味だったんだなあ、と。
そういえば、これ読んでたらゲーテがヴァルトブルク城を最初に訪問してから自分の理想とする姿を投影する場所として改修するまでの経緯が書かれてあったけど、宰相としても結構好き勝手やってるよね…。 http://t.co/Usmg8oPSGQ
「トゥーレの王」のバラードをめぐる伝説・説話・神話 http://t.co/tFbGLBNznl 読んでたのこれです。

お気に入り一覧(最新100件)

「初期ビザンツの男装女性聖人」このテーマが来るとは。 足立先生のは同志社の紀要にあったな。 CiNii 論文 -  初期ビザンツの女性聖人たち--男装モチ-フをめぐっての新しい解釈 https://t.co/hs8DF8DhB0
CiNii 論文 - 田中悟『戦後会津における「観光史学」の軌跡』 https://t.co/0xt37GZnH7 #CiNii この論文は必読。「会津の悲劇」そのものが司馬遼太郎や宮崎十三八により相当盛った形で都市伝説として出来上がっていく様子が描かれている。
"CiNii 論文 -  能の亡霊と魂魄 (特集 能の宗教的環境)" https://t.co/Fla990EFwS
"CiNii 論文 -  室町中期の憑霊信仰 : 「邪気」と病の関係を中心として" https://t.co/b3az1SBKEM
右上が炎上しているのは信長の比叡山焼き討ちのせいらしいよ?モンタヌスの日本誌、世界観本当に好き。 ちなみにこちらで無料で、しかも日本語訳で読めます。 リンク→https://t.co/mrJx2Dz9do https://t.co/at9JVhNW6s
「越境する飢人と領主的対応 : 天保四・五年の秋田藩と弘前藩」 https://t.co/aPi4kxz3uG
PDFあり。 菊池勇夫「飢饉死のリアリティー : 仙台藩天保七・八年の飢饉の場合」 https://t.co/5KkGLFd3Hn  「天保の飢饉と備米 : 秋田藩の場合」 https://t.co/W1Nt4znJc6
PDFあり。 菊池勇夫「飢饉死のリアリティー : 仙台藩天保七・八年の飢饉の場合」 https://t.co/5KkGLFd3Hn  「天保の飢饉と備米 : 秋田藩の場合」 https://t.co/W1Nt4znJc6
「ミジンコは危険を感じると頭を尖らせるが、特に意味はない上に尖らせるのに一日かかる」ってツイットがあったけど、追跡調査の結果ミジンコ達のがんばりは無駄で無かった事が判明して救われた気分になりました https://t.co/KtSS5lT886
"CiNii 論文 -  幼児期における物理概念の揺らぎ : あり得ない現象への認識と魔法との関連" https://t.co/epfd0qjkEp
PDFあり。 CiNii 論文 - ロシアにおける「聖ゲオルギオスの竜退治」伝説 : 巡礼霊歌・イコン・聖者伝(1) https://t.co/NGuRkfkzSQ 同(2) https://t.co/MxBA7wjk7f
PDFあり。 CiNii 論文 - ロシアにおける「聖ゲオルギオスの竜退治」伝説 : 巡礼霊歌・イコン・聖者伝(1) https://t.co/NGuRkfkzSQ 同(2) https://t.co/MxBA7wjk7f
"CiNii 論文 -  イギリスのゾンビ映画と19世紀小説における群集表象 (森本達夫博士記念号)" https://t.co/MvAElipt7H ※本文リンクあり
"CiNii 論文 -  魔術・予言・言葉の力 : 中世アーサー王文学におけるマーリンの威光" https://t.co/xTD7d2GPG3
"CiNii 論文 -  「悲恋転生譚」再考" https://t.co/ceSFYmeevX
見てる : 近世ドイツにおける郵便レガーリア: 帝国郵便とブランデンブルグ郵便 : HUSCAP https://t.co/qGpg69X52e
「私宅監置と日本の精神医療史」展 早稲田の小野梓記念館6月16~20日まで 座敷牢、親族身内の困った人を閉じ込めちゃう私宅監置の実態は、呉秀三本が写真豊富で詳しい 近デジで読める http://t.co/xjlcGptasJ http://t.co/EKZT9kDEOF
萌え過ぎてどうしたらいいんだか。RT @MaywaDenki: メカの機構に悩んだときに読み返す「機械の素」という本…このサイトで全ページ見れる! ただし、大正13年の初版(?)。http://t.co/9r6iCtStzf http://t.co/Fhaxf30z3m
@N_Hanose この書物には19世紀ににとどまらず非常に大きな歴史スケールが適応されているから、次の小林先生の論文はより理解を深めることができるとおもう。実にブリリアントな研究だ。参考にしてくれたまえ。http://t.co/wCmMOFn40M

フォロー(166ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

目次など見ると、この博論が元になっているようだ。 住江淳司「カヌードスの乱 : その全体像の構築」(2013) 要旨PDFあり https://t.co/od5RrNfhaj
RT @nekonoizumi: 以前話題になった赤阪先生の論文 「カール禿頭王は本当に禿げていたか Was Charles the Bald Really Bald?」 も容姿とジェンダーにまつわる話でもあった。 PDFあり。 https://t.co/tG4ok43kRx
RT @t_ohnuki: CiNii 論文 -  カール禿頭王は本当に禿げていたか https://t.co/XuDnHvWtUq
PDFあり。 「もう一つの故郷喪失 : 近代日本エリートの教育移動からみる」 https://t.co/EsKoLFO0ac  「戦後日本の故郷喪失と地域の変容 : 「自助」問題を巡る考察」 https://t.co/i7qo65tf4b
PDFあり。 「もう一つの故郷喪失 : 近代日本エリートの教育移動からみる」 https://t.co/EsKoLFO0ac  「戦後日本の故郷喪失と地域の変容 : 「自助」問題を巡る考察」 https://t.co/i7qo65tf4b
PDFあり。 中村牧子「「都市出生エリート」の誕生 : 近代日本の中等教育システムとその効果」 https://t.co/2CQcTT9Nd3  「エリートはいつから都市出身になったか?」

フォロワー(396ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @dtaksak: @fr_talk マスク着用にインフルエンザ予防のエビデンスはあるか?-EBMによる検討- https://t.co/rY8x0MR8TY この辺りが根拠になるのではないでしょうか? 「マスク着用がインフルエンザや他の感染症予防に有効であることを検…