Jenny (@jennywxf)

投稿一覧(最新100件)

RT @danrenjaouyo: 伊東史朗「愛知・西光寺地蔵菩薩像(水落地蔵)の新知見」 https://t.co/Pyx3UyMM9i 一心寺の一行一筆阿弥陀経・般若心経と西光寺地蔵菩薩立像の納入品、一行一筆結縁経は本来一具のものと指摘。 名古屋市立博物館の常設展「西光寺地…
RT @BungakuReportRS: 鈴木 広光 -  複製時代の書物のアイデンティティ:末広鉄腸『二十三年未来記』の場合(中) https://t.co/AwoQfd84MD
女院について(久下裕利) https://t.co/QCDJzXzFnp
CiNii 論文 -  治承三年のクーデターと貴族社会--花山院流と藤原基房 https://t.co/gScExv89d3 #CiNii

19 0 0 0 OA 国史大系

https://t.co/7UKFqgYYGX

1 0 0 0 OA 大日本史料

https://t.co/V7vmSaScqP
RT @morita11: "CiNii 論文 -  『山海経』の図像学序説 : 異鳥の同定 (成城学園創立100周年記念号)" https://t.co/xfpXyeVua5 ※本文リンクあり
三巻本枕草子実録的章段の史実年時と執筆年時の考証(萩谷朴) CiNii 図書 - 源氏物語・枕草子研究と資料 https://t.co/qRYWxgH8KW #CiNii
CiNii 論文 -  『枕草子』の研究--清少納言の感覚と時間 https://t.co/3z7L9iG3CC #CiNii

お気に入り一覧(最新100件)

伊東史朗「愛知・西光寺地蔵菩薩像(水落地蔵)の新知見」 https://t.co/Pyx3UyMM9i 一心寺の一行一筆阿弥陀経・般若心経と西光寺地蔵菩薩立像の納入品、一行一筆結縁経は本来一具のものと指摘。 名古屋市立博物館の常設展「西光寺地蔵菩薩立像の納入品」があったのかhttps://t.co/s1ZwXPLhTN
鈴木 広光 -  複製時代の書物のアイデンティティ:末広鉄腸『二十三年未来記』の場合(中) https://t.co/AwoQfd84MD
"CiNii 論文 -  『山海経』の図像学序説 : 異鳥の同定 (成城学園創立100周年記念号)" https://t.co/xfpXyeVua5 ※本文リンクあり

フォロー(4998ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nknatane: https://t.co/7az4hEjsjs 今谷明「戦国時代の社会」(『中世文学』41、1996)。これは明応の政変関係だけど、家永説が出た直後の今谷氏の発言がある。このころ今谷氏は80年代にまとめた、畿内政治史・守護研究から関心を移しているので…

7 3 3 3 OA 漱石全集

RT @TAMA6SI: 「万年筆」はこんにち「まんねんひつ」と読むが、その名称が一般化する前の明治期には「まんねんふで」と呼ばれていたらしい。漢字ですべて書いてしまうとその発音の区別がつかないが、夏目漱石から娘たちへの手紙には「萬年ふで」という表記がある。 https://t…
RT @lm700j: @bokukoui https://t.co/CNfe2RU0Wx https://t.co/uWVfxmqxqO この辺のあたりですかね
RT @lm700j: @bokukoui https://t.co/CNfe2RU0Wx https://t.co/uWVfxmqxqO この辺のあたりですかね
#こんな論文がありました pdf公開。 福江 充「越中立山と善光寺信仰-『三国名勝図絵』の記事の分析から-」 北陸大学紀要 (48), 65-75, 2020-03-31 名越朝時が出てきて不意を突かれました。 https://t.co/WOIBIQ8ZqB
RT @BungakuReportRS: 鈴木 元 - うたうー小歌の声、俳諧連歌の場 https://t.co/DsVvTJXjNZ
RT @BungakuReportRS: 徳永 辰通 - 高等学校の教科書俳句の変遷 ー俳句史の視点から https://t.co/t2P6VUxG7D
RT @BungakuReportRS: 吉田 健一 - 初期俳諧における『論語』の摂取について https://t.co/1q45ju7dU3
RT @nknatane: https://t.co/7az4hEjsjs 今谷明「戦国時代の社会」(『中世文学』41、1996)。これは明応の政変関係だけど、家永説が出た直後の今谷氏の発言がある。このころ今谷氏は80年代にまとめた、畿内政治史・守護研究から関心を移しているので…
https://t.co/7az4hEjsjs 今谷明「戦国時代の社会」(『中世文学』41、1996)。これは明応の政変関係だけど、家永説が出た直後の今谷氏の発言がある。このころ今谷氏は80年代にまとめた、畿内政治史・守護研究から関心を移しているので、興味深い。
RT @yoshidasouthlib: 【6/2(火)】今日はぐうたら感謝の日。まさかオンライン授業受けたりしてませんよね。どうしても授業のために本借りなきゃという方は、トクベツに図書館入れますのでどうぞ。でも本借りたら、すぐに家帰ってぐうたらするんですよ。物くさ太郎→ ht…

9 1 1 1 OA 名将言行録

康政曰く、我直政に先達て死なば必ず直政も病に染まん、直政我より先立たば、我死遠かるまじ。大御所の御心中を知るものは、直政と我計りなり。両人がことも大御所能く御存知なれども、御口外に出し給わず。誠の名君なり。【名将言行録】 https://t.co/t0523r6TTa #skbot
RT @zasetsushirazu: 塩崎智「1870年に実施された米国国勢調査」(『人文・自然・人間科学研究』41、拓殖大学、2019年)は、幕末維新期に米国留学した日本人(例えば、日銀総裁となった富田鉄之助など)について、米国の国勢調査から分析。彼らが下宿した家の家主など…
This book shows 28 kinds of mechanical dolls made during the Edo period. Find out more: https://t.co/s3ERrOzCpj #ndldigital https://t.co/j8KlJDFAI3
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @tosh_taniguc: Lineを使用した新型コロナウイルスパーソナルサポートの論文が出ました。慶応大学の先生方、Lineおよび行政の皆様方のパワーに圧倒されっぱなしでした。 Early SNS-based monitoring system for the COV…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」 https://t.co/9V5k6lkMi9
https://t.co/YJKASPYFVe 同郷の偉大なる歴史家、児玉幸多は長野県歌『信濃の国』を全六番歌えた。
https://t.co/1V9hCNFXOh 多和田先生が國學院大學紀要に古島敏雄に関する論文を執筆していたとは。
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
PDFあり。 ⇒マルコ・ベッラバルバ/佐藤公美訳 「翻訳 新たな空間の創造-近世ティロルとオーストリアの貴族-」 『甲南大學紀要.文学編』170 (2020-3) https://t.co/39LQFL2Rra
PDFあり。 ⇒O.v.メレンドルフ/K.ヒムリー 細川裕史訳 「19世紀のドイツ人がみた「東洋のチェス」」 『阪南論集.人文自然科学編』55 (2020-3) https://t.co/yvD49jdwlN
PDFあり。 ⇒西尾浩二 「〈翻刻〉ブッセ「古代哲学史」講義(一)―清沢満之ブッセ講義自筆ノートの翻刻・翻訳」 「同 【要旨】」 『大谷大学真宗総合研究所研究紀要』37 (2020-3) https://t.co/3pIZyHx6FV https://t.co/deTX2aEOcO
PDFあり。 ⇒西尾浩二 「〈翻刻〉ブッセ「古代哲学史」講義(一)―清沢満之ブッセ講義自筆ノートの翻刻・翻訳」 「同 【要旨】」 『大谷大学真宗総合研究所研究紀要』37 (2020-3) https://t.co/3pIZyHx6FV https://t.co/deTX2aEOcO
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。自伝的内容です。 大隅 和雄「日本中世思想史への歩み」 東京女子大学比較文化研究所附置丸山眞男記念比較思想研究センター報告 (14), 80-85, 2019-03-22 https://t.co/kPEY…
https://t.co/XNb4tR4mB7 信州大学機関リポジトリにて公開。信州の風土と気質。
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。自伝的内容です。 大隅 和雄「日本中世思想史への歩み」 東京女子大学比較文化研究所附置丸山眞男記念比較思想研究センター報告 (14), 80-85, 2019-03-22 https://t.co/kPEY…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。自伝的内容です。 大隅 和雄「日本中世思想史への歩み」 東京女子大学比較文化研究所附置丸山眞男記念比較思想研究センター報告 (14), 80-85, 2019-03-22 https://t.co/kPEY…
#こんな論文がありました pdf公開。自伝的内容です。 大隅 和雄「日本中世思想史への歩み」 東京女子大学比較文化研究所附置丸山眞男記念比較思想研究センター報告 (14), 80-85, 2019-03-22 https://t.co/kPEY2cENPK

2 1 1 0 文明の中枢

フェミニズムとは何かを知りたければ、サンガーの著書「文明の中枢」を読むといい。「種の劣化」を防ぐ道はバース・コントロール以外にはありえないという主張が良くわかる。https://t.co/XDEY9SnGq1
RT @NIJL_collectors: [ミニtips⑤]読めないときは、偏旁冠脚の位置を動かして眺めよう。 ついつい楷書の書体でのみ考えようとすると、篆書体が読めなくなります。 添付画像、過去ツイートで使った印影ですが、青四角は2つとも「秋」、緑四角は共に「軒」。後者は特に…
村瀬貴則『南北朝内乱における寺院軍事活動の研究』(名古屋大学博士論文、2019)https://t.co/zC9RPRHthC 要旨などを公開している。

46 46 4 0 OA 悉曇私見聞

RT @JUMANJIKYO: 1529年に書かれた五十音図 カナ異体の「ホ」や「せ」がまだ使われていた時代だ…。「ホ」はこの後間もなく消えていく。 享禄2年『悉曇私見聞』 https://t.co/82mGbOjeWB https://t.co/WMdENhzITW
今年の当館の特別展の主役ナマコに関連する論文が出版されました!奄美大島のナマコたちの水中写真や分布パターンのイラストが載っていて、ナマコファンにはたまらない(はず)一品です!フリーアクセスなのでぜひご覧ください! https://t.co/teNtoIlyBr (くにしま) #はたらくナマコのワンダーランド
RT @merontomikan: 戦国期土岐・後斎藤氏の美濃支配 : 用水相論を事例にThe Domination of Mino Province by the Toki Clan and the Go-Saitoh Clan in the Sengoku Period :…
RT @merontomikan: なんかバズっている!300いいねを超えそう!Twitter始めて以来初めて
粟田真人を調べていて見つけた論文。 装束に拘ってる内容でちょっと面白かった。 J-STAGE Articles - 文化を着る https://t.co/hGqlMSdTaZ

8 8 8 0 IR 橘耕斎伝

RT @zasetsushirazu: 明治18年5月31日、橘耕斎が死去。幕末期にロシア使節プチャーチンが来日した際、密出国してロシア政府に仕えた。福沢諭吉が参加した文久遣欧使節団など、日本使節がロシアを訪問した際には、影で接待を取り仕切った。中村喜和「橘耕斎伝」(『一橋論叢…

8 8 8 0 IR 橘耕斎伝

RT @zasetsushirazu: 明治18年5月31日、橘耕斎が死去。幕末期にロシア使節プチャーチンが来日した際、密出国してロシア政府に仕えた。福沢諭吉が参加した文久遣欧使節団など、日本使節がロシアを訪問した際には、影で接待を取り仕切った。中村喜和「橘耕斎伝」(『一橋論叢…
RT @hinatanococo: @doyouhave_rj @K191117 @charmnaone @JTBC_news まだそんな偽写真使ってる。 1910-1911年、満洲地域ペスト流行時の、病理解剖写真です。 『明治四十三四年南滿州「ペスト」流行誌附録寫眞帖』…
三間英樹「「空耳アワー」にみる音の類似と弁別素性」(『神戸市外国語大学外国学研究』87、2015) https://t.co/1JsHBq3Ks1 #こんな論文がでていたようです 未読です。
この間読み返した「長屋王詩苑の崩壊」と同じ著者でしたがだいぶ藤原四子に優しい内容だった。特に宇合。それにしても武智麻呂評って悩ましいところではあるな。『藤氏家伝』を鵜呑みにしたら負けのような気分 『『懐風藻』の詩風の變遷 : 藤原氏の詩から見て 山野 清二郎 https://t.co/ChBhMG5LWX
RT @BungakuReportRS: 板坂 則子 - 曲亭馬琴の短編合巻(十七)『代夜待白女辻占』(下冊) https://t.co/Y2acJeinON

49 4 4 0 巻頭言 成仏

RT @bot97589380: 高橋宏志先生は,民事訴訟法の学者なの。その高橋先生の研究の中でも最も有名な論文が,あの「成仏」なの。 え?「成仏」はただのエッセイじゃないのよ? 論文データベースにもちゃんと搭載されているわ。 http://t.co/ZOIk6ZtLE1
越沢明「台北の都市計画, 1895~1945年」(日本土木史研究発表会論文集 7(0), 121-132, 1987)https://t.co/lrJK3tJrIP

7 1 1 0 OA 扶桑隠逸伝

隠遁者たちのことがまとめられた『扶桑隠逸伝』には挿絵つきで私のことが載っている。私がリスペクトする玄賓のみならず、兼好法師についても書かれている。https://t.co/KlxEHIdqvo
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
CiNii 論文 -  「名人芸」からの脱却を : 総特集「地域研究方法論」を読んで (『地域研究』一二巻二号 特集へのコメント) https://t.co/Dc7vzIpm0u #CiNii
RT @monogragh: 「~の可能性が強い」という表現に目にして、可能性とは強弱の尺度を持つのか?高い低いでは?とモヤモヤきていたところ、用例を調べた地道な研究があった。 「可能性が高い/大きい/強い」に使い分けはあるか https://t.co/wJfMPPZckp
あと、山県有朋に関してはストレートに「山県有朋とその館」という論文も。 PDFあり。 佐藤信「山県有朋とその館」 『日本研究』51 (2015) https://t.co/sRlYkHGpKn
RT @HIMI_toshi: 妥当性の話は本当もう『これを読んでね』の7文字 https://t.co/k9duWrs9hO
性的加害経験に関わる要因 ・高い性的欲求 ・強姦や暴力メディアに対する興奮しやすさ ・女性の「性欲」を誤認している ・攻撃性と非協調性 ・買春、のぞき、ポルノグラフィの使用 ・女性に対する敵意及び低い平等的性役割感 https://t.co/OPxX625psY
>女児に対する性的興味を容認する態度は,女性全体に対する性的加害の経験率との間に連関がみられ,女児に対する性的興味を容認する態度が大きいほど性的加害の経験率が高くなる可能性が示唆された https://t.co/OPxX625psY
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  近代日本における身体の国民化と規律化 https://t.co/uvuAetrqZo #CiNii こっちが素晴らしい論考。
RT @lawrenceyoshy: い。このことから、HLAハプロタイプがいかに多くの種類があるかがわかる。」「複数のHLAの遺伝子座を含む、長いDNA の領域を想定することができる。これがHLAハプロタイプである。」(p131)出典はこちらhttps://t.co/FQ2J…
RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…
RT @zasetsushirazu: 樋口雄彦「資料紹介 韮山県から慶應義塾への派遣学生」(『近代日本研究』34、2017年)によれば、明治初年の韮山代官江川家の当主は江川英武だが、幼少のため実務は柏木忠俊が担った。その柏木が推進したのが、県民の東京などへの遊学、中でも慶應義…
RT @nknatane: 岩永紘和「史料紹介 興禅寺蔵「南豊大和尚遷化之際書簡集」」(『飯田市美術博物館研究紀要』30、2020)。妙心寺派寺院所蔵文書の紹介で、戦国期の禅僧の書状が中心。美濃をはじめ広範な交流がうかがえるようだ。斎藤義龍や武田信玄・勝頼に関するものも。PDF…
RT @manjimal_sakaki: 山口道弘「三上参次と官学アカデミズム史学の成立」『法政研究』86(4)、2020年3月。https://t.co/ZrmLuURujN
RT @manjimal_sakaki: 山口道弘「三上参次と官学アカデミズム史学の成立」『法政研究』86(4)、2020年3月。https://t.co/ZrmLuURujN
岩永紘和「史料紹介 興禅寺蔵「南豊大和尚遷化之際書簡集」」(『飯田市美術博物館研究紀要』30、2020)。妙心寺派寺院所蔵文書の紹介で、戦国期の禅僧の書状が中心。美濃をはじめ広範な交流がうかがえるようだ。斎藤義龍や武田信玄・勝頼に関するものも。PDFも公開→https://t.co/qG2PKj2RF9
RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…
RT @washou3956: PDF公開。佐々木文昭「関東新制補考」(『北海道武蔵女子短期大学紀要』52、2020年3月)鎌倉幕府の政策決定過程における「意見(状)」に着目。そこで得られた知見を基に関東新制の制定作業を再検討し、従来の自説を修正する。近年の研究も多く参照。ht…
RT @washou3956: PDF公開。佐々木文昭「関東新制補考」(『北海道武蔵女子短期大学紀要』52、2020年3月)鎌倉幕府の政策決定過程における「意見(状)」に着目。そこで得られた知見を基に関東新制の制定作業を再検討し、従来の自説を修正する。近年の研究も多く参照。ht…
RT @washou3956: メモ。小此木敏明「立正大学古書資料館所蔵『今川家集』再考:冷泉為広、『和歌駿河草』との関連を中心に」(『立正大学國語國文』58、2019年)https://t.co/IX2H25dtJY #こんな論文が出ていたようです
RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…
塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.co/30vD7UZGSo https://t.co/g7GT8kmdUc
RT @hotaka_tsukada: こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
RT @hotaka_tsukada: こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
RT @hotaka_tsukada: こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
RT @chiisagosha: 昨年6月の公開講演会「日本中世の「地下」社会―薗部寿樹の文書論と春田直紀の生業論から考える―」の報告が立教大学学術リポジトリで公開されています。 佐藤雄基「趣旨説明 付・報告要旨」、冨善 一敏「薗部寿樹『日本中世村落文書の研究 : 村落定書と署…
RT @chiisagosha: 昨年6月の公開講演会「日本中世の「地下」社会―薗部寿樹の文書論と春田直紀の生業論から考える―」の報告が立教大学学術リポジトリで公開されています。 佐藤雄基「趣旨説明 付・報告要旨」、冨善 一敏「薗部寿樹『日本中世村落文書の研究 : 村落定書と署…
RT @zasetsushirazu: 彬子女王「女性皇族の衣装の変移について」(『京都産業大学日本文化研究所紀要』24、2019年)は、お雇い外国人たちが「ヨーロッパ宮廷では古来の衣装を用いる向きがある」として女性皇族の洋装化に否定的な一方で、伊藤博文らが形からの西洋化を試み…
RT @zasetsushirazu: 彬子女王「女性皇族の衣装の変移について」(『京都産業大学日本文化研究所紀要』24、2019年)は、お雇い外国人たちが「ヨーロッパ宮廷では古来の衣装を用いる向きがある」として女性皇族の洋装化に否定的な一方で、伊藤博文らが形からの西洋化を試み…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒金博男 「清末における「日曜日」の受容」 『時間学研究』10巻(2019) https://t.co/eiAgY0KxAW
PDFあり。 ⇒金博男 「清末における「日曜日」の受容」 『時間学研究』10巻(2019) https://t.co/eiAgY0KxAW
RT @BungakuReportRS: 金 博男 - 清末における「日曜日」の受容 https://t.co/tzTdEoF8GP
RT @BungakuReportRS: 法月 敏彦 -  忘れえぬ演劇研究者 ―関根只誠―【それは、誤解され易い言葉であろうが「珍書蒐集」ということである】 https://t.co/KQ1G6jyOLf
RT @BungakuReportRS: 岩坪 健 -  狩野典信原画・橋本栄保模写「源氏物語絵巻」須磨・明石の巻(丹波篠山市立歴史美術館蔵)の紹介 : 土佐光貞「源氏物語須磨図絵巻」(ハーバード大学美術館蔵)と住吉廣行「源氏物語須磨巻絵巻」(斎宮歴史博物館蔵)との関わり ht…
RT @BungakuReportRS: 中川 美和 -  天理図書館蔵『古今和歌集』の表記について : 非語頭の<いーひーゐ><えーへーゑ>のかなづかいを中心に https://t.co/L4zqbvR47c
PDFあり。 ⇒富中佑輔 「山岳〈ジュニア小説〉と山岳〈幻想SF〉の対立 : 戦後期「第二次登山ブーム」、佐伯千秋、夢枕獏」 『愛知淑徳大学国語国文』43 (2020-3) https://t.co/vDRaRuNP9k
RT @BungakuReportRS: 吉田 卓爾 -  十五世紀の将軍家及び寺家における宋・元・明絵画受容に関する予備的考察 : 『蔭凉軒日録』に記される相国寺伝来の絵画を中心に https://t.co/QgBFKfHKpS
RT @BungakuReportRS: 浅見 吏郎 -  万葉集を歌う : 『万葉の歌音楽祭』参加の集約 https://t.co/kj3rnOuuEk
RT @zasetsushirazu: 彬子女王「女性皇族の衣装の変移について」(『京都産業大学日本文化研究所紀要』24、2019年)は、お雇い外国人たちが「ヨーロッパ宮廷では古来の衣装を用いる向きがある」として女性皇族の洋装化に否定的な一方で、伊藤博文らが形からの西洋化を試み…

7 4 4 0 OA 読史備要

RT @tutiya_masatune: 「甲陽軍鑑」膳城攻めで登場する土屋衆の一宮左太夫 土屋衆一宮左太夫と申す剛の武士、鑓一丁にて膳の城方槍六本と廊下門にて突きあい候 武術系図(617コマ目)によると一宮左太夫は田宮流系図に名前がある。(さらに調べると、鳥居元忠に従い伏見…

15 3 3 0 OA 秘書類纂

RT @kotendokuhon: 【謹具意見】 #井上毅 https://t.co/Pp2OOr27Sj 明治時代当時の、女性天皇の容認論・女系天皇論の間違いを指摘した、意見書『謹具意見』などの資料の閲覧ページ。 #資料 #女性宮家

フォロワー(945ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

7 3 3 3 OA 漱石全集

RT @TAMA6SI: 「万年筆」はこんにち「まんねんひつ」と読むが、その名称が一般化する前の明治期には「まんねんふで」と呼ばれていたらしい。漢字ですべて書いてしまうとその発音の区別がつかないが、夏目漱石から娘たちへの手紙には「萬年ふで」という表記がある。 https://t…
RT @i2k: 情報の科学と技術誌に「ウェブらしさ」を改めて考える-2010年代のウェブと社会-という記事を書きました。普段は発行6ヶ月後に無料公開されますが、期間限定でいますぐ読めるようになっています。 https://t.co/Jdy35o7nml
鈴木 元 -  うたうー小歌の声、俳諧連歌の場 https://t.co/tCzgcOopRW

2 1 1 0 文明の中枢

フェミニズムとは何かを知りたければ、サンガーの著書「文明の中枢」を読むといい。「種の劣化」を防ぐ道はバース・コントロール以外にはありえないという主張が良くわかる。https://t.co/XDEY9SnGq1
田原 憲和, 阪上 彩子, 村上 陽子 - Zoomを用いたハイブリッド報告会・ワークショップの運営 https://t.co/6SaHb6G5q7
RT @hinatanococo: @doyouhave_rj @K191117 @charmnaone @JTBC_news まだそんな偽写真使ってる。 1910-1911年、満洲地域ペスト流行時の、病理解剖写真です。 『明治四十三四年南滿州「ペスト」流行誌附録寫眞帖』…
三間英樹「「空耳アワー」にみる音の類似と弁別素性」(『神戸市外国語大学外国学研究』87、2015) https://t.co/1JsHBq3Ks1 #こんな論文がでていたようです 未読です。

7 1 1 0 OA 扶桑隠逸伝

隠遁者たちのことがまとめられた『扶桑隠逸伝』には挿絵つきで私のことが載っている。私がリスペクトする玄賓のみならず、兼好法師についても書かれている。https://t.co/KlxEHIdqvo
RT @zasetsushirazu: 彬子女王「女性皇族の衣装の変移について」(『京都産業大学日本文化研究所紀要』24、2019年)は、お雇い外国人たちが「ヨーロッパ宮廷では古来の衣装を用いる向きがある」として女性皇族の洋装化に否定的な一方で、伊藤博文らが形からの西洋化を試み…
法月 敏彦 -  忘れえぬ演劇研究者 ―関根只誠―【それは、誤解され易い言葉であろうが「珍書蒐集」ということである】 https://t.co/GvYIC5GFHg