新美ぬゑ (@nue213)

投稿一覧(最新100件)

特集 日本研究の道しるべ : 必読の一〇〇冊>ポピュラーカルチャー https://t.co/Ooblz2NnS5 大塚英志が良い事書いてる。アカデミックな研究者たちが今しなきゃいけないのは、在野の研究者へのリスペクトとその仕事の再評価だよなぁ。

7 0 0 0 OA 漫画一年

国木田独歩は小杉未醒の『漫画一年』の序文で、未醒の絵を「漫画」だとしているのだが、この本に収められているのは元々雑誌に掲載された「コマ絵」と呼ばれていたものなんだよなぁ。漫画とコマ絵の違いはどこにあるんだろう。 https://t.co/CZLzeiyweH

39 0 0 0 OA 日本擬人名辞書

「出歯亀」という言葉は、明治41年3月に起こった事件の犯人のあだ名から取られたとされるが、同年6月に描かれた事件と関係ないマンガに、早くも登場している。 https://t.co/JoEBzngx1w https://t.co/8DpwsqUFPc
RT @tsysoba: 市民ミュージアムの展示で、下川凹天『実習指導 漫画の描き方』弘文社, 1943 https://t.co/SXE9WnSM5e (NDL所蔵なし?)からのパネルに、国威発揚のための宣伝手段として「漫画壁画」という言葉が登場していて(p44)、ちょっと気…
『一平全集』の6巻は「人の一生」が収録されているので結構重要な巻なんですよ。一応『人の一生』は昭和2年の大日本雄弁会講談社版がデジタル化されているけど、これは前編だけしか収録されていない。(そもそも刊行時はまだ連載中だった) https://t.co/6YHDDf1PSn

2 0 0 0 OA 人生漫談

国会図書館デジタルに岡本一平『一平全集』の6巻だけが入って無くて不思議に思ったんだが、「人生漫談」というタイトルで改造された本がデジタル化されていた。奥付などは変えられているが、本文を見ると『一平全集』の文字がそのまま残っている。 https://t.co/WN3JPQiHvr

12 0 0 0 OA 一平全集

岡本一平が東京朝日新聞で名を上げたとされる記事に「富田屋八千代を観るの記」というのがあるのだが、これは大阪で名芸妓と謳われた富田屋八千代に会いに行くと言うレポート漫画。 https://t.co/whFtrfExYE

427 0 0 0 OA 珍品のらくろ草

小野耕世先生が子供の頃読んだ中で、特に面白かった作品の一つと挙げていた『珍品のらくろ草』は無料公開されている。植物学者の先生は大変良い事言ってるので皆さん読みましょう。 https://t.co/EzFyQyjI1v https://t.co/3hrLnM0NXd

252 0 0 0 OA 魔風恋風

学校に遅刻しそうで急いでたら、曲がり角で異性にぶつかるってシュチエーションは小杉天外の新聞連載小説『魔風恋風』(明治36年)にあるんだな。まあ、ぶつかった主人公は骨折して入院するけど。 https://t.co/xq3JC3gVUW
雑誌「小国民」綜覧 https://t.co/U5ciAe8YOG ちゃんと読んでなかったが、明治期の少年雑誌読者の実情が見えて面白いな。『小国民』のライバル誌が『日本之少年』ではなく同じ博文館の『幼年雑誌』と考えられてるのは興味深い。

1 0 0 0 OA 松谷漫画

山本松谷の『新案松谷漫画 第一編』、僕が買った奴には序文が入ってるのだが、国デジ https://t.co/F8nQWFPq8X 近代画像DB https://t.co/nen1skn8PY のやつには無いな。どれも初版なのだが何… https://t.co/bWs0mMjDde

27 0 0 0 OA 長靴の三銃士

牧野大誓、井元水明の『長靴の三銃士』が国デジで公開されてて初めてちゃんと読んだんだけど、かなり映画を意識して作られてんのね。広告でも「活動写真マンガ」と謳っている。物語マンガの歴史を考える上で結構面白い作品なんじゃないかな。… https://t.co/86jO0hH16K
国学院の展示で紹介してた十返舎一九の『的中地本問屋』 当時の本作りの工程が分かる資料らしい。しかし読めん。 https://t.co/Q7SugIkaT8
以前の国立国会図書館にない本シリーズ その① https://t.co/ZgHSBf9LXY   その② https://t.co/LwefdjJRwM
以前の国立国会図書館にない本シリーズ その① https://t.co/ZgHSBf9LXY   その② https://t.co/LwefdjJRwM

6 0 0 0 OA 日清戦争漫画

耕書堂が明治28年に出した『日清戦争漫画』って絵手本的な物でも無いし、諷刺画やポンチ的なものでも無いし、「漫画」って言葉としては面白い使い方だな。 https://t.co/FYyIFFkBWv
毛鉛画独稽古 : 教科適用. 第1編 https://t.co/ArNUOICo8I 清親の絵の描き方本、光線画の描き方とかも適当に書いてあるが、画像が荒くて読めん・・・
誰のために : ハンセンヱホン(日本プロレタリア美術家同盟出版部、1931) https://t.co/dbPhPe98fe 戦前に「反戦」って言葉が使われてるの初めて見たかも。

13 0 0 0 OA 漫画学校

松山文雄の『漫画学校』って近デジで公開されてるのか。普通に技法書かと思ってたんだが、本文のほとんどが漫画の歴史についてで、描き方については最後にちょろっと書いてある程度。 https://t.co/0Pn80ZebNY
河盛久夫と長崎抜天、小川武が絵を描いてるのか。序文に描いてあるが、そう言えば時事漫画で連載してたな。 https://t.co/MkD4XLI2x7
吾輩ハ鼠デアル : 滑稽写生 https://t.co/9z0gS9r57j これ今ヤフオクで2万くらい行ってるんだが、冒頭読んだけど結構面白いなw
大分ノリが軽いが明治14年の性教育本なのかな?精虫って書かれるとなんかキモいな・・・ https://t.co/f124z6Ci7c https://t.co/D9JWxcFn6E

1222 1 0 0 OA エロエロ草紙

そう言えば、近デジ公開で一時期話題になったエロエロ草紙って海外のマンガ(しかも結構趣味が良い)が結構載ってるんだよなぁ。復刻版買っておこうかな。 https://t.co/nAfIUjtQkb

28 0 0 0 OA 白い子猫

猫の日に読みたい戦前ネコマンガ(と言うより絵物語か)  中島菊夫「白い子猫」  https://t.co/lzxujDL69l
樺島勝一の『ペン画の描き方』(弘文社) https://t.co/DLfjbAvHUW は、当時弘文社がだしてたハウツー本のひとつで、下川凹天の漫画の描き方本『漫画スケッチブックと描き方』、『実習指導 漫画の描き方』とかもこの一部。凹天の描き方本はほぼ弘文社から出ている。

37 0 0 0 OA 正チャンの其後

『正チャンの其後』https://t.co/Ac9Wni0qEw が公開出来て、『お伽正チャンの冒険』がダメなのはなぜだろう?お伽の方はまだデジタル化されてないだけ?
『吾輩ハ小猫デアル』 https://t.co/bHuB9UFCAE 公開されてて読めるのね。「吾輩は○○である」というフレーズは当時かなり流行ったらしく、検索すると色々でて来て面白い。 https://t.co/j98BSnrjEH

28 0 0 0 OA 白い子猫

『白い子猫』 https://t.co/Pu4ZlEFHCH 中島菊夫のネコマンガ、ブサ可愛い。

2 0 0 0 OA 素戔鳴尊

保積稲天の『素戔鳴尊』って丸善から単行本化されてたのか、珍しいな。つーか、連載してたやつと全く違うんだけど・・・ http://t.co/biO8JUv4PZ

22 0 0 0 OA 近代の恋愛観

近デジの厨川白村『近代の恋愛観』に落書きが沢山書いてあるるんだが、さらに別の人がその落書きついてのこれから読む人へのアドバイスとかも書いてあって、なかなかカオス。 http://t.co/FQSivtuOL2

4 0 0 0 OA 汽車ヅクシ

「汽車ヅクシ」榎本松之助 画作 (榎本法令舘東京支店, 1927)  http://t.co/jnnEDMMQYG 近デジは榎本法令舘の赤本系の絵本とかもちょこちょこ登録されてるな。こう言うのは買う気は起きないけど見るのは楽しい。
「エロ戦線異状あり : 女給の内幕バクロ(尖端エロ叢書)」 尖端軟派文学研究会 編 (法令館, 1930) http://t.co/pahGdcad9F 近デジに尖端エロ叢書結構入ってるなw
RT @sat_osawa: 昭和9年のミッキーマウス。『ミツキーの手柄』(文英堂出版社、1934年)。ちょうど80年前。「近代デジタルライブラリー」で全文が読める。→http://t.co/JFSHUCxTPo http://t.co/YH8a5p5KMP
「霊怪的現象の原理は斯くの如し其の応用は斯くして自在なり」 宇宙霊象研究協会 編 (宇宙霊象研究協会, 1917) http://t.co/Z5lsz5GRLt
「忍術魔法秘伝 : 神秘開放変化自由」 双竜軒 著 (神国武芸研究会, 1917)  http://t.co/G0ukVT8ZjW

2 0 0 0 OA 忍術の極意

「忍術の極意」 伊藤銀月 著 (武侠世界社, 1917)  http://t.co/b2g25HlHT3
「即席活用忍術気合術秘伝 : 附・変現自在幻術の極意」 武揚軒健斎 著 (東京催眠術学会, 1917) http://t.co/AOQfTsTFPL 
近デジにあるこれ http://t.co/uiJtwp6HYw とか同じフォーマットで似たようなのが結構作られてるみたいだけど、昭和6年にでた↓の本以前からあったものなんだろうか。

188 0 0 0 OA 蛸の八ちゃん

蛸の八ちゃんもあるな http://t.co/yi5fBThoX1

427 0 0 0 OA 珍品のらくろ草

近デジはたまに大丈夫か?ってものが公開されてるが、田河水泡は著作権とか問題無いんだろうか http://t.co/sztfgycLUd
吉本三平は1940年に亡くなってるのか、こぐまのコロスケの鼻がクチバシみたいに見えてモヤモヤする http://t.co/F2sbTqkgih

14 0 0 0 OA Z光線

昨日小野先生が話してた新関健之助の「Z光線」 http://t.co/vjxpAXEahd 素晴らしい

12 0 0 0 OA 空の中隊

今年読んだマンガで一番よかったのはなんだろう。 近デジで読んだ新関健之助の「空の中隊」http://t.co/hnlPZTdKbW かな? でも、これ今年読んだんだっけ?
ソヴェートロシヤ漫画・ポスター集 http://t.co/crYgLtLKJj 色が綺麗で素晴らしい。

2 0 0 0 OA ポパイ

今日、米図でパシヒック社版の『ポパイ』を見つけて調べて見たら・・・これ近デジで公開して大丈夫なのか? http://t.co/Mr5FdV7Kcq
『無産階級の画家 ゲオルゲ・グロッス』は国会図書館のアーカイブで見れるけど、欠ページが結構あるのと、多分カラーだった図版が黒くなってよく判らん箇所がチラホラ・・・ http://t.co/CFB2mma7cT
『宝塚少女歌劇廿年史』 http://t.co/jhfOsZJHv4 宝塚とか興味ないけど、写真がいっぱい載ってて眺めるだけでも面白いな。

12 0 0 0 OA 空の中隊

これ空戦の描き方とかすごいな・・・。  http://t.co/hnlPZTdKbW
岡本一平の『新らしい漫画の描き方』とかもあるなhttp://t.co/nXtwA8CvpM ただこのUIだと、すげー読みにくい

13 0 0 0 OA 漫画学校

『漫画学校』 松山文雄 著 昭和25年 http://t.co/i93J41kaMu
ここの91ページあたりを読む感じ1966年のマッケイの回顧展でニモを知ったんじゃないかと思うんだが http://t.co/yAlthU0C センダックの世界とセンダックの絵本論を読み比べてみる必要があるかもなぁ
「フランスのマンガ」の著者が受けた補助金のデータみたいなの見つけた、この額が妥当なのかどうかはわからないけど、お粗末な本だった割に結構出てるな・・・:http://kaken.nii.ac.jp/d/p/17600028

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(86ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(2223ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @mongkeke_tarikh: という人物の顕彰碑から孫引き去れたもので本来は「皇元故敦武校尉管軍上百戸張成墓碑銘」と言っていたものらしい。岩間徳也は拓本を取って東洋文庫に収めたらしいけど、帰国後『元張百戸墓碑考 : 明の金州衞儒学と其の先師廟碑記』(1925)と題し…

4 2 2 1 OA 続群書類従

RT @mongkeke_tarikh: >むくり 鎌倉時代末期、1323年頃成立した法律用語集「沙汰未練書」(続群書類従 第二十五輯上 武家部に収録)に、 「一 蒙古トハ 異國ムクリの事也」(同10頁)とあり、 この頃には「蒙古」は「ムクリ」とも呼んでいたらしい事が分かる。…
RT @drinami: @kougaku 関連研究発見。炭カル入れるより強度は高くなるんですね https://t.co/zuvreGMm7z
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt

1 1 1 1 OA 小さな王国

小さな王国 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/yRCpT0EXGE あ、前にきになってた小さな王国の最初の版、あった ただ納本された元の本から書き込みがあっていろいろアレではあるが…w
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
基本的人権と公共の福祉についての素描 圓谷勝男 東洋大学 https://t.co/K2Uf4KsWwv
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @benkyokirokukk: CiNii 論文 -  音楽の視点からみた映画史 : サイレント映画の時代 https://t.co/u7DgE2M1lp #CiNii
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @torakare: これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @T_urade1987: 中村早知惠『幕末期における豪農層の活動 長倉村大森彦重道義を中心に』(茨城県立歴史館報45所収)を入手しました。末尾に「御上京御供東海道上下記」全文翻刻されています。大高又次郎は桜任蔵の分骨に関わった由。古高俊太郎は古高喜衛門として名前が現れま…
黒田史彦,尾関史,古屋憲章,宮崎七湖,李羽喆(2013年3月).「留学生の自律的漢字学習を支援するためのワークショップの試み」第40回日本語教育方法研究会(東京大学). https://t.co/Nx7k7gXFp8
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
RT @khargush1969: ČĀY (D.Balland and M.Bazin) in EIr https://t.co/4ICubQZA83 普及したのは近代からである喫茶文化がイランにもたらされたのはモンゴル時代,との説がEIr「茶」の項目に紹介されていたが典拠は…
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
井上円了が考案した、哲学占いの筮木とかもあり。詳しくは、哲学うらなひ https://t.co/NLe1PKedo6 を参照のこと。これまでの「古人の妄想」に基づく占いを退治するために、近代的な知識に基づく占いを新たに作って普及さ… https://t.co/XJ3tii1IVk
RT @JapaJawaJava: こういう論文あります。1950年国勢調査の読み方も取り上げられてます。 https://t.co/DLSt5FxTKA
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 「脱・テニミュ史観」を目指して ―『サクラ大戦』に見る2.5 次元ミュージカルの 新たな可能性―(吉岡 史郎),2018 https://t.co/ClMdqXn7CG

7 2 2 0 OA 史籍雑纂

RT @T_urade1987: @uwabutatsunori これは壬生浪士と言っても清河八郎のことです。色々史書に出ているようですが、長州藩士兼重謙蔵の『世子奉勅東下記』には文久三年三月朔日に吉村虎太郎と伊藤博文が八郎に会いに行き、親兵の周旋を依頼をしたとあります。 ht…
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
RT @online_checker: @usotsukibakari 風疹では、#医療従事者 を介した、大規模な院内感染事例https://t.co/TP3wC5pReEもある 打っても抗体付けられる医療従事者は、95%に満たないhttps://t.co/67ZkB8IYyc…

174 174 174 0 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
RT @ksk18681912: 大正12年11月、大震災から3ヶ月後に出版された被災者向けの起業マニュアル、「大震後に於ける金儲の東京」には屋台のラーメンは登場しません。 https://t.co/iy9jr07GwV おそらく、製麺業が被害から立ち直っていなかったこと、燃…
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
RT @ksk18681912: 大正12年11月、大震災から3ヶ月後に出版された被災者向けの起業マニュアル、「大震後に於ける金儲の東京」には屋台のラーメンは登場しません。 https://t.co/iy9jr07GwV おそらく、製麺業が被害から立ち直っていなかったこと、燃…

174 174 174 0 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
永宮さんの本は部屋のどこかにあるはずだが、、これは知らなかった。永宮健夫「微分方程式論」は昭和16年11月、犬井さんが合流超幾何の昇降演算子を書いたのが昭和17年4月の数物学会 https://t.co/A1jvw4zVyu なの… https://t.co/w0R6A51mFn

174 174 174 0 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
RT @mongkeke_tarikh: うーむ、動画見てから今更ながら論文漁ってるけど、山本先生が動画で触れられてた『イブン・リドワーンによるテトラビブロス註解』の(山本先生のw)紹介論文があったので、こういうのを読んで占星術関係の知見を増補せねば|ω=)>薔薇の名前まだ読み…
RT @hayakawa2600: 「反日」レッテルの時代的変遷をたどるうち、日韓条約直後の1966年に、自民党政調会文教調査会外人教育小委員会が「外国人学校制度」法案の成立を目指す過程で「朝鮮学校における反日教育」キャンペーンが吹き荒れたことを学ぶ。「制度」案の枠組みについて…
@dicekey_sato https://t.co/kdYA9fV0MT 近代日本における教育からの「性教育」排除の構造 : 明治後期の「性慾教育」論争とその社会背景の分析を通じて この13ページ以降が非常に現在と酷似していま… https://t.co/uO4ll1AlBo
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmepqy4
RT @torakare: これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ
RT @tyuusyo: 久世奈欧『近世期京都における豊国大明神の展開』https://t.co/GstStLQcuV
RT @renrakufontda: 「年報社会学論集」の30号の、永田大輔「「オタクを論ずること」をめぐる批評的言論と社会学との距離に関して」にはオタクをめぐる言説の検討をしており、オタク差別について言及されている(p.137など)ので、興味ある人にはよい材料になるのでは。…
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
RT @ksk18681912: 「裸一貫生活法」は、国会図書館デジタルコレクションで読むことができます。 https://t.co/WMZH63dOZq 実際に読んでみてください。「裸一貫生活法」は”被災者に向けたガイドブック”ではありません。 なぜこんなに簡単にバレる嘘…
RT @ksk18681912: 「裸一貫生活法」は、被災者ではなく、月給取りつまりホワイトカラーのサラリーマンを目指す失業者を対象とした本です。 https://t.co/KZxOliyIDG ”震災ですべてを失った人”向けの本ではありません。 歴史秘話ヒストリアのスタ…

28 24 24 0 OA 食行脚

RT @ksk18681912: 2年後の大正14年7月には「食行脚東京の巻」という食べ歩きガイドが発行されるまでに、東京の外食業は復興しました。 https://t.co/PeHrSryrce この本の中には、名だたる名店たちが復興しているさまが描かれています。 https…
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
@hayakawa2600 田中角栄来訪時のジャカルタ暴動とかですよね。 井原伸浩『1970年代の東南アジアにおける 非経済的な日本イメージの悪化要因』https://t.co/110ei0l1pB タンシンマンコン・パッタジ… https://t.co/LtH3B8Vscs
@hayakawa2600 田中角栄来訪時のジャカルタ暴動とかですよね。 井原伸浩『1970年代の東南アジアにおける 非経済的な日本イメージの悪化要因』https://t.co/110ei0l1pB タンシンマンコン・パッタジ… https://t.co/LtH3B8Vscs
「87年に刊行された/「救世の法三部作」/に見られるのは、選ばれた地・日本という意識、選民意識で/それは/神理(真理)の発祥地として/。/日本文化の独自性、風土、日本人らしさなどには一切依拠しておらず」 塚田穂高『新新宗教における… https://t.co/aNSyWf0UcV
@tamako_han @amnsmt 「著者はフェミニズムを(他の/社会思想と同じように)/「道徳闘争運動」と位置づけ,どのような道徳に基づく社会を達成すべき/か/の/イメージを/示していくべきだと主張」 吉澤夏子『道徳を選ぶと… https://t.co/vJfbatTU77

13 13 13 0 OA 大日本仏教全書

RT @pat_1308: ・別尊雑記:観音部アリ https://t.co/7GeKRRcGpr ・図像抄:観音部アリ https://t.co/mGxpqGNGkf ・覚禅抄:観音部アリ https://t.co/IRJRuUNUaj https://t.co/4m7MY…
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
RT @ksk18681912: 震災時の逸話を集めた「大震災の哀話と美譚」には、気前が良すぎて利益をあげられなかった素人の牛めし屋の話が出てきます。 https://t.co/896DISYIlA ”日比谷公園の牛飯屋でひどく甘く安いのがあつた。聞くと實はけふが店開きです、…
RT @ksk18681912: 大震災を記録した大正13年の「大震災印象記 大正むさしあぶみ」には、震災後の食べもの商売についての描写があります。 https://t.co/m7QYNdUpZJ 挿絵には「牛丼」「スイトン」「ゆであずき」「ライスカレー」といった、震災後を…
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS