詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

森鴎外『高瀬舟』--剃刀を抜く https://t.co/AkWZK8zyM0
菫程な小さな〈記憶〉の物語:夏目漱石「文鳥」論 https://t.co/UKc1uJwDF4
修士論文抜粋 三島由紀夫『禁色』論--「不在」から「現実的存在」へ https://t.co/0Jj0nxFDDR
大正6年の志賀直哉を読む--身体としてのカラダ/「城の崎にて」再考 https://t.co/UUP729f9tc
「伊豆の踊子」の「私」 : 開かれた「一人称」性(海老井英次教授退官記念号) https://t.co/HhAPAHsDyR
『舞姫』はジュール・ヴェルヌの夢を見るか?--鴎外文学の〈失われた環(ミッシング・リンク)〉 (特集・『舞姫』を考える) https://t.co/yiAI39NA8m
岡本かの子『春』論 : 〈憂鬱〉から〈狂気〉へ https://t.co/kSZ69qVOVe
安部公房『壁--S・カルマ氏の犯罪』における「ぼく」から「彼」へ https://t.co/6MA9lXg6rZ
堀辰雄『かげろふの日記』論--運命と<夢>との対峙 https://t.co/vUoId5OWfo
『哀しき父』--内向への傾斜 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (葛西善蔵 作品の世界) https://t.co/OHOdCtpzMM
岡本かの子「老妓抄」論 : それぞれのパッション https://t.co/KakR5USUG6
横光利一「夜の靴」論 : 贈与としての<ふるさと> https://t.co/CPHHAxzsJv
五重塔--露伴文芸における<調和>への祈念 (明治のロマネスク--紅葉・露伴・鏡花(特集)) -- (作品論・幸田露伴) https://t.co/deakcXgICU
川端康成『千羽鶴』における「魔界」 : 「内魔」の生成と深化を中心に (特集 佐多稲子と川端康成) https://t.co/8IaaS8Jac6
夏目漱石『それから』を読む--遅延・媒介・反転 https://t.co/zTwiSWG4rc
『夢十夜』成立期への一視点 : <あまのじゃく>という方法 https://t.co/4pdkI4XiIw
太宰治「水仙」論 : 「僕」というナルキッソスの悲劇 https://t.co/k3DExA7W7h
芥川龍之介「疑惑」試論--沈黙する「私」を超えるドラマ https://t.co/QsJFrFe9UT
ポルノグラフィとしての『雪国』 (特集 川端康成--切断とずらし) https://t.co/V9ZGqFFuT5
芥川龍之介「歯車」試論--戦略としての〈僕〉の語り (特集 芥川龍之介の死とその周辺--転換期・1920年代と現代) https://t.co/bqXVDJjzib
泉鏡花「草迷宮」--円の連鎖 (幻想文学の手帖) -- (土俗が迷宮を穿つ) https://t.co/VWv28SRdTz
田山花袋「蒲団」--霊肉二元論的恋のゆくえ (特集=近代文学に描かれた性) -- (近代文学に描かれた性) https://t.co/OlcV67hfq4
横光利一「日輪」の構想力と「神話」の構造 : 「形式主義」を予告する https://t.co/OVVke3Eben
梶井基次郎「ある心の風景」論--<想念>と<現実> https://t.co/WME8sx0VKy
太宰治『水仙』論 -〈徳〉の不在証明- https://t.co/AMjyx8jNMm
芥川竜之介「おぎん」の位置--<文明批評>と<存在論>と https://t.co/mmU0YUzIOu
眼のレッスン : 江戸川乱歩『押絵と旅する男』論 https://t.co/B3UzySHuhk
三島由紀夫『仮面の告白』論 : 〈告白〉と二つの主体 https://t.co/WJdmqwX4w1
志賀直哉「赤西蠣太」論--<男>たちの嘘と契約 https://t.co/L5tymf9UUr
森鴎外『舞姫』試論--背理としての<忠誠> (特集 近・現代文学--その転換と回帰の諸相) https://t.co/2pbyjiPZe2
「事故」としての「野」 : 大岡昇平『武蔵野夫人』論 https://t.co/E8lgRV4pkx
岡本かの子『母と娘』 : 密着から自立へ/戦争協力から反戦へ https://t.co/k5w8LVL8gO
岡本かの子「老妓抄」論 : それぞれのパッション https://t.co/KakR5USUG6
川端康成「浅草紅団」論--分裂と統一・プロレタリア文学を光源として https://t.co/bkago3J79i
谷崎潤一郎『秘密』論 : <映画>的想像力/シネマティカル・トポロジー (特集 それは何か?<よむ>とは) -- (日本を<よむ> : 近現代文芸・文化) https://t.co/iF9iFaFKGM
『破戒』の中の〈崇高〉 : ホモソーシャル連続体の生成と勝利 https://t.co/zxN6u5bVF8
「地獄変」・その魔的なる暗渠 -芥川龍之介・中期作品の位相 (4)- https://t.co/oEc7qreOqk
川端康成『古都』論--意匠の再生力 https://t.co/32bTUzWTLM
模倣する行動--三島由紀夫『奔馬』論 https://t.co/vuJamDeY1r
国民の分身像 : 泉鏡花「高野聖」における不気味なもの https://t.co/wOn7ICQNzu
樋口一葉「大つごもり」論--子供たちの黙劇 https://t.co/BQBbbVf40z
太宰治「葉桜と魔笛」論 : 反転する〈美談〉/姉妹のエクリチュール https://t.co/jE62tQ3eCF
芥川龍之介「手巾」論--<型>と<真>の狭間にあるもの https://t.co/CNIF9Gqk5F
「禁色」試論--描かれざるカタストロフ (三島由紀夫の遺したもの--小説家の誕生から終焉まで<特集>) -- (「禁色」前後(昭和25〜28年)) https://t.co/OWC5K247Yt
変奏する〈メディア〉 : 志賀直哉『和解』論 https://t.co/dn1EI3o05e
三島由紀夫『愛の渇き』論 : 他者としての情念 https://t.co/6f13QAcKYs
『カインの末裔』論--「超越」をめぐる言説の抗争 https://t.co/JoUTusKZ2z
川端康成「禽獣」論 --揺らぎ続ける「モラル」の位相 https://t.co/iVltb0JPLo
夢野久作「ドグラ・マグラ」論 : 〈私〉とは何者か https://t.co/JKtZ5XKrB9
「河童」論--〈信〉と〈狂気〉を境として (特集 芥川龍之介を読み直す) -- (芥川テクストを読み直す) https://t.co/iABahKTBrk
『鏡子の家』--「純潔」の物語 (特集 三島由紀夫の世界) -- (作品の世界) https://t.co/mBYSc2bu5z
『美しい村』の生成--花のフラクタル (特集=堀辰雄の世界) https://t.co/LzLAeUXBun
ふるえることば、脱臼する語り : 川端康成『雪国』の文体論的分析の試み https://t.co/LcEkGXj4CC
三島由紀夫「金閣寺」論--<私>の自己実現への過程 https://t.co/5m0vJectYp
梶井基次郎「檸檬」にみられる人物像 : 美と倦怠のドラマ(平成三年度卒業研究佳作) https://t.co/9SsbxZOEZM
国木田独歩「牛肉と馬鈴薯」論 : 〈復元〉と〈政治〉の諸相 https://t.co/sKndCeIrx5
読む 虚言をめぐる思考実験 : 大西巨人『三位一体の神話』の探究 https://t.co/ClfLkPDnRJ #CiNii
究極の小説『天人五衰』--三島由紀夫の最後の企て https://t.co/911yP1jSFt
『雁』の〈もどかしさ〉 https://t.co/GnrmE42iTD
三島由紀夫『金閣寺』論 : 開かれている作品世界 https://t.co/lBQP48m0GS
「禁制」と「まどわしの夢」--川端康成「眠れる美女」における性の〈再生〉 https://t.co/PSDeQzAKE2
夢野久作「ドグラ・マグラ」論 : 〈私〉とは何者か https://t.co/JKtZ5XKrB9
仮面-コミュニケ-ションの壁--安部公房の作品から (仮面<特集>) https://t.co/seMTROwYwX
夜明け前・島崎藤村--何かを避けて上品な墨絵に美化している https://t.co/rcvZHjl4Dc
谷間の青春--野間宏「暗い絵」 (青春の発見<特集>) -- (作品・青春の歴史) https://t.co/Mrj9AeI8wu
「愚」という徳--谷崎潤一郎「刺青」と「続悪魔」 https://t.co/qpXrZmirih
『禁色』の童話--不完全な現実と、虚構の現実 (特集 禁色) https://t.co/uIBhaTZulb
大岡昇平『野火』論--<時間>と自我 https://t.co/37fssxhe06
大岡昇平「野火」を〈読む〉--反復と恩寵 https://t.co/pCFZaIA7og
ミミクリーとしての文章--「ヰタ・セクスアリス」試論 https://t.co/e6Hslmtryo
劇薬・暴力・探偵物--「機械」の逆説(パラドックス) (特集・横光利一) https://t.co/HBWyj1RSN5
横光利一『機械』論--語る私の崩壊と再生 (特集 近・現代文学--その転換と回帰の諸相) https://t.co/k9VR7oqs0X
『正義派』『范の犯罪』--響きあうコトバ (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい作品論) https://t.co/1BdBsBISyV
堀辰雄『かげろふの日記』論 : 情念の鎮魂譜 https://t.co/aE9q0jQBRw
劣性の思想--安部公房『カンガルー・ノート』論 https://t.co/o9E3cHMPoX
監禁のエクリチュ-ル--夢野久作「ドグラ・マグラ」論 https://t.co/835oNvJtI5
谷崎潤一郎「秘密」論 : <優位> と <哀切> https://t.co/dKdc2Wm2rz
<不機嫌>から<憂鬱へ> : 佐藤春夫『田園の憂鬱』をめぐる言説 https://t.co/zna9HTbFx1
安部公房「壁あつき部屋」試論--罪責の行方 https://t.co/ssm0peXYP7
「オレ」が「オレ」であるために--坂口安吾『夜長姫と耳男』論(後編) https://t.co/6D0HWLwkhl
樋口一葉『にごりえ』論 : <境界>という物語 https://t.co/cpPA734e1K
太宰治「葉桜と魔笛」論 : 反転する〈美談〉/姉妹のエクリチュール https://t.co/jE62tQkPud
予言=権力 : 安部公房『第四間氷期』論 https://t.co/57zIMqF33q
物質と思考の運動 : 安部公房の「砂の女」におけるシュルレアリスム的技法とその変容(日本語日本文学特集) https://t.co/rExbGRexwD
閉ざされた青春--三島由紀夫「金閣寺」 (青春の発見<特集>) -- (作品・青春の歴史) https://t.co/C6xDqFW4U5
芥川龍之介『歯車』論 : 「敗北」への道筋と「救い」の在り処 https://t.co/2V5A0fBMyB
肯定するエクリチュール--「憂国」論 (特集 三島由紀夫と映画) https://t.co/GMqVlYMQON
菫程な小さな〈記憶〉の物語:夏目漱石「文鳥」論 https://t.co/UKc1uJwDF4
ミミクリーとしての文章--「ヰタ・セクスアリス」試論 https://t.co/e6Hslmtryo
遡行する身体 : 『痴人の愛』の文化批判 https://t.co/iejPGtMp82
人間失格--地上の聖性 (特集 太宰治--文化・国家・個人そしてメディア) -- (新しいテクスト読みから) https://t.co/zOvXO0fxIg
「富岳百景」論--尊大なものへの憫笑 (太宰治の問いかけるもの--その軌跡を追って<特集>) -- (「富岳百景」前後--昭13〜17) https://t.co/wuLZ7E2b8g
三島由紀夫『金閣寺』論--力への意志あるいはルサンチマンの美学 https://t.co/gZkprDs6Ay
降りそそぐ〈ノイズ〉 : 芥川龍之介「歯車」における〈意識の流れ〉の推進力 (藤原茂樹教授 松村友視教授 退任記念論文集) https://t.co/NUNkyH5lU5
横光利一『夜の靴』論 : 「私」を展開する<戦後> https://t.co/SYutrIKj49
安部公房『砂の女』研究--砂の世界への解放 https://t.co/H2qwtOO668
夏目漱石『道草』における神の視点と自由間接話法 https://t.co/Km5wGuodJi
大岡昇平『野火』考--プロメテウスの神学 https://t.co/kqlqoQ9Eve
狂気の躍動--安部公房『密会』 (特集 〈精神病院〉の文学) https://t.co/O8pphhQEsS
森鴎外『舞姫』試論--背理としての<忠誠> (特集 近・現代文学--その転換と回帰の諸相) https://t.co/2pbyjiPZe2

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(98ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(69ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)