詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

「『話』らしい話のない小説」から小説を包み込む「話」ヘ : 『雪国』の「語り」と「無」と「美」 https://t.co/x0Hta1KdCy
三島由紀夫「潮騒」論--「神」としての物語 https://t.co/C5YvTvAbYO
想起への希求--谷崎潤一郎『春琴抄』論 https://t.co/YGJd6jRNOx
菫程な小さな〈記憶〉の物語:夏目漱石「文鳥」論 https://t.co/UKc1uJwDF4
三島由紀夫「金閣寺」論--<私>の自己実現への過程 https://t.co/5m0vJectYp
三島作品における〈内部〉と〈外部〉--「金閣寺」を中心に https://t.co/cZi964iYEN
『カインの末裔』論--「超越」をめぐる言説の抗争 https://t.co/JoUTusKZ2z
川端康成『山の音』における「魔界」思想の位相 : 戦争の影、戦後の世相、そして異界の構築 (特集 近代) https://t.co/3n9bpJmdFf
<不機嫌>から<憂鬱へ> : 佐藤春夫『田園の憂鬱』をめぐる言説 https://t.co/zna9HTbFx1
谷崎潤一郎『秘密』論 : <映画>的想像力/シネマティカル・トポロジー (特集 それは何か?<よむ>とは) -- (日本を<よむ> : 近現代文芸・文化) https://t.co/iF9iFaFKGM
佐藤春夫『病める薔薇』の一側面--「指紋」からの照射 https://t.co/D0anU0c4R1
「鏡子の家」--物語の衰弱 (いま三島由紀夫を読む<特集>) -- (<小説>の解読) https://t.co/Tma52VbJSN
三島由紀夫『金閣寺』論--手記の中の<認識>と<行為> https://t.co/uJXvm8WcF7
読む 虚言をめぐる思考実験 : 大西巨人『三位一体の神話』の探究 https://t.co/ClfLkPDnRJ #CiNii
修士論文抜粋 三島由紀夫『禁色』論--「不在」から「現実的存在」へ https://t.co/0Jj0nxFDDR
〈涙〉の共同体 -菊池寛「父帰る」とその行方- https://t.co/yu62Ptlz0w
三島由紀夫「橋づくし」を読む--贅なる他愛なさ (特集 三島由紀夫) https://t.co/LHm5MZHeUs
交換と贈与--森鴎外『雁』論 https://t.co/Qa1RcaPmJ4
遊戯の崩壊--三島由紀夫『禁色』論 https://t.co/7YlpJzIbv5
「大つごもり」論--もう一つの<闇夜> (樋口一葉--新たな一葉像へ向けて<特集>) https://t.co/EXvAqHnyL0
川端康成『眠れる美女』論--祈りとなぐさめ https://t.co/CJGjDJRo0j
究極の小説『天人五衰』--三島由紀夫の最後の企て https://t.co/911yP1jSFt
女性性への夢 : 川端康成「眠れる美女」論 https://t.co/XPsyBNeB4P
樋口一葉『にごりえ』論 : <境界>という物語 https://t.co/cpPA734e1K
芥川竜之介「地獄変」覚書--その地獄へと回転する構造 https://t.co/9Jba1NUUHO
〈おれ〉の〈ユダヤ性〉にみる実存的状況 : 安部公房『赤い繭』論 https://t.co/xWUjbDcRRC
『鏡子の家』--「純潔」の物語 (特集 三島由紀夫の世界) -- (作品の世界) https://t.co/mBYSc2bu5z
『草枕』を読む--作中のポリフォニー性と<画>の成就 https://t.co/104iIbwEqc
「伊豆の踊子」の「私」 : 開かれた「一人称」性(海老井英次教授退官記念号) https://t.co/HhAPAHsDyR
谷崎潤一郎『細雪』論--予感はなぜ外れるのか https://t.co/xIehMAjLSs
片々の金光--樋口一葉『うもれ木』における制度と逸脱 https://t.co/gsLyzv4KPp
樋口一葉「大つごもり」論--子供たちの黙劇 https://t.co/BQBbbVf40z
泉鏡花「義血侠血」論--法の一貫目は情の一匁なる哉 (特集 近代) https://t.co/dQpVBDTD2q
志賀直哉「范の犯罪」論--共有される欲望、共有される<私> https://t.co/sd336MFhgv
樋口一葉『にごりえ』論 : <境界>という物語 https://t.co/cpPA734e1K
太宰治『パンドラの匣』論 : 〈かるみ〉の希求とその思想的背景 (小特集 テクストの複数性 : 太宰治) https://t.co/6LvjZhNqMz
屍と詩:辺見庸「眼の海――わたしの死者たちに」―― https://t.co/In1TaYcawe #CiNii
『正義派』『范の犯罪』--響きあうコトバ (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい作品論) https://t.co/1BdBsBISyV
「俯瞰」の極北へ : 司馬遼太郎「逃げの小五郎」(連作短篇集『幕末』より)論 https://t.co/YZRCvXw3Ti #CiNii
志賀直哉の自己と超越者--「城の崎にて」の静謐 https://t.co/d20gR7vtwh
『河童』--<個>の抗い (特集 芥川竜之介作品の世界) https://t.co/x24eAG0HUk
明滅する〈自由〉--太宰治『斜陽』を解読する (総特集 『斜陽』) -- (特集 『斜陽』を読む) https://t.co/757maFjChA
「オレ」が「オレ」であるために--坂口安吾『夜長姫と耳男』論(後編) https://t.co/6D0HWLwkhl
芥川龍之介とmagical thinking--杜子春,妖婆,河童の世界 https://t.co/pUyaj9VHId
過剰な<言葉>の交換--芥川龍之介「歯車」試論 https://t.co/JA3lpwdqRe
隠蔽する「語り」--森鴎外「舞姫」・「うたかたの記」 (近代文学と「語り」-2-<特集>) -- (近代文学と「語り」の位相) https://t.co/q559c4lEEU
三島由紀夫「天人五衰」論 : 二人の観察者 https://t.co/iw4MUqKlRT
芥川龍之介『歯車』論 : 「敗北」への道筋と「救い」の在り処 https://t.co/2V5A0fBMyB
志賀直哉と他者--『城の崎にて』、忘却される起源 (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい直哉像を求めて) https://t.co/DEs0MhQUth
天守物語--幻想の渇き (泉鏡花・魔界の精神史<特集>) -- (作品の検証) https://t.co/rsdi6nyrjY
内破のコミュニズム : 大西巨人『神聖喜劇』の基底思考 (特集 政治的芸術の再生にむけて) https://t.co/VOVQ6DKxCo #CiNii
岡本かの子『春』論 : 〈憂鬱〉から〈狂気〉へ https://t.co/kSZ69qVOVe
三島由紀夫「潮騒」論--歌島の〈道徳〉、芸術家の〈道徳〉 https://t.co/MCFA3ZEtWx
谷崎潤一郎『細雪』論--予感はなぜ外れるのか https://t.co/xIehMAjLSs
佐藤春夫『田園の憂鬱』成立考--〈芸術的因襲〉の位置づけをめぐって https://t.co/X2IKP6zhkV
劣性の思想--安部公房『カンガルー・ノート』論 https://t.co/o9E3cHMPoX
〈探偵〉される身体 : 夢野久作『ドグラ・マグラ』について (第4回研究大会の記録) https://t.co/M6nzPPdkLV
田山花袋『少女病』論 : 精神的行為としての「あくがれ」と復権する肉体 https://t.co/FGzhaWpHUK
「潮騒」--その方法と挑発 (三島由紀夫の世界<特集>) -- (作品の世界) https://t.co/wGm1VOXNjU
「友情」<武者小路実篤>--明日を信じる爽やかさ (近代文学に描かれた青春<特集>) https://t.co/KjKnNQTdhs
三島由紀夫『金閣寺』論--手記の中の<認識>と<行為> https://t.co/uJXvm8WcF7
三島由紀夫「仮面の告白」--不条理の欲望 (特集=近代文学に描かれた性) -- (近代文学に描かれた性) https://t.co/VZUJ9lfrba
「論理」を構築する論理 : 横溝正史「本陣殺人事件」論 https://t.co/4Sj9mDnaz8
夜明け前・島崎藤村--何かを避けて上品な墨絵に美化している https://t.co/rcvZHjl4Dc
風景の俯瞰から自然との一致へ--花袋「生」改稿をめぐって https://t.co/hqOEB97hSI
佐藤春夫『西班牙犬の家』--反逆としての「夢見心地」 https://t.co/Qz7AQirTWD
不在の「作者」と造反する語り手--三島由紀夫『潮騒』論 https://t.co/3AijSKoS0g
「地獄変」私論 : <語り>の詐術/<語り手>の裏切り https://t.co/c21T9tsGLD
梶井基次郎・「檸檬」の言語戦略 : 「えたいの知れた吉な塊」が「えたいの知れない不吉な塊」を破壊する話 https://t.co/DMxBqiBZYL
『哀しき父』--内向への傾斜 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (葛西善蔵 作品の世界) https://t.co/OHOdCtpzMM
線の力 : 志賀直哉の『暗夜行路』 https://t.co/C16BwrTVsh
メビウスの輪--安部公房「砂の女」 (特集 脇役たちの日本近代文学) -- (脇役28選) https://t.co/9aPNRyKWXe
三島由紀夫『金閣寺』論--力への意志あるいはルサンチマンの美学 https://t.co/gZkprDs6Ay
仮面-コミュニケ-ションの壁--安部公房の作品から (仮面<特集>) https://t.co/seMTROwYwX
「社会の罪」の探索:――徳富蘇峰、森田思軒、樋口一葉―― https://t.co/Mb4JcIGcKn #CiNii
三島由紀夫「仮面の告白」--不条理の欲望 (特集=近代文学に描かれた性) -- (近代文学に描かれた性) https://t.co/VZUJ9lfrba
岡本かの子「老妓抄」論 : それぞれのパッション https://t.co/KakR5USUG6
川端康成『眠れる美女』論--祈りとなぐさめ https://t.co/CJGjDJRo0j
降りそそぐ〈ノイズ〉 : 芥川龍之介「歯車」における〈意識の流れ〉の推進力 (藤原茂樹教授 松村友視教授 退任記念論文集) https://t.co/NUNkyH5lU5
流れを溯る--「城の崎にて」論 https://t.co/Q1fue1W6oC
森鴎外『雁』論-「僕」の<語りの衝動>- https://t.co/jnQWa3QK0J
『金閣寺』論--不能者のエクリチュール https://t.co/PVPRNrnZaR
志賀直哉「赤西蠣太」論--<男>たちの嘘と契約 https://t.co/L5tymf9UUr
溢れでる身体,そして言葉--泉鏡花『外科室』試論 https://t.co/nj0kBSLSRE
三島由紀夫「橋づくし」論 : 習俗性との断絶と"対話"への基盤 https://t.co/gmNsMr3EtV
読む 虚言をめぐる思考実験 : 大西巨人『三位一体の神話』の探究 https://t.co/ClfLkPDnRJ #CiNii
建築,映像,都市のア-ル・ヌ-ヴォ---谷崎潤一郎「秘密」・<闇>と<光>の物語 (明治世紀末--イメ-ジの明治<特集>) -- (メディアの世紀末) https://t.co/qscEi7OigA
<不通線>への通路、あるいは<書く>ことへの痛ましき目覚め : 横光利一「夜の靴」の試行と山形の表象 https://t.co/6NbPbeCkWL
『カインの末裔』論--「超越」をめぐる言説の抗争 https://t.co/JoUTusKZ2z
地図と契約--安部公房『燃えつきた地図』論 https://t.co/ustajQVabz
谷崎潤一郎『卍』論--媒介するものたち https://t.co/4bubQfKi8y
「禁色」試論--描かれざるカタストロフ (三島由紀夫の遺したもの--小説家の誕生から終焉まで<特集>) -- (「禁色」前後(昭和25〜28年)) https://t.co/OWC5K247Yt
川端康成『千羽鶴』における「魔界」 : 「内魔」の生成と深化を中心に (特集 佐多稲子と川端康成) https://t.co/8IaaS90LAG
『美しい村』の生成--花のフラクタル (特集=堀辰雄の世界) https://t.co/LzLAeUXBun
『舞姫』はジュール・ヴェルヌの夢を見るか?--鴎外文学の〈失われた環(ミッシング・リンク)〉 (特集・『舞姫』を考える) https://t.co/yiAI39NA8m
太宰治『パンドラの匣』論 : <体験する「僕」>と<物語る「僕」>をめぐって https://t.co/TRVyYiVomh
男の〈顔〉と喰えない女--『グッド・バイ』の果ての果て (特集 太宰治/坂口安吾--無頼派たちの"戦後") https://t.co/EgBWBEtSiN
さまよい続ける声 : 樋口一葉「にごりえ」論 https://t.co/DUj07vV9cZ
「『話』らしい話のない小説」から小説を包み込む「話」ヘ : 『雪国』の「語り」と「無」と「美」 https://t.co/x0Hta1KdCy
被害記憶への回路という欲望 : 目取真俊「群蝶の木」論 https://t.co/ut6Rhu79Bn #CiNii

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(98ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(80ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)