詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

ミミクリーとしての文章--「ヰタ・セクスアリス」試論 https://t.co/e6Hslmtryo
志賀直哉「范の犯罪」論--共有される欲望、共有される<私> https://t.co/sd336MFhgv
三島由紀夫『金閣寺』論--欲望を映し出す「鏡」 https://t.co/0EGwvb3wnO
流れを溯る--「城の崎にて」論 https://t.co/Q1fue1W6oC
大岡昇平「野火」論--<社会的感情>の彷徨 https://t.co/qqRYcPnKuc
「文学」による救済--「夏目漱石「倫敦塔」論 https://t.co/8H7JwOKGDA
芥川龍之介『歯車』論 : 「敗北」への道筋と「救い」の在り処 https://t.co/2V5A0fBMyB
川端康成『みづうみ』をめぐって--魔性の原点へ https://t.co/EAOisVNsbY
「死者は生きている」--大岡昇平『野火』論 https://t.co/hiGkhbCMgu
大岡昇平「野火」を〈読む〉--反復と恩寵 https://t.co/pCFZaIA7og
さまよい続ける声 : 樋口一葉「にごりえ」論 https://t.co/DUj07vDylr
線の力 : 志賀直哉の『暗夜行路』 https://t.co/C16BwrTVsh
『哀しき父』--内向への傾斜 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (葛西善蔵 作品の世界) https://t.co/OHOdCtpzMM
佐藤春夫『病める薔薇』の一側面--「指紋」からの照射 https://t.co/D0anU0c4R1
泉鏡花『外科室』の試み : 「奇抜」と「不自然」をめぐって https://t.co/5t9rlPjSdF
『哀しき父』--内向への傾斜 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (葛西善蔵 作品の世界) https://t.co/OHOdCtpzMM
三島由紀夫『禁色』論 : 理想と現実の対立 https://t.co/o1AwhOfsse
五重塔--露伴文芸における<調和>への祈念 (明治のロマネスク--紅葉・露伴・鏡花(特集)) -- (作品論・幸田露伴) https://t.co/deakcXgICU
空転する言葉 : 永井荷風 『冷笑』 論 https://t.co/mNbRo10iBI
「文学」による救済--「夏目漱石「倫敦塔」論 https://t.co/8H7JwOKGDA
菫程な小さな〈記憶〉の物語:夏目漱石「文鳥」論 https://t.co/UKc1uJwDF4
増殖する「真実」 : 大岡昇平『俘虜記』論 https://t.co/IYKruURKVy
「鍵」論ノオト--<教育>という視点 (谷崎潤一郎<特集>) -- (作品論) https://t.co/Ji8c378TlQ
森鴎外『舞姫』試論--背理としての<忠誠> (特集 近・現代文学--その転換と回帰の諸相) https://t.co/2pbyjiPZe2
芥川龍之介「河童」覚え書 : 芸術的良心と「近代」 https://t.co/ZJMdm2omUj
強敵としての〈太宰治〉 : 『親友交歓』を読む https://t.co/YsgGnKMVI0
「大つごもり」論--もう一つの<闇夜> (樋口一葉--新たな一葉像へ向けて<特集>) https://t.co/EXvAqHnyL0
横光利一「夜の靴」論 : 贈与としての<ふるさと> https://t.co/CPHHAxzsJv
志賀直哉「范の犯罪」論--共有される欲望、共有される<私> https://t.co/sd336MFhgv
泉鏡花『草迷宮』--イメージの両義性,その起源と止揚 https://t.co/YMAHKpFoPO
芥川龍之介「疑惑」試論--沈黙する「私」を超えるドラマ https://t.co/QsJFrFe9UT
三島由紀夫『憂国』論 : 「大義」としての肉体 https://t.co/6KizlF1yBT
真偽の境界 : 太宰治「ヴィヨンの妻」論 https://t.co/9AR85doR3P
大岡昇平「野火」論--<社会的感情>の彷徨 https://t.co/qqRYcPnKuc
大岡昇平『野火』考--プロメテウスの神学 https://t.co/kqlqoQ9Eve
川端康成『千羽鶴』における「魔界」 : 「内魔」の生成と深化を中心に (特集 佐多稲子と川端康成) https://t.co/8IaaS8Jac6
地図と痕跡 : 大岡昇平『武蔵野夫人』論 https://t.co/D1HSbAwxHX
横光利一『上海』における「共同の論理」 : 「形式」・「商品」・「機械」 https://t.co/pPqJ6KEmnC
「ナンセンス」を巡る<戦略>--井伏鱒二「仕事部屋」の秘匿と「山椒魚」の位置 https://t.co/MBNKN1Km98
川端康成『みづうみ』をめぐって--魔性の原点へ https://t.co/EAOisVNsbY
三島由紀夫『金閣寺』論--手記の中の<認識>と<行為> https://t.co/uJXvm8WcF7
夏目漱石『門』論 : <因果>と<運命> https://t.co/bs7plkcNNU
「山の音」その他 : 「禁」の構造、「虚」の時間 https://t.co/sLXC4eF2XK
ミミクリーとしての文章--「ヰタ・セクスアリス」試論 https://t.co/e6Hslmtryo
「破戒」--作品の<統一的把握>という制度 (島崎藤村の再検討<特集>) -- (作品の世界) https://t.co/byrir553IU
三島由紀夫『愛の渇き』論 : 他者としての情念 https://t.co/6f13QAcKYs
梶井基次郎私観 : レモンから檸檬へ https://t.co/zhKVlsIf7h
三島由紀夫『金閣寺』の終わりなき男同士の絆(ホモソーシャリティ)--〈僧衣〉と〈軍装〉の物語 https://t.co/l4rbeXK286
「地獄変」私論 : <語り>の詐術/<語り手>の裏切り https://t.co/c21T9tsGLD
川端康成『みづうみ』をめぐって--魔性の原点へ https://t.co/EAOisVNsbY
『正義派』『范の犯罪』--響きあうコトバ (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい作品論) https://t.co/1BdBsBISyV
芥川龍之介「歯車」論 : 不条理な意識 https://t.co/lhWZcs7u4l
有島武郎『生れ出づる悩み』論--「私」の言葉の行方 https://t.co/oPslugMVIc
模型という比喩--三島由紀夫『金閣寺』 (特集 金閣寺) https://t.co/NDTDlYfOx4
ファルスは証言する--坂口安吾『風博士』論 https://t.co/32KbGlWphu
『金閣寺』論--想像力の問題 (特集 金閣寺) https://t.co/3aBTDAzRuP
「卍」の幾何学 (谷崎潤一郎 中国体験と物語の力) -- (物語の変容 : 中国旅行前後) https://t.co/M1MinAsi10
三島由紀夫『仮面の告白』論--書くことの倒錯 https://t.co/bc1pBqlQ5v
太宰治の<信仰>と<超越者> : 『人間失格』をとおして https://t.co/tCAlQSjDPH
血縁への夢--川端康成「山の音」論 https://t.co/c65X9BfaZC
劣性の思想--安部公房『カンガルー・ノート』論 https://t.co/o9E3cHMPoX
太宰治『粋人』論 : 物語・顔・反復 https://t.co/aUSwbMqukz
「十三夜」を統合するもの--<擦れ>の機能 (樋口一葉--新たな一葉像へ向けて<特集>) https://t.co/XZUVksmycc
安部公房「壁あつき部屋」試論--罪責の行方 https://t.co/ssm0peXYP7
志賀直哉「范の犯罪」論--共有される欲望、共有される<私> https://t.co/sd336MFhgv
劣性の思想--安部公房『カンガルー・ノート』論 https://t.co/o9E3cHMPoX
〈母〉の時間を求めて : 谷崎潤一郎『細雪』論 https://t.co/a0EztyRvAa
芥川竜之介「おぎん」の位置--<文明批評>と<存在論>と https://t.co/mmU0YUzIOu
川端康成『山の音』における「魔界」思想の位相 : 戦争の影、戦後の世相、そして異界の構築 (特集 近代) https://t.co/3n9bpJmdFf
〈オブジェ〉達の革命 : 花田清輝と安部公房「壁 : S・カルマ氏の犯罪」 https://t.co/wjtZdpOPBt
有島武郎『或る女』 : 視線の力学 https://t.co/T9tCllxmM9
三島由紀夫『金閣寺』論--欲望を映し出す「鏡」 https://t.co/0EGwvb3wnO
諷語と笑いと--「坊っちゃん」論 (夏目漱石--作品に深く測鉛をおろして<特集>) https://t.co/vDakw7zfQ8
稗史の遠近--『伊豆の踊子』川端康成論(2) https://t.co/yq1Kzmham4
武田泰淳「富士」論--根源を希求する自我 https://t.co/KsI6q0wjTD
国木田独歩「牛肉と馬鈴薯」論 : 〈復元〉と〈政治〉の諸相 https://t.co/sKndCeIrx5
閉ざされた青春--三島由紀夫「金閣寺」 (青春の発見<特集>) -- (作品・青春の歴史) https://t.co/C6xDqFW4U5
枯野における<図>と<地>の由来--「枯野抄」論の前提 https://t.co/hsCT2B1M60
泉鏡花「義血侠血」論--法の一貫目は情の一匁なる哉 (特集 近代) https://t.co/dQpVBDTD2q
冷笑--トポフィリアの描写力 (特集 永井荷風を読む) -- (作品の世界) https://t.co/lcPaWB6Evc
武田泰淳「風媒花」論--統合と拡散 https://t.co/ig5RdjuuK8
レトリックとしてのスキ-マ--樋口一葉「十三夜」の場合 https://t.co/ykvU3JJaIS
溢れでる身体,そして言葉--泉鏡花『外科室』試論 https://t.co/nj0kBSLSRE
「卍」の幾何学 (谷崎潤一郎 中国体験と物語の力) -- (物語の変容 : 中国旅行前後) https://t.co/M1MinAsi10
究極の小説『天人五衰』--三島由紀夫の最後の企て https://t.co/911yP1jSFt
横光利一『上海』における「共同の論理」 : 「形式」・「商品」・「機械」 https://t.co/pPqJ6KEmnC
タイムトンネルを潜って星空へ-川端康成『雪国』の構造と、その象徴の意味- https://t.co/RYDeeJyHUt
泉鏡花「草迷宮」--円の連鎖 (幻想文学の手帖) -- (土俗が迷宮を穿つ) https://t.co/VWv28SRdTz
再生の季節--太宰治「富嶽百景」と表現主体の再生 https://t.co/LOgxhX2Me6
『城の崎にて』の重層構造--変転する<気分>と<頭>の働き (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい作品論) https://t.co/BgJAFNgHOL
川端康成『古都』試論 : 《衰滅》の予兆と萌芽の予感と https://t.co/Vt9ykto7g2
岡本かの子『春』論 : 〈憂鬱〉から〈狂気〉へ https://t.co/kSZ69qVOVe
堀辰雄『かげろふの日記』論--運命と<夢>との対峙 https://t.co/vUoId5OWfo
「山の音」その他 : 「禁」の構造、「虚」の時間 https://t.co/sLXC4eF2XK
泉鏡花『外科室』の試み : 「奇抜」と「不自然」をめぐって https://t.co/5t9rlPjSdF
眼のレッスン : 江戸川乱歩『押絵と旅する男』論 https://t.co/B3UzySHuhk
芥川龍之介「あばばばば」論 : 社会的役割の変化による個の喪失 https://t.co/L6CM9geRAV
佐藤春夫『田園の憂鬱』成立考--〈芸術的因襲〉の位置づけをめぐって https://t.co/X2IKP6zhkV
人間失格--地上の聖性 (特集 太宰治--文化・国家・個人そしてメディア) -- (新しいテクスト読みから) https://t.co/zOvXO0fxIg
梶井基次郎論--「ある心の風景」における疑視と求道 https://t.co/bj75sFAyVE

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(71ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(24ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)