詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

樋口一葉『にごりえ』における性の二重規範(ダブル・スタンダ-ド) https://t.co/sT8tdlbet2
岡本かの子「花は勁し」論 : 空間に生起するもの https://t.co/VGkXHmIQtr
「芋粥」論 : 〈自己発見〉のアイロニー (創立10周年(東京大会)記念号) -- (共同討議 〈失土〉と〈故郷〉の再構築) https://t.co/VREc7Mij0C
「破戒」--作品の<統一的把握>という制度 (島崎藤村の再検討<特集>) -- (作品の世界) https://t.co/byrir553IU
川端康成『古都』試論 : 《衰滅》の予兆と萌芽の予感と https://t.co/Vt9ykto7g2
芥川龍之介における"語り得ぬもの" : 「羅生門」と「或阿呆の一生」を架橋するもの https://t.co/sxexgFO5qf
泉鏡花『歌行燈』論 : 空間、あるいは平面として https://t.co/2QowXCXYfk
梶井基次郎論--「ある心の風景」における疑視と求道 https://t.co/bj75sFAyVE
三島由紀夫『金閣寺』論--手記の中の<認識>と<行為> https://t.co/uJXvm8WcF7
「ナンセンス」を巡る<戦略>--井伏鱒二「仕事部屋」の秘匿と「山椒魚」の位置 https://t.co/MBNKN1Km98
三島由紀夫『金閣寺』論 : 開かれている作品世界 https://t.co/lBQP48m0GS
志賀直哉と他者--『城の崎にて』、忘却される起源 (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい直哉像を求めて) https://t.co/DEs0MhQUth
眼のレッスン : 江戸川乱歩『押絵と旅する男』論 https://t.co/B3UzySHuhk
芥川龍之介「疑惑」試論--沈黙する「私」を超えるドラマ https://t.co/QsJFrFe9UT
王の「人間宣言」は許されるか : 芥川龍之介「鼻」を契機に(<特集>暴力と文学) https://t.co/WvrZwojq0z
流れを溯る--「城の崎にて」論 https://t.co/Q1fue1W6oC
泉鏡花『外科室』の試み : 「奇抜」と「不自然」をめぐって https://t.co/5t9rlPjSdF
「鏡子の家」--物語の衰弱 (いま三島由紀夫を読む<特集>) -- (<小説>の解読) https://t.co/Tma52VbJSN
自由と反復 : 安部公房『砂の女』論 (特集 変容する欲望 : 高度経済成長期を読む) https://t.co/ymbot79TgM
芥川龍之介『蜜柑』に見られる"フライング" (特集 近代) https://t.co/XmOx1SMEVT
夏目漱石『それから』論 : 人間の信頼性への不安を廻って https://t.co/lTHIMnNXVM
<不通線>への通路、あるいは<書く>ことへの痛ましき目覚め : 横光利一「夜の靴」の試行と山形の表象 https://t.co/6NbPbeCkWL
『虞美人草』--風景の共有 (特集 二十一世紀の夏目漱石) -- (作品論) https://t.co/qZ1odXVXil
志賀直哉の自己と超越者--「城の崎にて」の静謐 https://t.co/d20gR7vtwh
三島由紀夫「天人五衰」論 : 二人の観察者 https://t.co/iw4MUqKlRT
溢れでる身体,そして言葉--泉鏡花『外科室』試論 https://t.co/nj0kBSLSRE
『金閣寺』論--不能者のエクリチュール https://t.co/PVPRNrnZaR
増殖する「真実」 : 大岡昇平『俘虜記』論 https://t.co/IYKruURKVy
芥川龍之介とmagical thinking--杜子春,妖婆,河童の世界 https://t.co/pUyaj9VHId
横光利一『夜の靴』論 : 「私」を展開する<戦後> https://t.co/SYutrIKj49
泉鏡花『歌行燈』論 : 空間、あるいは平面として https://t.co/2QowXCXYfk
三島由紀夫『金閣寺』論--力への意志あるいはルサンチマンの美学 https://t.co/gZkprDs6Ay
〈オブジェ〉達の革命 : 花田清輝と安部公房「壁 : S・カルマ氏の犯罪」 https://t.co/wjtZdpOPBt
堀辰雄『かげろふの日記』論 : 情念の鎮魂譜 https://t.co/aE9q0jQBRw
『城の崎にて』の重層構造--変転する<気分>と<頭>の働き (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい作品論) https://t.co/BgJAFNgHOL
〈探偵〉される身体 : 夢野久作『ドグラ・マグラ』について (第4回研究大会の記録) https://t.co/M6nzPPdkLV
流れを溯る--「城の崎にて」論 https://t.co/Q1fue1W6oC
「真夏の死」論 : 〈喧騒〉と〈静寂〉を内包する季節 (特集 短篇小説) https://t.co/gEMjsdMuv1
地図と契約--安部公房『燃えつきた地図』論 https://t.co/ustajQVabz
佐藤春夫『病める薔薇』の一側面--「指紋」からの照射 https://t.co/D0anU0c4R1
片々の金光--樋口一葉『うもれ木』における制度と逸脱 https://t.co/gsLyzv4KPp
<不機嫌>から<憂鬱へ> : 佐藤春夫『田園の憂鬱』をめぐる言説 https://t.co/zna9HTbFx1
島崎藤村「破戒」論-2-内部生命(なかのいのち)の途を索めて https://t.co/osXAvxmmRK
友永鏡子のために--三島由紀夫『鏡子の家』における〈聴き手〉と〈時代〉 https://t.co/uN49YKjpJw
明滅する〈自由〉--太宰治『斜陽』を解読する (総特集 『斜陽』) -- (特集 『斜陽』を読む) https://t.co/757maFjChA
隠蔽された愛の強要観念 : 夏目漱石『琴のそら音』論 https://t.co/jZhzy3vnv8
横光利一『旅愁』における現代性(モダニティ)としての〈非合理〉--他者化という方法の互換性 (特集 モダニズムのボーダー) https://t.co/HCx9pM5JFI
谷崎潤一郎『細雪』論--予感はなぜ外れるのか https://t.co/xIehMAjLSs
森鴎外『舞姫』試論--背理としての<忠誠> (特集 近・現代文学--その転換と回帰の諸相) https://t.co/2pbyjiPZe2
隠喩としての出版物 : 有島武郎『或る女』論(近代部門,第二六回研究発表大会・発表要旨) https://t.co/cuIsl4L1xF
「伊豆の踊子」の「私」 : 開かれた「一人称」性(海老井英次教授退官記念号) https://t.co/HhAPAHsDyR
"見る"ことの喪失と回復--芥川龍之介「白」「あばばばば」「歯車」ほかの考察 https://t.co/JRSlQYF5LS
ニヒリズムとの凄惨な格闘--三島由紀夫「天人五衰」 https://t.co/L8tJEY1UrQ
泉鏡花「義血侠血」論--法の一貫目は情の一匁なる哉 (特集 近代) https://t.co/dQpVBDTD2q
芥川竜之介「おぎん」の位置--<文明批評>と<存在論>と https://t.co/mmU0YUzIOu
三島由紀夫『仮面の告白』論--書くことの倒錯 https://t.co/bc1pBqlQ5v
森鴎外「山椒大夫」の可能性 : 子どもたちの逃走/闘争 https://t.co/DKWLWvXNdb
芥川龍之介「河童」覚え書 : 芸術的良心と「近代」 https://t.co/ZJMdm2omUj
物語の断片への回帰--三島由紀夫『天人五衰』 https://t.co/vNQ6qmRWN8
「論理」を構築する論理 : 横溝正史「本陣殺人事件」論 https://t.co/4Sj9mDnaz8
放心の価値 : 二葉亭四迷『浮雲』中絶の意義 https://t.co/Kh5Vr96REp
模型という比喩--三島由紀夫『金閣寺』 (特集 金閣寺) https://t.co/NDTDlYfOx4
「田園の憂鬱」 : 「彼」の肖像(作品論の新視角/佐藤春夫・2) https://t.co/80YTGI7x2M
真偽の境界 : 太宰治「ヴィヨンの妻」論 https://t.co/9AR85doR3P
安部公房『砂の女』研究--砂の世界への解放 https://t.co/H2qwtOO668
さまよい続ける声 : 樋口一葉「にごりえ」論 https://t.co/DUj07vV9cZ
太宰治「水仙」論 : 「僕」というナルキッソスの悲劇 https://t.co/k3DExA7W7h
日本近代文学に於ける〈親密性テロリズム〉の様相 : 志賀直哉『范の犯罪』とその周辺を起点として(3) https://t.co/x2WmhM7eoB
太宰治『水仙』論 -〈徳〉の不在証明- https://t.co/AMjyx8jNMm
大岡昇平『野火』考--プロメテウスの神学 https://t.co/kqlqoQ9Eve
『正義派』『范の犯罪』--響きあうコトバ (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい作品論) https://t.co/1BdBsBISyV
三島由紀夫「橋づくし」論 : 習俗性との断絶と"対話"への基盤 https://t.co/gmNsMr3EtV
島崎藤村『春』における〈狂気〉のパラダイム--〈引用〉という叙述方法を視座に https://t.co/UgL23HeRiQ
三島由紀夫『愛の渇き』論 : 他者としての情念 https://t.co/6f13QAcKYs
『砂の女』論 : 欲望の物語 https://t.co/rWuqMA6bQG
武田泰淳「風媒花」論--統合と拡散 https://t.co/ig5RdjuuK8
「トロッコ」「杜子春」におけるフラッシュバック技法 : 「かたり」「内的独白」というテキストジャンル https://t.co/76Qx1xW6Be
『金閣寺』論--想像力の問題 (特集 金閣寺) https://t.co/3aBTDAzRuP
「鍵」論ノオト--<教育>という視点 (谷崎潤一郎<特集>) -- (作品論) https://t.co/Ji8c378TlQ
禁色--<精神>の敗北 (三島由紀夫とデカダンス<特集>) -- (新視角による作品解説) https://t.co/tSfu8BfGBI
横光利一『旅愁』における現代性(モダニティ)としての〈非合理〉--他者化という方法の互換性 (特集 モダニズムのボーダー) https://t.co/HCx9pM5JFI
〈涙〉の共同体 -菊池寛「父帰る」とその行方- https://t.co/yu62Ptlz0w
泉鏡花『歌行燈』論 : 空間、あるいは平面として https://t.co/2QowXCXYfk
森鴎外「舞姫」試論--「白」と「黒」そして「灰色」をめぐる経緯 https://t.co/a3alwO2EUN
三島由紀夫『潮騒』論--可視性の領界 https://t.co/ImrgDhhsSl
谷崎潤一郎『細雪』論--予感はなぜ外れるのか https://t.co/xIehMAjLSs
夏目漱石『道草』における神の視点と自由間接話法 https://t.co/Km5wGuodJi
『家』-- 未だ暗い屋内 (特集 島崎藤村--生誕百三十年) -- (作品の世界) https://t.co/5XqjU4MAlW
「南京の基督」〔芥川竜之介著〕に潜むもの https://t.co/YJrVxBKqQZ
『仮面の告白』--復讐の性 https://t.co/NfPOh07KH0
大岡昇平「野火」論--<社会的感情>の彷徨 https://t.co/qqRYcPnKuc
堀辰雄『かげろふの日記』論--運命と<夢>との対峙 https://t.co/vUoId5OWfo
ふるえることば、脱臼する語り : 川端康成『雪国』の文体論的分析の試み https://t.co/LcEkGXAG1c
「『話』らしい話のない小説」から小説を包み込む「話」ヘ : 『雪国』の「語り」と「無」と「美」 https://t.co/x0Hta1KdCy
期待される男たち : 夏目漱石『彼岸過迄』論 https://t.co/XVpqmQW2cZ
『金閣寺』観念構造の崩壊 https://t.co/aQ7WqzFp4O
稗史の遠近--『伊豆の踊子』川端康成論(2) https://t.co/yq1Kzmham4
「卍」の幾何学 (谷崎潤一郎 中国体験と物語の力) -- (物語の変容 : 中国旅行前後) https://t.co/M1MinAsi10
劣性の思想--安部公房『カンガルー・ノート』論 https://t.co/o9E3cHMPoX
「文学」による救済--「夏目漱石「倫敦塔」論 https://t.co/8H7JwOKGDA

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(66ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(65ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)