詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

『雁』の〈もどかしさ〉 https://t.co/GnrmE4jTLb
三島由紀夫「橋づくし」を読む--贅なる他愛なさ (特集 三島由紀夫) https://t.co/LHm5MZHeUs
「文学」による救済--「夏目漱石「倫敦塔」論 https://t.co/8H7JwOKGDA
隠蔽された愛の強要観念 : 夏目漱石『琴のそら音』論 https://t.co/jZhzy3vnv8
夏目漱石『道草』における内的モノローグとその表現可能性 https://t.co/ABMpRUI5xl
交換と贈与--森鴎外『雁』論 https://t.co/Qa1RcaPmJ4
枯野における<図>と<地>の由来--「枯野抄」論の前提 https://t.co/hsCT2B1M60
芥川竜之介の「手巾」--悲しみもしくは怒りの平衡錘 https://t.co/ffsoJOh4wn
「地獄変」私論 : <語り>の詐術/<語り手>の裏切り https://t.co/c21T9tsGLD
『家』-- 未だ暗い屋内 (特集 島崎藤村--生誕百三十年) -- (作品の世界) https://t.co/5XqjU4MAlW
夜明け前・島崎藤村--何かを避けて上品な墨絵に美化している https://t.co/rcvZHjl4Dc
武田泰淳「風媒花」論--統合と拡散 https://t.co/ig5RdjuuK8
隠蔽する「語り」--森鴎外「舞姫」・「うたかたの記」 (近代文学と「語り」-2-<特集>) -- (近代文学と「語り」の位相) https://t.co/q559c4lEEU
大岡昇平「野火」論--<社会的感情>の彷徨 https://t.co/qqRYcPnKuc
消滅する〈境界〉 : 川端康成「禽獣」論 (特集 近代) https://t.co/z3b1DdYGbs
三島由紀夫『仮面の告白』論 : 〈告白〉と二つの主体 https://t.co/WJdmqwX4w1
芥川龍之介『歯車』論 : 「敗北」への道筋と「救い」の在り処 https://t.co/2V5A0fBMyB
夢野久作「ドグラ・マグラ」論 : 〈私〉とは何者か https://t.co/JKtZ5XKrB9
横光利一「夜の靴」成立過程論への前哨 : 見出される〈祈り〉 (特集 近代) https://t.co/fW7zKjp3Rc
夏目漱石『それから』を読む--遅延・媒介・反転 https://t.co/zTwiSWG4rc
自己への遡行 : 森鴎外「舞姫」論 (<特集>第2回シンポジウム「舞姫」論) (水本精一郎教授 送別 近代文学特輯号) https://t.co/J4zhbzk1q3
ニヒリズムとの凄惨な格闘--三島由紀夫「天人五衰」 https://t.co/L8tJEY1UrQ
「芋粥」論 : 〈自己発見〉のアイロニー (創立10周年(東京大会)記念号) -- (共同討議 〈失土〉と〈故郷〉の再構築) https://t.co/VREc7Mij0C
樋口一葉『にごりえ』における性の二重規範(ダブル・スタンダ-ド) https://t.co/sT8tdlsPkA
『禁色』の童話--不完全な現実と、虚構の現実 (特集 禁色) https://t.co/uIBhaTZulb
死を迂回する語り : 横光利一「春は馬車に乗って」における断絶 https://t.co/ZQlUNn6539
五重塔--露伴文芸における<調和>への祈念 (明治のロマネスク--紅葉・露伴・鏡花(特集)) -- (作品論・幸田露伴) https://t.co/deakcXgICU
放心の価値 : 二葉亭四迷『浮雲』中絶の意義 https://t.co/Kh5Vr96REp
夏目漱石『それから』論 : 人間の信頼性への不安を廻って https://t.co/lTHIMnNXVM
『家』論--「破壊(ぶちこわ)したい」ということ https://t.co/H2uqdsC8Ed
三島由紀夫『禁色』論 : 理想と現実の対立 https://t.co/o1AwhOfsse
三島由紀夫「橋づくし」論--エピグラフが意味するもの https://t.co/kzhc0pRtD2
梶井基次郎「Kの昇天」 : 分身に託した死生観 https://t.co/OAXRH4JmjI
岡本かの子「老妓抄」論 : それぞれのパッション https://t.co/KakR5USUG6
タイムトンネルを潜って星空へ-川端康成『雪国』の構造と、その象徴の意味- https://t.co/RYDeeJyHUt
「芋粥」論 : 〈自己発見〉のアイロニー (創立10周年(東京大会)記念号) -- (共同討議 〈失土〉と〈故郷〉の再構築) https://t.co/VREc7Mij0C
「潮騒」--その方法と挑発 (三島由紀夫の世界<特集>) -- (作品の世界) https://t.co/wGm1VOXNjU
予言=権力 : 安部公房『第四間氷期』論 https://t.co/57zIMqF33q
冷笑--トポフィリアの描写力 (特集 永井荷風を読む) -- (作品の世界) https://t.co/lcPaWB6Evc
川端康成『雪国』の「徒労」にみる「自然」への旅立ちと同化 (特集 近代) https://t.co/pik1e1QqIN
「美」による「自然」からの離脱 : 坂口安吾「桜の森の満開の下」 https://t.co/9H7ArHcMUn
横光利一「日輪」の構想力と「神話」の構造 : 「形式主義」を予告する https://t.co/OVVke3Eben
「地獄変」私論 : <語り>の詐術/<語り手>の裏切り https://t.co/c21T9tsGLD
芥川竜之介「地獄変」覚書--その地獄へと回転する構造 https://t.co/9Jba1NUUHO
太宰治『パンドラの匣』論 -<かるみ>と民衆の詩人- https://t.co/QqCCe6KXeW
梶井基次郎・「檸檬」の言語戦略 : 「えたいの知れた吉な塊」が「えたいの知れない不吉な塊」を破壊する話 https://t.co/DMxBqiBZYL
「富岳百景」論--尊大なものへの憫笑 (太宰治の問いかけるもの--その軌跡を追って<特集>) -- (「富岳百景」前後--昭13〜17) https://t.co/wuLZ7E2b8g
『方舟さくら丸』論--二つの<穴>,あるいはシミュラ-クルを超えて (特集 安部公房--ボ-ダ-レスの思想) -- (作品の新しい顔) https://t.co/rK1rgvPVqu
芥川龍之介「あばばばば」論 : 社会的役割の変化による個の喪失 https://t.co/L6CM9geRAV
谷崎潤一郎『秘密』 : 無限に意味を生む「世界」へ向けて https://t.co/3LuuQEiS9z
佐藤春夫『田園の憂鬱』成立考--〈芸術的因襲〉の位置づけをめぐって https://t.co/X2IKP6zhkV
〈母〉の時間を求めて : 谷崎潤一郎『細雪』論 https://t.co/a0EztyRvAa
川端康成『千羽鶴』における「魔界」 : 「内魔」の生成と深化を中心に (特集 佐多稲子と川端康成) https://t.co/8IaaS8Jac6
「公」と「私」の揺れの間で--「高瀬舟」(森鴎外)導入部の仕掛けを読む https://t.co/43laiEqMCh
再生の季節--太宰治「富嶽百景」と表現主体の再生 https://t.co/LOgxhX2Me6
田山花袋『田舎教師』論 : 対等と懸隔のはざまで (日本文藝學会創立五十周年記念号) https://t.co/InfYNJLXIr
「不安」を生きるための「手紙」 正宗白鳥「微光」論 : 夏目漱石「三四郎」における「手紙」と関わらせながら https://t.co/oyHAtylJCs
『鏡子の家』--「純潔」の物語 (特集 三島由紀夫の世界) -- (作品の世界) https://t.co/mBYSc2bu5z
一九二九年、持続可能な抵抗のために : 小林多喜二「蟹工船」論 https://t.co/ODmwDuvEOl
川端康成「禽獣」試論--<夢>の破れ https://t.co/YNvlSiLcbs
禁色--<精神>の敗北 (三島由紀夫とデカダンス<特集>) -- (新視角による作品解説) https://t.co/tSfu8BfGBI
眼差しの物語,あるいは物語への眼差し--三島由紀夫「憂国」論 https://t.co/KgwByCgd9Q
変奏する〈メディア〉 : 志賀直哉『和解』論 https://t.co/dn1EI3o05e
横光利一「機械」の〈語り〉分析--自己の記憶統制力への〈自信〉と〈不安〉 https://t.co/BwiSG5mna8
『仮面の告白』--復讐の性 https://t.co/NfPOh07KH0
裏切りのエシックス : 太宰治「駈込み訴へ」論 https://t.co/GeSFBNNvcm
『絹と明察』・『月澹荘綺譚』・『天人五衰』--認識を越えるものの表象について https://t.co/GeXjuI3YmO
太宰治『トカトントン』論 : 贈与としての〈かたり〉 https://t.co/fNlAUNvGKi
例外と判断 : 『俘虜記』・『野火』における大岡昇平の戦場 https://t.co/kZZOSclLTM
『枯野抄』--<栄光と孤独>または<自由な精神> (特集 芥川竜之介作品の世界) https://t.co/JiDcJmlwFr
島崎藤村『新生』の旅--遠い旅から抱いて来た心 (特集:渡来・漂流・渡航実記--海を越えて変化がはじまる) -- (近代の渡来・渡航のスペクタクル) https://t.co/hROYX8z7AI
芥川龍之介「手巾」論--<型>と<真>の狭間にあるもの https://t.co/CNIF9Gqk5F
空転する言葉 : 永井荷風 『冷笑』 論 https://t.co/mNbRo10iBI
島崎藤村「破戒」論-2-内部生命(なかのいのち)の途を索めて https://t.co/osXAvxmmRK
太宰治『水仙』論 -〈徳〉の不在証明- https://t.co/AMjyx8jNMm
隠蔽する「語り」--森鴎外「舞姫」・「うたかたの記」 (近代文学と「語り」-2-<特集>) -- (近代文学と「語り」の位相) https://t.co/q559c4lEEU
梶井基次郎「檸檬」にみられる人物像 : 美と倦怠のドラマ(平成三年度卒業研究佳作) https://t.co/9SsbxZOEZM
『金閣寺』観念構造の崩壊 https://t.co/aQ7WqzWZWm
岡本かの子『母と娘』 : 密着から自立へ/戦争協力から反戦へ https://t.co/k5w8LVL8gO
大岡昇平『野火』論--<時間>と自我 https://t.co/37fssxhe06
武田泰淳「風媒花」論--統合と拡散 https://t.co/ig5RdjuuK8
泉鏡花「義血侠血」論--法の一貫目は情の一匁なる哉 (特集 近代) https://t.co/dQpVBDTD2q
「大つごもり」論--もう一つの<闇夜> (樋口一葉--新たな一葉像へ向けて<特集>) https://t.co/EXvAqHnyL0
三島由紀夫『憂国』論 : 「大義」としての肉体 https://t.co/6KizlF1yBT
変奏する〈メディア〉 : 志賀直哉『和解』論 https://t.co/dn1EI3o05e
「文学」による救済--「夏目漱石「倫敦塔」論 https://t.co/8H7JwOKGDA
三島由紀夫『金閣寺』論--力への意志あるいはルサンチマンの美学 https://t.co/gZkprDs6Ay
三島由紀夫『金閣寺』論--手記の中の<認識>と<行為> https://t.co/uJXvm8WcF7
さまよい続ける声 : 樋口一葉「にごりえ」論 https://t.co/DUj07vV9cZ
森鴎外「舞姫」試論--「白」と「黒」そして「灰色」をめぐる経緯 https://t.co/a3alwO2EUN
〈中折れ〉してしまう記述者 : 安部公房『他人の顔』試論 https://t.co/ZcNkiYm15k
模倣する行動--三島由紀夫『奔馬』論 https://t.co/vuJamCXn9T
『方舟さくら丸』論--二つの<穴>,あるいはシミュラ-クルを超えて (特集 安部公房--ボ-ダ-レスの思想) -- (作品の新しい顔) https://t.co/rK1rgw7wP4
劇薬・暴力・探偵物--「機械」の逆説(パラドックス) (特集・横光利一) https://t.co/HBWyj1AhVx
「大つごもり」論--もう一つの<闇夜> (樋口一葉--新たな一葉像へ向けて<特集>) https://t.co/EXvAqHFa9A
「芋粥」論 : 〈自己発見〉のアイロニー (創立10周年(東京大会)記念号) -- (共同討議 〈失土〉と〈故郷〉の再構築) https://t.co/VREc7Mij0C
大岡昇平『野火』論--<時間>と自我 https://t.co/37fssxhe06
片々の金光--樋口一葉『うもれ木』における制度と逸脱 https://t.co/gsLyzv4KPp
太宰治『パンドラの匣』論 : <体験する「僕」>と<物語る「僕」>をめぐって https://t.co/TRVyYiVomh
隠喩としての出版物 : 有島武郎『或る女』論(近代部門,第二六回研究発表大会・発表要旨) https://t.co/cuIsl4L1xF

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(69ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(61ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)