詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

芥川龍之介「あばばばば」論 : 社会的役割の変化による個の喪失 https://t.co/L6CM9geRAV
梶井基次郎「檸檬」にみられる人物像 : 美と倦怠のドラマ(平成三年度卒業研究佳作) https://t.co/9SsbxZOEZM
レトリックとしてのスキ-マ--樋口一葉「十三夜」の場合 https://t.co/ykvU3JJaIS
太宰治「水仙」論 : 「僕」というナルキッソスの悲劇 https://t.co/k3DExA7W7h
「不安」を生きるための「手紙」 正宗白鳥「微光」論 : 夏目漱石「三四郎」における「手紙」と関わらせながら https://t.co/oyHAtylJCs
死を迂回する語り : 横光利一「春は馬車に乗って」における断絶 https://t.co/ZQlUNn6539
天守物語--幻想の渇き (泉鏡花・魔界の精神史<特集>) -- (作品の検証) https://t.co/rsdi6nyrjY
泉鏡花「義血侠血」論--法の一貫目は情の一匁なる哉 (特集 近代) https://t.co/dQpVBDTD2q
大岡昇平「野火」を〈読む〉--反復と恩寵 https://t.co/pCFZaIA7og
修士論文抜粋 三島由紀夫『禁色』論--「不在」から「現実的存在」へ https://t.co/0Jj0nxFDDR
「美」による「自然」からの離脱 : 坂口安吾「桜の森の満開の下」 https://t.co/9H7ArHcMUn
『方舟さくら丸』論--二つの<穴>,あるいはシミュラ-クルを超えて (特集 安部公房--ボ-ダ-レスの思想) -- (作品の新しい顔) https://t.co/rK1rgvPVqu
「伊豆の踊子」の「私」 : 開かれた「一人称」性(海老井英次教授退官記念号) https://t.co/HhAPAHsDyR
梶井基次郎「檸檬」論--「触媒」としての<檸檬>とその力 https://t.co/CDHSYgMMmZ
安部公房「壁あつき部屋」試論--罪責の行方 https://t.co/ssm0peXYP7
三島由紀夫「橋づくし」論--エピグラフが意味するもの https://t.co/kzhc0pRtD2
『湖畔手記』--〈とき〉と〈こころ〉の饗宴 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (葛西善蔵 作品の世界) https://t.co/8AJs0uavSh
太宰治『葉桜と魔笛』論 : 自己充足としての創作と父への郷愁の物語 https://t.co/sCe71Hy6iy
三島由紀夫「橋づくし」を読む--贅なる他愛なさ (特集 三島由紀夫) https://t.co/LHm5MZHeUs
「死者は生きている」--大岡昇平『野火』論 https://t.co/hiGkhbCMgu
幸田露伴「五重塔」 : 個人のいない世間の中で (特集 明治二〇年前後の潜勢力を読む) https://t.co/rjNoCFL1X8
大正6年の志賀直哉を読む--身体としてのカラダ/「城の崎にて」再考 https://t.co/UUP729f9tc
堀辰雄「風立ちぬ」試論--〈死の味のする生〉の夕暮れ https://t.co/oSPDtsz7va
谷崎潤一郎「白昼鬼語」 : <虚>と<実>のアラベスク https://t.co/ZeA8FVHm9j
強敵としての〈太宰治〉 : 『親友交歓』を読む https://t.co/YsgGnKMVI0
三島由紀夫『金閣寺』論--手記の中の<認識>と<行為> https://t.co/uJXvm8WcF7
谷間の青春--野間宏「暗い絵」 (青春の発見<特集>) -- (作品・青春の歴史) https://t.co/Mrj9AeI8wu
視線の対決--坂口安吾「夜長姫と耳男」論 https://t.co/kbThq9mRIm
国民の分身像 : 泉鏡花「高野聖」における不気味なもの https://t.co/wOn7ICzcaU
ふるえることば、脱臼する語り : 川端康成『雪国』の文体論的分析の試み https://t.co/LcEkGXj4CC
泉鏡花「草迷宮」--円の連鎖 (幻想文学の手帖) -- (土俗が迷宮を穿つ) https://t.co/VWv28SRdTz
『他人の顔』--変貌する<世界> (特集 安部公房--ボ-ダ-レスの思想) -- (作品の新しい顔) https://t.co/USZKgX8mCX
裏切りのエシックス : 太宰治「駈込み訴へ」論 https://t.co/GeSFBNNvcm
「伊豆の踊子」の「私」 : 開かれた「一人称」性(海老井英次教授退官記念号) https://t.co/HhAPAHsDyR
三島由紀夫「鏡子の家」における現在性 : 「時代の壁」の解体 https://t.co/IEMEd34jOb
『家』論--「破壊(ぶちこわ)したい」ということ https://t.co/H2uqdsC8Ed
「三四郎」<夏目漱石>--遊戯する愛 (近代文学に描かれた青春<特集>) https://t.co/gmOBs3Rlrw
三島由紀夫「仮面の告白」--不条理の欲望 (特集=近代文学に描かれた性) -- (近代文学に描かれた性) https://t.co/VZUJ9lfrba
幸田露伴『風流佛』の言語道断 https://t.co/PZAOuPshkk
さまよい続ける声 : 樋口一葉「にごりえ」論 https://t.co/DUj07vV9cZ
「愚」という徳--谷崎潤一郎「刺青」と「続悪魔」 https://t.co/qpXrZmirih
谷崎潤一郎『卍』論--媒介するものたち https://t.co/4bubQfKi8y
川端康成『千羽鶴』論--<幕>の解釈と<幸福>の希求 https://t.co/qmZgsH95gg
「錯覚」と「想像」、あるいは「づかづか」と「すたすた」 : 梶井基次郎『檸檬』を読む (林達也先生退任記念号) https://t.co/xBxGqKaeur
泉鏡花『草迷宮』--イメージの両義性,その起源と止揚 https://t.co/YMAHKpFoPO
江戸川乱歩『人間椅子』論 : 〈読む者〉を攻撃するメビウスの輪としての『人間椅子』 https://t.co/0exnerRnWg
川端康成『眠れる美女』論--祈りとなぐさめ https://t.co/CJGjDJRo0j
劣性の思想--安部公房『カンガルー・ノート』論 https://t.co/o9E3cHMPoX
「禁色」試論--描かれざるカタストロフ (三島由紀夫の遺したもの--小説家の誕生から終焉まで<特集>) -- (「禁色」前後(昭和25〜28年)) https://t.co/OWC5K247Yt
三島由紀夫『金閣寺』論 : 開かれている作品世界 https://t.co/lBQP48m0GS
「トロッコ」「杜子春」におけるフラッシュバック技法 : 「かたり」「内的独白」というテキストジャンル https://t.co/76Qx1xW6Be
三島由紀夫『金閣寺』論--欲望を映し出す「鏡」 https://t.co/0EGwvb3wnO
溢れでる身体,そして言葉--泉鏡花『外科室』試論 https://t.co/nj0kBSLSRE
《傾斜》する記憶--『斜陽日記』/『斜陽』試論 (総特集 『斜陽』) -- (特集 『斜陽』を読む) https://t.co/AVJ9bTaAwg
空転する言葉 : 永井荷風 『冷笑』 論 https://t.co/mNbRo1hU0i
夏目漱石『それから』試論 -〈自然〉の実現と堕落- https://t.co/XrDdxiEFuT
佐藤春夫『西班牙犬の家』--反逆としての「夢見心地」 https://t.co/Qz7AQirTWD
国木田独歩「牛肉と馬鈴薯」論 : 〈復元〉と〈政治〉の諸相 https://t.co/sKndCeIrx5
女性性への夢 : 川端康成「眠れる美女」論 https://t.co/XPsyBNeB4P
芥川龍之介とmagical thinking--杜子春,妖婆,河童の世界 https://t.co/pUyaj9VHId
「ナンセンス」を巡る<戦略>--井伏鱒二「仕事部屋」の秘匿と「山椒魚」の位置 https://t.co/MBNKN1Km98
所有の始原 : 安部公房「赤い繭」論 https://t.co/EKbWaA9EYq
「死者は生きている」--大岡昇平『野火』論 https://t.co/hiGkhbCMgu
『金閣寺』観念構造の崩壊 https://t.co/aQ7WqzWZWm
横光利一『機械』論--語る私の崩壊と再生 (特集 近・現代文学--その転換と回帰の諸相) https://t.co/k9VR7oqs0X
「友情」<武者小路実篤>--明日を信じる爽やかさ (近代文学に描かれた青春<特集>) https://t.co/KjKnNQTdhs
「鏡子の家」--物語の衰弱 (いま三島由紀夫を読む<特集>) -- (<小説>の解読) https://t.co/Tma52VbJSN
線の力 : 志賀直哉の『暗夜行路』 https://t.co/C16BwrTVsh
片々の金光--樋口一葉『うもれ木』における制度と逸脱 https://t.co/gsLyzv4KPp
志賀直哉『范の犯罪』--不快の原因を中心に https://t.co/BADLstyBte
夢野久作「ドグラ・マグラ」論 : 〈私〉とは何者か https://t.co/JKtZ5XKrB9
三島由紀夫『金閣寺』論--手記の中の<認識>と<行為> https://t.co/uJXvm8WcF7
太宰治『パンドラの匣』論 : 〈かるみ〉の希求とその思想的背景 (小特集 テクストの複数性 : 太宰治) https://t.co/6LvjZhNqMz
三島由紀夫の《覗見》の理論 : 『豊饒の海』第三巻「暁の寺」論 https://t.co/x2s9Irhx4A
究極の小説『天人五衰』--三島由紀夫の最後の企て https://t.co/911yP1jSFt
「俯瞰」の極北へ : 司馬遼太郎「逃げの小五郎」(連作短篇集『幕末』より)論 https://t.co/YZRCvXw3Ti #CiNii
『仮面の告白』--復讐の性 https://t.co/NfPOh07KH0
放心の価値 : 二葉亭四迷『浮雲』中絶の意義 https://t.co/Kh5Vr96REp
片々の金光--樋口一葉『うもれ木』における制度と逸脱 https://t.co/gsLyzv4KPp
夜明け前・島崎藤村--何かを避けて上品な墨絵に美化している https://t.co/rcvZHjl4Dc
夏目漱石『道草』における内的モノローグとその表現可能性 https://t.co/ABMpRUI5xl
風景の俯瞰から自然との一致へ--花袋「生」改稿をめぐって https://t.co/hqOEB97hSI
冷笑--トポフィリアの描写力 (特集 永井荷風を読む) -- (作品の世界) https://t.co/lcPaWB6Evc
メビウスの輪--安部公房「砂の女」 (特集 脇役たちの日本近代文学) -- (脇役28選) https://t.co/9aPNRyKWXe
芥川竜之介「おぎん」の位置--<文明批評>と<存在論>と https://t.co/mmU0YUzIOu
三島由紀夫『金閣寺』の終わりなき男同士の絆(ホモソーシャリティ)--〈僧衣〉と〈軍装〉の物語 https://t.co/l4rbeXK286
諷語と笑いと--「坊っちゃん」論 (夏目漱石--作品に深く測鉛をおろして<特集>) https://t.co/vDakw7zfQ8
芥川龍之介「歯車」試論--戦略としての〈僕〉の語り (特集 芥川龍之介の死とその周辺--転換期・1920年代と現代) https://t.co/bqXVDJjzib
岡本かの子『母と娘』 : 密着から自立へ/戦争協力から反戦へ https://t.co/k5w8LVL8gO
監禁のエクリチュ-ル--夢野久作「ドグラ・マグラ」論 https://t.co/835oNvJtI5
川端康成『雪国』の「徒労」にみる「自然」への旅立ちと同化 (特集 近代) https://t.co/pik1e1QqIN
『湖畔手記』--〈とき〉と〈こころ〉の饗宴 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (葛西善蔵 作品の世界) https://t.co/8AJs0uavSh
劣性の思想--安部公房『カンガルー・ノート』論 https://t.co/o9E3cHMPoX
『家』-- 未だ暗い屋内 (特集 島崎藤村--生誕百三十年) -- (作品の世界) https://t.co/5XqjU4MAlW
仮面-コミュニケ-ションの壁--安部公房の作品から (仮面<特集>) https://t.co/seMTROwYwX
「鏡子の家」--物語の衰弱 (いま三島由紀夫を読む<特集>) -- (<小説>の解読) https://t.co/Tma52VbJSN
太宰治「水仙」論 : 「僕」というナルキッソスの悲劇 https://t.co/k3DExA7W7h
〈探偵〉される身体 : 夢野久作『ドグラ・マグラ』について (第4回研究大会の記録) https://t.co/M6nzPPdkLV
川端康成『古都』論--意匠の再生力 https://t.co/32bTUzWTLM
安部公房『第四間氷期』--水のなかの革命 https://t.co/kUsuTwPpfr

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(97ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(106ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)