詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

横光利一「夜の靴」成立過程論への前哨 : 見出される〈祈り〉 (特集 近代) https://t.co/fW7zKjGFfM
消滅する〈境界〉 : 川端康成「禽獣」論 (特集 近代) https://t.co/z3b1DdYGbs
樋口一葉の『にごりえ』--「恩寵」の時間と「歴史」の時間 (特集 <時間>の近代) https://t.co/ll9D8VzHyc
「美」による「自然」からの離脱 : 坂口安吾「桜の森の満開の下」 https://t.co/9H7ArHcMUn
川端康成「たまゆら」試論 : 定型化への縮図として https://t.co/ckiN5Ajxiz
溢れでる身体,そして言葉--泉鏡花『外科室』試論 https://t.co/nj0kBSLSRE
安部公房「壁あつき部屋」試論--罪責の行方 https://t.co/ssm0peXYP7
模型という比喩--三島由紀夫『金閣寺』 (特集 金閣寺) https://t.co/NDTDlYfOx4
「愚」という徳--谷崎潤一郎「刺青」と「続悪魔」 https://t.co/qpXrZmirih
究極の小説『天人五衰』--三島由紀夫の最後の企て https://t.co/911yP1jSFt
志賀直哉と他者--『城の崎にて』、忘却される起源 (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい直哉像を求めて) https://t.co/DEs0MhQUth
「友情」武者小路実篤--地としての友情,図としての愛 (恋愛小説--愛のライフ・スタイル<特集>) -- (愛のライフ・スタイル) https://t.co/y599KdCMjR
江戸川乱歩「二銭銅貨」論 : 〈あいつ〉の〈なかま〉を必要としていたのはだれなのか https://t.co/VIxBaVwmlu
三島由紀夫『潮騒』論--可視性の領界 https://t.co/ImrgDhhsSl
田山花袋『田舎教師』論 : 対等と懸隔のはざまで (日本文藝學会創立五十周年記念号) https://t.co/InfYNJLXIr
芥川龍之介「歯車」試論--戦略としての〈僕〉の語り (特集 芥川龍之介の死とその周辺--転換期・1920年代と現代) https://t.co/bqXVDJjzib
"見る"ことの喪失と回復--芥川龍之介「白」「あばばばば」「歯車」ほかの考察 https://t.co/JRSlQYF5LS
国木田独歩「牛肉と馬鈴薯」論 : 〈復元〉と〈政治〉の諸相 https://t.co/sKndCeIrx5
川端康成『みづうみ』をめぐって--魔性の原点へ https://t.co/EAOisVNsbY
「自然主義」を「壮厳」にすること : 徳田秋聲『仮装人物』論序説 https://t.co/nmL04zJhgT
『こころ』--闘争する「書物」たち https://t.co/nfaDZaaOd3
川端康成『千羽鶴』における「魔界」 : 「内魔」の生成と深化を中心に (特集 佐多稲子と川端康成) https://t.co/8IaaS8Jac6
〈母〉の時間を求めて : 谷崎潤一郎『細雪』論 https://t.co/a0EztyRvAa
「友情」<武者小路実篤>--明日を信じる爽やかさ (近代文学に描かれた青春<特集>) https://t.co/KjKnNQTdhs
禁色--<精神>の敗北 (三島由紀夫とデカダンス<特集>) -- (新視角による作品解説) https://t.co/tSfu8BfGBI
『禁色』の童話--不完全な現実と、虚構の現実 (特集 禁色) https://t.co/uIBhaTZulb
芥川龍之介『歯車』論 : 「敗北」への道筋と「救い」の在り処 https://t.co/2V5A0fBMyB
泉鏡花『外科室』の試み : 「奇抜」と「不自然」をめぐって https://t.co/5t9rlPjSdF
過剰な<言葉>の交換--芥川龍之介「歯車」試論 https://t.co/JA3lpwdqRe
川端康成「浅草紅団」論--分裂と統一・プロレタリア文学を光源として https://t.co/bkago3J79i
太宰治『パンドラの匣』論 : <体験する「僕」>と<物語る「僕」>をめぐって https://t.co/TRVyYiVomh
梶井基次郎・「檸檬」の言語戦略 : 「えたいの知れた吉な塊」が「えたいの知れない不吉な塊」を破壊する話 https://t.co/DMxBqiBZYL
田山花袋「蒲団」--霊肉二元論的恋のゆくえ (特集=近代文学に描かれた性) -- (近代文学に描かれた性) https://t.co/OlcV67hfq4
谷崎潤一郎「秘密」論 : <優位> と <哀切> https://t.co/dKdc2Wm2rz
「錯覚」と「想像」、あるいは「づかづか」と「すたすた」 : 梶井基次郎『檸檬』を読む (林達也先生退任記念号) https://t.co/xBxGqKaeur
〈オブジェ〉達の革命 : 花田清輝と安部公房「壁 : S・カルマ氏の犯罪」 https://t.co/wjtZdpOPBt
視線の対決--坂口安吾「夜長姫と耳男」論 https://t.co/kbThq9mRIm
森鴎外『舞姫』試論--背理としての<忠誠> (特集 近・現代文学--その転換と回帰の諸相) https://t.co/2pbyjiPZe2
『手巾』--崩壊の予感 (特集 芥川竜之介作品の世界) https://t.co/vOkuKnm8l4
「他界」の影 : 三島由紀夫『鏡子の家』論 https://t.co/pUnRRL49sd
川端康成「たまゆら」試論 : 定型化への縮図として https://t.co/ckiN5Ajxiz
堀辰雄『かげろふの日記』論--運命と<夢>との対峙 https://t.co/vUoId5OWfo
隠蔽する「語り」--森鴎外「舞姫」・「うたかたの記」 (近代文学と「語り」-2-<特集>) -- (近代文学と「語り」の位相) https://t.co/q559c4lEEU
劣性の思想--安部公房『カンガルー・ノート』論 https://t.co/o9E3cHMPoX
岡本かの子「花は勁し」論 : 空間に生起するもの https://t.co/VGkXHmIQtr
消滅する〈境界〉 : 川端康成「禽獣」論 (特集 近代) https://t.co/z3b1DdYGbs
田山花袋『少女病』論 : 精神的行為としての「あくがれ」と復権する肉体 https://t.co/FGzhaWpHUK
「南京の基督」〔芥川竜之介著〕に潜むもの https://t.co/YJrVxBKqQZ
遡行する身体 : 『痴人の愛』の文化批判 https://t.co/iejPGtMp82
三島由紀夫『金閣寺』の終わりなき男同士の絆(ホモソーシャリティ)--〈僧衣〉と〈軍装〉の物語 https://t.co/l4rbeXK286
仮面-コミュニケ-ションの壁--安部公房の作品から (仮面<特集>) https://t.co/seMTROwYwX
芥川龍之介における"語り得ぬもの" : 「羅生門」と「或阿呆の一生」を架橋するもの https://t.co/sxexgFO5qf
志賀直哉『城の崎にて』論--<偶然>として語ることについて https://t.co/26KNMhFCbF
三島由紀夫「天人五衰」論 : 二人の観察者 https://t.co/iw4MUqKlRT
男の〈顔〉と喰えない女--『グッド・バイ』の果ての果て (特集 太宰治/坂口安吾--無頼派たちの"戦後") https://t.co/EgBWBEtSiN
「鍵」論ノオト--<教育>という視点 (谷崎潤一郎<特集>) -- (作品論) https://t.co/Ji8c378TlQ
梶井基次郎私観 : レモンから檸檬へ https://t.co/zhKVlsIf7h
島崎藤村『新生』の旅--遠い旅から抱いて来た心 (特集:渡来・漂流・渡航実記--海を越えて変化がはじまる) -- (近代の渡来・渡航のスペクタクル) https://t.co/hROYX8z7AI
〈オブジェ〉達の革命 : 花田清輝と安部公房「壁 : S・カルマ氏の犯罪」 https://t.co/wjtZdpOPBt
想起への希求--谷崎潤一郎『春琴抄』論 https://t.co/YGJd6jRNOx
五重塔--露伴文芸における<調和>への祈念 (明治のロマネスク--紅葉・露伴・鏡花(特集)) -- (作品論・幸田露伴) https://t.co/deakcXgICU
樋口一葉の『にごりえ』--「恩寵」の時間と「歴史」の時間 (特集 <時間>の近代) https://t.co/ll9D8VzHyc
遡行する身体 : 『痴人の愛』の文化批判 https://t.co/iejPGtMp82
『破戒』の中の〈崇高〉 : ホモソーシャル連続体の生成と勝利 https://t.co/zxN6u5bVF8
<不通線>への通路、あるいは<書く>ことへの痛ましき目覚め : 横光利一「夜の靴」の試行と山形の表象 https://t.co/6NbPbeCkWL
「河童」論--〈信〉と〈狂気〉を境として (特集 芥川龍之介を読み直す) -- (芥川テクストを読み直す) https://t.co/iABahKTBrk
『仮面の告白』--復讐の性 https://t.co/NfPOh0pm5A
鳴り響き続ける「ぼく」 : 安部公房『カンガルー・ノート』試論 https://t.co/zbtgTVdaNH
「推理」することと〈欲望〉すること : 江戸川乱歩「D坂の殺人事件」論 https://t.co/pJA23Tib2m
三島由紀夫『金閣寺』の終わりなき男同士の絆(ホモソーシャリティ)--〈僧衣〉と〈軍装〉の物語 https://t.co/l4rbeXK286
谷崎潤一郎『秘密』 : 無限に意味を生む「世界」へ向けて https://t.co/3LuuQEiS9z
『家』-- 未だ暗い屋内 (特集 島崎藤村--生誕百三十年) -- (作品の世界) https://t.co/5XqjU4MAlW
ミミクリーとしての文章--「ヰタ・セクスアリス」試論 https://t.co/e6Hslmtryo
谷崎潤一郎『細雪』論--予感はなぜ外れるのか https://t.co/xIehMAjLSs
岡本かの子「老妓抄」論 : それぞれのパッション https://t.co/KakR5USUG6
『カインの末裔』論--「超越」をめぐる言説の抗争 https://t.co/JoUTusKZ2z
芥川龍之介『歯車』論 : 「敗北」への道筋と「救い」の在り処 https://t.co/2V5A0fBMyB
国民の分身像 : 泉鏡花「高野聖」における不気味なもの https://t.co/wOn7ICzcaU
三島由紀夫『金閣寺』論--欲望を映し出す「鏡」 https://t.co/0EGwvb3wnO
志賀直哉の自己と超越者--「城の崎にて」の静謐 https://t.co/d20gR7vtwh
狂気の躍動--安部公房『密会』 (特集 〈精神病院〉の文学) https://t.co/O8pphhQEsS
「芋粥」論 : 〈自己発見〉のアイロニー (創立10周年(東京大会)記念号) -- (共同討議 〈失土〉と〈故郷〉の再構築) https://t.co/VREc7Mij0C
谷崎潤一郎『卍』論--媒介するものたち https://t.co/4bubQfKi8y
三島由紀夫『仮面の告白』論 : 〈告白〉と二つの主体 https://t.co/WJdmqwX4w1
岡本かの子『母と娘』 : 密着から自立へ/戦争協力から反戦へ https://t.co/k5w8LVL8gO
「破戒」--作品の<統一的把握>という制度 (島崎藤村の再検討<特集>) -- (作品の世界) https://t.co/byrir553IU
三島由紀夫『金閣寺』の終わりなき男同士の絆(ホモソーシャリティ)--〈僧衣〉と〈軍装〉の物語 https://t.co/l4rbeXK286
究極の小説『天人五衰』--三島由紀夫の最後の企て https://t.co/911yP1jSFt
泉鏡花『外科室』の試み : 「奇抜」と「不自然」をめぐって https://t.co/5t9rlPjSdF
『家』論--「破壊(ぶちこわ)したい」ということ https://t.co/H2uqdsC8Ed
『河童』--<個>の抗い (特集 芥川竜之介作品の世界) https://t.co/x24eAG0HUk
樋口一葉『にごりえ』論 : <境界>という物語 https://t.co/cpPA734e1K
樋口一葉「大つごもり」論--子供たちの黙劇 https://t.co/BQBbbVf40z
安部公房『第四間氷期』--水のなかの革命 https://t.co/kUsuTwPpfr
「田園の憂鬱」 : 「彼」の肖像(作品論の新視角/佐藤春夫・2) https://t.co/80YTGI7x2M
空転する言葉 : 永井荷風 『冷笑』 論 https://t.co/mNbRo10iBI
「錯覚」と「想像」、あるいは「づかづか」と「すたすた」 : 梶井基次郎『檸檬』を読む (林達也先生退任記念号) https://t.co/xBxGqKaeur
三島由紀夫『金閣寺』論 : 開かれている作品世界 https://t.co/lBQP48m0GS
『手巾』--崩壊の予感 (特集 芥川竜之介作品の世界) https://t.co/vOkuKnm8l4
〈涙〉の共同体 -菊池寛「父帰る」とその行方- https://t.co/yu62Ptlz0w

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(68ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(56ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 三島由紀夫「蘭陵王」論(福田 涼ほか),2017 https://t.co/8AKVnc9haa 出原隆俊教授御退休記念…