詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

自己への遡行 : 森鴎外「舞姫」論 (<特集>第2回シンポジウム「舞姫」論) (水本精一郎教授 送別 近代文学特輯号) https://t.co/J4zhbz2Yo3
国民の分身像 : 泉鏡花「高野聖」における不気味なもの https://t.co/wOn7ICRlp2
太宰治『パンドラの匣』論 -<かるみ>と民衆の詩人- https://t.co/QqCCe736t4
書くことの<罪>を生きる--藤村『新生』再読 (特集2 島崎藤村『新生』を再読する) https://t.co/hFLBRoOGsG
「伊豆の踊子」の「私」 : 開かれた「一人称」性(海老井英次教授退官記念号) https://t.co/HhAPAHKMMZ
芥川龍之介「歯車」論 : 投企としての逸脱 (<特集>国文学) https://t.co/qVVePVo6dN
"見る"ことの喪失と回復--芥川龍之介「白」「あばばばば」「歯車」ほかの考察 https://t.co/JRSlQYF5LS
「破戒」--作品の<統一的把握>という制度 (島崎藤村の再検討<特集>) -- (作品の世界) https://t.co/byrir553IU
「鍵」のストラテジ- (特集:谷崎潤一郎--いま,問い直す) -- (成熟期の谷崎潤一郎) https://t.co/qipAAdzHXa
三島由紀夫の《覗見》の理論 : 『豊饒の海』第三巻「暁の寺」論 https://t.co/x2s9IrzGiI
幸田露伴『風流佛』の言語道断 https://t.co/PZAOuPshkk
有島武郎『或る女』 : 視線の力学 https://t.co/T9tCllgjK9
芥川龍之介『蜜柑』に見られる"フライング" (特集 近代) https://t.co/XmOx1SvBTT
《傾斜》する記憶--『斜陽日記』/『斜陽』試論 (総特集 『斜陽』) -- (特集 『斜陽』を読む) https://t.co/AVJ9bSSZ7G
『家』論--「破壊(ぶちこわ)したい」ということ https://t.co/H2uqdsUhSl
幸田露伴「五重塔」 : 個人のいない世間の中で (特集 明治二〇年前後の潜勢力を読む) https://t.co/rjNoCFL1X8
書物の「帰属」を変える(3)安部公房『箱男』と虚構の移動性 https://t.co/Ua90rshg2P
三島由紀夫「鏡子の家」における現在性 : 「時代の壁」の解体 https://t.co/IEMEd2NgMb
谷崎潤一郎『細雪』論--予感はなぜ外れるのか https://t.co/xIehMAjLSs
樋口一葉「大つごもり」論--子供たちの黙劇 https://t.co/BQBbbVf40z
「俯瞰」の極北へ : 司馬遼太郎「逃げの小五郎」(連作短篇集『幕末』より)論 https://t.co/YZRCvXOd7q #CiNii
交換と贈与--森鴎外『雁』論 https://t.co/Qa1RcayjH4
『鼻』--調和への志向 (特集 芥川竜之介作品の世界) https://t.co/sr9KoZOrjN
岡本かの子『春』論 : 〈憂鬱〉から〈狂気〉へ https://t.co/kSZ69qELTe
自己聖化としての供儀--映画「憂国」攷 (特集 三島由紀夫と映画) https://t.co/eY1cszQ6dW
島崎藤村『新生』論--照応する表現構造とその帰趨の意味をめぐって https://t.co/hU8HAJISC6
夢野久作『瓶詰の地獄』論 : 作り出される物語/解体される物語性 https://t.co/WDe6I28i98
樋口一葉『にごりえ』論 : <境界>という物語 https://t.co/cpPA72NaZK
泉鏡花「外科室」の語り手 : 天なく、地なく、社会なく https://t.co/1rZ05lc843
「金閣寺」にみるスティグマの問題 : 生の伴走者・三島由紀夫 https://t.co/qOQNgtoIVq
屍と詩:辺見庸「眼の海――わたしの死者たちに」―― https://t.co/In1TaYujKm #CiNii
「ナンセンス」を巡る<戦略>--井伏鱒二「仕事部屋」の秘匿と「山椒魚」の位置 https://t.co/MBNKN22vng
「富岳百景」論--尊大なものへの憫笑 (太宰治の問いかけるもの--その軌跡を追って<特集>) -- (「富岳百景」前後--昭13〜17) https://t.co/wuLZ7DL86g
『足相撲』--笑いなきユーモアの行方 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (嘉村礒多 作品の世界) https://t.co/Y1SOhreXVa
血縁への夢--川端康成「山の音」論 https://t.co/c65X9BfaZC
志賀直哉「赤西蠣太」論--<男>たちの嘘と契約 https://t.co/L5tymeSRSr
夏目漱石『道草』における内的モノローグとその表現可能性 https://t.co/ABMpRV0eLt
溢れでる身体,そして言葉--泉鏡花『外科室』試論 https://t.co/nj0kBSuPPE
横光利一『夜の靴』論 : 「私」を展開する<戦後> https://t.co/SYutrIsIcB
横光利一「夜の靴」成立過程論への前哨 : 見出される〈祈り〉 (特集 近代) https://t.co/fW7zKjHd5k
夏目漱石『それから』論 : 人間の信頼性への不安を廻って https://t.co/lTHIMnNXVM
有島武郎『生れ出づる悩み』論--「私」の言葉の行方 https://t.co/oPslugMVIc
川端康成『古都』論--意匠の再生力 https://t.co/32bTUzFQJM
岡本かの子『母子叙情』 : 母子解放の<通過儀礼>(イニシエーション) https://t.co/m4sjkjca7a
遡行する身体 : 『痴人の愛』の文化批判 https://t.co/iejPGtMp82
放心の価値 : 二葉亭四迷『浮雲』中絶の意義 https://t.co/Kh5Vr96REp
想起への希求--谷崎潤一郎『春琴抄』論 https://t.co/YGJd6k9X2F
夏目漱石『二百十日』論 : 〈見る〉交流と豆腐屋 https://t.co/BkKFP7Ppyz
「山の音」その他 : 「禁」の構造、「虚」の時間 https://t.co/sLXC4eF2XK
谷崎潤一郎「白昼鬼語」 : <虚>と<実>のアラベスク https://t.co/ZeA8FVqj7j
島崎藤村『新生』論--照応する表現構造とその帰趨の意味をめぐって https://t.co/hU8HAJZVE6
菫程な小さな〈記憶〉の物語:夏目漱石「文鳥」論 https://t.co/UKc1uJfAD4
堀辰雄『かげろふの日記』論--運命と<夢>との対峙 https://t.co/vUoId5xTdo
人間失格--地上の聖性 (特集 太宰治--文化・国家・個人そしてメディア) -- (新しいテクスト読みから) https://t.co/zOvXNZYuGg
夢野久作「ドグラ・マグラ」論 : 〈私〉とは何者か https://t.co/JKtZ5Xtoz9
川端康成『古都』論--意匠の再生力 https://t.co/32bTUzFQJM
『城の崎にて』の重層構造--変転する<気分>と<頭>の働き (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい作品論) https://t.co/BgJAFNgHOL
隠蔽された愛の強要観念 : 夏目漱石『琴のそら音』論 https://t.co/jZhzy3ekt8
太宰治の<信仰>と<超越者> : 『人間失格』をとおして https://t.co/tCAlQSjDPH
期待される男たち : 夏目漱石『彼岸過迄』論 https://t.co/XVpqmQW2cZ
三島由紀夫「橋づくし」論--エピグラフが意味するもの https://t.co/kzhc0pAqB2
三島由紀夫『憂国』論 : 「大義」としての肉体 https://t.co/6KizlF1yBT
『夢十夜』成立期への一視点 : <あまのじゃく>という方法 https://t.co/4pdkI4XiIw
三島由紀夫『金閣寺』の終わりなき男同士の絆(ホモソーシャリティ)--〈僧衣〉と〈軍装〉の物語 https://t.co/l4rbeXsZ66
佐藤春夫『田園の憂鬱』成立考--〈芸術的因襲〉の位置づけをめぐって https://t.co/X2IKP6zhkV
「芋粥」論 : 〈自己発見〉のアイロニー (創立10周年(東京大会)記念号) -- (共同討議 〈失土〉と〈故郷〉の再構築) https://t.co/VREc7M1fYC
横光利一『旅愁』における現代性(モダニティ)としての〈非合理〉--他者化という方法の互換性 (特集 モダニズムのボーダー) https://t.co/HCx9pM5JFI
太宰治『葉桜と魔笛』論 : 自己充足としての創作と父への郷愁の物語 https://t.co/sCe71Hh3gy
芥川龍之介における"語り得ぬもの" : 「羅生門」と「或阿呆の一生」を架橋するもの https://t.co/sxexgG6eEn
谷崎潤一郎『卍』論--媒介するものたち https://t.co/4bubQfKi8y
泉鏡花『外科室』の試み : 「奇抜」と「不自然」をめぐって https://t.co/5t9rlPjSdF
ファルスは証言する--坂口安吾『風博士』論 https://t.co/32KbGlFmfu
不在の「作者」と造反する語り手--三島由紀夫『潮騒』論 https://t.co/3AijSKoS0g
田山花袋「田舎教師」考--わが「青春」の時は短くも (特集=長編小説 時の座標) https://t.co/OLS5QXBz3i
三島由紀夫「仮面の告白」--不条理の欲望 (特集=近代文学に描かれた性) -- (近代文学に描かれた性) https://t.co/VZUJ9lxApi
地図と契約--安部公房『燃えつきた地図』論 https://t.co/ustajQVabz
三島由紀夫「天人五衰」論 : 二人の観察者 https://t.co/iw4MUqtiPT
志賀直哉「赤西蠣太」論--<男>たちの嘘と契約 https://t.co/L5tymeSRSr
三島由紀夫『金閣寺』の終わりなき男同士の絆(ホモソーシャリティ)--〈僧衣〉と〈軍装〉の物語 https://t.co/l4rbeXK286
瞬く、ユートピア、瞬く--谷崎潤一郎『秘密』における瞳の試練をめぐって https://t.co/TStGMhwqgn
森鴎外『舞姫』試論--背理としての<忠誠> (特集 近・現代文学--その転換と回帰の諸相) https://t.co/2pbyjiPZe2
『カインの末裔』論--「超越」をめぐる言説の抗争 https://t.co/JoUTusKZ2z
島崎藤村『春』における〈狂気〉のパラダイム--〈引用〉という叙述方法を視座に https://t.co/UgL23Hx0wY
堀辰雄『かげろふの日記』論 : 情念の鎮魂譜 https://t.co/aE9q0jzyPw
有島武郎『或る女』 : 視線の力学 https://t.co/T9tCllgjK9
血縁への夢--川端康成「山の音」論 https://t.co/c65X9AY7XC
「禁制」と「まどわしの夢」--川端康成「眠れる美女」における性の〈再生〉 https://t.co/PSDeQzAKE2
風景の俯瞰から自然との一致へ--花袋「生」改稿をめぐって https://t.co/hqOEB97hSI
「『話』らしい話のない小説」から小説を包み込む「話」ヘ : 『雪国』の「語り」と「無」と「美」 https://t.co/x0Hta22mQG
川端康成「たまゆら」試論 : 定型化への縮図として https://t.co/ckiN5ABGwH
佐藤春夫『西班牙犬の家』--反逆としての「夢見心地」 https://t.co/Qz7AQiK3aL
夜明け前・島崎藤村--何かを避けて上品な墨絵に美化している https://t.co/rcvZHj41Bc
岡本かの子「老妓抄」論 : それぞれのパッション https://t.co/KakR5UBRE6
「文学」による救済--「夏目漱石「倫敦塔」論 https://t.co/8H7JwOKGDA
「事故」としての「野」 : 大岡昇平『武蔵野夫人』論 https://t.co/E8lgRV4pkx
男の〈顔〉と喰えない女--『グッド・バイ』の果ての果て (特集 太宰治/坂口安吾--無頼派たちの"戦後") https://t.co/EgBWBEcPgN
修士論文抜粋 三島由紀夫『禁色』論--「不在」から「現実的存在」へ https://t.co/0Jj0nxoABR
太宰治『トカトントン』論 : 贈与としての〈かたり〉 https://t.co/fNlAUNvGKi
梶井基次郎私観 : レモンから檸檬へ https://t.co/zhKVlt0olp
「禁制」と「まどわしの夢」--川端康成「眠れる美女」における性の〈再生〉 https://t.co/PSDeQzAKE2

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(285ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(135ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)