詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

川端康成「たまゆら」試論 : 定型化への縮図として https://t.co/ckiN5AB8H9
幸田露伴『風流佛』の言語道断 https://t.co/PZAOuPJSIU
島崎藤村『新生』の旅--遠い旅から抱いて来た心 (特集:渡来・漂流・渡航実記--海を越えて変化がはじまる) -- (近代の渡来・渡航のスペクタクル) https://t.co/hROYX8QIZi
太宰治『トカトントン』論 : 贈与としての〈かたり〉 https://t.co/fNlAUNe5SK
横光利一『旅愁』における現代性(モダニティ)としての〈非合理〉--他者化という方法の互換性 (特集 モダニズムのボーダー) https://t.co/HCx9pLO8Oa
江戸川乱歩『人間椅子』論 : 〈読む者〉を攻撃するメビウスの輪としての『人間椅子』 https://t.co/0exnerzN4I
太宰治「水仙」論 : 「僕」というナルキッソスの悲劇 https://t.co/k3DExApxvR
断片とモンタージュ、或いはアレゴリー化する近代 : 太宰治「富嶽百景」 (一九三九年) https://t.co/SU4AhpitRS
三島由紀夫『金閣寺』論--欲望を映し出す「鏡」 https://t.co/0EGwvaLVwg
『手巾』--崩壊の予感 (特集 芥川竜之介作品の世界) https://t.co/vOkuKnDJJE
芥川龍之介『歯車』論 : 「敗北」への道筋と「救い」の在り処 https://t.co/2V5A0fkbH3
友永鏡子のために--三島由紀夫『鏡子の家』における〈聴き手〉と〈時代〉 https://t.co/uN49YK1ORY
「地獄変」・その魔的なる暗渠 -芥川龍之介・中期作品の位相 (4)- https://t.co/oEc7qqXdyM
片々の金光--樋口一葉『うもれ木』における制度と逸脱 https://t.co/gsLyzuN9XR
佐藤春夫『田園の憂鬱』成立考--〈芸術的因襲〉の位置づけをめぐって https://t.co/X2IKP6QSJv
〈おれ〉の〈ユダヤ性〉にみる実存的状況 : 安部公房『赤い繭』論 https://t.co/xWUjbDutgc
『家』論--「破壊(ぶちこわ)したい」ということ https://t.co/H2uqdsTK2N
『禁色』の童話--不完全な現実と、虚構の現実 (特集 禁色) https://t.co/uIBhaUh5JL
「他界」の影 : 三島由紀夫『鏡子の家』論 https://t.co/pUnRRLlKQN
監禁のエクリチュ-ル--夢野久作「ドグラ・マグラ」論 https://t.co/835oNvrSQx
泉鏡花「義血侠血」論--法の一貫目は情の一匁なる哉 (特集 近代) https://t.co/dQpVBEber0
過剰な<言葉>の交換--芥川龍之介「歯車」試論 https://t.co/JA3lpvVPZG
太宰治『トカトントン』論 : 贈与としての〈かたり〉 https://t.co/fNlAUNe5SK
「十三夜」を統合するもの--<擦れ>の機能 (樋口一葉--新たな一葉像へ向けて<特集>) https://t.co/XZUVksmycc
樋口一葉の『にごりえ』--「恩寵」の時間と「歴史」の時間 (特集 <時間>の近代) https://t.co/ll9D8VzHyc
川端康成「たまゆら」試論 : 定型化への縮図として https://t.co/ckiN5Ajxiz
流れを溯る--「城の崎にて」論 https://t.co/Q1fue1W6oC
《傾斜》する記憶--『斜陽日記』/『斜陽』試論 (総特集 『斜陽』) -- (特集 『斜陽』を読む) https://t.co/AVJ9bSSZ7G
諷語と笑いと--「坊っちゃん」論 (夏目漱石--作品に深く測鉛をおろして<特集>) https://t.co/vDakw7zfQ8
夜明け前・島崎藤村--何かを避けて上品な墨絵に美化している https://t.co/rcvZHjl4Dc
『鼻』--調和への志向 (特集 芥川竜之介作品の世界) https://t.co/sr9KoZwi5F
『正義派』『范の犯罪』--響きあうコトバ (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい作品論) https://t.co/1BdBsBISyV
〈擬装〉による恭順と抵抗 : 田山花袋「蒲団」後の岡田美知代の小説 (近現代文学特集号) https://t.co/fA5uO8dnnK
「地獄変」私論 : <語り>の詐術/<語り手>の裏切り https://t.co/c21T9tsGLD
有島武郎『生れ出づる悩み』論--「私」の言葉の行方 https://t.co/oPslugMVIc
『禽獣』重層としての<禽>連想としての<獣> (特集 川端康成) -- (作品論) https://t.co/0v4tvw5TPH
空転する言葉 : 永井荷風 『冷笑』 論 https://t.co/mNbRo10iBI
目取真俊「面影と連れて(うむかじとぅちりてぃ)」論 : 「光」の記憶を〈聴く〉 https://t.co/DRJFNEOu1r #CiNii
夢野久作『瓶詰の地獄』論 : 作り出される物語/解体される物語性 https://t.co/WDe6I1Q8V0
明滅する〈自由〉--太宰治『斜陽』を解読する (総特集 『斜陽』) -- (特集 『斜陽』を読む) https://t.co/757maFjChA
断片とモンタージュ、或いはアレゴリー化する近代 : 太宰治「富嶽百景」 (一九三九年) https://t.co/SU4AhpA4Jq
「トロッコ」「杜子春」におけるフラッシュバック技法 : 「かたり」「内的独白」というテキストジャンル https://t.co/76Qx1xW6Be
川端康成『雪国』の「徒労」にみる「自然」への旅立ちと同化 (特集 近代) https://t.co/pik1e1QqIN
芥川竜之介の「手巾」--悲しみもしくは怒りの平衡錘 https://t.co/ffsoJOh4wn
島崎藤村『新生』論--照応する表現構造とその帰趨の意味をめぐって https://t.co/hU8HAJZVE6
「オレ」が「オレ」であるために--坂口安吾『夜長姫と耳男』論(後編) https://t.co/6D0HWLwkhl
三島由紀夫「潮騒」論--「神」としての物語 https://t.co/C5YvTvAbYO
『虞美人草』--風景の共有 (特集 二十一世紀の夏目漱石) -- (作品論) https://t.co/qZ1odXVXil
予言=権力 : 安部公房『第四間氷期』論 https://t.co/57zIMqF33q
志賀直哉の自己と超越者--「城の崎にて」の静謐 https://t.co/d20gR7vtwh
劣性の思想--安部公房『カンガルー・ノート』論 https://t.co/o9E3cHMPoX
川端康成『千羽鶴』論--<幕>の解釈と<幸福>の希求 https://t.co/qmZgsH95gg
芥川龍之介「あばばばば」論 : 社会的役割の変化による個の喪失 https://t.co/L6CM9geRAV
ポルノグラフィとしての『雪国』 (特集 川端康成--切断とずらし) https://t.co/V9ZGqFFuT5
メビウスの輪--安部公房「砂の女」 (特集 脇役たちの日本近代文学) -- (脇役28選) https://t.co/9aPNRyKWXe
泉鏡花「草迷宮」--円の連鎖 (幻想文学の手帖) -- (土俗が迷宮を穿つ) https://t.co/VWv28SRdTz
志賀直哉「赤西蠣太」論--<男>たちの嘘と契約 https://t.co/L5tymf9UUr
国民の分身像 : 泉鏡花「高野聖」における不気味なもの https://t.co/wOn7ICzcaU
夏目漱石『道草』における神の視点と自由間接話法 https://t.co/Km5wGuodJi
『金閣寺』論--不能者のエクリチュール https://t.co/PVPRNrnZaR
消滅する〈境界〉 : 川端康成「禽獣」論 (特集 近代) https://t.co/z3b1DdYGbs
泉鏡花『歌行燈』論 : 空間、あるいは平面として https://t.co/2QowXCXYfk
『草枕』を読む--作中のポリフォニー性と<画>の成就 https://t.co/104iIbwEqc
夢野久作『瓶詰の地獄』論 : 作り出される物語/解体される物語性 https://t.co/WDe6I1Q8V0
「友情」武者小路実篤--地としての友情,図としての愛 (恋愛小説--愛のライフ・スタイル<特集>) -- (愛のライフ・スタイル) https://t.co/y599KdCMjR
谷間の青春--野間宏「暗い絵」 (青春の発見<特集>) -- (作品・青春の歴史) https://t.co/Mrj9AeI8wu
遊戯の崩壊--三島由紀夫『禁色』論 https://t.co/7YlpJzIbv5
『夢十夜』成立期への一視点 : <あまのじゃく>という方法 https://t.co/4pdkI4XiIw
〈オブジェ〉達の革命 : 花田清輝と安部公房「壁 : S・カルマ氏の犯罪」 https://t.co/wjtZdpOPBt
安部公房『砂の女』研究--砂の世界への解放 https://t.co/H2qwtOO668
《傾斜》する記憶--『斜陽日記』/『斜陽』試論 (総特集 『斜陽』) -- (特集 『斜陽』を読む) https://t.co/AVJ9bSSZ7G
『こころ』--闘争する「書物」たち https://t.co/nfaDZaaOd3
梶井基次郎「檸檬」にみられる人物像 : 美と倦怠のドラマ(平成三年度卒業研究佳作) https://t.co/9SsbxZOEZM
眼のレッスン : 江戸川乱歩『押絵と旅する男』論 https://t.co/B3UzySHuhk
鏡のドラマトゥルギー:――転向小説「白夜」(村山知義)における女性登場人物の言葉―― https://t.co/J4yaqbZPUS #CiNii
川端康成「禽獣」試論--<夢>の破れ https://t.co/YNvlSiLcbs
太宰治『パンドラの匣』論 : <体験する「僕」>と<物語る「僕」>をめぐって https://t.co/TRVyYiVomh
自己への遡行 : 森鴎外「舞姫」論 (<特集>第2回シンポジウム「舞姫」論) (水本精一郎教授 送別 近代文学特輯号) https://t.co/J4zhbzk1q3
横光利一『上海』における「共同の論理」 : 「形式」・「商品」・「機械」 https://t.co/pPqJ6KEmnC
「南京の基督」〔芥川竜之介著〕に潜むもの https://t.co/YJrVxBKqQZ
『哀しき父』--内向への傾斜 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (葛西善蔵 作品の世界) https://t.co/OHOdCtpzMM
「文学」による救済--「夏目漱石「倫敦塔」論 https://t.co/8H7JwOKGDA
田山花袋『少女病』論 : 精神的行為としての「あくがれ」と復権する肉体 https://t.co/FGzhaWHjjk
『城の崎にて』の重層構造--変転する<気分>と<頭>の働き (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい作品論) https://t.co/BgJAFNgHOL
志賀直哉『城の崎にて』論--<偶然>として語ることについて https://t.co/26KNMhFCbF
三島由紀夫『禁色』論 : 理想と現実の対立 https://t.co/o1AwhOfsse
大岡昇平『野火』論--<時間>と自我 https://t.co/37fssxhe06
森鴎外「山椒大夫」の可能性 : 子どもたちの逃走/闘争 https://t.co/DKWLWvXNdb
書くことの<罪>を生きる--藤村『新生』再読 (特集2 島崎藤村『新生』を再読する) https://t.co/hFLBRp5JuG
太宰治『粋人』論 : 物語・顔・反復 https://t.co/aUSwbMqukz
「社会の罪」の探索:――徳富蘇峰、森田思軒、樋口一葉―― https://t.co/Mb4JcIGcKn #CiNii
片々の金光--樋口一葉『うもれ木』における制度と逸脱 https://t.co/gsLyzv4KPp
川端康成「たまゆら」試論 : 定型化への縮図として https://t.co/ckiN5Ajxiz
ふるえることば、脱臼する語り : 川端康成『雪国』の文体論的分析の試み https://t.co/LcEkGXj4CC
森鴎外『雁』論-「僕」の<語りの衝動>- https://t.co/jnQWa3QK0J
『金閣寺』観念構造の崩壊 https://t.co/aQ7WqzWZWm
『家』-- 未だ暗い屋内 (特集 島崎藤村--生誕百三十年) -- (作品の世界) https://t.co/5XqjU4MAlW
江戸川乱歩「二銭銅貨」論 : 〈あいつ〉の〈なかま〉を必要としていたのはだれなのか https://t.co/VIxBaVwmlu
三島由紀夫『潮騒』論--可視性の領界 https://t.co/ImrgDhhsSl
三島由紀夫『金閣寺』の終わりなき男同士の絆(ホモソーシャリティ)--〈僧衣〉と〈軍装〉の物語 https://t.co/l4rbeXK286

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(287ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(125ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)