詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

<不通線>への通路、あるいは<書く>ことへの痛ましき目覚め : 横光利一「夜の靴」の試行と山形の表象 https://t.co/6NbPbeCkWL
『舞姫』はジュール・ヴェルヌの夢を見るか?--鴎外文学の〈失われた環(ミッシング・リンク)〉 (特集・『舞姫』を考える) https://t.co/yiAI39NA8m
森鴎外『舞姫』試論--背理としての<忠誠> (特集 近・現代文学--その転換と回帰の諸相) https://t.co/2pbyjiPZe2
『湖畔手記』--〈とき〉と〈こころ〉の饗宴 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (葛西善蔵 作品の世界) https://t.co/8AJs0uavSh
田山花袋『田舎教師』論 : 対等と懸隔のはざまで (日本文藝學会創立五十周年記念号) https://t.co/InfYNJLXIr
芥川龍之介における"語り得ぬもの" : 「羅生門」と「或阿呆の一生」を架橋するもの https://t.co/sxexgFO5qf
交換と贈与--森鴎外『雁』論 https://t.co/Qa1RcaPmJ4
三島由紀夫『金閣寺』論--手記の中の<認識>と<行為> https://t.co/uJXvm8WcF7
『こころ』--闘争する「書物」たち https://t.co/nfaDZaaOd3
《傾斜》する記憶--『斜陽日記』/『斜陽』試論 (総特集 『斜陽』) -- (特集 『斜陽』を読む) https://t.co/AVJ9bSSZ7G
夢野久作『瓶詰の地獄』論 : 作り出される物語/解体される物語性 https://t.co/WDe6I1Q8V0
梶井基次郎「Kの昇天」 : 分身に託した死生観 https://t.co/OAXRH4JmjI
<不機嫌>から<憂鬱へ> : 佐藤春夫『田園の憂鬱』をめぐる言説 https://t.co/zna9HTbFx1
物語の断片への回帰--三島由紀夫『天人五衰』 https://t.co/vNQ6qmRWN8
『家』論--「破壊(ぶちこわ)したい」ということ https://t.co/H2uqdsC8Ed
夢野久作「ドグラ・マグラ」論 : 〈私〉とは何者か https://t.co/JKtZ5XKrB9
監禁のエクリチュ-ル--夢野久作「ドグラ・マグラ」論 https://t.co/835oNvJtI5
鳴り響き続ける「ぼく」 : 安部公房『カンガルー・ノート』試論 https://t.co/zbtgTVdaNH
「大つごもり」論--もう一つの<闇夜> (樋口一葉--新たな一葉像へ向けて<特集>) https://t.co/EXvAqHnyL0
『絹と明察』・『月澹荘綺譚』・『天人五衰』--認識を越えるものの表象について https://t.co/GeXjuI3YmO
太宰治『パンドラの匣』論 : 〈かるみ〉の希求とその思想的背景 (小特集 テクストの複数性 : 太宰治) https://t.co/6LvjZhNqMz
「推理」することと〈欲望〉すること : 江戸川乱歩「D坂の殺人事件」論 https://t.co/pJA23Tib2m
三島由紀夫『禁色』論 : 理想と現実の対立 https://t.co/o1AwhOfsse
明滅する〈自由〉--太宰治『斜陽』を解読する (総特集 『斜陽』) -- (特集 『斜陽』を読む) https://t.co/757maFjChA
『足相撲』--笑いなきユーモアの行方 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (嘉村礒多 作品の世界) https://t.co/Y1SOhreXVa
泉鏡花「外科室」の語り手 : 天なく、地なく、社会なく https://t.co/1rZ05ltb63
三島由紀夫「橋づくし」論--エピグラフが意味するもの https://t.co/kzhc0pRtD2
諷語と笑いと--「坊っちゃん」論 (夏目漱石--作品に深く測鉛をおろして<特集>) https://t.co/vDakw7zfQ8
彼方のナオミ : 谷崎潤一郎「痴人の愛」論 https://t.co/TwPdWgeRYh
太宰治「水仙」論 : 「僕」というナルキッソスの悲劇 https://t.co/k3DExA7W7h
「南京の基督」〔芥川竜之介著〕に潜むもの https://t.co/YJrVxBKqQZ
隠蔽された愛の強要観念 : 夏目漱石『琴のそら音』論 https://t.co/jZhzy3vnv8
岡本かの子「花は勁し」論 : 空間に生起するもの https://t.co/VGkXHmIQtr
安部公房『第四間氷期』--水のなかの革命 https://t.co/kUsuTwPpfr
『手巾』--崩壊の予感 (特集 芥川竜之介作品の世界) https://t.co/vOkuKnm8l4
メビウスの輪--安部公房「砂の女」 (特集 脇役たちの日本近代文学) -- (脇役28選) https://t.co/9aPNRyKWXe
「オレ」が「オレ」であるために--坂口安吾『夜長姫と耳男』論(後編) https://t.co/6D0HWLwkhl
『舞姫』はジュール・ヴェルヌの夢を見るか?--鴎外文学の〈失われた環(ミッシング・リンク)〉 (特集・『舞姫』を考える) https://t.co/yiAI39NA8m
王の「人間宣言」は許されるか : 芥川龍之介「鼻」を契機に(<特集>暴力と文学) https://t.co/WvrZwojq0z
『美しい村』の生成--花のフラクタル (特集=堀辰雄の世界) https://t.co/LzLAeUXBun
有島武郎『或る女』 : 視線の力学 https://t.co/T9tCllxmM9
流動と反復--安部公房『砂の女』の時間 https://t.co/A8VPT8YwGr
隠蔽する「語り」--森鴎外「舞姫」・「うたかたの記」 (近代文学と「語り」-2-<特集>) -- (近代文学と「語り」の位相) https://t.co/q559c4lEEU
期待される男たち : 夏目漱石『彼岸過迄』論 https://t.co/XVpqmQW2cZ
所有の始原 : 安部公房「赤い繭」論 https://t.co/EKbWaA9EYq
「公」と「私」の揺れの間で--「高瀬舟」(森鴎外)導入部の仕掛けを読む https://t.co/43laiEqMCh
堀辰雄『かげろふの日記』論--運命と<夢>との対峙 https://t.co/vUoId5OWfo
〈擬装〉による恭順と抵抗 : 田山花袋「蒲団」後の岡田美知代の小説 (近現代文学特集号) https://t.co/fA5uO8dnnK
「現在」という水源--永井荷風『すみだ川』私論 https://t.co/kQ0YLvFQrl
〈母〉の時間を求めて : 谷崎潤一郎『細雪』論 https://t.co/a0EztyRvAa
"見る"ことの喪失と回復--芥川龍之介「白」「あばばばば」「歯車」ほかの考察 https://t.co/JRSlQYF5LS
〈涙〉の共同体 -菊池寛「父帰る」とその行方- https://t.co/yu62Ptlz0w
明滅する〈自由〉--太宰治『斜陽』を解読する (総特集 『斜陽』) -- (特集 『斜陽』を読む) https://t.co/757maFjChA
谷崎潤一郎『細雪』論--予感はなぜ外れるのか https://t.co/xIehMAjLSs
流動と反復--安部公房『砂の女』の時間 https://t.co/A8VPT8YwGr
観念からの脱却--横光利一『旅愁』試論 https://t.co/fOjgFFgaeK
三島由紀夫「橋づくし」論--エピグラフが意味するもの https://t.co/kzhc0pRtD2
三島由紀夫「潮騒」論--歌島の〈道徳〉、芸術家の〈道徳〉 https://t.co/MCFA3ZEtWx
三島由紀夫『金閣寺』論--欲望を映し出す「鏡」 https://t.co/0EGwvb3wnO
三島由紀夫『仮面の告白』論 : 〈告白〉と二つの主体 https://t.co/WJdmqwX4w1
江戸川乱歩『人間椅子』論 : 〈読む者〉を攻撃するメビウスの輪としての『人間椅子』 https://t.co/0exnerRnWg
閉ざされた青春--三島由紀夫「金閣寺」 (青春の発見<特集>) -- (作品・青春の歴史) https://t.co/C6xDqFW4U5
『家』-- 未だ暗い屋内 (特集 島崎藤村--生誕百三十年) -- (作品の世界) https://t.co/5XqjU4MAlW
〈擬装〉による恭順と抵抗 : 田山花袋「蒲団」後の岡田美知代の小説 (近現代文学特集号) https://t.co/fA5uO8dnnK
「山の音」その他 : 「禁」の構造、「虚」の時間 https://t.co/sLXC4eF2XK
ポルノグラフィとしての『雪国』 (特集 川端康成--切断とずらし) https://t.co/V9ZGqFFuT5
夢野久作「ドグラ・マグラ」論 : 〈私〉とは何者か https://t.co/JKtZ5XKrB9
さまよい続ける声 : 樋口一葉「にごりえ」論 https://t.co/DUj07vV9cZ
三島由紀夫の《覗見》の理論 : 『豊饒の海』第三巻「暁の寺」論 https://t.co/x2s9Irhx4A
友永鏡子のために--三島由紀夫『鏡子の家』における〈聴き手〉と〈時代〉 https://t.co/uN49YKjpJw
「論理」を構築する論理 : 横溝正史「本陣殺人事件」論 https://t.co/4Sj9mDnaz8
監禁のエクリチュ-ル--夢野久作「ドグラ・マグラ」論 https://t.co/835oNvJtI5
三島由紀夫「潮騒」論--歌島の〈道徳〉、芸術家の〈道徳〉 https://t.co/MCFA3ZEtWx
統治力としての呼称 - 志賀直哉『和解』のジェンダー編成 - https://t.co/Br9ufud2O6
「現在」という水源--永井荷風『すみだ川』私論 https://t.co/kQ0YLvFQrl
横光利一『旅愁』における現代性(モダニティ)としての〈非合理〉--他者化という方法の互換性 (特集 モダニズムのボーダー) https://t.co/HCx9pM5JFI
『城の崎にて』の重層構造--変転する<気分>と<頭>の働き (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい作品論) https://t.co/BgJAFNgHOL
横光利一『夜の靴』論 : 「私」を展開する<戦後> https://t.co/SYutrIKj49
「禁制」と「まどわしの夢」--川端康成「眠れる美女」における性の〈再生〉 https://t.co/PSDeQzAKE2
優雅の行方 : 三島由紀夫『春の雪』論 https://t.co/2ZbUf7XvXy
「ナンセンス」を巡る<戦略>--井伏鱒二「仕事部屋」の秘匿と「山椒魚」の位置 https://t.co/MBNKN21XxI
川端康成「禽獣」試論--<夢>の破れ https://t.co/YNvlSiLcbs
三島由紀夫『金閣寺』論--手記の中の<認識>と<行為> https://t.co/uJXvm8WcF7
田山花袋『少女病』論 : 精神的行為としての「あくがれ」と復権する肉体 https://t.co/FGzhaWpHUK
天守物語--幻想の渇き (泉鏡花・魔界の精神史<特集>) -- (作品の検証) https://t.co/rsdi6nyrjY
菫程な小さな〈記憶〉の物語:夏目漱石「文鳥」論 https://t.co/UKc1uJwDF4
森鴎外『高瀬舟』--剃刀を抜く https://t.co/AkWZK8zyM0
『虞美人草』--風景の共有 (特集 二十一世紀の夏目漱石) -- (作品論) https://t.co/qZ1odXVXil
江戸川乱歩『人間椅子』論 : 〈読む者〉を攻撃するメビウスの輪としての『人間椅子』 https://t.co/0exnerRnWg
志賀直哉『范の犯罪』--不快の原因を中心に https://t.co/BADLstyBte
芥川龍之介「歯車」論 : 不条理な意識 https://t.co/lhWZcs7u4l
ふるえることば、脱臼する語り : 川端康成『雪国』の文体論的分析の試み https://t.co/LcEkGXj4CC
「他界」の影 : 三島由紀夫『鏡子の家』論 https://t.co/pUnRRL49sd
観念からの脱却--横光利一『旅愁』試論 https://t.co/fOjgFFgaeK
消滅する〈境界〉 : 川端康成「禽獣」論 (特集 近代) https://t.co/z3b1DdYGbs
佐藤春夫『田園の憂鬱』成立考--〈芸術的因襲〉の位置づけをめぐって https://t.co/X2IKP6zhkV
大岡昇平『野火』考--プロメテウスの神学 https://t.co/kqlqoQ9Eve
大岡昇平『野火』論--<時間>と自我 https://t.co/37fssxhe06
樋口一葉「大つごもり」論--子供たちの黙劇 https://t.co/BQBbbVf40z
『こころ』--闘争する「書物」たち https://t.co/nfaDZ9Tdlv

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(69ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(54ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)