詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

『金閣寺』論--想像力の問題 (特集 金閣寺) https://t.co/3aBTDAzRuP
瞬く、ユートピア、瞬く--谷崎潤一郎『秘密』における瞳の試練をめぐって https://t.co/TStGMhwqgn
横光利一『上海』における「共同の論理」 : 「形式」・「商品」・「機械」 https://t.co/pPqJ6KEmnC
修士論文抜粋 三島由紀夫『禁色』論--「不在」から「現実的存在」へ https://t.co/0Jj0nxFDDR
川端康成『千羽鶴』論--<幕>の解釈と<幸福>の希求 https://t.co/qmZgsH95gg
『湖畔手記』--〈とき〉と〈こころ〉の饗宴 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (葛西善蔵 作品の世界) https://t.co/8AJs0tSV0J
放心の価値 : 二葉亭四迷『浮雲』中絶の意義 https://t.co/Kh5Vr96REp
地図と契約--安部公房『燃えつきた地図』論 https://t.co/ustajQVabz
川端康成「たまゆら」試論 : 定型化への縮図として https://t.co/ckiN5Ajxiz
王の「人間宣言」は許されるか : 芥川龍之介「鼻」を契機に(<特集>暴力と文学) https://t.co/WvrZwojq0z
岡本かの子『春』論 : 〈憂鬱〉から〈狂気〉へ https://t.co/kSZ69qVOVe
夜明け前・島崎藤村--何かを避けて上品な墨絵に美化している https://t.co/rcvZHjl4Dc
太宰治『パンドラの匣』論 : 〈かるみ〉の希求とその思想的背景 (小特集 テクストの複数性 : 太宰治) https://t.co/6LvjZhNqMz
「大つごもり」論--もう一つの<闇夜> (樋口一葉--新たな一葉像へ向けて<特集>) https://t.co/EXvAqHnyL0
流動と反復--安部公房『砂の女』の時間 https://t.co/A8VPT8YwGr
『湖畔手記』--〈とき〉と〈こころ〉の饗宴 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (葛西善蔵 作品の世界) https://t.co/8AJs0uavSh
大岡昇平「野火」論--<社会的感情>の彷徨 https://t.co/qqRYcPnKuc
〈擬装〉による恭順と抵抗 : 田山花袋「蒲団」後の岡田美知代の小説 (近現代文学特集号) https://t.co/fA5uO8dnnK
〈オブジェ〉達の革命 : 花田清輝と安部公房「壁 : S・カルマ氏の犯罪」 https://t.co/wjtZdpOPBt
川端康成『雪国』の「徒労」にみる「自然」への旅立ちと同化 (特集 近代) https://t.co/pik1e1QqIN
「潮騒」--その方法と挑発 (三島由紀夫の世界<特集>) -- (作品の世界) https://t.co/wGm1VOXNjU
「禁制」と「まどわしの夢」--川端康成「眠れる美女」における性の〈再生〉 https://t.co/PSDeQzAKE2
「現在」という水源--永井荷風『すみだ川』私論 https://t.co/kQ0YLvFQrl
夢野久作『瓶詰の地獄』論 : 作り出される物語/解体される物語性 https://t.co/WDe6I1Q8V0
「鏡子の家」--物語の衰弱 (いま三島由紀夫を読む<特集>) -- (<小説>の解読) https://t.co/Tma52VbJSN
ニヒリズムとの凄惨な格闘--三島由紀夫「天人五衰」 https://t.co/L8tJEY1UrQ
「地獄変」私論 : <語り>の詐術/<語り手>の裏切り https://t.co/c21T9tsGLD
大岡昇平『野火』考--プロメテウスの神学 https://t.co/kqlqoQ9Eve
三島由紀夫『禁色』論 : 理想と現実の対立 https://t.co/o1AwhOfsse
裏切りのエシックス : 太宰治「駈込み訴へ」論 https://t.co/GeSFBNNvcm
メビウスの輪--安部公房「砂の女」 (特集 脇役たちの日本近代文学) -- (脇役28選) https://t.co/9aPNRyKWXe
太宰治「水仙」論 : 「僕」というナルキッソスの悲劇 https://t.co/k3DExA7W7h
古層に秘められた空間の記憶--「鏡子の家」における戦前と戦後 https://t.co/Rdy5Td4MUw
川端康成『みづうみ』をめぐって--魔性の原点へ https://t.co/EAOisVNsbY
片々の金光--樋口一葉『うもれ木』における制度と逸脱 https://t.co/gsLyzv4KPp
志賀直哉と他者--『城の崎にて』、忘却される起源 (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい直哉像を求めて) https://t.co/DEs0MhQUth
太宰治『トカトントン』論 : 贈与としての〈かたり〉 https://t.co/fNlAUNvGKi
『枯野抄』--<栄光と孤独>または<自由な精神> (特集 芥川竜之介作品の世界) https://t.co/JiDcJmlwFr
「文学」による救済--「夏目漱石「倫敦塔」論 https://t.co/8H7JwOKGDA
「破戒」--作品の<統一的把握>という制度 (島崎藤村の再検討<特集>) -- (作品の世界) https://t.co/byrir553IU
三島由紀夫「橋づくし」論--エピグラフが意味するもの https://t.co/kzhc0pRtD2
「富岳百景」論--尊大なものへの憫笑 (太宰治の問いかけるもの--その軌跡を追って<特集>) -- (「富岳百景」前後--昭13〜17) https://t.co/wuLZ7E2b8g
安部公房『第四間氷期』--水のなかの革命 https://t.co/kUsuTwPpfr
三島由紀夫『金閣寺』論--欲望を映し出す「鏡」 https://t.co/0EGwvb3wnO
「鍵」のストラテジ- (特集:谷崎潤一郎--いま,問い直す) -- (成熟期の谷崎潤一郎) https://t.co/qipAAdhyJ2
太宰治『パンドラの匣』論 -<かるみ>と民衆の詩人- https://t.co/QqCCe6KXeW
安部公房「壁あつき部屋」試論--罪責の行方 https://t.co/ssm0peXYP7
ニヒリズムとの凄惨な格闘--三島由紀夫「天人五衰」 https://t.co/L8tJEY1UrQ
血縁への夢--川端康成「山の音」論 https://t.co/c65X9BfaZC
断片とモンタージュ、或いはアレゴリー化する近代 : 太宰治「富嶽百景」 (一九三九年) https://t.co/SU4AhpA4Jq
〈母〉の時間を求めて : 谷崎潤一郎『細雪』論 https://t.co/a0EztyRvAa
『正義派』『范の犯罪』--響きあうコトバ (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい作品論) https://t.co/1BdBsBrhHn
「芋粥」論 : 〈自己発見〉のアイロニー (創立10周年(東京大会)記念号) -- (共同討議 〈失土〉と〈故郷〉の再構築) https://t.co/VREc7Mij0C
梶井基次郎論--「ある心の風景」における疑視と求道 https://t.co/bj75sFAyVE
夏目漱石『道草』における内的モノローグとその表現可能性 https://t.co/ABMpRUI5xl
人間失格--地上の聖性 (特集 太宰治--文化・国家・個人そしてメディア) -- (新しいテクスト読みから) https://t.co/zOvXO0fxIg
枯野における<図>と<地>の由来--「枯野抄」論の前提 https://t.co/hsCT2B1M60
大岡昇平「野火」論--<社会的感情>の彷徨 https://t.co/qqRYcPnKuc
古層に秘められた空間の記憶--「鏡子の家」における戦前と戦後 https://t.co/Rdy5Td4MUw
「南京の基督」〔芥川竜之介著〕に潜むもの https://t.co/YJrVxBKqQZ
川端康成『みづうみ』をめぐって--魔性の原点へ https://t.co/EAOisVNsbY
「田園の憂鬱」 : 「彼」の肖像(作品論の新視角/佐藤春夫・2) https://t.co/80YTGI7x2M
五重塔--露伴文芸における<調和>への祈念 (明治のロマネスク--紅葉・露伴・鏡花(特集)) -- (作品論・幸田露伴) https://t.co/deakcXgICU
「トロッコ」「杜子春」におけるフラッシュバック技法 : 「かたり」「内的独白」というテキストジャンル https://t.co/76Qx1xW6Be
夏目漱石『道草』における神の視点と自由間接話法 https://t.co/Km5wGuodJi
谷崎潤一郎『卍』論--媒介するものたち https://t.co/4bubQfKi8y
泉鏡花「義血侠血」論--法の一貫目は情の一匁なる哉 (特集 近代) https://t.co/dQpVBDTD2q
幸田露伴「五重塔」 : 個人のいない世間の中で (特集 明治二〇年前後の潜勢力を読む) https://t.co/rjNoCG2DlI
芥川龍之介「手巾」論--<型>と<真>の狭間にあるもの https://t.co/CNIF9G8Je7
「富岳百景」論--太宰治の<距離のとり方> https://t.co/Yk43N4dUeg
幸田露伴「五重塔」 : 個人のいない世間の中で (特集 明治二〇年前後の潜勢力を読む) https://t.co/rjNoCFL1X8
佐藤春夫『西班牙犬の家』--反逆としての「夢見心地」 https://t.co/Qz7AQirTWD
〈母〉の時間を求めて : 谷崎潤一郎『細雪』論 https://t.co/a0EztyRvAa
さまよい続ける声 : 樋口一葉「にごりえ」論 https://t.co/DUj07vV9cZ
夏目漱石『二百十日』論 : 〈見る〉交流と豆腐屋 https://t.co/BkKFP7Ppyz
「不安」を生きるための「手紙」 正宗白鳥「微光」論 : 夏目漱石「三四郎」における「手紙」と関わらせながら https://t.co/oyHAtylJCs
横光利一『上海』における「共同の論理」 : 「形式」・「商品」・「機械」 https://t.co/pPqJ6KEmnC
〈中折れ〉してしまう記述者 : 安部公房『他人の顔』試論 https://t.co/ZcNkiYm15k
三島由紀夫「鏡子の家」における現在性 : 「時代の壁」の解体 https://t.co/IEMEd34jOb
芥川龍之介とmagical thinking--杜子春,妖婆,河童の世界 https://t.co/pUyaj9VHId
模型という比喩--三島由紀夫『金閣寺』 (特集 金閣寺) https://t.co/NDTDlYfOx4
大岡昇平「野火」論--<社会的感情>の彷徨 https://t.co/qqRYcPnKuc
書物の「帰属」を変える(3)安部公房『箱男』と虚構の移動性 https://t.co/Ua90rshg2P
太宰治『トカトントン』論 : 贈与としての〈かたり〉 https://t.co/fNlAUNvGKi
太宰治の<信仰>と<超越者> : 『人間失格』をとおして https://t.co/tCAlQSjDPH
地図と痕跡 : 大岡昇平『武蔵野夫人』論 https://t.co/D1HSbAwxHX
三島由紀夫「仮面の告白」--不条理の欲望 (特集=近代文学に描かれた性) -- (近代文学に描かれた性) https://t.co/VZUJ9lfrba
物質と思考の運動 : 安部公房の「砂の女」におけるシュルレアリスム的技法とその変容(日本語日本文学特集) https://t.co/rExbGRexwD
三島由紀夫『金閣寺』の終わりなき男同士の絆(ホモソーシャリティ)--〈僧衣〉と〈軍装〉の物語 https://t.co/l4rbeXK286
志賀直哉の自己と超越者--「城の崎にて」の静謐 https://t.co/d20gR7vtwh
田山花袋『少女病』論 : 精神的行為としての「あくがれ」と復権する肉体 https://t.co/FGzhaWpHUK
芥川龍之介「歯車」試論--戦略としての〈僕〉の語り (特集 芥川龍之介の死とその周辺--転換期・1920年代と現代) https://t.co/bqXVDJjzib
「推理」することと〈欲望〉すること : 江戸川乱歩「D坂の殺人事件」論 https://t.co/pJA23Tib2m
三島由紀夫『禁色』論 : 理想と現実の対立 https://t.co/o1AwhOfsse
島崎藤村「破戒」論-2-内部生命(なかのいのち)の途を索めて https://t.co/osXAvxmmRK
自己への遡行 : 森鴎外「舞姫」論 (<特集>第2回シンポジウム「舞姫」論) (水本精一郎教授 送別 近代文学特輯号) https://t.co/J4zhbzk1q3
視線の対決--坂口安吾「夜長姫と耳男」論 https://t.co/kbThq9mRIm
日本近代文学に於ける〈親密性テロリズム〉の様相 : 志賀直哉『范の犯罪』とその周辺を起点として(3) https://t.co/x2WmhM7eoB
志賀直哉と他者--『城の崎にて』、忘却される起源 (特集 二十一世紀の志賀直哉) -- (新しい直哉像を求めて) https://t.co/DEs0MhQUth
太宰治『パンドラの匣』論 : <体験する「僕」>と<物語る「僕」>をめぐって https://t.co/TRVyYiVomh

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(70ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(54ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)