詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

堀辰雄『かげろふの日記』論 : 情念の鎮魂譜 https://t.co/aE9q0jQBRw
「富岳百景」論--尊大なものへの憫笑 (太宰治の問いかけるもの--その軌跡を追って<特集>) -- (「富岳百景」前後--昭13〜17) https://t.co/wuLZ7E2b8g
谷崎潤一郎「秘密」論 : <優位> と <哀切> https://t.co/dKdc2Wm2rz
堀辰雄「風立ちぬ」試論--〈死の味のする生〉の夕暮れ https://t.co/oSPDtsz7va
所有の始原 : 安部公房「赤い繭」論 https://t.co/EKbWaA9EYq
書くことの<罪>を生きる--藤村『新生』再読 (特集2 島崎藤村『新生』を再読する) https://t.co/hFLBRp5JuG
梶井基次郎私観 : レモンから檸檬へ https://t.co/zhKVlsIf7h
島崎藤村「破戒」論-2-内部生命(なかのいのち)の途を索めて https://t.co/osXAvxmmRK
佐藤春夫『田園の憂鬱』成立考--〈芸術的因襲〉の位置づけをめぐって https://t.co/X2IKP6zhkV
谷崎潤一郎『卍』論--媒介するものたち https://t.co/4bubQfKi8y
例外と判断 : 『俘虜記』・『野火』における大岡昇平の戦場 https://t.co/kZZOSclLTM
芥川竜之介の「手巾」--悲しみもしくは怒りの平衡錘 https://t.co/ffsoJOh4wn
樋口一葉『にごりえ』論 : <境界>という物語 https://t.co/cpPA734e1K
泉鏡花「草迷宮」--円の連鎖 (幻想文学の手帖) -- (土俗が迷宮を穿つ) https://t.co/VWv28SRdTz
遡行する身体 : 『痴人の愛』の文化批判 https://t.co/iejPGtMp82
梶井基次郎「Kの昇天」 : 分身に託した死生観 https://t.co/OAXRH4JmjI
レトリックとしてのスキ-マ--樋口一葉「十三夜」の場合 https://t.co/ykvU3JJaIS
三島由紀夫「橋づくし」論--エピグラフが意味するもの https://t.co/kzhc0pRtD2
建築,映像,都市のア-ル・ヌ-ヴォ---谷崎潤一郎「秘密」・<闇>と<光>の物語 (明治世紀末--イメ-ジの明治<特集>) -- (メディアの世紀末) https://t.co/qscEi7OigA
〈涙〉の共同体 -菊池寛「父帰る」とその行方- https://t.co/yu62Ptlz0w
三島由紀夫『禁色』論 : 理想と現実の対立 https://t.co/o1AwhOfsse
前近代への鎮魂譜としての『坊っちゃん』--明治における近代化と夏目漱石 https://t.co/K2Z1N1FJtt
人間失格--地上の聖性 (特集 太宰治--文化・国家・個人そしてメディア) -- (新しいテクスト読みから) https://t.co/zOvXNZXWQI
ふるえることば、脱臼する語り : 川端康成『雪国』の文体論的分析の試み https://t.co/LcEkGXAG1c
『湖畔手記』--〈とき〉と〈こころ〉の饗宴 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (葛西善蔵 作品の世界) https://t.co/8AJs0tSV0J
芥川龍之介における"語り得ぬもの" : 「羅生門」と「或阿呆の一生」を架橋するもの https://t.co/sxexgFO5qf
森鴎外「山椒大夫」の可能性 : 子どもたちの逃走/闘争 https://t.co/DKWLWvXNdb
『草枕』を読む--作中のポリフォニー性と<画>の成就 https://t.co/104iIbwEqc
三島由紀夫『金閣寺』論--手記の中の<認識>と<行為> https://t.co/uJXvm8WcF7
「錯覚」と「想像」、あるいは「づかづか」と「すたすた」 : 梶井基次郎『檸檬』を読む (林達也先生退任記念号) https://t.co/xBxGqKaeur
再生の季節--太宰治「富嶽百景」と表現主体の再生 https://t.co/LOgxhX2Me6
「伊豆の踊子」の「私」 : 開かれた「一人称」性(海老井英次教授退官記念号) https://t.co/HhAPAHsDyR
鳴り響き続ける「ぼく」 : 安部公房『カンガルー・ノート』試論 https://t.co/zbtgTVdaNH
泉鏡花『草迷宮』--イメージの両義性,その起源と止揚 https://t.co/YMAHKpFoPO
梶井基次郎私観 : レモンから檸檬へ https://t.co/zhKVlsIf7h
『方舟さくら丸』論--二つの<穴>,あるいはシミュラ-クルを超えて (特集 安部公房--ボ-ダ-レスの思想) -- (作品の新しい顔) https://t.co/rK1rgvPVqu
〈おれ〉の〈ユダヤ性〉にみる実存的状況 : 安部公房『赤い繭』論 https://t.co/xWUjbDcRRC
ポルノグラフィとしての『雪国』 (特集 川端康成--切断とずらし) https://t.co/V9ZGqFFuT5
堀辰雄『かげろふの日記』論--運命と<夢>との対峙 https://t.co/vUoId5OWfo
遡行する身体 : 『痴人の愛』の文化批判 https://t.co/iejPGtMp82
岡本かの子『母と娘』 : 密着から自立へ/戦争協力から反戦へ https://t.co/k5w8LVL8gO
三島由紀夫『金閣寺』論 : 開かれている作品世界 https://t.co/lBQP48m0GS
天守物語--幻想の渇き (泉鏡花・魔界の精神史<特集>) -- (作品の検証) https://t.co/rsdi6nyrjY
川端康成『雪国』成立論 : 「徒労」までの経緯をめぐって https://t.co/bdYrXcaNZN
横光利一「機械」の〈語り〉分析--自己の記憶統制力への〈自信〉と〈不安〉 https://t.co/BwiSG5mna8
夏目漱石『二百十日』論 : 〈見る〉交流と豆腐屋 https://t.co/BkKFP7Ppyz
森鴎外『舞姫』試論--背理としての<忠誠> (特集 近・現代文学--その転換と回帰の諸相) https://t.co/2pbyjiPZe2
梶井基次郎「ある心の風景」論--<想念>と<現実> https://t.co/WME8sx0VKy
芥川竜之介「地獄変」覚書--その地獄へと回転する構造 https://t.co/9Jba1NUUHO
交換と贈与--森鴎外『雁』論 https://t.co/Qa1RcaPmJ4
江戸川乱歩「二銭銅貨」論 : 〈あいつ〉の〈なかま〉を必要としていたのはだれなのか https://t.co/VIxBaVwmlu
「禁色」試論--描かれざるカタストロフ (三島由紀夫の遺したもの--小説家の誕生から終焉まで<特集>) -- (「禁色」前後(昭和25〜28年)) https://t.co/OWC5K247Yt
三島由紀夫「橋づくし」論 : 習俗性との断絶と"対話"への基盤 https://t.co/gmNsMr3EtV
ニヒリズムとの凄惨な格闘--三島由紀夫「天人五衰」 https://t.co/L8tJEY1UrQ
ファルスは証言する--坂口安吾『風博士』論 https://t.co/32KbGlWphu
さまよい続ける声 : 樋口一葉「にごりえ」論 https://t.co/DUj07vV9cZ
『他人の顔』--変貌する<世界> (特集 安部公房--ボ-ダ-レスの思想) -- (作品の新しい顔) https://t.co/USZKgX8mCX
太宰治の<信仰>と<超越者> : 『人間失格』をとおして https://t.co/tCAlQSjDPH
所有の始原 : 安部公房「赤い繭」論 https://t.co/EKbWaA9EYq
川端康成『みづうみ』をめぐって--魔性の原点へ https://t.co/EAOisVNsbY
芥川竜之介「おぎん」の位置--<文明批評>と<存在論>と https://t.co/mmU0YUzIOu
三島作品における〈内部〉と〈外部〉--「金閣寺」を中心に https://t.co/cZi964iYEN
例外と判断 : 『俘虜記』・『野火』における大岡昇平の戦場 https://t.co/kZZOSclLTM
一九二九年、持続可能な抵抗のために : 小林多喜二「蟹工船」論 https://t.co/ODmwDuvEOl
〈涙〉の共同体 -菊池寛「父帰る」とその行方- https://t.co/yu62Ptlz0w
禁色--<精神>の敗北 (三島由紀夫とデカダンス<特集>) -- (新視角による作品解説) https://t.co/tSfu8BfGBI
有島武郎『生れ出づる悩み』論--「私」の言葉の行方 https://t.co/oPslugMVIc
隠喩としての出版物 : 有島武郎『或る女』論(近代部門,第二六回研究発表大会・発表要旨) https://t.co/cuIsl4L1xF
田山花袋『少女病』論 : 精神的行為としての「あくがれ」と復権する肉体 https://t.co/FGzhaWpHUK
線の力 : 志賀直哉の『暗夜行路』 https://t.co/C16BwrTVsh
泉鏡花「草迷宮」--円の連鎖 (幻想文学の手帖) -- (土俗が迷宮を穿つ) https://t.co/VWv28SRdTz
三島由紀夫「鏡子の家」における現在性 : 「時代の壁」の解体 https://t.co/IEMEd34jOb
〈擬装〉による恭順と抵抗 : 田山花袋「蒲団」後の岡田美知代の小説 (近現代文学特集号) https://t.co/fA5uO8dnnK
芥川龍之介「手巾」論--<型>と<真>の狭間にあるもの https://t.co/CNIF9Gqk5F
島崎藤村『春』における〈狂気〉のパラダイム--〈引用〉という叙述方法を視座に https://t.co/UgL23HeRiQ
川端康成「禽獣」論 --揺らぎ続ける「モラル」の位相 https://t.co/iVltb0JPLo
有島武郎『或る女』 : 視線の力学 https://t.co/T9tCllxmM9
三島由紀夫『仮面の告白』論 : 〈告白〉と二つの主体 https://t.co/WJdmqwX4w1
『家』論--「破壊(ぶちこわ)したい」ということ https://t.co/H2uqdsC8Ed
「芋粥」論 : 〈自己発見〉のアイロニー (創立10周年(東京大会)記念号) -- (共同討議 〈失土〉と〈故郷〉の再構築) https://t.co/VREc7Mij0C
「錯覚」と「想像」、あるいは「づかづか」と「すたすた」 : 梶井基次郎『檸檬』を読む (林達也先生退任記念号) https://t.co/xBxGqKaeur
「友情」武者小路実篤--地としての友情,図としての愛 (恋愛小説--愛のライフ・スタイル<特集>) -- (愛のライフ・スタイル) https://t.co/y599KdCMjR
志賀直哉『范の犯罪』--不快の原因を中心に https://t.co/BADLstyBte
森鴎外『高瀬舟』--剃刀を抜く https://t.co/AkWZK8zyM0
例外と判断 : 『俘虜記』・『野火』における大岡昇平の戦場 https://t.co/kZZOSclLTM
冷笑--トポフィリアの描写力 (特集 永井荷風を読む) -- (作品の世界) https://t.co/lcPaWB6Evc
芥川竜之介「おぎん」の位置--<文明批評>と<存在論>と https://t.co/mmU0YUzIOu
〈涙〉の共同体 -菊池寛「父帰る」とその行方- https://t.co/yu62Pt3Y8Y
芥川龍之介『歯車』論 : 「敗北」への道筋と「救い」の在り処 https://t.co/2V5A0fBMyB
『破戒』の中の〈崇高〉 : ホモソーシャル連続体の生成と勝利 https://t.co/zxN6u5bVF8
『舞姫』はジュール・ヴェルヌの夢を見るか?--鴎外文学の〈失われた環(ミッシング・リンク)〉 (特集・『舞姫』を考える) https://t.co/yiAI39NA8m
「大つごもり」論--もう一つの<闇夜> (樋口一葉--新たな一葉像へ向けて<特集>) https://t.co/EXvAqHnyL0
ふるえることば、脱臼する語り : 川端康成『雪国』の文体論的分析の試み https://t.co/LcEkGXj4CC
「不安」を生きるための「手紙」 正宗白鳥「微光」論 : 夏目漱石「三四郎」における「手紙」と関わらせながら https://t.co/oyHAtylJCs
片々の金光--樋口一葉『うもれ木』における制度と逸脱 https://t.co/gsLyzv4KPp
志賀直哉の自己と超越者--「城の崎にて」の静謐 https://t.co/d20gR7vtwh
禁色--<精神>の敗北 (三島由紀夫とデカダンス<特集>) -- (新視角による作品解説) https://t.co/tSfu8BfGBI
模型という比喩--三島由紀夫『金閣寺』 (特集 金閣寺) https://t.co/NDTDlYfOx4
断片とモンタージュ、或いはアレゴリー化する近代 : 太宰治「富嶽百景」 (一九三九年) https://t.co/SU4AhpA4Jq
夏目漱石『門』論 : <因果>と<運命> https://t.co/bs7plkcNNU

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(71ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(45ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)