詩的文学論文bot (@shiteki_bungaku)

投稿一覧(最新100件)

「公」と「私」の揺れの間で--「高瀬舟」(森鴎外)導入部の仕掛けを読む https://t.co/43laiEqMCh
ポルノグラフィとしての『雪国』 (特集 川端康成--切断とずらし) https://t.co/V9ZGqFFuT5
谷崎潤一郎『秘密』 : 無限に意味を生む「世界」へ向けて https://t.co/3LuuQEiS9z
『手巾』--崩壊の予感 (特集 芥川竜之介作品の世界) https://t.co/vOkuKnm8l4
堀辰雄『かげろふの日記』論--運命と<夢>との対峙 https://t.co/vUoId5OWfo
五重塔--露伴文芸における<調和>への祈念 (明治のロマネスク--紅葉・露伴・鏡花(特集)) -- (作品論・幸田露伴) https://t.co/deakcXgICU
三島由紀夫「橋づくし」を読む--贅なる他愛なさ (特集 三島由紀夫) https://t.co/LHm5MZHeUs
樋口一葉『にごりえ』における性の二重規範(ダブル・スタンダ-ド) https://t.co/sT8tdlsPkA
『金閣寺』論--想像力の問題 (特集 金閣寺) https://t.co/3aBTDAzRuP
芥川龍之介「河童」覚え書 : 芸術的良心と「近代」 https://t.co/ZJMdm2omUj
佐藤春夫『田園の憂鬱』成立考--〈芸術的因襲〉の位置づけをめぐって https://t.co/X2IKP6zhkV
谷崎潤一郎「白昼鬼語」 : <虚>と<実>のアラベスク https://t.co/ZeA8FVHm9j
模型という比喩--三島由紀夫『金閣寺』 (特集 金閣寺) https://t.co/NDTDlYfOx4
内破のコミュニズム : 大西巨人『神聖喜劇』の基底思考 (特集 政治的芸術の再生にむけて) https://t.co/VOVQ6DKxCo #CiNii
自己への遡行 : 森鴎外「舞姫」論 (<特集>第2回シンポジウム「舞姫」論) (水本精一郎教授 送別 近代文学特輯号) https://t.co/J4zhbzk1q3
幸田露伴『風流佛』の言語道断 https://t.co/PZAOuPshkk
さまよい続ける声 : 樋口一葉「にごりえ」論 https://t.co/DUj07vV9cZ
芥川龍之介「手巾」論--<型>と<真>の狭間にあるもの https://t.co/CNIF9Gqk5F
人間失格--地上の聖性 (特集 太宰治--文化・国家・個人そしてメディア) -- (新しいテクスト読みから) https://t.co/zOvXO0fxIg
「不安」を生きるための「手紙」 正宗白鳥「微光」論 : 夏目漱石「三四郎」における「手紙」と関わらせながら https://t.co/oyHAtylJCs
<自分の殻>を破ること--徳田秋聲『仮装人物』論 https://t.co/iZsbd5bx8l
空転する言葉 : 永井荷風 『冷笑』 論 https://t.co/mNbRo10iBI
流れを溯る--「城の崎にて」論 https://t.co/Q1fue1W6oC
梶井基次郎私観 : レモンから檸檬へ https://t.co/zhKVlsIf7h
「卍」の幾何学 (谷崎潤一郎 中国体験と物語の力) -- (物語の変容 : 中国旅行前後) https://t.co/M1MinAsi10
変奏する〈メディア〉 : 志賀直哉『和解』論 https://t.co/dn1EI3o05e
芥川竜之介「地獄変」覚書--その地獄へと回転する構造 https://t.co/9Jba1NUUHO
稗史の遠近--『伊豆の踊子』川端康成論(2) https://t.co/yq1KzlZyXu
太宰治『パンドラの匣』論 : 〈かるみ〉の希求とその思想的背景 (小特集 テクストの複数性 : 太宰治) https://t.co/6LvjZi52b9
〈おれ〉の〈ユダヤ性〉にみる実存的状況 : 安部公房『赤い繭』論 https://t.co/xWUjbDcRRC
死を迂回する語り : 横光利一「春は馬車に乗って」における断絶 https://t.co/ZQlUNn6539
「ナンセンス」を巡る<戦略>--井伏鱒二「仕事部屋」の秘匿と「山椒魚」の位置 https://t.co/MBNKN1Km98
古層に秘められた空間の記憶--「鏡子の家」における戦前と戦後 https://t.co/Rdy5Td4MUw
強敵としての〈太宰治〉 : 『親友交歓』を読む https://t.co/YsgGnKMVI0
谷崎潤一郎「白昼鬼語」 : <虚>と<実>のアラベスク https://t.co/ZeA8FVHm9j
「推理」することと〈欲望〉すること : 江戸川乱歩「D坂の殺人事件」論 https://t.co/pJA23Tib2m
「『話』らしい話のない小説」から小説を包み込む「話」ヘ : 『雪国』の「語り」と「無」と「美」 https://t.co/x0Hta1KdCy
〈探偵〉される身体 : 夢野久作『ドグラ・マグラ』について (第4回研究大会の記録) https://t.co/M6nzPPdkLV
「友情」武者小路実篤--地としての友情,図としての愛 (恋愛小説--愛のライフ・スタイル<特集>) -- (愛のライフ・スタイル) https://t.co/y599KdCMjR
田山花袋『少女病』論 : 精神的行為としての「あくがれ」と復権する肉体 https://t.co/FGzhaWpHUK
自由と反復 : 安部公房『砂の女』論 (特集 変容する欲望 : 高度経済成長期を読む) https://t.co/ymbot79TgM
"見る"ことの喪失と回復--芥川龍之介「白」「あばばばば」「歯車」ほかの考察 https://t.co/JRSlQYF5LS
『哀しき父』--内向への傾斜 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (葛西善蔵 作品の世界) https://t.co/OHOdCtpzMM
川端康成『千羽鶴』論--<幕>の解釈と<幸福>の希求 https://t.co/qmZgsH95gg
統治力としての呼称 - 志賀直哉『和解』のジェンダー編成 - https://t.co/Br9ufud2O6
線の力 : 志賀直哉の『暗夜行路』 https://t.co/C16BwrTVsh
メロスと友情物語の三段跳び--太宰治『走れメロス』とシラーの詩の関係 https://t.co/UNa1Pcunhy
『金閣寺』論--想像力の問題 (特集 金閣寺) https://t.co/3aBTDAzRuP
川端康成『雪国』の「徒労」にみる「自然」への旅立ちと同化 (特集 近代) https://t.co/pik1e1QqIN
〈オブジェ〉達の革命 : 花田清輝と安部公房「壁 : S・カルマ氏の犯罪」 https://t.co/wjtZdpOPBt
幸田露伴「五重塔」 : 個人のいない世間の中で (特集 明治二〇年前後の潜勢力を読む) https://t.co/rjNoCFL1X8
風景の俯瞰から自然との一致へ--花袋「生」改稿をめぐって https://t.co/hqOEB97hSI
川端康成『古都』論--意匠の再生力 https://t.co/32bTUzWTLM
冷笑--トポフィリアの描写力 (特集 永井荷風を読む) -- (作品の世界) https://t.co/lcPaWB6Evc
空白の交響--志賀直哉「城の崎にて」論 https://t.co/oK84MjcG0M
ユ-トピアへの意志--「真空地帯」試論 (野間宏のまなざしのむこうへ<特集>) https://t.co/2GeqvFCdpR
安部公房『砂の女』研究--砂の世界への解放 https://t.co/H2qwtOO668
「山の音」その他 : 「禁」の構造、「虚」の時間 https://t.co/sLXC4eF2XK
川端康成「たまゆら」試論 : 定型化への縮図として https://t.co/ckiN5Ajxiz
強敵としての〈太宰治〉 : 『親友交歓』を読む https://t.co/YsgGnKMVI0
模倣される「美」--泉鏡花 「眉かくしの霊」とその周辺 https://t.co/NbTLw096qj
芥川龍之介とmagical thinking--杜子春,妖婆,河童の世界 https://t.co/pUyaj9VHId
<不通線>への通路、あるいは<書く>ことへの痛ましき目覚め : 横光利一「夜の靴」の試行と山形の表象 https://t.co/6NbPbeCkWL
川端康成『眠れる美女』論--祈りとなぐさめ https://t.co/CJGjDJRo0j
所有の始原 : 安部公房「赤い繭」論 https://t.co/EKbWaA9EYq
梶井基次郎・「檸檬」の言語戦略 : 「えたいの知れた吉な塊」が「えたいの知れない不吉な塊」を破壊する話 https://t.co/DMxBqiBZYL
隠蔽された愛の強要観念 : 夏目漱石『琴のそら音』論 https://t.co/jZhzy3vnv8
夏目漱石『それから』論 : 人間の信頼性への不安を廻って https://t.co/lTHIMnNXVM
「地獄変」私論 : <語り>の詐術/<語り手>の裏切り https://t.co/c21T9tsGLD
「トロッコ」「杜子春」におけるフラッシュバック技法 : 「かたり」「内的独白」というテキストジャンル https://t.co/76Qx1xW6Be
男の〈顔〉と喰えない女--『グッド・バイ』の果ての果て (特集 太宰治/坂口安吾--無頼派たちの"戦後") https://t.co/EgBWBEtSiN
『砂の女』論 : 欲望の物語 https://t.co/rWuqMA6bQG
幸田露伴「五重塔」 : 個人のいない世間の中で (特集 明治二〇年前後の潜勢力を読む) https://t.co/rjNoCFL1X8
梶井基次郎私観 : レモンから檸檬へ https://t.co/zhKVlsIf7h
横光利一「夜の靴」論 : 贈与としての<ふるさと> https://t.co/CPHHAxzsJv
自己聖化としての供儀--映画「憂国」攷 (特集 三島由紀夫と映画) https://t.co/eY1csA79fW
「ナンセンス」を巡る<戦略>--井伏鱒二「仕事部屋」の秘匿と「山椒魚」の位置 https://t.co/MBNKN1Km98
島崎藤村--「大きな自然(おのずから)」の形象化--「夜明け前」について (近代日本文学と<自然>(特集)) -- (近代作家と<自然>) https://t.co/IzhzFNVXly
武田泰淳「風媒花」論--統合と拡散 https://t.co/ig5RdjuuK8
遊戯の崩壊--三島由紀夫『禁色』論 https://t.co/7YlpJzIbv5
芥川龍之介「歯車」論 : 不条理な意識 https://t.co/lhWZcs7u4l
泉鏡花「義血侠血」論--法の一貫目は情の一匁なる哉 (特集 近代) https://t.co/dQpVBDTD2q
降りそそぐ〈ノイズ〉 : 芥川龍之介「歯車」における〈意識の流れ〉の推進力 (藤原茂樹教授 松村友視教授 退任記念論文集) https://t.co/NUNkyH5lU5
夏目漱石『二百十日』論 : 〈見る〉交流と豆腐屋 https://t.co/BkKFP7Ppyz
森鴎外『舞姫』試論--背理としての<忠誠> (特集 近・現代文学--その転換と回帰の諸相) https://t.co/2pbyjiPZe2
太宰治「葉桜と魔笛」論 : 反転する〈美談〉/姉妹のエクリチュール https://t.co/jE62tQkPud
友永鏡子のために--三島由紀夫『鏡子の家』における〈聴き手〉と〈時代〉 https://t.co/uN49YKjpJw
タイムトンネルを潜って星空へ-川端康成『雪国』の構造と、その象徴の意味- https://t.co/RYDeeJyHUt
芥川龍之介における"語り得ぬもの" : 「羅生門」と「或阿呆の一生」を架橋するもの https://t.co/sxexgFO5qf
泉鏡花『外科室』の試み : 「奇抜」と「不自然」をめぐって https://t.co/5t9rlPjSdF
前近代への鎮魂譜としての『坊っちゃん』--明治における近代化と夏目漱石 https://t.co/K2Z1N1FJtt
安部公房「壁あつき部屋」試論--罪責の行方 https://t.co/ssm0peXYP7
夏目漱石『それから』試論 -〈自然〉の実現と堕落- https://t.co/XrDdxiEFuT
大岡昇平「野火」論--<社会的感情>の彷徨 https://t.co/qqRYcPnKuc
田山花袋「蒲団」--霊肉二元論的恋のゆくえ (特集=近代文学に描かれた性) -- (近代文学に描かれた性) https://t.co/OlcV67hfq4
堀辰雄「風立ちぬ」試論--〈死の味のする生〉の夕暮れ https://t.co/oSPDtsz7va
血縁への夢--川端康成「山の音」論 https://t.co/c65X9BfaZC
鳴り響き続ける「ぼく」 : 安部公房『カンガルー・ノート』試論 https://t.co/zbtgTVdaNH
国民の分身像 : 泉鏡花「高野聖」における不気味なもの https://t.co/wOn7ICzcaU
島崎藤村「破戒」論-2-内部生命(なかのいのち)の途を索めて https://t.co/osXAvxmmRK

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(288ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(126ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)