著者
土居 隆秀 中村 智幸 横田 賢史 丸山 隆 渡邊 精一 野口 拓史 佐野 祐介 藤田 知文 TAKAHIDE DOI TOMOYUKi NAKAMURA MASASHI YOKOTA TAKASHI MARUYAMA SEIICHI WATANABE HIROFUMI NOGUCHI YUSUKE SANO TOMOFUMI FUJITA 栃木県水産試験場 (独)水産総合研究センター 東京海洋大学海洋生物資源学科 東京海洋大学海洋環境学科 東京海洋大学海洋生物資源学科 東京海洋大学海洋環境学科 東京海洋大学海洋環境学科 東京海洋大学海洋生物資源学科 Tochigi Prefectural Fisheries Experiment Station Freshwater Fisheries Research Division National Research Institute of FIsheries Science Department of Aquatic Biosciences Department of Marine Environmental Sciences Tokyo University of Marine Science and Technology Department of Aquatic Biosciences Department of Marine Environmental Sciences Tokyo University of Marine Science and Technology Department of Marine Environmental Sciences Tokyo University of Marine Science and Technology Department of Aquatic Biosciences
出版者
The Japanese Society of Fisheries Science
雑誌
日本水産学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.70, no.5, pp.706-713, 2004-09-15
参考文献数
28
被引用文献数
2 3

イワナ・ヤマメ養殖魚の小型魚と大型魚の釣獲放流後の死亡率と成長を実験池において調査した。餌釣り,毛鈎釣りともに,口腔にかかった鈎を除去した場合,いずれの魚種においても死亡率は低かった。餌釣りで口腔より奥にかかった鈎を除去した場合,イワナ小型魚とヤマメ大型魚では死亡率は高かった。口腔にかかった毛鈎を残留させた場合,イワナ大型魚では死亡率は高かった。死亡のほとんどが釣獲放流後14日以内に観察された。釣獲方法,鈎がかりの部位,鈎の処理方法は成長と肥満度に影響しなかった。Mortality and growth of Japanese charr Salvelinus leucomaenis and masu salmon Oncorhynchus masou masou after catch and release were examined in experimental ponds, using hatchery-reared fish divided into smaller (< 15 cm in total length) and larger (> 15 cm) size groups. When the hooks stuck in the mouth and were removed for both species, the mortality within 21 days after catch and release was low (O-15.0%) for each size and fishing gear (bait and fly-fishing, using barbed hooks). When hooks in bait fishing were removed from the esophagus, mortalities were relatively high (66.7% in the smaller sized charr and 45.0% in the larger sized salmon). All the fish of both species and both size groups were alive when the hooks in fly-fishing were removed from the mouth, however the mortality was relatively high (40.0%) when the hooks were not removed from the mouth of the larger sized charr. 0f all the fish that died, 63.0 and 98.1% died within 3 and 14 days after catch and release, respectively. There was no negative effect of the catch and release on the growth and condition factor of both species and both size groups. These results suggest that catch and release is effective for conserving Japanese charr and masu salmon populations in rivers and lakes when anglers pay attention to the removal of hooks.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

キャッチ&amp;リリースの後の死亡率を調べた研究があります。 論文を張っておきます。 https://ci.nii.ac.jp/naid/110003161452/ 魚の大きさや針の掛かり方によって変わりますが、、、まあ3割死ぬ。 「生き物に優しい」と言える死亡率って、どのくらいなんでしょうね。

Twitter (4 users, 7 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 実験池においてキャッチアンドリリースされたイワナ,ヤマメの生残と成長(土居 隆秀ほか),2004 https://t.co/6Xt2ATbqPt
こんな論文どうですか? 実験池においてキャッチアンドリリースされたイワナ,ヤマメの生残と成長(土居 隆秀ほか),2004 https://t.co/6Xt2ATbqPt
実験池においてキャッチアンドリリースされたイワナ、ヤマメの生残と成長(土居隆秀、中村智幸、 横田賢史、丸山隆、 渡邊精一、野口拓史、佐野祐介、藤田知文/日本水産学会誌Vol. 70、 pp.706-713、2004/PDF) http://t.co/G6btbV2qpu
こんな論文どうですか? 実験池においてキャッチアンドリリースされたイワナ,ヤマメの生残と成長(土居 隆秀ほか),2004 http://t.co/rZ8Z31li
こんな論文どうですか? 実験池においてキャッチアンドリリースされたイワナ,ヤマメの生残と成長(土居 隆秀ほか),2004 http://t.co/rZ8Z31li

収集済み URL リスト