著者
土居 隆秀 中村 智幸 横田 賢史 丸山 隆 渡邊 精一 野口 拓史 佐野 祐介 藤田 知文
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.71, no.3, pp.348-353, 2005 (Released:2005-07-20)
参考文献数
31
被引用文献数
2 2

実験池において,イワナとヤマメの体内に残留させた釣り鈎の動向を調査した。両種ともに,口腔に残留させた餌釣り用と毛鈎釣り用の鈎はいずれも 21 日以内にその多く(70.0~100%)が脱落した。口腔より奥に残留させた餌釣り用の鈎の体外への排出率は 21 日後に 0~16.7% であり,81 日後でも 15.0~50.0% であった。口腔より奥に残留させた鈎の多くは 81 日後には錆びていたが,崩壊したものは少なかった。以上の結果から,口腔に残留させた鈎は比較的短期間で脱落するが,口腔より奥に残留させた鈎は体外に排出されにくいことが明らかになった。
著者
土居 隆秀 中村 智幸 横田 賢史 丸山 隆 渡邊 精一 野口 拓史 佐野 祐介 藤田 知文 TAKAHIDE DOI TOMOYUKi NAKAMURA MASASHI YOKOTA TAKASHI MARUYAMA SEIICHI WATANABE HIROFUMI NOGUCHI YUSUKE SANO TOMOFUMI FUJITA 栃木県水産試験場 (独)水産総合研究センター 東京海洋大学海洋生物資源学科 東京海洋大学海洋環境学科 東京海洋大学海洋生物資源学科 東京海洋大学海洋環境学科 東京海洋大学海洋環境学科 東京海洋大学海洋生物資源学科 Tochigi Prefectural Fisheries Experiment Station Freshwater Fisheries Research Division National Research Institute of FIsheries Science Department of Aquatic Biosciences Department of Marine Environmental Sciences Tokyo University of Marine Science and Technology Department of Aquatic Biosciences Department of Marine Environmental Sciences Tokyo University of Marine Science and Technology Department of Marine Environmental Sciences Tokyo University of Marine Science and Technology Department of Aquatic Biosciences
出版者
The Japanese Society of Fisheries Science
雑誌
日本水産学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.70, no.5, pp.706-713, 2004-09-15
参考文献数
28
被引用文献数
2 3

イワナ・ヤマメ養殖魚の小型魚と大型魚の釣獲放流後の死亡率と成長を実験池において調査した。餌釣り,毛鈎釣りともに,口腔にかかった鈎を除去した場合,いずれの魚種においても死亡率は低かった。餌釣りで口腔より奥にかかった鈎を除去した場合,イワナ小型魚とヤマメ大型魚では死亡率は高かった。口腔にかかった毛鈎を残留させた場合,イワナ大型魚では死亡率は高かった。死亡のほとんどが釣獲放流後14日以内に観察された。釣獲方法,鈎がかりの部位,鈎の処理方法は成長と肥満度に影響しなかった。Mortality and growth of Japanese charr Salvelinus leucomaenis and masu salmon Oncorhynchus masou masou after catch and release were examined in experimental ponds, using hatchery-reared fish divided into smaller (< 15 cm in total length) and larger (> 15 cm) size groups. When the hooks stuck in the mouth and were removed for both species, the mortality within 21 days after catch and release was low (O-15.0%) for each size and fishing gear (bait and fly-fishing, using barbed hooks). When hooks in bait fishing were removed from the esophagus, mortalities were relatively high (66.7% in the smaller sized charr and 45.0% in the larger sized salmon). All the fish of both species and both size groups were alive when the hooks in fly-fishing were removed from the mouth, however the mortality was relatively high (40.0%) when the hooks were not removed from the mouth of the larger sized charr. 0f all the fish that died, 63.0 and 98.1% died within 3 and 14 days after catch and release, respectively. There was no negative effect of the catch and release on the growth and condition factor of both species and both size groups. These results suggest that catch and release is effective for conserving Japanese charr and masu salmon populations in rivers and lakes when anglers pay attention to the removal of hooks.
著者
土居 隆秀
出版者
[栃木県水産試験場]
雑誌
栃木県水産試験場研究報告 (ISSN:13408585)
巻号頁・発行日
no.47, pp.111-117, 2004-03

本試験では、イワナ、ヤマメ、ニジマス成魚を対象にキャッチ&リリースを行った時の釣られ易さや死亡状況等に関する試験研究を実施し、魚種間におけるリリース後の生残性と釣獲状況について調査を行った。各魚種間で比較すると、単独の魚種に比べて混養区では死亡率が高まり、特にニジマスでは、2倍以上の死亡になることが分かった。イワナ、ヤマメでは、釣獲による一度の釣上げによる死亡率の増加が、またニジマスでは、未釣獲魚の大幅な減少(35%→4%)と釣獲を繰り返すことによる死亡数(率)の増加が確認された。キャッチ&リリース行為は、現実的に釣獲率を増加させるものであり、資源を維持するための有効な手段になりうると考えられた。
著者
武田 維倫 糟谷 浩一 福冨 則夫 土居 隆秀 室井 克己 加藤 公久 室根 昭弘 佐藤 達朗 花坂 泰治 長尾 桂#北村 章二
出版者
[栃木県水産試験場]
雑誌
栃木県水産試験場研究報告 (ISSN:13408585)
巻号頁・発行日
no.45, pp.3-12, 2002-03 (Released:2013-10-08)

栃木県中禅寺湖では、平成7年に密放流によると思われるコクチバス(Micropterus dolomieu) が県内で初めて確認された。本種は北米原産の肉食魚であり繁殖力が強く、さらには冷水域や河川にも生息可能であることから我が国の内水面漁業や在来種に悪影響を与える事が懸念されている。そこで本種の効果的な駆除方法を確立することを目的として、平成7年から平成12年の間、毎年4月から9月にかけて本種の生態調査と駆除方法の検討を行った。期間中に捕獲したコクチバスは96尾、確認した産卵床は46個であった。捕獲方法の内訳は水中銃で33尾、地曳網で31尾、巻網で22尾、釣りで9尾、刺網で1尾であった。また、実際に産卵が行われた産卵床は10個であった。年度毎にみると、捕獲尾数、産卵床確認数ともに平成8年が最も多かった(42尾、18個)が、平成12年には捕獲尾数1尾、確認された産卵床数1個のみとなり駆除の効果が表れているものと思われた。捕獲魚の胃内容物のうち最も多く確認されたのはヨシノボリ(Rhinogobius sp. )とスジエビ(Palaemon paucidens)であったが、漁業対象種であるヒメマス(Oncorhynchus nerka)及びホンマス(Oncorhynchus sp. )の稚魚も発見された。コクチバス及びその産卵床は水温が12℃以上になる5月下旬から確認され始め、産卵床は水深1.3~4mの範囲で付近に障害物のある遠浅の砂礫地につくられる例が多かった。以上の結果から、中禅寺湖では水温12℃以上になる期間中に地曳網、巻網、水中銃を地形に合わせて使い分けて駆除を行うのが効果的であると考えられた。
著者
土居 隆秀
出版者
[栃木県水産試験場]
雑誌
栃木県水産試験場研究報告 (ISSN:13408585)
巻号頁・発行日
no.47, pp.84-89, 2004-03

本県在来の水産資源であるイワナ(ニッコウイワナ型)、ヤマメ、カジカについて、地域遺伝子の保存を考慮した増殖計画(人工種苗の放流水域の選定指針)を策定するために、在来個体群(地域遺伝子集団)の生息分布を調査した。利根川水系思川の各支流(北から順に粟野川、思川、永野川の主要3河川)について調査を行った。イワナの在来個体群の生息する可能性は極めて低く、まったく生息しないか、生息したとしても極めて狭い範囲に少数単位で隔離されている可能性のあることが想定された。ヤマメの在来個体群はいないものと考えられた。那珂川でのカジカの放流実績はなく、各河川に生息している個体は全て在来個体群であると推定された。
著者
手塚 清 土居 隆秀 吉田 豊
出版者
[栃木県水産試験場]
雑誌
栃木県水産試験場研究報告 (ISSN:13408585)
巻号頁・発行日
no.48, pp.147-149, 2005-03

カジカ資源についての基礎情報を得るため、今回は荒井川におけるカジカの生息状況について調査した。平成15年12月10日鹿沼市南西部を流れる荒井川本流およびその支流の一部から8地点を選び調査を行った。電気ショッカーで採捕されたカジカは81尾であり、単位時間漁獲努力あたり24。42尾/時、単位面積あたり0。0365尾/m2採捕された。その体長および体重は広範囲に分散していることから、順調に資源の再生産が行われているものと思われた。