著者
久居 宣夫 千羽 晋示 矢野 亮 菅原 十一
出版者
国立科学博物館
雑誌
自然教育園報告 (ISSN:0385759X)
巻号頁・発行日
vol.18, pp.1-13, 1987-03

1. アズマヒキガエルは行動域内で冬眠し, 早春の繁殖期には, そこから池まで移動する。2. 繁殖期には, 大部分のヒキガエルは毎年同じ池に集まり繁殖活動を行う。しかし, 一部は池を変えることがあり, この場合, ほとんどが一度だけである。そして, 移動する池は近隣の繁殖池の間で行われる例がもっとも多い。3. 繁殖活動後は再び行動域にもどる。そして, 行動域にもどる時は, 特に池から離れている場合, 池の付近で1か月以上春眠し, 晩春から初夏になってから移動するものと考えられる。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@yudaitotendou 久居宣夫先生らが1970年代に自然教育園内で行動調査してたブフォ!背中に糸車や電波発信機をつけて…。「カエル合戦」(福音館)という本でも紹介されているけど、絶版ブフォorz。ベースになった論文はCiN… https://t.co/uIMOrgmafx

収集済み URL リスト