著者
荒川 歩 村上 幸史
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.22, no.1, pp.85-97, 2006

We investigated why people own lucky charms. One hundred ninety-eight students answered our questionnaire. The results showed that ownership of lucky charms is not entirely related to the desire to connect to a transcendental power; people have lucky charms because they have received them as gifts from family and friends; family and friends give lucky charms when they cannot provide other forms of support directly; the gift of a charm is usually from an older person to a younger person; the relationship between the donor and the recipient affects the type of charm given. These results suggest that donors may give lucky charms to allay their anxiety, and that lucky charms act as a reminder of the donor's support of the recipient in times of trouble.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 14 posts, 0 favorites)

【社会心理学研究・掲載論文】荒川ら(2006) 「お守り」をもつことの機能:贈与者と被贈与者の関係に注目して https://t.co/zdDWj96VGI
【社会心理学研究・掲載論文】荒川ら(2006) 「お守り」をもつことの機能:贈与者と被贈与者の関係に注目して http://t.co/zdDWj96VGI
【社会心理学研究・掲載論文】荒川ら(2006) 「お守り」をもつことの機能:贈与者と被贈与者の関係に注目して http://t.co/zdDWj96VGI
前を歩いている人のズボンからお守りがぷらぷらしているのをみてふとお守りについて考察している論文てあるのかなと思って調べたら面白そうなのがあった http://t.co/OHFAr1R9at
【社会心理学研究・掲載論文】荒川ら(2006) 「お守り」をもつことの機能:贈与者と被贈与者の関係に注目して http://t.co/xzBKe9OUiN
【社会心理学研究・掲載論文】荒川ら(2006) 「お守り」をもつことの機能:贈与者と被贈与者の関係に注目して http://t.co/xzBKe9OUiN
初詣 botも察する お正月 “@jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】荒川ら(2006) 「お守り」をもつことの機能:贈与者と被贈与者の関係に注目して http://t.co/Y6LmETqgJs”
【社会心理学研究・掲載論文】荒川ら(2006) 「お守り」をもつことの機能:贈与者と被贈与者の関係に注目して http://t.co/zdDWj9G8dm
【社会心理学研究・掲載論文】荒川ら(2006) 「お守り」をもつことの機能:贈与者と被贈与者の関係に注目して http://t.co/xzBKe9OUiN
【社会心理学研究・掲載論文】荒川ら(2006) 「お守り」をもつことの機能:贈与者と被贈与者の関係に注目して http://t.co/zdDWj8PkPa
【社会心理学研究・掲載論文】荒川ら(2006) 「お守り」をもつことの機能:贈与者と被贈与者の関係に注目して http://t.co/MWyAa57ffu

収集済み URL リスト