著者
田辺 繁治
出版者
日本文化人類学会
雑誌
文化人類学 (ISSN:13490648)
巻号頁・発行日
vol.73, no.3, pp.289-308, 2008-12-31

本稿は日本文化人類学会第42回研究大会(2008年6月1日、於京都大学)における第3回日本文化人類学会賞受賞記念講演の内容を書き改めたものである。その目的は、1960年代末から今日にいたる私自身の人類学研究をふり返りながら、人びとが想像的、再帰的な実践のなかでコミュニティを構成していく過程を考察することにある。ここではコミュニティとは、すでにそこに存在するものばかりでなく、人びとの欲望、想像や思考の展開のなかで実践的に創られていくという視角から考える。そこでまず1970年代以降に現れたブルデューやレイヴ/ウェンガーらの実践理論を批判的に検討しながら、コミュニティが多様な権力作用のなかで形成されることに注目する。ここでいう権力作用とは他者にたいする外部からの支配だけでなく、イデオロギーや言説のように、人びとの認知様式や価値評価に影響をおよぼし、秩序の承認へと導く効果を含んでいる。そうした権力作用にたいする抵抗あるいは闘争を描くことは20世紀末の民族誌の重要なテーマであり、そこには西欧近代の主体概念とは異なったエージェンシーの躍動が浮き彫りになった。私が取り組んだ北タイの霊媒カルトやエイズ自助グループの研究も、病者や感染者たちがコミュニティのなかで自己と他者、権力の諸関係を想像的、再帰的な実践をとおして創りなおしていく過程に焦点をあてるものであった。彼らの実践の資源となるのは合理主義的知であるよりは、むしろコミュニティに埋め込まれた自分たちの<生>にかかわる解釈学的知である。しかし他方、近年の社会的マネージメントの展開において、こうしたコミュニティのなかに形成される共同性そのものが、国家、企業、NGOなどを含む多様な権力が介入する回路や標的となっていることに注目しなければならない。そこでフーコーの統治性の概念は、権力がそうしたコミュニティの枠組みをとおして介入し、自己規律化するフレキシブルな主体を構築していくことを分析するにあたって有効だと考えられる。このようにして人びとが想像力によってコミュニティを新たな共同性として構成してゆく道筋は、統治テクノロジーの作用による自己規律化と重なりあっているのであり、人類学はそうした重層的過程にアプローチする必要があるだろう。

言及状況

Twitter (5 users, 11 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 - コミュニティを想像する : 人類学的省察(学会賞受賞記念論文)〜PDFあり 有料270円 https://t.co/RC4AVdnCdm
CiNii 論文 - コミュニティを想像する : 人類学的省察(学会賞受賞記念論文)〜PDFあり 有料270円 https://t.co/RC4AVdnCdm
CiNii 論文 - コミュニティを想像する : 人類学的省察(学会賞受賞記念論文)〜PDFあり 有料270円 https://t.co/RC4AVdnCdm
CiNii 論文 - コミュニティを想像する : 人類学的省察(学会賞受賞記念論文)〜PDFあり 有料270円 https://t.co/RC4AVdnCdm
CiNii 論文 - コミュニティを想像する : 人類学的省察(学会賞受賞記念論文)〜PDFあり 有料270円 https://t.co/RC4AVdnCdm
CiNii 論文 - コミュニティを想像する : 人類学的省察(学会賞受賞記念論文)〜PDFあり 有料270円 https://t.co/RC4AVdnCdm
CiNii 論文 -  コミュニティを想像する : 人類学的省察(学会賞受賞記念論文)〜PDFあり:270円 かなり碩学な内容.じっくりと読むと人はもっと自由に生きていけることを教えてくれる. https://t.co/ZkRZaCT4eQ #CiNii
CiNii 論文 -  コミュニティを想像する : 人類学的省察(学会賞受賞記念論文)〜PDFあり 有料270円 https://t.co/ZkRZaCT4eQ #CiNii
田辺繁治「コミュニティを想像する--人類学的省察--」『文化人類学』73-3、pp.289-308、2008年12月 CiNii 論文 - http://t.co/ITAW7PIV #CiNii 図書館に行かなくては!!
こんな論文どうですか? コミュニティを想像する : 人類学的省察(学会賞受賞記念論文)(田辺繁治),2008 http://id.CiNii.jp/ddPlL

収集済み URL リスト