著者
井上 有史 久保田 英幹 栗原 まな 馬場 啓至 平田 幸一 松岡 洋夫
出版者
日本てんかん学会
雑誌
てんかん研究 (ISSN:09120890)
巻号頁・発行日
vol.26, no.3, pp.483-489, 2009-01-31
被引用数
4 or 0

2002年6月に道路交通法が改定され、てんかんをもつ人でも条件により運転が許可されるようになった。すべての人が更新を終えた法施行後5年後の実態および問題点について調査するため、警察庁(公安委員会)とてんかん学会会員にアンケートを送付した。警察庁からの提供資料は2003年、2005年と比較し、てんかん学会会員の回答は2003年の調査結果と比較した。合法的に免許を取得した人は2544人で、48%は再適性検査不要であり、要再検査は3年後がもっとも多かった。一方、免許不許可は169人、保留・停止は60人であった。95%が自己申告であり、多くは主治医診断書で処理され、臨時適性検査医によるものは2.5%であった。てんかん学会員は43名が回答し、半数以上がてんかんをもつ人の運転免許に関する意識がポジティブに変わったとした。すべてのてんかんで一律に同じ基準で判定することの問題、殊に希発発作、最近発症のてんかん、誘因のある場合等では、別個に判定すべきであるという意見があった。適性検査における問題点として、発作がおきるおそれがないとは断定できないこと、再発時の免許取消を改善すべきこと、判定医の責任の所在の明確化などが挙げられ、警察の適切な情報公開、学会の判定マニュアル作成や実証的研究推進などの要望があり、啓発活動の重要性が指摘された。法施行後5年が経過し、法の内容および処理手順については浸透してきており、具体的な問題点の整理検討と改善にむけての行動の必要性が指摘された。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (31 users, 31 posts, 20 favorites)

そうでしたか。RT“@yamamoto1208: てんかんをもつ人における運転免許の現状と問題点 :http://t.co/IvEtHCgu 2002年に道路交通法が改定され条件により運転が許可。合法的な免許取得者は2544人、免許不許可は169人、保留・停止は60人”
てんかんをもつ人における運転免許の現状と問題点 : 道路交通法改正5年後の公安委員会・医師へのアンケート調査 http://t.co/TSRtw4ca 2002年に道路交通法が改定され条件により運転が許可。合法的な免許取得者は2544人、免許不許可は169人、保留・停止は60人

収集済み URL リスト

http://ci.nii.ac.jp/naid/110007046208 (32)