著者
井上 有史 久保田 英幹 栗原 まな 馬場 啓至 平田 幸一 松岡 洋夫
出版者
日本てんかん学会
雑誌
てんかん研究 (ISSN:09120890)
巻号頁・発行日
vol.26, no.3, pp.483-489, 2009-01-31
被引用文献数
4

2002年6月に道路交通法が改定され、てんかんをもつ人でも条件により運転が許可されるようになった。すべての人が更新を終えた法施行後5年後の実態および問題点について調査するため、警察庁(公安委員会)とてんかん学会会員にアンケートを送付した。警察庁からの提供資料は2003年、2005年と比較し、てんかん学会会員の回答は2003年の調査結果と比較した。合法的に免許を取得した人は2544人で、48%は再適性検査不要であり、要再検査は3年後がもっとも多かった。一方、免許不許可は169人、保留・停止は60人であった。95%が自己申告であり、多くは主治医診断書で処理され、臨時適性検査医によるものは2.5%であった。てんかん学会員は43名が回答し、半数以上がてんかんをもつ人の運転免許に関する意識がポジティブに変わったとした。すべてのてんかんで一律に同じ基準で判定することの問題、殊に希発発作、最近発症のてんかん、誘因のある場合等では、別個に判定すべきであるという意見があった。適性検査における問題点として、発作がおきるおそれがないとは断定できないこと、再発時の免許取消を改善すべきこと、判定医の責任の所在の明確化などが挙げられ、警察の適切な情報公開、学会の判定マニュアル作成や実証的研究推進などの要望があり、啓発活動の重要性が指摘された。法施行後5年が経過し、法の内容および処理手順については浸透してきており、具体的な問題点の整理検討と改善にむけての行動の必要性が指摘された。
著者
Yukako Nakagami Genichi Sugihara Kengo Uemura Naoto Jingami Keita Ueda Ryosuke Takahashi Toshiya Murai
出版者
日本てんかん学会
雑誌
Epilepsy & Seizure (ISSN:18825567)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.23-29, 2014 (Released:2014-02-15)
参考文献数
14

Cerebral microbleeds (CMBs) usually produce no symptoms. We encountered a patient who developed cognitive decline and psychotic symptoms associated with nonconvulsive status epilepticus (NCSE), with presumptive epileptogenic focus possibly caused by a CMB. A 70-year-old man developed progressive cognitive disturbances including disorientation and hallucinations two months after a mild head injury. He was admitted to our hospital three months after the trauma, because of progression of symptoms. The first positron emission tomography (PET) with [18F]fluoro-2-deoxy-d-glucose (FDG) demonstrated intense FDG uptake in the left occipitoparietal region, in which a CMB was detected by T2∗-weighted magnetic resonance imaging (MRI). Electroencephalography showed continuous slow waves in the left occipital and parietal areas. After anticonvulsive therapy, his symptoms completely disappeared, accompanied by change in FDG uptake. Our case suggests that CMBs may be an epileptogenic focus of NCSE, and that FDG-PET is useful for the diagnosis of NCSE and assessment of therapeutic efficacy.
著者
原 實 松田 一巳 原 恵子 三原 忠紘 八木 和一 鳥取 孝安 大沼 悌一 桑名 信匡 青木 恭規 大沢 武志
出版者
日本てんかん学会
雑誌
てんかん研究 (ISSN:09120890)
巻号頁・発行日
vol.26, no.1, pp.33-40, 2008-06-30

39歳の男性。既往歴に1歳時の髄膜炎と、5歳、6歳時各1回の単純型熱性けいれん。10歳時に複雑部分発作(CPS)で発病した。二種類の精神障害がCPS後にみられ、一種類は18歳8カ月から7回みられた不機嫌症で、意識障害がない。他の一種類は20歳2カ月から4回みられ、CPS後に意識清明期を経て現れる意識障害・反復叫喚・自己破壊的行動・攻撃性で、意識清明時に妄想、感情障害が認められた。頭蓋内脳波/ビデオ記録で左海馬と左眼窩前頭部に独立性2発作起始域が記録され、18歳7カ月からみられた左方眼球間代/偏椅・頭部回旋は、左眼窩前頭部の発作症状であった。難治性で、22歳時に左前側頭葉切除術がおこなわれた。術後17年、抗てんかん薬断薬後9年経過し、発作再発せず精神障害もみられない。精神障害の一種は左海馬起始の発作発射拡延による左眼窩前頭部の発作後機能障害、他の一種は左海馬と左眼窩前頭部が関与する発作後精神病と考えられた。
著者
Takamichi Yamamoto Seung Bong Hong Masahiro Shimizu Katsuaki Sato Yotaro Numachi
出版者
日本てんかん学会
雑誌
Epilepsy & Seizure (ISSN:18825567)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.55-65, 2014-08-15 (Released:2014-08-15)
参考文献数
12
被引用文献数
3

Purpose: To evaluate the efficacy and safety of lamotrigine monotherapy in patients with newly diagnosed partial seizures including secondarily generalized seizures or generalized tonic-clonic seizures, and those with recurrent seizures in Japan and South Korea.Methods: The study was a multi-center, open-label, evaluation of lamotrigine monotherapy in patients with newly diagnosed epilepsy or epilepsy with recurrent seizures. The primary endpoint was the seizure-free rate in the maintenance phase.Results: A total of 67 patients were enrolled; 52 patients completed 6 weeks of treatment (the escalation phase) and 42 patients completed 30 weeks of treatment (the escalation phase and the maintenance phase). The seizure-free rate in the maintenance phase for all seizure types was 43.1%. Adverse events (AEs) were reported in 82% (53/65) of patients. The most common AEs were headache (14/65, 22%), nasopharyngitis (12/65, 18%) and rash (7/65, 11%).Conclusion: The seizure-free rate with lamotrigine monotherapy in the maintenance phase was 43.1% for all seizure types. Lamotrigine monotherapy appears to be effective in patients with newly diagnosed epilepsy and those with recurrent seizures in Japan and South Korea. The safety profile of lamotrigine in this monotherapy study was similar to that observed in patients with adult bipolar disorder treated with lamotrigine monotherapy.