著者
西村 正身
出版者
作新学院大学
雑誌
作新学院大学紀要 (ISSN:09171800)
巻号頁・発行日
vol.18, pp.23-38, 2008-03

「アリストテレスとフィリス」の名でタイプ登録されている説話がある。命名のもととなった作品は、13世紀末頃に書かれた無名氏のドイツ語による作品である。藤代幸一による邦訳があるが、ここではフォン・デア・ハーゲンによる梗概でどのような物語なのかを紹介しよう。

言及状況

Twitter (112 users, 115 posts, 186 favorites)

マジか/“第42話仲間探し|ますますマンガで分かる!Fate/GrandOrder”https://t.co/n0wmiPbLSK
丹下桜のキャラが集結|festy(フェスティー)#南條愛乃#声優#女性声優#女性声優https://t.co/n0wmiPbLSK
哲学者アリストテレスも美女の魅惑には勝てず、馬乗りになって鞭打たれることすら受け入れてしまった、という逸話は中世ヨーロッパに流布していましたが、その起源を探る論文がこちら。 https://t.co/0KVckR50kT
CiNii 論文 -  「アリストテレスとフィリス」 : 最古の類話を検証する https://t.co/uOkXHu8TCT #CiNii
@keijisugimoto 事の顛末はこんな感じ→ http://t.co/NC9YVX29ZK
@sabineko69 実はアリストテレスさんだったり。 http://t.co/NC9YVX29ZK

収集済み URL リスト