著者
大宮 真一 木越 清信 尾縣 貢
出版者
社団法人日本体育学会
雑誌
体育学研究 (ISSN:04846710)
巻号頁・発行日
vol.54, no.1, pp.55-66, 2009

本研究では,一般の小学6年生の113名(男子53名,女子60名)および小学生走り幅跳び競技者9名(男子5名,女子4名)を対象にして,走り幅跳びにおける踏切局面の画像分析とRJ能力(RJ-index:RJの跳躍高を接地時間で除した値)の測定を行った.RJ能力の優劣によって一般小学生をExcellent群,Medium群およびPoor群に分類し,また小学生競技者をAthlete群として,これらの4群間における踏切に関する変数を比較することにより,小学校6年生におけるRJ能力が走り幅跳び能力に及ぼす影響について検討した.主な結果は以下の通りである.1)一般小学生において,男子および女子のExcellent群は他の2群と比較して踏込速度および踏切初速度が高く,跳躍距離が大きかった.また,Excellent群は他の2群と比較して踏切時間が短く,その中で大きな鉛直方向の力を発揮し,高い鉛直初速度を獲得していた.一方,水平速度の減少量は,男女とも3群間に有意差は認められなかった.2)男子および女子のAthlete群は,それぞれのExcellent群と比較してRJ-indexおよびRJの跳躍高が優れていた.さらに,Athlete群は踏込速度,踏切初速度および跳躍距離も有意に高い値を示し,より短い踏切時間の中で大きな鉛直力を発揮し,高い鉛直初速度を獲得していた.以上のことから,小学校6年生におけるRJ能力は助走速度,跳躍距離および鉛直初速度に影響を及ぼしていることが明らかとなった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? リバウンドジャンプ能力が走り幅跳び能力に及ぼす影響:小学校6年生を対象として(大宮 真一ほか),2009 https://t.co/kfo6niF97u

収集済み URL リスト