著者
青山 昌文
出版者
放送大学
雑誌
放送大学研究年報 (ISSN:09114505)
巻号頁・発行日
vol.28, pp.55-61, 2010

役者の演技の在り方については、対立する二つの見解が存在している。より正確に言えば、一つの意見と一つの理論が存在しているのである。その一つの意見によれば、役者は、演じている芝居の登場人物の役のなかに自己を没入させるべきであり、心で演じるべきである。その一つの理論によれば、役者は、演じている芝居の登場人物の役を、意識的・自覚的に演技するべきであり、多大な判断力をもってして、演じるべきである。 『俳優についての逆説』と題された著作において、ディドロは、この理論を見事に確立した。彼は、凡庸な、つまらない大根役者を作るのが、極度の感受性であり、無数の幾らでもいる下手な大根役者を作るのが、ほどほどの感受性であり、卓越した役者を準備するのが、感受性の絶対的欠如である、と述べているのである。 この理論は、ディドロのミーメーシス美学に基づいている。感受性の絶対的欠如の理論は、彼の理想的モデルの美学に根拠をもっているのである。 ディドロは、スタニスラフスキーの先駆者である。但し、そのスタニスラフスキーは、真のスタニスラフスキーであって、ソ連の社会主義リアリズムのスタニスラフスキーではなく、演技の実践についての演劇理論のスタニスラフスキーである。 ディドロ美学は、アリストテレス美学と同じく、創造の美学なのである。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (11 users, 12 posts, 0 favorites)

"彼は、凡庸な、つまらない大根役者を作るのが、極度の感受性であり、無数の幾らでもいる下手な大根役者を作るのが、ほどほどの感受性であり、卓越した役者を準備するのが、感受性の絶対的欠如である、と述べている" ーディドロ演劇論研究 :… https://t.co/TYVm6ABAlq
読んだ。ディドロって名前だけ聞いたことあった程度だったけど、その思想内容について書かれたもの読むの初めてだな。面白かった。/CiNii 論文 -  ディドロ演劇論研究 : 役者の演技の在り方について https://t.co/MORrObYtPl #CiNii
松本です。金曜日の授業で使用します。 青山昌文 ディドロ演劇論研究 : 役者の演技の在り方について   http://t.co/SeruPYugMG
林田です。 金曜の文献紹介で使用します。 青山昌文 「ディドロ演劇論研究」 http://t.co/SeruPXVCCC
http://t.co/rugXpqaqTc
@raurublock 論文も書かれているみたいですね。面白そう。http://t.co/iuDJSOzxRu

収集済み URL リスト