著者
安梅 勅江 呉 栽喜
出版者
日本保健福祉学会
雑誌
日本保健福祉学会誌 (ISSN:13408194)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.7-18, 2000

本研究は、夜間を含む保育サービスを利用している子どもの発達や適応に対する、保育形態(昼間・夜間)、育児環境、保護者の状況の複合的な影響を明らかにし、今後の課題を検討することを目的とした。全国の認可夜間保育所(全41個所)のうち22ヵ所の保育所にて保護者及び園児の担当保育専門職を対象に質問紙調査を実施した。有効回答は保護者1,949名(回収率73.0%)、園児(保育専門職による回答) 2,905名(回収率74.6%)であった。本研究の結果を要約すると以下の通りである。(1)子どもの発達状態には、「保育の形態や時間帯」ではなく、「家庭における育児環境」及び「保護者の育児への自信やサポートの有無」などの要因が強く関連していた。(2)したがって、特に夜間保育園においては、家庭的な環境をいかに充実するかが重要な課題となる。物理的な環境、人的な環境、保育プログラムを含め、子どもの育ちに適合した家庭的な環境をさらに整備する必要がある。(3)さらに、保育園の役割として、育児に関する相談相手となり、保護者の育児への自信の回復を促すなど、保護者に対する「子育てを支える」ための地域に開かれたサービスの充実が期待される。(4)現実として、深夜保育には通常保育より発達にやや遅れのみられる子どもの在籍している割合が高いことから、通常保育よりさらに専門性の高い保育スタッフの配置が必須である。(5)夜間保育の子どもに対する影響を本当の意味で明らかにするためには、今後さらに経年的な研究を継続する必要がある。

言及状況

Twitter (18 users, 19 posts, 16 favorites)

【メモ】”子どもの発達状態には、「保育の形態や時間帯」ではなく、「家庭における育児環境」及び「保護者の育児への自信やサポートの有無」などの要因が強く関連していた。” https://t.co/2ZutukI6td 関連:https://t.co/kNxtaUi5qO
【メモ】”子どもの発達状態には、「保育の形態や時間帯」ではなく、「家庭における育児環境」及び「保護者の育児への自信やサポートの有無」などの要因が強く関連していた。” https://t.co/wT8CdaPd34 関連:https://t.co/rdCQ9jhf1M
いい番組でした。夜間保育は偏見にさらされがちだが,本論文では「子どもの発達状態には,保育の形態や時間帯ではなく,家庭における育児環境及び保育者の身体的,精神的な状態等の要因が強く関連している」とある。胸を張って子育てを! https://t.co/d8C8Mho6Gy #72時間
そして,水商売のシンママの子でも「(発達は)家庭における育児環境及び保育者の身体的,精神的な状態等の要因が強く関連」とし,朝食を含む生活リズムの確立と周囲の支援が重要とする指摘もある。https://t.co/d8C8Mho6Gy https://t.co/H9XrONc0U5

収集済み URL リスト