著者
戸田 貴子
出版者
日本音声学会
雑誌
音声研究 (ISSN:13428675)
巻号頁・発行日
vol.7, no.2, pp.70-83, 2003-08-30
被引用文献数
2 or 0

In this paper, I first introduce some previous acoustical studies concerning Japanese special morae. Following this, I seek to review previous studies on the acquisition of special morae by Japanese language learners. The reviews are conducted from the viewpoint of both perception and production. Finally, I suggest research areas pertaining to second language speech perception and production as directions for future study.

言及状況

Twitter (6 users, 9 posts, 1 favorites)

【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 094] ■ 外国人学習者の日本語特殊拍の習得(第二言語習得,<特集>音声の獲得) https://t.co/r5dTorOYRO
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 094] ■ 外国人学習者の日本語特殊拍の習得(第二言語習得,<特集>音声の獲得) https://t.co/r5dTorOYRO
:BOT: [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料など] ■  外国人学習者の日本語特殊拍の習得(第二言語習得,<特集>音声の獲得) https://t.co/r5dTorOYRO
【メンテ中 BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料など] ■  外国人学習者の日本語特殊拍の習得(第二言語習得,<特集>音声の獲得) https://t.co/r5dTorxo0g
外国人学習者の日本語特殊拍の習得 http://t.co/ecwbeqSA #論文
たしかに長音と促音の混同はありますね。学習者の特殊拍についてレビュー論文的なのがあります http://t.co/c6h2CeLf RT @ceekz: 当研究室の中国人留学生は、ライティングにおいて、長音を促音で表記する傾向があるっぽい。エリート→エリット、コーパス→コパッス

収集済み URL リスト