著者
中島 貴子
出版者
Sociotechnology Research Network
雑誌
社会技術研究論文集 (ISSN:13490184)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.90-101, 2005

乳児用粉ミルクに工業廃棄物由来のヒ素化合物が混入して大規模な被害が発生した森永ヒ素ミルク中毒事件は,今年2005年8月24日,公式発表から50年目を迎える.しかし,事件の全体像は今なお把握されていない.被害者に対する恒久救済機関の運営実態への疑問の声もある.被害者の現在を正視すると同時に,事件史の教訓を徹底的に整理する必要がある.病因物質が市場に流通してから恒久救済機関が発足するまでの約20年を振り返ると,食中毒事件における疫学と事故調査の独立性の必要が指摘できる.また,事後対応における行政と専門家の関係についての課題も指摘できる.本格的な歴史研究のためには本事件に関連する一次資料の収集・保存が必要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

"恒久対策案として合意された具体策31 項目中,…年1回以上の定期的精密健康診断や, 被害者のための収容施設や医療センターの設置など,多額の資金を必要とする事業 20 項目は全く実施されておらず" →森永しぐさ

Twitter (51 users, 60 posts, 40 favorites)

収集済み URL リスト