著者
谷澤 容子 松本 美鈴 宇都宮 由佳 福永 淑子 石井 克枝
出版者
日本調理科学会
雑誌
日本調理科学会大会研究発表要旨集
巻号頁・発行日
vol.25, 2013

○谷澤容子1)松本美鈴2),宇都宮由佳2),福永淑子,3),石井克枝4)1)甲子園大,2)大妻女子大,3)川村学園女子大,4)千葉大【目的】、タンパク質を多く含む食品の調理に注目し、日本、タイ、台湾、フランス、イタリアなど各地域における食生活の国際比較を行うことにより、それぞれの食の伝統がどのように日常食に反映されているか浮き彫りにし、各地域の食生活の方向性を読み取ることを試みようとしている。本発表では、イタリアとフランスの特徴を把握することを目的とした。【方法】イタリアの調査は、2011年11月~2012年4月にイタリアに居住する19歳以上の男女35名を対象者とし、イタリア語による調査用紙にて留め置き自記式調査法により調査を実施した。内容は、対象者の属性、連続した平日2日間の食事の記録(料理名、食品名、調理方法、調達方法、食事場所など)とした。フランスは、2002年11月~2003年2月に実施した調査を参照した。アンケートの集計と解析には、統計用ソフトSPSSを用い、単純集計、クロス集計およびχ2検定などを行った。【結果】イタリアの食事の調査数は、朝食67件、昼食70件、夕食68件であり、フランスは、朝食210件、昼食214件、夕食214件であった。タンパク質を多く含む食品の出現数は両国とも朝食は夕食、昼食に比べ少なく、朝食の殆どが乳類で、昼食は、肉類、乳類、魚介類、卵類の順であった。夕食については、イタリアは昼食と同順であったが、フランスは乳類が最も多く、肉類、卵類、魚介類となった。(本研究は、2011年度~2013年度公益財団法人アサヒグループ学術振興財団からの助成を受けている。)

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 10 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 -  『タンパク質を多く含む食品の日常食における位置づけ:イタリア、フランスについて』もぐもぐ。 https://t.co/cgibCUBkVO
CiNii 論文 -  『タンパク質を多く含む食品の日常食における位置づけ:イタリア、フランスについて』もぐもぐ。 https://t.co/cgibCUBkVO
CiNii 論文 -  『タンパク質を多く含む食品の日常食における位置づけ:イタリア、フランスについて』もぐもぐ。 https://t.co/cgibCUBkVO
CiNii 論文 -  『タンパク質を多く含む食品の日常食における位置づけ:イタリア、フランスについて』もぐもぐ。 https://t.co/cgibCUBkVO
CiNii 論文 -  『タンパク質を多く含む食品の日常食における位置づけ:イタリア、フランスについて』もぐもぐ。 https://t.co/cgibCUBkVO
CiNii 論文 -  『タンパク質を多く含む食品の日常食における位置づけ:イタリア、フランスについて』もぐもぐ。 https://t.co/cgibCUBkVO
CiNii 論文 -  『タンパク質を多く含む食品の日常食における位置づけ:イタリア、フランスについて』もぐもぐ。 https://t.co/cgibCUBkVO
CiNii 論文 -  『タンパク質を多く含む食品の日常食における位置づけ:イタリア、フランスについて』もぐもぐ。 https://t.co/cgibCUBkVO
CiNii 論文 -  『タンパク質を多く含む食品の日常食における位置づけ:イタリア、フランスについて』もぐもぐ。 https://t.co/cgibCUSWko

収集済み URL リスト