著者
廣田 龍平
出版者
日本文化人類学会
雑誌
日本文化人類学会研究大会発表要旨集 (ISSN:21897964)
巻号頁・発行日
vol.2016, 2016

本分科会では、日本の「妖怪」概念の再検討を出発点として、前近代的な民間伝承から最先端の科学技術までを事例として取り扱い、フィールドにおける「有形と無形のあいだ」のものと人々とが織りなす関係性にアプローチすることを試みる。これは調査者の世界とフィールドの世界の二分法を問い直す一つの試みである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (23 users, 23 posts, 25 favorites)

有形と無形の人類学:「妖怪的なもの」の概念的把握に向けて https://t.co/mgyFha8loZ
CiNii 論文 -  有形と無形の人類学:「妖怪的なもの」の概念的把握に向けて https://t.co/FjYT4QQ9UU #CiNii

収集済み URL リスト

http://ci.nii.ac.jp/naid/130005148238 (23)