著者
栗田 宣義
出版者
日本社会学会
雑誌
社会学評論 (ISSN:00215414)
巻号頁・発行日
vol.66, no.4, pp.516-533, 2015

<p>現代日本の若年層女性, 具体的には高校生を含むハイティーン女子に焦点を当て, 他者からの承認を意味するリア充, および, 容貌身体の美醜評価による序列に基づいたルックス至上主義ならびに美醜イデオロギーの視角から, 彼女たちの生きづらさを, 探索的因子分析と共分散構造分析を用いて, 計量社会学的に明らかにした. 高校生全学年を含む15歳から19歳の就学層を被調査者とした, ウェブ上の質問紙経由での回収数458名のインターネット調査を用いた分析の結果, 非リア充であるほど生きづらさを抱える傾向があり, また, リア充であるほど容姿外見の変身願望が強い傾向があることが判った.</p>

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 2 posts)

ところで「リア充」の定訳は「Riaju」でよろしいのでしょうか? >社会学者各位
ところで「リア充」の定訳は「Riaju」でよろしいのでしょうか? >社会学者各位

Twitter (20 users, 20 posts, 12 favorites)

@oyaziMK2 一件だけですが…。栗田先生は社会運動論者で左派寄り。 https://t.co/ebalDTx0tr 「キモい」論は心理学方面で二件 https://t.co/F6El6ALWaZ https://t.co/YBZcnLnlmo
CiNii 論文 -  ルックス至上主義社会における生きづらさ:ハイティーン女子の「リア充」の行方と「変身願望」の出自 https://t.co/pQaKXCHcsg #CiNii
CiNii 論文 -  ルックス至上主義社会における生きづらさ:ハイティーン女子の「リア充」の行方と「変身願望」の出自 https://t.co/n2o8pJL2fm
@tos CiNii 論文 -  ルックス至上主義社会における生きづらさ:ハイティーン女子の「リア充」の行方と「変身願望」の出自 https://t.co/FVYqQrdXaf #CiNii https://t.co/Xf1HM4lBI5
こんな論文どうですか? ルックス至上主義社会における生きづらさ:ハイティーン女子の「リア充」の行方と「変身願望」の出自(栗田 宣義),2015 https://t.co/MvujujeAcV
めっちゃ面白い論文見つけた。15〜19歳の10代後半の女の子が抱える「ルックス至上主義社会における生きづらさ」っていうやつ。 https://t.co/7Bxvuy375X

収集済み URL リスト