著者
小柳津 誠
出版者
独立行政法人日本原子力研究開発機構
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2010

トリチウム水によるSUS304ステンレス鋼の自己不動態化阻害により、腐食が大きく促進されることが明らかとなった。また、この効果はpH、溶存酸素濃度、トリチウム濃度に依存しており、pHは低いほど、トリチウム濃度は高いほど影響が大きいが、溶存酸素無しには有意な影響が現れないことが明らかとなった。そして溶存酸素濃度はトリチウム濃度の増加とともに影響を強く及ぼす濃度が高くなり、また腐食促進効果が高くなることが明らかとなった。
著者
小柳津誠
雑誌
デジタルプラクティス
巻号頁・発行日
vol.1, no.1, pp.36-43, 2010-02-15

本稿は,1995年より15年間に渡りマンション管理業のコールセンタ構築・運営に携わった筆者が,顧客満足度の向上を目指して,サービスサイエンスを実践してきた成果の紹介である.当業界のコールセンタでは,エンドユーザが感情的で,時に恫喝的なケースもあるのが特徴だが,そのような現場でもサービスサイエンスの実践は大いに効果を発揮した.