著者
山口 一美 小口 孝司
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.16, no.2, pp.83-91, 2000-10-25 (Released:2016-12-20)

The purpose of this study was to investigate the relationship between personality and employment and job satisfaction as an airline cabin attendant (CA) or customer service agent (CSA). Study 1 focused on the initial employment of CAs and CSAs. Study 2 dealt with subjects who succeeded in finding work as CAs and CSAs. Study 3 considered the factors leading to job satisfaction as CAs and CSAs. The subjects of studies 1 and 2 were 154 female students in a vocational school. The subjects of study 3 were 61 female CAs and CSAs. The results of study 1 demonstrated that a greater ability to modify self-presentation was significantly correlated with being employed in these positions. In study 2, lower sensitivity to expressive behavior in others and lower social anxiety were positively correlated with being employed later on. Public self-consciousness and duplicity were found in study 3 to have significant negative correlations with job satisfaction. Consequently, these results suggest that self-monitoring is a significant situational personality that is positively related to employment as a CA or CSA.
著者
山口 一美
出版者
The Japanese Group Dynamics Association
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.42, no.1, pp.55-65, 2002-09-30 (Released:2010-06-04)
参考文献数
49

本論文では, 自己宣伝の評価ならびに就労に関わる要因としてスマイル, アイコンタクトの表出とパーソナリティ要因に焦点をあてて検討した。女子大学生の就労希望者 (24名) の自己宣伝の場面をビデオ撮影し, 研究1では就労希望者のパーソナリティと自己宣伝におけるスマイル, アイコンタクトの表出ならびに他者評価との関連を検討し, 研究2では就労希望者のパーソナリティ要因および自己宣伝におけるスマイル, アイコンタクトの表出とサービス業への就労との関連を探った。その結果, 研究1からセルフ・モニタリングの“自己呈示の修正能力”がスマイル表出の適切さの評価に, 自己意識が人事評定に, また自己宣伝のスマイルがスマイル表出の適切さの評価ならびに人事評定に影響を及ぼしていることが示された。研究2ではセルフ・モニタリングの“自己呈示の修正能力”と自己意識が高く, スマイル表出が適切で, 人事評定が事前の評価で高かった者がサービス業に採用され, 就労する傾向をもつことが明かになった。
著者
山口 一美
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.42, no.1, pp.55-65, 2002

本論文では, 自己宣伝の評価ならびに就労に関わる要因としてスマイル, アイコンタクトの表出とパーソナリティ要因に焦点をあてて検討した。女子大学生の就労希望者 (24名) の自己宣伝の場面をビデオ撮影し, 研究1では就労希望者のパーソナリティと自己宣伝におけるスマイル, アイコンタクトの表出ならびに他者評価との関連を検討し, 研究2では就労希望者のパーソナリティ要因および自己宣伝におけるスマイル, アイコンタクトの表出とサービス業への就労との関連を探った。その結果, 研究1からセルフ・モニタリングの"自己呈示の修正能力"がスマイル表出の適切さの評価に, 自己意識が人事評定に, また自己宣伝のスマイルがスマイル表出の適切さの評価ならびに人事評定に影響を及ぼしていることが示された。研究2ではセルフ・モニタリングの"自己呈示の修正能力"と自己意識が高く, スマイル表出が適切で, 人事評定が事前の評価で高かった者がサービス業に採用され, 就労する傾向をもつことが明かになった。
著者
山口 一美 小口 孝司
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.16, no.2, pp.83-91, 2000

The purpose of this study was to investigate the relationship between personality and employment and job satisfaction as an airline cabin attendant (CA) or customer service agent (CSA). Study 1 focused on the initial employment of CAs and CSAs. Study 2 dealt with subjects who succeeded in finding work as CAs and CSAs. Study 3 considered the factors leading to job satisfaction as CAs and CSAs. The subjects of studies 1 and 2 were 154 female students in a vocational school. The subjects of study 3 were 61 female CAs and CSAs. The results of study 1 demonstrated that a greater ability to modify self-presentation was significantly correlated with being employed in these positions. In study 2, lower sensitivity to expressive behavior in others and lower social anxiety were positively correlated with being employed later on. Public self-consciousness and duplicity were found in study 3 to have significant negative correlations with job satisfaction. Consequently, these results suggest that self-monitoring is a significant situational personality that is positively related to employment as a CA or CSA.