著者
池田 真治
巻号頁・発行日
pp.1-77, 2013-07-03

2013年7月3日 : 富山大学中央図書館,2013年7月4日 : 富山大学高岡キャンパス講堂でそれぞれ開催された「レポート・論文の書き方―入門―」において発表された資料と当日配布資料。【内容】• なぜレポートを書かなくてはならないのか?• BAD SAMPLES:落ちたレポートたち• レポート・論文を書くために、何をすべきなのか?• レポート・論文の育て方• 単なる「作文」から「論文」へ• レポート・論文の構成• 論証の仕方• 読み手に「伝わる」文章を書く
著者
池田 真治
出版者
京都大学
巻号頁・発行日
2009-03-23

新制・課程博士
著者
池田 真治
出版者
京都大学大学院文学研究科哲学研究室
雑誌
京都大学文学部哲学研究室紀要 : Prospectus
巻号頁・発行日
vol.12, pp.1-17, 2010-02

What kind of rationality did Leibniz esteem on the level of sensation? In this essay, I will try to answer this question, from the aspect of his theory of sensation, by focusing on his idea of image and abstraction. In fact, Leibniz did not regard the role of sense perception merely as an occasion of having knowledges, for he says: “it‟s by an admirable economy of the nature that we cannot have abstract thoughts which do not require any sensible things”. It means we should see behind his theory of sensation an insight into the harmony between experience and reason.