著者
吉田 信裕 舟橋 啓臣 今井 常夫 田中 勇治 飛永 純一 山田 二三夫 和田 応樹 束村 恭輔 森田 孝子 高木 弘
出版者
Japan Surgical Association
雑誌
日本臨床外科医学会雑誌 (ISSN:03869776)
巻号頁・発行日
vol.56, no.7, pp.1296-1300, 1995-07-25 (Released:2009-01-22)
参考文献数
21

1979年から1992年までに,当教室では甲状腺分化癌手術を392例経験したが,このうち20歳未満の若年者は18例であった.若年者症例にも成人と同様,「(1)甲状腺全摘,(2)両側頸部郭清,(3)上皮小体自家移植」の基本術式を原則として施行してきた.腫瘍径やリンパ節転移などを成人と比較,また術後経過についてQuality of lifeを含め追跡し,当教室の術式の是非を検討した.腫瘍径はt2以上が全体の約80%を占めたが,成人は60%に留まった.またリンパ節転移は約90%の症例に認めたが,成人例は76%であった.若年者は手術時に成人より進行していたが,18例のうち1例も再発を認めていない.また術後の合併症は,軽度の上皮小体機能低下症1例と術創ケロイド3例のみであった. 10歳以下の症例の成長・発育にも何ら問題はなく,適齢期に達した女性5症例のうち3例は児を設けている.充分な根治性と良好な術後経過を期待できる,妥当な術式と考えられた.
著者
内田 正男 高木 弘
出版者
The Japanese Cancer Association
雑誌
(ISSN:0016450X)
巻号頁・発行日
vol.48, no.2, pp.205-217, 1957-08-01 (Released:2008-11-14)
参考文献数
21

砂川等が新しく合成した p-Phenylenediphosphoric acid tetraethyleneimid (O, O'-p-Phenylene N, N', N", N'''-tetraethylene-tetramidodiphosphate) は Ehrlich 腹水癌腹水型, 皮下腫瘍型, C3H系及びA系ハツカネズミ乳癌 (第一代雑種への移植癌) に対し制癌作用を示した。1) LD50 (マウス)腹腔内注射177~217mg/kg, 皮下注射202~224mg/kg, 静脈注射190~215mg/kg.2) 薬剤を試験管内で Ehrlich 腹水癌腹水に作用させたところ, 該腹水を接種したマウスは全く腹水癌の発生をみなかった。3) 毎日1回6日間連続腹腔内注射で Ehrlich 腹水癌の発生を抑制した。30mg~60mg/kgが有効量とみとめられる。4) Ehrlich 腹水癌細胞の有糸分裂を抑制した。5) Ehrlich 腹水癌皮下腫瘍周囲に皮下注射したが, いちじるしい効果はみとめなかった。6) C3H系マウスに自然発生した乳癌をSM×C3H/F1に移植し, またA系マウスに自然発生した乳癌をddN×A/F1に移植して, 腫瘍周囲に皮下注射したところ, 結節癌の増大抑制をみとみた。
著者
高木 弘 小林 章二 岡田 秀親 中島 泉 磯部 健一 林 衆治 KOBAYASHI S
出版者
名古屋大学
雑誌
試験研究(B)
巻号頁・発行日
1994

異種臓器移植において生ずる超急性拒絶反応を抑制するためには、異種抗原、自然抗体、補体系の制御が重要である。本研究では、補体制御因子遺伝子は、同時に複数遺伝子導入した方が、異種免疫反応抑制効果が強いというin vitroでの実験結果を基に、DAFおよびHRF20遺伝子を同時に導入したダブルトランスジェニックマウスを作成し、機能解析を行った。そして、この結果を基にDAF,HRF20,およびmembrane cofactor protein(MCP)を導入したトランスジェニックブタを作成した。異種抗原Gal α Galに対する対策として、マウスembryonic stem(ES)細胞でα(1,3)GT遺伝子のダブルノックアウトを行い、機能解析を行った。また、α(1,2)FT遺伝子を異種培養細胞へ遺伝子導入した場合、Gal α Gal抗原の発現が抑制され、異種免疫反応が抑制されるというin vitroの実験結果を基に、a(1,2)FT遺伝子導入トランスジェニックブタを作成した。したがって、補体制御因子遺伝子を発現し、かつ異種抗原GalaGalを発現しないトランスジェニックブタの作成は、異種臓器移植の臨床応用にとって重要であると考えられた。