著者
Naoko Ozawa Naoki Shimojo Yoichi Suzuki Shingo Ochiai Taiji Nakano Yoshinori Morita Yuzaburo Inoue Takayasu Arima Shuichi Suzuki Yoichi Kohno
出版者
Japanese Society of Allergology
雑誌
Allergology International (ISSN:13238930)
巻号頁・発行日
vol.63, no.2, pp.261-266, 2014 (Released:2014-06-06)
参考文献数
18
被引用文献数
9

Background: There are reports that the maternal diet during pregnancy may affect development of babies' eczema. We sought to investigate the association between the maternal diet during pregnancy and the risk of eczema in infancy in Japan. Methods: A birth cohort was set up at 2 hospitals in Chiba city. Dietary habits concerning fish, butter, margarine, yogurt and natto during pregnancy was obtained from mothers just after delivery. The intake frequencies of these foods were classified into four groups: 1) daily, 2) 2-3 times a week, 3) once a week and 4) once a month or less. Diagnosis of eczema at 6 months of age was made by the presence of an itchy rash that persisted more than two months. Results: Valid data on 650 mother-baby pairs were obtained. No relationship between frequencies of the maternal intake of fish, margarine and yogurt during pregnancy and the onset rate of the babies' eczema were observed. For butter consumption, the incidence of babies' eczema was significantly higher in the group with daily intake than in those with an intake 2-3 times a week or less (p = 0.044). For natto, incidence of babies' eczema was significantly lower in the group with everyday intake than those eating it 2-3 times a week or less (p = 0.020). Conclusions: High frequency intake of natto during pregnancy possibly reduces the incidence of eczema in children at 6 months of age.

14 0 0 0 OA 解体新書 4巻

著者
キュルムス 著
出版者
須原屋市兵衛
巻号頁・発行日
vol.[5], 1774
著者
久保田 和男
出版者
長野工業高等専門学校
雑誌
長野工業高等専門学校紀要 = Memoirs of Nagano National College of Technology (ISSN:18829155)
巻号頁・発行日
vol.50, pp.1-7, 2016-06-30

This paper described the history of Kaifengfu and Jew people. North Sung(北宋) age,Jews arrived at China from the west and lived at Kaifengfu(開封府). Up to now for about about 1000 years, they keep living in eastern area of this city. They were the city people who made the commerce a bread-and-butter job. In Ming era(明代), Kaifengfu prospered as a local city in particular. A Jewish community also prospered during the time. In 1644, a deluge of the Yellow River has destroyed their synagogue.it was possible to make it revive by the power of the community. Economy of Kaifengfu was depression in the modern times(afrer 1842). Jewish community also declined at the same time, and religious consciousness was being also lost.
著者
岡﨑 龍史 太神 和廣 横尾 誠 香﨑 正宙
出版者
学校法人 産業医科大学
雑誌
Journal of UOEH (ISSN:0387821X)
巻号頁・発行日
vol.39, no.4, pp.277-290, 2017-12-01 (Released:2017-12-16)
参考文献数
20

2011年および2013年に行った福島第一原子力発電所事故の健康影響へのアンケート調査では健康影響への不安は,患児の保護者と放射線知識の高い医師や医学生とでは,患児の保護者の方がより強いことが確かめられた.福島県民健康調査事業で甲状腺検査によって,甲状腺がんが190名報告され,放射線影響の可能性に対する福島県民の不安は残っている.今回,事故後6年を経過後の放射線教育の受講状況や不安に対する調査を行うとともに,福島県内の患児の保護者に対して,放射線影響と福島県民健康調査事業での甲状腺検査についてアンケート調査を行った.全質問20項目の無記名自記式アンケートを福島県小児科医会各医療機関へ郵送し,受診した小児・青少年の保護者,および医療機関関係者から回答を得た.505部回収され,回収率は26.7%であった.患児の保護者では,「放射線教育を受けたことがない」が30%,「人体の影響についての教育を詳しく受けていない」が67%であった.患児の保護者では,「甲状腺がん」,「子どもへの健康影響」,「将来生まれてくる子や孫への遺伝的な影響」の項目に対し,医療従事者に比べ不安が高い傾向にあった.現状での甲状腺がんの発症は,原発事故による放射線影響と考え,甲状腺検査の継続を望む者が多いことが判明した.

43 0 0 0 OA 戦車戦

著者
陸軍技術本部 訳
出版者
兵用図書
巻号頁・発行日
1935
著者
松本 亮介 栗林 健太郎 岡部 寿男
出版者
The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
雑誌
電子情報通信学会論文誌 B (ISSN:13444697)
巻号頁・発行日
vol.J101-B, no.1, pp.16-30, 2018-01-01

Webサービスのハードウェアコストや運用管理コストを低減するために採用される高集積マルチテナントアーキテクチャは,複数のユーザを同居させる特性上,ユーザ単位でセキュリティを担保するために,適切な権限分離を行う必要がある.そして,ホストに配置されるWebコンテンツを事業者が管理できないことを前提に,コンテンツに依存することなく基盤技術でセキュリティと性能を両立させるアーキテクチャが必要である.これまでに,実用上十分なセキュリティを担保しつつハードウェアの性能とリソース効率を最大化するための手法が数多く提案されてきた.また,マルチテナントアーキテクチャでは,ホスト間で権限分離だけでなく適切なリソース分離が行われる必要がある.リソース分離が不十分な場合,収容するホスト数が増えるにつれ,管理者により高負荷の原因となっているホストを特定し対処する作業の必要が生じ,運用管理コストが逆に増大してしまう.そのような運用上の問題の生じないリソース分離が可能なマルチテナントアーキテクチャの必要性も高まっている.更に,高集積マルチテナントアーキテクチャ採用時に,セキュリティを担保し,リソース分離を適切に行いながら,付随して生じる運用・保守に関するコストを低減させるためには,いかに運用技術を改善していくかが重要である.本論文では,Webサーバの高集積マルチテナントアーキテクチャにおいて,Webコンテンツをサービス事業者が管理できないことを前提に,高い性能とリソース効率を維持しつつハードウェアや運用管理コストを低減させるためのアーキテクチャについて,これまでの研究を概観するとともに,著者らによる最新の研究成果について紹介する.
著者
細井 千晴 坂田 英明 安達 のどか
出版者
日本小児耳鼻咽喉科学会
雑誌
小児耳鼻咽喉科 (ISSN:09195858)
巻号頁・発行日
vol.29, no.1, pp.56-61, 2008 (Released:2012-09-24)
参考文献数
12

耳鼻咽喉科疾患は中耳炎や鼻出血など,小児に多い救急疾患の特徴があり,その対応には専門的な知識が必要である.今回我々は,専門的な知識を要する耳鼻咽喉科に関連した電話による問い合わせについて,その内容や対応などの現状を調査した.2006年1月から3月において,耳鼻咽喉科疾患に関連した診療時間外の電話による問い合わせは,81件で全体の8.5%であった.内容は,「異物」「外傷」「鼻出血」に関するものが上位を占めていた.救急外来看護師による院内電話対応マニュアルに沿った対応の結果,約67.1%が救急受診を回避することができた.症候や疾患の特徴をよく理解した上で,電話相談により緊急度を判断し,さらに適切な指導を行うことは,(1)保護者の不安の軽減・対処能力への支援,(2)夜間の時間外診療の負担軽減に効果が期待できる,など小児救急医療の抱える問題の解決の一部として,大変意義深いと考えられる.
著者
設楽 佳世 袴田 智子 大西 貴弘 池田 達昭
出版者
一般社団法人日本体力医学会
雑誌
体力科学 (ISSN:0039906X)
巻号頁・発行日
vol.66, no.5, pp.369-382, 2017-10-01 (Released:2017-09-29)
参考文献数
41

The objectives of this study were 1) to quantify the differences in body densities and percent body fat using various methods for evaluating body composition (e.g., underwater weighing (UWW), air displacement plethysmography (ADP), skinfold caliper (SKF) measurement, ultrasound (US), bioelectrical impedance analysis (BIA), and dual-energy x-ray absorptiometry (DXA)), and 2) to examine the relationship between trends of the differences in body density and percent body fat obtained by these methods and characteristics of morphology and body composition. To this end, the body compositions of 73 healthy male adults were measured using UWW, ADP, SKF, US, and BIA. Twenty-seven of these 73 subjects underwent further measurement using DXA. Differences in body densities determined with ADP, SKF, and US were compared with those measured using UWW as a reference, and the differences in percent body fat estimated with UWW, ADP, SKF, US and BIA were compared with those measured by DXA as a reference. The results of this study indicate that 1) ADP is useful as a method for evaluating body density, as the results differed insignificantly from the reference method and showed no systematic errors due to differences in morphological characteristics and body composition, and 2) UWW measurements exhibited the smallest difference in percent body fat from the reference method, however, more than in any other method, there were systematic errors due to differences in morphological characteristics and body composition, specifically, trunk composition.
著者
国武 陽子 寺田 佐恵子 馬場 友希 宮下 直
出版者
日本森林学会
雑誌
日本森林学会誌 (ISSN:13498509)
巻号頁・発行日
vol.92, no.4, pp.217-220, 2010 (Released:2010-10-05)
参考文献数
8

アオキ (Aucuba japonica) の花粉媒介様式と主要な花粉媒介者を, 網掛けによる訪花者の排除実験と訪花昆虫の観察から推定した。花序当たりの結果率は, 花序に網 (1 mmまたは3 mmメッシュ) を掛けて昆虫の接触を制限すると, 無処理区に比べて著しく低下したが, 網を掛けて人工授粉を施すと無処理区との差はみられなかった。また, 1 mmと3 mmメッシュの網では, 網掛けの効果に有意な差はみられなかった。以上の結果より, アオキの種子生産は主に虫媒依存であることが示唆された。次に訪花昆虫の同定と体サイズの測定より, 花粉媒介者は, ジョウカイボンおよびゾウムシなどのコウチュウ目や, クロバネキノコバエなどの長角亜目であることが推測された。花粉媒介はこれらの昆虫の機会的な訪花に依存していると考えられる。
著者
佐藤 真人
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.81, no.2, pp.359-383, 2007-09-30

神仏隔離の意識ははやく『日本書紀』の中にも認められており律令神祇制度の形成期から神道の独自性を支える要素であったと推測される。神仏習合が頂点に達した称徳朝に道鏡による宇佐八幡宮託宣事件が王権の危機を招いたことにより神仏隔離は一層進展した。天皇および貴族の存立の宗教的根拠である天皇の祭祀の場において仏教に関する事物を接触させることは、仏教的な国王観の受容を許すことになる。そこに神仏隔離の進展の大きな要因があった。さらに九世紀には『貞観式』において、朝廷祭祀、とりわけ天皇祭祀における隔離の制度化が達成された。この段階では平安仏教の発達によって仏教が宮中深く浸透したことや、対外危機に起因する神国思想が作用したと考えられる。平安時代中期以降は、神仏習合の進展にもかかわらず、神仏隔離はさらにその領域を広げていった。後世の展開を見ると神仏隔離は天皇祭祀の領域に限られるものではなく、貴族社会に広く浸透しさらには一般社会にも規範として定着していき今日の神道を形作る大きな要因となった。
著者
市岡 正彦
出版者
公益社団法人 日本薬理学会
雑誌
日本薬理学雑誌 (ISSN:00155691)
巻号頁・発行日
vol.129, no.6, pp.432-435, 2007 (Released:2007-06-14)
参考文献数
7
被引用文献数
2 4

睡眠中の呼吸制御系の変化として,上気道抵抗の上昇,呼吸筋,特に肋間筋やその他の補助呼吸筋の活動性低下が特徴であり,換気量の低下,肺気量減少に伴う動脈血酸素分圧の低下がもたらされる.呼吸調節の面では炭酸ガスおよび低酸素換気応答が低下する.これらの変化はレム期において著明であり,健常人でも呼吸は不安定になる.こうした睡眠に伴う呼吸の変化は,睡眠時の体位,性,年齢,アルコール,睡眠薬などの薬物,妊娠の有無,居住地の高さなどさまざまな因子の影響を受ける.健常者にとっては問題にならないこうした変化も,背景に慢性呼吸器疾患や神経筋疾患,肥満や上気道の異常などがある場合には,容易に睡眠呼吸障害の発症に結びつく.睡眠呼吸障害の代表的疾患である閉塞型睡眠時無呼吸症候群も,上気道の形態的・機能的異常を背景に,睡眠中の呼吸制御系の異常が加わって発症し,重症度に応じた治療が施されている.
著者
星野 智祥
出版者
一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会
雑誌
日本プライマリ・ケア連合学会誌 (ISSN:21852928)
巻号頁・発行日
vol.38, no.4, pp.369-382, 2015 (Released:2015-12-25)
参考文献数
70

日本は原爆による被ばく国として, また原発事故の当事国として, 深刻な放射線災害を経験してきた. その一方で, 日本は他の先進国と比べて国民の医療被ばくが多く, その主な要因は, 診断を目的としたCT検査が増え続けていることである. 福島原発事故が発生してから, 全国的に低線量被ばくと発がんのリスクについて議論が繰り広げられてきたが, 近年, 大規模コーホート研究において, CTスキャンからの低線量電離放射線による発がんリスクが明らかとなってきている. CTスキャンは短時間で解像度の高い画像が得られるため, 医療現場には欠かせない重要な診断技術となっているが, 患者の利益とリスクのバランスの上に立ち, CTが適切に使用されているのかどうか評価することがきわめて重要である. 病院総合医に求められる中核的能力には, 病院医療の質を改善する能力, 他科やコメディカルとの関係を調整する能力が含まれる. この観点から, 病院総合医が放射線科医や放射線技師らと協力し, CTの使用を正当化しながら, 不必要な被ばくを最小限にするためにはどのような役割を果たせるのか考察した.
著者
塩 宏
出版者
一般社団法人 日本痛風・核酸代謝学会
雑誌
尿酸 (ISSN:03884120)
巻号頁・発行日
vol.6, no.1, pp.55-60, 1982 (Released:2012-11-27)
参考文献数
6
被引用文献数
1

Serum uric acid levels were determined in 10 patients with hypothyroidism and the following results were obtained. 1. Hyperuricemia was found 1 of 2 in male and 2 of 8 in female. 2. There was the tendency to show the higher values of serum uric acid in untreated hypothyroid patients compared to control group. 3. Hype ruricemia in women was after menopause. 4. The average decrement of serum uric acid concentration in 10patients after the thyroid treatment was 1.4 mg/100ml. 5. Hypothyroid patients showed a tendency of decreased urinary excretion of urate and unstable uric acid clearance. 6. The almost parallel decrease between uric acid and cholesterol, TSH was found after the treatment of thyroid.