著者
景山致恭,戸松昌訓,井山能知//編
出版者
尾張屋清七
巻号頁・発行日
vol.築地八町堀日本橋南絵図, 1849

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 10 posts, 0 favorites)

嘉永2年らしき地図だと、築地本願寺寄りの敷地(築地テラスあたり)に水野の字が読めるんだけど…
NDLの尾張屋板江戸切絵図 https://t.co/swVKZHPeKJ は幕末の江戸が描かれた地図がカラーでデジタル資源化されているので、幕末から明治初期の様子を知るのに便利でありがたい。 https://t.co/swVKZHPeKJ
こう見ると、鉄砲洲の方も非常に興味深いですね。 https://t.co/mms4oQuCFA
【富岡恋山開06】三代目八百蔵扮する玉屋新兵衛は三十間掘の藍問屋。「新さんは三十間掘の、紀伊国橋の側ぢゃわいの」。柳多留にある「釻菊で紀伊国橋を聞いていき」の「釻菊」は中橋の茶店名で、宗十郎の替紋でもある。そこに宗十郎の屋号と同じ名の橋をかける。 https://t.co/IhOBUQrssj #並木五瓶 https://t.co/P10i4tyB2n
谷崎を調べていると、霊岸島はやたら出てくる。幼稚園も霊岸島、従姉の妻と恋愛沙汰になった舞台も霊岸島の旅館。 そこで霊岸島の幕末明治の地図を調べると、松平越前守がドーンと! https://t.co/mms4oQuCFA
1 1 https://t.co/KSdTkA8mZb https://t.co/mKl4RTW1Np
@reisenthel9349 多分、この絵図は・・・ 〔江戸切絵図]の中の 築地八町堀日本橋南絵図ではないでしょうか。 詳しくはこちらをご覧になってみてくださいませ。https://t.co/NrGOcXe2ZE

収集済み URL リスト