言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (2 users, 3 posts)

太玄斎の「こよみ便覧」は古典。 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2536637
二十四節気という季節ごとの呼び名の一つです。 江戸時代の歴便覧という本には次のように説明されています。 大寒 ひゆることのいたりてはなはだしきときなればなり 簡単に言えば「とっても寒い日」ということです。 国会図書館のページで見ることができます。 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2536637 現在の日本では国立天文台が、大寒 ...
質問者の見た「二十四節気のページ」というのが何なのか不明なので、確実ではありませんが、二十四節気に関する「暦便覧」ということであれば、江戸時代の本のことでしょう。 国立国会図書館に蔵書されています。 http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007293578-00 ----以下引用 タイトル こよみ便覧 著者 太玄斎 出 ...

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

『こよみ便覧』を探している。

Facebook (3 users, 5 posts)

本日 (3/21) は「春分の日」です。 日本の「国民の祝日」のひとつで「春分日 (天文観測により「春分*」が起こるとされる日)」が選定されます (2015年は、3/21です)。 * 春分 「二十四節気」の第4で、現在広まっている「定気法」では、太陽が春分点を通過した瞬間、すなわち太陽黄経が「0度」となった時を指します。 また「祝日法 (第2条)」では「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを ...
本日 (3/06) は「啓蟄 (けいちつ)」です。 春の「季語」でもある「啓蟄 (けいちつ)」は「二十四節気」の「第3」を指します。 「啓 (けい)」は、開く。 「蟄 (ちつ)」は、虫などが土中に隠れ閉じこもる。 を示し「広辞苑」によると「啓蟄 (けいちつ)」で「冬籠りの虫が這い出る」という意味になるそうです。 現在、広まっている「定気法* (ていきほう)」では、太陽黄経が345度の時で、例 ...
「日本気象協会」によると、本日 (2/19) は、全国的に北風が強めで、日中も風が冷たく感じらる予報となっております。 また「日本海側」を中心に大気の状態が不安定で「九州北部」から「北陸」は、落雷や突風「関東」は、午後はにわか雨になるそうです。 ところで「雨水 (うすい)」をご存じでしょうか? 「雨水 (うすい)」は「二十四節気」の「第2 (正月中 = 通常旧暦1月内)」を指し、現在広まってい ...
大雪と二十四節気 日々、出来事と天気やらを見ていると、どうしても季節が気になります。季節により、番組の特集も変わりますね。今はやりの!?、高血圧と昆布だしの番組などは、もー季節との関係、大あり。そのため、二十四節気を入れ始めました。 二十四節気は、中国の戦国時代、紀元前400頃から紀元前221年に秦が統一するまでの頃にできた考え方。季節を春夏秋冬の4等区分にするために考えられた、季節の区分方法で ...
暦便覧 こよみべんらん http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2536637

Facebook における性別

Google+ (1 users, 6 posts)

【白露 (はくろ)】本日 (9/07) は「白露 (はくろ)」です。 「白露 (はくろ)」は「二十四節気」の「第15」。 大気が冷えてきて、露ができ始める頃で「こよみ便覧」では、「陰気やうやく重りて、露にごりて白色* となれば也」と説明しています。 (国立国会図書館デジタルコレクション) こよみ便覧 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2536637 * ...
【夏至 (げし)】ふと気が付けば「6/21 (火)」は「夏至 (げし)」です。 一年で、昼が最も長く、夜が最も短い日で、冬至と比較すると、昼間の時間差は「4時間以上」もあるそうです。 暦の上では、夏季の真ん中にあたりますが、実際は「梅雨」の真っ盛りで、農家では田植えがピークの頃です。 ・「尾張地方」の一部地域では「夏至」の日に「無花果田楽」を...、 ・「大阪」の一部地域では「夏至〜半夏生 ...
【小満 (しょうまん)】 万物が次第に成長して、麦畑が緑黄色に色付き始め、一定の大きさに達して来る頃で、今年 (2016年) は「5/20 (金)」になります。 「暦便覧* (こよみべんらん)」には「万物盈満 (ばんぶつえいまん) すれば草木枝葉繁る」と記されています。 * 暦便覧 (こよみべんらん) - 国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/inf ...
【立春】明日 (2/04) は「立春」です。 「立春」は「二十四節気」の第1で「正月節 (旧暦12月後半〜1月前半)」です。 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「雨水 (うすい)」前日までを指します。 春の初めで「暦便覧* (こよみべんらん)」には「春の気立つを以って也」と記されています。 (国立国会図書館デジタルコレクション)  暦便覧 (こよみべんらん)   http://d ...
【大寒】明日 (1/21) は「大寒 (だいかん)」です。 寒さが最も厳しくなる頃 (実際は、1/26 頃 〜 2/04 頃までが最も寒いと言われています) です。 昨日 (1/19) の「(奈良県) 桜井市」も、短時間でありましたが、雪がちらつきました。 「日本気象協会 (1/20 8:00 現在)」によると、奈良県全域 (北部・南部) は、昼過ぎまで「大雪・雷注意報」が発表されており、厳し ...
明日 (10/24) は【霜降 (そうこう)】です。 明日 (10/24) は「二十四節気」の第18「霜降 (そうこう)」で、露が冷気によって霜となって降り始めるころで「楓 (かえで)」や「蔦 (つた)」が紅葉し始めます。 また、この日から「立冬」までの間に吹く寒い北風を「木枯らし」と呼びます。 「こよみ便覧 (こよみべんらん)」では「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と説明しています。 ...

Twitter (16 users, 21 posts, 6 favorites)

― ― ――― ――― ――― ――― ――― 本日は二十四節気の『立夏』(5/5 16:31) 十二消息卦は『沢天夬』(たくてんけつ) 「夏の立つがゆへ也」(太玄斎『こよみ便覧』より) https://t.co/rzdmBO3ISd
― ― ――― ――― ――― ――― ――― 本日は二十四節気の『穀雨』(6:27) 十二消息卦は『沢天夬』(たくてんけつ) 「春雨降りて百穀を生化すればなり」(太玄斎『こよみ便覧』より) https://t.co/rzdmBO3ISd
― ― ― ― ――― ――― ――― ――― 本日は二十四節気の『清明』(23:17) 十二消息卦は『雷天大壮』(らいてんたいそう) 「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」(太玄斎『こよみ便覧』より) https://t.co/rzdmBO3ISd
#二十四節気 今日は #立夏 です。 夏の始まりとされますが、「夏」が『そろそろ出番だ』と言って立ち上がる頃、が分かりやすい。 『暦便覧』には「夏の立つがゆへなり」とあります。 https://t.co/fLWJyl62Y6
早いもので4月も半ばを過ぎて20日は「穀雨-初候」。江戸期の『暦便覧』https://t.co/iKnDtQEmNw によれば穀雨は「春雨振りて百穀を生化すれば也」。穀物を潤し成長させる春の雨が降る季節。そして初候「葭始生 (あしはじめてしょうず) 」 水辺の葭が芽吹き始める頃。
#二十四節気 今日は #穀雨 です。 穀雨とは、文字通り、田畑に恵みの雨(春の雨)の降る頃。 春本番です。新しい命が芽生えて来る頃です。 『暦便覧』には「春雨降りて百穀を生化すればなり」とあります。 https://t.co/fLWJyl62Y6
[啓蟄] 陽気地中にうごき ちぢまる虫 穴をひらき出ればなり 出典: こよみ便覧 (コマ番号 7) https://t.co/m7FFRMItgA
冬至。「日南の限りを行て日の短きの至りなれば也(太玄斎『暦便覧』)」ですか。この原典を詳しく読みたいひとはこちらをどうぞ。/国立国会図書館デジタルコレクション『こよみ便覧』https://t.co/YSrWlJgq8D https://t.co/dM6MrF9tBb
国立国会図書館デジタルコレクション - こよみ便覧 https://t.co/8JRDsOF4ya
気節を表す二十四節気とともに記載される、こよみ便覧が見れるなんて知らなかった(((o(*゚▽゚*)o))) しかも著者の太玄斎(松平頼救)は常陸太田にゆかりのある人物なのね http://t.co/kXGnUHvR38
「暦便覧」検索して古暦便覧とかぐるぐる²(@_@)とりあえず読めないけど「国立国会図書館デジタル化資料 - こよみ便覧」http://t.co/5hofg9isfR
#活デ図 二十四気に関心を持ち、国会図書館が天明七年の『暦便覧』を所蔵していることや「近代デジタルライブラリー」の存在を知っているという層にも、まだ「国会図書館デジタル化資料」http://t.co/hLyE2TJS98 の存在が知られていないんじゃまいか?
蔦重版『暦便覧』 http://t.co/hLyE2TJS98 処暑『陽気とゞまりて初てしりぞき「やまん」とすればなり』の、「やまん」の親文字って、何だべか?
「暦便覧」(太玄斎著)は江戸時代に出版された暦の簡単な解説書です。国立国会図書館所蔵の天明七(1787)年版は、デジタル化資料がインターネット上で閲覧できます。国立国会図書館デジタル化資料はこちら: http://t.co/n0ph7rZk7s

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト