言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 58 posts, 2 favorites)

河内名所圖會の郡津村の梅塚・本塚 https://t.co/g8hO4C4232
中山観音寺址の牛石、星石、鏡石、牽牛石神-呼ぶ人の信仰により異なるわけで、「星田神祠(※現星田妙見宮)……土人、織女石とも妙見石とも呼ぶ、……抑、妙見尊は、神道家には天御中主尊と称じ、陰陽家には北辰星といひ、日蓮宗には妙見菩薩と仰て、」 https://t.co/Fkat3ugRnI #七夕 #椿井文書 https://t.co/MHd4UkFAQx
徳川家康も大神君と書かれるみたい。 星田村の「星田店」(五畿内志 https://t.co/DXDaLkulHi ) 「星田尊跡」(河内名所図会 https://t.co/Fkat3ugRnI ) の「大神君」とは、本来は三輪山の神の事ではないかと土地柄思う。家康の伝承も有名だけど。
河内名所図会「妙見神祠……神躰巨石三箇……土人、織女石とも妙見石とも呼ぶ。」 https://t.co/Fkat3ugRnI
「久方乃 天之探女之 石船乃 泊師高津者 淺尓家留香裳」万葉集 石船=交野の磐船 https://t.co/764AcFC8iN 高津=交野の郡津(こうづ郡鬥) 天之探女=天稚彦の神話 と中世の人達は見立てて天稚彦草子を感じ取ったのかもしれないよ? 交野の天野川ほとりは七夕の和歌が沢山詠まれたし。 #椿井文書 https://t.co/JztiBfxoNK
河内国観心寺の神名帳 https://t.co/ETPemuO5De の 河内国・石舩大明神=岩舩大明神はやはり石舩巌じゃないかな https://t.co/XiBf4Ufddj 。 4か所に祭神が割れたけど河内国は天田神社と星田神社。 小松神社は星田妙見宮、 交野大明神が星田神社、 石舩大明神は石舩巌の船巌。。。
1803年星田村明細書「住吉大明神,末社天満宮」P.43,西井長和,星田懐古誌(下巻),交野詩話会,1979 河内名所図絵(1801)「交野神社……坂村 https://t.co/XiERHWY4Qi 」 1806年河内摭古小識(三浦蘭阪)「星田村住吉祠石塔正平廿一年」 #椿井文書
承前)「西宮記、交野以百濟爲検校 https://t.co/uAB4yIVQxI 」137頁,神祇全書第1輯,皇典講究所,1906 五畿内志(1735)「片野神社……坂村 https://t.co/VwyZLQBBJy 」 河内名所図絵(1801)「住吉神祠(星田神社) https://t.co/Fkat3ugRnI 」 #椿井文書
維南有箕、不可以簸揚。 維北有斗、不可以挹酒漿。 維南有箕、載翕其舌。 維北有斗、西柄之揭。 磐船神社(巌舩 https://t.co/fyMPptXxz5 )の「皚酵橋いかるがばし」 https://t.co/ooV9PKTyfM 皚-霜雪白貌 https://t.co/mUXptojTuu 酵-酒滓,酒母 https://t.co/GHcwwTJGlt
江戸時代の観光案内書・河内名所図会第6巻の妙見神祠(星田妙見宮)・織女石があり、現在「たなばたいし」としているけれど、万葉集や和歌でもそう読んでいるから、特に変ではない #七夕 https://t.co/dmjwCeHRZi
ウヒャア~これが獅子窟寺か‼ https://t.co/pOm3lJnvbG #河内名所図会
本尊薬師佛 行基の作 https://t.co/pOm3lJnvbG
@tonchi_jin 織女石(妙見石)ですね https://t.co/jCgEVY1gNr
@iwatekanbun @hageaso @gishigaku ・山城国との国境にある宇山村飛び地で #アテルイ は本当に処刑され、その埋葬地が片埜神社旧社地の牧野公園にあった牧野阪古墳(消滅)で、河内鑑名所記の祠 https://t.co/iGVPJDoheX や河内名所図会の宮寺 https://t.co/LTXw97UL5J だった など、どういう可能性が考えられるでしょうか?
1801年に星石の記録が同じ交野郡にあるのに? https://t.co/dmjwCeHRZi「熊吉は次のようなことを考えていたと推察される……摂津中山寺は観音が星に乗って集まってくるという星下りという祭りでも知られるが、それを多分に意識していたのであろう」 #馬部隆弘 P21,茄子作の村落秩序と偽文書 #椿井文書 https://t.co/u2MchuqqBD
1801年の河内名所図会にも小松神社(星田妙見宮)の織女石は書いてある https://t.co/dmjwCeHRZi #七夕
1734年京都の儒学者並河誠所 https://t.co/8aH34fagik と 1801年京都の文人秋里籬島 https://t.co/8YjGC9riAj が王仁博士墓は藤阪と書き 1900年越後の歴史学者吉田東伍は藤阪のは #アテルイ の墓で処刑地は宇山と書き https://t.co/hcBJ9OI7sW 2006年馬部隆弘氏編「楽しく学ぶ枚方の歴史」で肯定して
河内名所図会に書いてあったからではないかしら。それとも椿井政隆(1770~1837)は河内名所図会(1801)の王仁博士の墓の記述 https://t.co/8YjGC9riAj に影響を与えることができたのですか? #アテルイ @winker0013 https://t.co/GHGGS9Q9cp
中山観音寺跡の牛石(牽牛石)は祭壇のように土が盛り上がっている場所にあった。まだ測っていないのでわからないけれど、おそらく獅子窟寺の牛臥石 https://t.co/1TZ764UiWP もこの冬至の日の出線の上にあると思う。木々がなければ双方が見渡せる位置にある。昔の僧侶達は何を見ていたのだろう? https://t.co/dk47wOkr0Q
妙見山(x:-133724.961,Y:-32639.573)牛石(牽牛石)の中山観音寺跡(X:-134303.800,Y:-31635.824)天田神社(X:-135949.683,Y:-28555.385)王の墓(亀山院陵 https://t.co/1TZ764UiWP ;X:-136342.138,Y:-27837.411)、興福寺別院鶯滝宝光山歓禅院歓喜天(X:-145262.049,Y:-11363.813)は冬至日の出の線上に並ぶ https://t.co/3u0EBgSnPS
継体天皇の今城塚古墳(X:-127502.264,Y:-37035.637)、降星山光林寺の星石 https://t.co/dmjwCeHRZi (星御前;X:-136597.771,Y:-30175.611)織女石のある星田妙見宮(X:-137570.322,Y:-29444.408)、手白香皇女陵墓(X:-158764.922,Y:-13694.094)もほぼ直線で https://t.co/TsIX48aUeA
天野川水源が貝原益軒が書いた田原の里「此谷のおくに、星の森有。星の社あり。其神は牽牛織女也」 https://t.co/QUzqxY8E3U で、交野と田原の里は天磐舩 https://t.co/xxjHjrbtGB 伝承がある磐船で共同祭祀してた https://t.co/5rHnPX7jN0 から、馬部隆弘先生否定の七夕伝承はあるよ
馬部隆弘先生がブーイングする継体天皇即位の地樟葉宮 https://t.co/m2Y5D9pjAE は 交野郡楠葉と江戸時代にもう書いている https://t.co/Ewfr2nLMZe 。交野天神社になったのは政府の都合ではないかしら。神武天皇のあれこれも明治時代に政府主導であれこれ決められたから https://t.co/k0FQPOlS1w
天野川のある枚方・交野は河内国交野郡だけど星田妙見宮に織女石 https://t.co/dmjwCeHRZi 、機物神社祭日は七月七日 https://t.co/8YjGC9riAj 、渚の院で在原業平が七夕の詩を詠み https://t.co/nxU6m0gBv2 、漢民族系渡来人交野忌寸の本貫地となると、そういう伝承は生まれるでしょうね #アテルイ https://t.co/hyS8vv1zCz
天野川のある枚方・交野は河内国交野郡だけど星田妙見宮に織女石 https://t.co/dmjwCeHRZi 、機物神社祭日は七月七日 https://t.co/8YjGC9riAj 、渚の院で在原業平が七夕の詩を詠み https://t.co/nxU6m0gBv2 、漢民族系渡来人交野忌寸の本貫地となると、そういう伝承は生まれるでしょうね #アテルイ https://t.co/hyS8vv1zCz
んで、『日本城郭全集』による大日砦と移転前の白山神社は位置が一致(洒落ではない)するわけですが、江戸時代に刊行の『河内名所図会』には、砦に関係しそうな記載はなさそうでした(汗) 国立国会図書館デジタルコレクション「河内名所図会 六」(17コマ目に白山権現祠) https://t.co/XP2Vlm95Bq
継体天皇の本当の陵墓と言われている今城塚古墳と手白香皇女陵墓の間にあるのは、星田妙見宮(小松明神灌頂録)の織女石と降星山光林寺星御前だけど https://t.co/dmjwCeHRZi https://t.co/TsIX48aUeA
神道家は天御中主、陰陽家は北辰星、日蓮宗は妙見菩薩と呼んだそうな。そういう信仰があったんだろうけれど、他の神社でもそういうのはあったんだろうか https://t.co/dmjwCeHRZi
河内名所図会では星田妙見宮(小松神社)の旧名は「小松明神灌頂録」 https://t.co/dmjwCeHRZi 。その妙見山の一番上にあるのは稲荷神社。本地垂迹説によれば、ダキニ天だそうな。即位灌頂ではダキニ天真言をとなえるけれど何か関係があるのかないのか 。織女石(たなばたいし)の別名は妙見石で、
継体天皇の本当の古墳と言われている古墳と手白香皇女の陵墓との間にあるのが、織女石(たなばたいしby河内名所図会 https://t.co/dmjwCeHRZi )と降星山光林寺星御前神祠by「星田妙見山影向石略縁起J(小松神社蔵) https://t.co/YgtLIL469h と天野川 https://t.co/TsIX48aUeA
星田妙見宮(妙見神祠)の織女石と光林寺の星御前(星石)。妙見神祠=星田妙見宮の正式名称は小松神社だけれど、江戸時代の観光案内・河内名所図会では「旧名小松明神灌頂録」と書いてあったのに気が付いた。大嘗祭の代わりの仏式の即位灌頂の「灌頂」と、やはり関係がありそう https://t.co/dmjwCeHRZi
普見山獅子窟寺の獅子窟は金剛般若窟。巨石群の寺だから堅磐(かしわ)の寺とは言えるけれど。百重ケ原はあの辺りではある。その普見山からの冬至-交野柏原の郊祀があった日-の日の出は東大寺大仏殿から昇る。 https://t.co/pNwZF6XDNe https://t.co/BfveJQ32wn
交野柏原 https://t.co/X4ruzxrXEn 百重ケ原かしえがはら https://t.co/h681zIpOZ6 柏原かしわばら天皇 https://t.co/h2gU6piMlY 堅磐かしわ https://t.co/a0aGi4VT2a 王の墓は別名百重ガ原陵。私市駅東の花崗岩地帯? https://t.co/9OrPtsijPq
柏かしわ・はく https://t.co/XpSLyS3J3o 交野柏原 https://t.co/X4ruzxrXEn 百重ヶ原(かしえがはら) https://t.co/h681zIpOZ6 加志波良比古 https://t.co/L80YIdV7jo “難波江の、藻に埋もるる玉柏”=玉堅磐、柏=堅磐。郊祀は交野堅磐原、禁野の台地か、磐船 https://t.co/fyMPptXxz5 所轄の私市村? https://t.co/KdEHO08hAU
柏かしわ・はく https://t.co/XpSLyS3J3o 交野柏原 https://t.co/X4ruzxrXEn 百重ヶ原(かしえがはら) https://t.co/h681zIpOZ6 加志波良比古 https://t.co/L80YIdV7jo “難波江の、藻に埋もるる玉柏”=玉堅磐、柏=堅磐。郊祀は交野堅磐原、禁野の台地か、磐船 https://t.co/fyMPptXxz5 所轄の私市村? https://t.co/KdEHO08hAU
河内名所図会では杉村。全然方角が違う https://t.co/1BEE89Pxdf https://t.co/3eBIwfG6sJ
交野=百重が原。ってか、今の百重が原の定義が山際過ぎる。春日-私部-倉治-郡津-村野-鷹塚山は田園地帯。「交野なる 百重が原を つかのまも 恋ずやあらぬ 花の都を」 鴨長明 https://t.co/VIwCoQxlbs |  https://t.co/h681zIpOZ6 https://t.co/c7sU7zHse0
郊天祭祀があった交野柏原(野)。柏はかしわ、かや、かし、ヒャク、ハク。原はら、わら、わた、ばら、ばる、ゲン、ガン。枚方市の旧交野原または交野市私市を百重ケ原と河内名所図会では記載している。今は伝亀山上皇陵周辺(私市)説が、でも、 https://t.co/h681zIpOZ6 https://t.co/65bpk2ieea
@momo0078 河内名所図会の「百重ケ原」ですが、ふりがなの仮名は「かしえはら」でしょうか。「ももえはら」でしょうか? https://t.co/h681zIpOZ6
1 1 https://t.co/Xg8gEaAL0e https://t.co/DwKME6xxkt
https://t.co/q2frclJa8e このページの前から5項目目の鍛冶秦行綱宅址のところの、後ろから2行目の「秦ノ有成」ってこれまさか石切丸の作者の三條有成のことか?

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 1 contributors)

編集者: Yoko Ai
2020-04-21 14:24:32 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト