言及状況

Twitter (10 users, 12 posts, 7 favorites)

【史実】先ほど紹介した、とんかつのレシピが掲載されている「軽便西洋料理法指南」は国会図書館のデジタルコレクションで見ることができます。「豚肉カツレツ」はコマ番号11にありますね https://t.co/paFQODk41Y
@Military_tan 肉じゃがについて詳しいまとめです http://t.co/dZYB4vuK22  手頃な資料ですと1888年出版の軽便西洋料理法指南 http://t.co/zd9A0BCNgi にはビーフシチューの類縁、ハヤシビーフ(コマ番号21)が既に載ってます。
国会図書館デジタルコレクション 軽便西洋料理法指南 : 実地応用 一名・西洋料理早学び 図書 マダーム・ブラン 述, 洋食庖人 編 (久野木信善, 1888) 目次:アイスクリームの製法 http://t.co/XRSvpH2VgA
国会図書館デジタルコレクション 軽便西洋料理法指南 : 実地応用 一名・西洋料理早学び 図書 マダーム・ブラン 述, 洋食庖人 編 (久野木信善, 1888) 目次:コロツケ http://t.co/SxDWa19mDU
@kingbiscuitSIU 水気の多い海産物はフライ(揚げる)の傾向があるような。魚/海老/牡蠣のフライ http://t.co/ang3TPj7px
@kingbiscuitSIU フライ/カツ両方載ってる一番古い本『軽便西洋料理法指南』(明治21) http://t.co/fZIdFEyVAE 「カツレツはフライの如く衣を付け肉の隠れる程の油で両面を焼き」とあります。素材の形状か火の通り具合辺りの違いが理由でしょうか。

Wikipedia (3 pages, 4 posts, 3 contributors)

編集者: Lyijykyyneleet
2015-08-18 01:22:13 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト