歴史ナビ (@rekinavi)

投稿一覧(最新100件)

【資料】国文学研究資料館学術情報リポジトリに、「和書のさまざま――国文学研究資料館通常展示図録(2018年版)」がpdfで公開されました https://t.co/iMQUPXHVh4
【その他】1月11日に、小松和彦氏(国際日本文化研究センター所長)が天皇陛下に御進講した原稿が日文研オープンアクセスに掲載されました。pdfで11pあります >日本妖怪文化再考 https://t.co/YLM4pBZWqC
【挨拶】本日のつぶやきはここまでといたします。1891(明治二十四)年の今日、名古屋市の東本願寺別院で、鉄道五千里祝賀会が挙行されました。記事は国立国会図書館デジタルコレクションの『新聞集成明治編年史 第十三卷』(70/295コマ… https://t.co/f10ossIb2y
【資料】国際日本文化研究センターに、報告書「第290回 日文研フォーラム 火の女神と神になった男―16世紀の井戸茶碗を中心に―」(pdf 49p)が公開されました。興味のある方はぜひ https://t.co/oCrnqlISOS
【資料】国際日本文化研究センターに、報告書「第284回 日文研フォーラム 大英博物館「春画展」報告」(pdf 99p)が公開されました。興味のある方はぜひ https://t.co/ShnJ629RLN
【史実】先ほどつぶやいた、乱や変の呼称についての、安田元久氏の論考は、学習院学術成果リポジトリに、「歴史事象の呼称について:「承久の乱」「承久の変」を中心に」としてpdfで掲載されています。興味のある方は一読ください https://t.co/mpDKyfOYjy
【史実】先ほど紹介した、坂本龍馬の新説に関する記事に出てきた、町田明広氏(神田外語大学准教授)の論文「慶応期政局における薩摩藩の動向 : 薩長同盟を中心として」は、KUIS学術リポジトリでpdf(72p)が公開されています。興味深… https://t.co/2mP1tbcxbZ
【史実】先ほど紹介した、とんかつのレシピが掲載されている「軽便西洋料理法指南」は国会図書館のデジタルコレクションで見ることができます。「豚肉カツレツ」はコマ番号11にありますね https://t.co/paFQODk41Y
【資料】つくばリポジトリに、名波弘彰氏の論考「延慶本平家物語の終局部の構想における壇浦合戦譚の位置と意味」(文芸言語研究 文芸篇45 2004)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/69bfBaVSqM
【資料】CiNiiに、ジョアン・パウロ・オリヴェイラ・イ・コスタ氏/日埜博司氏の論考「信長天下平定期の畿内におけるポルトガル人の動静(一五六〇〜一五八二年)」(流通経済大学流通情報学部紀要1 1997/3)がpdfで公開されています https://t.co/Xstk6z4eFO

35 0 0 0 浪士姓名簿

【新選組】先ほどつぶやいた、所在がわかった浪士組の「浪士姓名簿」は、1月には見つかっていて、ネットなどでは話題になっていました、ちなみに書誌情報が、CiNiiに掲載されています https://t.co/PG0SDlBBME
【資料】CiNiiに、上田穣氏の論考「歴史家の見た御伽草子『猫のさうし』と禁制」(奈良県立大学研究季報14 2003/12/10)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/toCm0mgLZ7
【資料】J-STAGEに、高田知紀氏/梅津喜美夫/桑子敏雄氏の論考「東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究」(土木学会論文集F6 2012)がpdfで公開されています……最近ネットで話題になった論考です https://t.co/Ls7Ho2qy3O
【資料】MUSEに、森正人氏の論考「近代国民国家のイデオロギー装置と国民的偉人--楠木正成をめぐる明治期のふたつの出来事」(人文論叢24 2007)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/p98du3l474
【資料】高崎経済大学学術機関リポジトリに、富澤一弘/佐藤雄太氏の論考「『加沢記』からみた真田氏の自立 : 外交政策・家臣統制を中心に」(高崎経済大学論集54 2012/2/1)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/IDpNqe7YYu
【資料】成城大学リポジトリに、曽我部一行/及川祥平/今野大輔氏の論考「『人類学雑誌』考 : 民俗学の揺籃期」(成城文藝201 2007/12)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/CP5ZbsjDUF
【資料】STARSに、増田忠信氏の論考「『今昔物語集』と『将門記』に見える兵[つはもの]像について」(人間文化研究1 2014/11/28)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/LzejSMLEg5
【資料】CiNiiに、大倉比呂志氏の論考「『我身にたどる姫君』論 -女帝と前斎宮-」(學苑 828 2009/10/1)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/dBSh5RYkdl
【資料】MUSEに、森正人氏の論考「1935年の楠木正成をめぐるいくつかの出来事--ナショナル・ローカル・資本」(人文論叢 : 三重大学人文学部文化学科研究紀要25 2008/3/1)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/jEBuu7hIgx
【資料】WURに、大橋幸泰氏の論考「幕末期における異端的宗教活動の摘発 -対馬藩田代領「新後生」の場合-」(学術研究 :人文科学・社会科学編63 2015/3/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/MsejdtJIqA

13 0 0 0 OA 妖怪の活躍時間

【資料】同志社女子大学学術リポジトリに、小林賢章氏の論考「妖怪の活躍時間」(同志社女子大學學術研究年報67 2016/12/26)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/iASUwPs09u
【資料】実践女子大学学術機関リポジトリに、中村茂子氏の論考「摩多羅神の顕現とその芸能」(実践女子大学美學美術史學23 2009/3/5)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/RPR72KnF9w
【資料】CiNiiに、沢田享氏の論考「周防・長門国に於ける中世社寺建築の研究-その構造細部と装飾細部の特徴-」(秋田公立美術工芸短期大学紀要12 2007)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/qcKtjpwoPa
【資料】つくばリポジトリに、朴恩姫氏の論考「崇徳院の怨霊と後白河院、そして清盛 : 崇徳院怨霊譚の物語化の問題をめぐって」(文学研究論集20 2002/3/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/v168or92ev
【資料】つくばリポジトリに、名波弘彰氏の論考「宝剣喪失、密教と神話の間の王権論(中)『愚管抄』と延慶本平家物語の関係をめぐって」(文藝言語研究 文藝篇47 2005/3/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/eQ9kR5EKjb
【資料】大阪樟蔭女子大学リポジトリに、小西瑞恵氏の論考「中世における粽伝承と年中行事 : 室町期食文化の周辺」(大阪樟蔭女子大学学芸学部論集40 2003/3/6)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/kg76ZZI8pH
【資料】CiNiiに、多田實道氏の論考「室町時代の神宮と仏教」(印度學佛教學研究62(1) 2013/12/20)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/bbkRFnyiJk
【資料】福岡大学機関リポジトリに、森茂暁氏の論考「「博多日記」の文芸性と九州の元弘の乱」(福岡大学人文論叢37(4) 2006/3)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひhttps://t.co/RChWAY8K4k
【資料】CiNiiに、藤原成一氏の論考「悪党の美学 : 日本文化史にみる男の生き方(2)」(日本大学芸術学部紀要43 2006)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/C3n2Cr4mtA
【資料】大阪樟蔭女子大学リポジトリに、小西瑞恵氏の論考「東大寺領播磨国大部荘についての一考察」(大阪樟蔭女子大学学芸学部論集40 2003/3/6)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/mBs5kosURK
【資料】CiNiiに、金本伊津子氏の論考「津軽・下北地方における生者と死者の癒しのコミュニケーション : 死者の語りと冥婚 (2)」(平安女学院大学研究年報2 2002/3/10)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/jAU8glp2Bb
【資料】CiNiiに、金本伊津子氏の論考「津軽・下北地方における生者と死者の癒しのコミュニケーション : 死者の語りと冥婚 (1)」(平安女学院大学研究年報1 2001/3/10)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/6KnFtTLayW
【資料】DSpaceに、大橋幸泰氏の論考「正統・異端・切支丹 : 近世日本の秩序維持とキリシタン禁制(上)」(學術研究. 地理学・歴史学・社会科学編 2006/2/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/0apDPl9Q68
【資料】先ほど紹介した那谷寺の庭園に関連した論考「前田利常の作庭と那谷寺庭園」(田治六郎氏 造園雑誌9 1942/7/30)が、CiNiiで公開されています。古い論考ですが、金沢城の玉泉院丸庭園などとあわせて紹介されています https://t.co/UAv5b2OMEx
【資料】Dspaceに、谷口眞子氏の論考「佐賀藩の殉死にみる「御側仕え」の心性」(稲田大学高等研究所紀要7 2015/3/15)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/BJoZg0soVE
【資料】CiNiiに、楠淳證氏の論考「貞慶の観音信仰再考 : 新資料『観世音菩薩感應抄』を中心として」(日本仏教綜合研究 (8) 2010/5/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/s4zuE3BD5J
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、吉水眞彦氏の論考「近江大津宮をめぐる諸問題 (新しい古代国家像のための基礎的研究) -- (宮都と官衙)」(国立歴史民俗博物館研究報告第179集 2013/11/15)が公開されてます https://t.co/pZq2WeGcwA
【資料】CiNiiに、西木政統氏の論考「室生寺金堂薬師如来立像と天台系薬師如来」(紀要13 2014/3/1)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/0y8bl2iHvc
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、宇田川武久氏の論考「ふたたび鉄炮伝来論 村井章介氏の批判に応える」(国立歴史民俗博物館研究報告第190集 2015/1/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/HKFjrU8wuB
【資料】CiNiiに、前川健一氏の論考「『叡山大師伝』と『比叡山延暦寺元初祖師行業記』」(印度學佛教學研究62(2) 2014/3/20)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/bCIrph1f1B
【資料】J-SATGEに、藤本章氏の論考「八幡古表神社の神相撲に関する研究-信仰と表現-」(スポーツ人類學研究2000(2) 2001)がpdfで公開されています。この神事は非常に興味深いです。興味のある方はぜひ https://t.co/8h96Kymifn
【資料】KGURに、河上繁樹氏の論考「服飾から見た足利義満の冊封に関する小論」(人文論究62 2013/2/10)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/dEGDkVujHl
【資料】KUIS-MAPSに、坂上雅翁氏の論考「光明山寺を中心とした南都浄土教の展開」(研究紀要9 2008/3)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/gOlqksV6iA
【資料】先ほど紹介した記事にあった死絵について、CiNiiに、川口高風氏の論考「三代目、四代目助高屋高助の死絵について」(愛知学院大学教養部紀要53 2006/2/25)がpdfで公開されています。さらに知りたい方はぜひ https://t.co/pao4dHIlQa
【資料】関西福祉大学に、半田結氏の論考「絵巻に見る「病のイメージ」『日本絵巻大成』から」(関西福祉大学社会福祉学部研究紀要19(1) 2016/3)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/PyDERtyK8m
【資料】日本福祉大学機関リポジトリに、西島千尋氏の論考「舞う政治と踊らせない政治─『加賀藩資料』にみる芸能統制─」(現代と文化 : 日本福祉大学研究紀要132 2015/9/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/v8oOTzvHMX
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、菱沼一憲氏の論考「桐生彦部家の足利将軍家旧臣活動」(国立歴史民俗博物館研究報告第182集 2014/1/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/2NDSNt7IYs
【資料】CiNiiに、佐藤晃氏の論考「系図を綴る中世武士」(日本文学 47(7) 1998/7/10)がpdfで公開されています。安東(秋田)実季を取り上げ、正史の歴史叙述の行間に自家の存在を滑り込ませ方法。興味のある方はぜひ https://t.co/OsO1kkv2GS
【資料】MMUに、田中薫氏の論考「「偽書問題」の存在」(宮崎公立大学人文学部紀要6 1999/3/20)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/2XOkIi4779
【資料】CiNiiに、松浦由起氏の論考「戦国軍記『武功夜話』における偽書説について: 語彙による年代確定の危うさ」(豊田工業高等専門学校研究紀要37 2004/11/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/KGwc7PChjB
【資料】先につぶやいた、千利休の死について、CiNiiに福井幸男氏の論考「千利休切腹の原因およびその後の千利休の死をめぐる言説に関する研究」(人間文化研究1 2014/11/28)がpdfで公開されています。参考までに https://t.co/s77IDjFPyK
【資料】国文学研究資料館学術情報リポジトリに、大橋幸泰氏の論考「《特集》キリシタンの跡をたどる―バチカン図書館所蔵マレガ収集文書の発見と国際交流――16-19世紀日本におけるキリシタンの受容・禁制・潜伏」が公開されています https://t.co/IK67BLlvAK
【資料】CiNiiに、橋内武氏の論考「『遠野物語』の成立とその百年」(桃山学院大学社会学論集44(2) 2011/3/28)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/3Z8336R5hC
【資料】CiNiiに、佐藤雅代氏の論考「死を悼む和歌の展開 : 心情表現「かなし」をめぐって」(山陽論叢 22 2016/3/18)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/Krq0h9aWpE
【資料】CiNiiに、宮谷聡美氏の論考「『伊勢物語』八七段「蘆屋の里」の主題と方法」(東京経営短期大学紀要23・24 2016/3/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/kZfqXlAXMM
【資料】竹の庫に、湯谷祐三氏の論考「金閣寺は、金閣寺として建てられた:「日本国王源道義」こと足利義満と五台山の仏教説話」(名古屋外国語大学外国語学部紀要42 2012/2)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/lXCEZ9THrJ
【資料】Dspaceに、岩崎日出男氏の論考「五臺山・金閣寺の構造とその敎理的背景について」(東洋の思想と宗敎30 2013/3/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/4b8EzMiIAb
【資料】OUKAに、吉田雅子氏の論考「祇園祭・大津祭伝来の花鳥獣文様染織品:動物入りの絵画的構図を中心に」(デザイン理論64 2014/8/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/oWvMV6k822
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、原淳一郎氏の論考「書物と寺社参詣 : 旅の往来物の分析から」(国立歴史民俗博物館研究報告第155集 2010/3/15)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/a0tWiRr9yn
【資料】SOARに、山森邦久氏の論考「 物語の歴史的変容 : 金太郎の場合」(信大国語教育6 1996/10/10 )がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/FT4obc1R6z
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、小島道裕氏の論考「洛中洛外図屏風歴博甲本の制作事情をめぐって(Ⅱ. 洛中洛外図屏風と社会的背景)」(国立歴史民俗博物館研究報告180 2014/2/28)がpdfで公開されています https://t.co/sTQ4TOAiXO
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、久留島典子氏の論考「戦功の記録 : 中世から近世へ」(国立歴史民俗博物館研究報告182 2014/1/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/REhv5pLvsW
【資料】先につぶやいた、祇園祭の山鉾のタペストリーについて、日文研オープンアクセスに、吉田孝次郎氏の論考「祇園会と渡来懸装染織品」(日本研究9 1993/9/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/1wpDZzn5UX
【資料】CiNiiに、和田達也氏のプレゼン資料「魅せる工事. 修理見学施設『天空の白鷺』: 姫路城大天守保存修理事業(キーノート4)」(プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集 2013(秋季) 13/9/5)がpdfで公開中 https://t.co/eNcxeOXeLW
【資料】CiNiiに、今村みゑ子氏の論考「鳥羽僧正覚猷と『鳥獣戯画』」(東京工芸大学芸術学部紀要13 2007)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/GoXw3axhER
【資料】CiNiiに、須藤茂樹氏の論考「海の大名行列 : 徳島藩を事例に」(交通史研究43 1999/5/15)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/4thEQAALvT
【資料】総合研究大学院大学学術情報リポジトリに、鈴木堅弘氏の論文「図像の数量分析からみる春画表現の多様性と特色--江戸春画には何が描かれてきたのか」(総研大文化科学研究 7 2011/3)がpdfで公開されています。大作ですw https://t.co/NTvTzydCCA
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、酒井茂幸氏の論考「『広幢集』考 猪苗代家の源流を求めて」(国立歴史民俗博物館研究報告130 2006/3)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/3SLVY9Nbor
【資料】日文研オープンアクセスに、平松隆円氏の論文「黒髪の変遷史への覚書き」(日本研究46 2012/9)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/CShbbcKvlW
【資料】CiNiiに、真鍋俊照氏の論考「東寺の立体曼荼羅の構想」(印度學佛教學研究63(1) 2014/12/20)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/OuZa0ZU3aP
【資料】国文学研究資料館学術情報リポジトリに、日下幸男氏の論考「久世家文書と古今伝授 (シンポジウム報告 近世の公家文書と学芸)」(調査研究報告32 2011)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/1IQRcVF2sC
【資料】成城大学リポジトリに、高木まどか氏の論文「吉原における客の身分 遊女評判記を中心に」(常民文化38 2015/3)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/Po6epsNXw7
【資料】CiNiiに、佐々木高弘氏の論文「多田源氏と丹波国の妖怪伝承」(京都学園大学人間文化学会紀要30 2013/3)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/pkfPF0eWna
【資料】CiNiiに、水野谷憲郎氏の論文「迎角から探る興福寺阿修羅像の立ち位置」(淑徳短期大学研究紀要53 2014/2/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/5jxl7o7HEk
【資料】麗澤大学学術リポジトリに、田辺龍氏の論文「幻想領域のメディア表象について―近世出版メディアから20世紀アニメーションに至る妖怪「ぬらりひょん」の変貌をめぐって」(麗澤大学紀要99 2016/1/31)がpdfで公開中です https://t.co/J8NF4cq28W
【資料】NIU-AIRに、安部直樹 氏の論文「大名茶の系譜 - 武辺の茶の統治機能 -」(長崎国際大学論叢7 2007/1)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/VKbWN8atd7
【資料】Tulipsに、劉權敏氏の論文「万葉集における天皇の神性について 柿本人麻呂と大伴家持を中心に」(倫理学25 2009/3/20)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/uinPRy7jlN
【資料】東北学院大学学術情報リポジトリに、新野一浩/七海雅人氏の論文「松島町雄島周辺海底採集板碑の報告(3)」(東北文化研究所紀要47 2015/12/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/NBDYmSw03K)
【資料】NIU-AIRに、安部直樹 氏の論文「大名茶の系譜 - 武辺の茶の統治機能 -」(長崎国際大学論叢7 2007/1)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/VKbWN8atd7
【資料】CiNiiに、阿部一彦氏の論文「近世初期軍記と『武功夜話』:関白豊臣秀次事件をめぐって」(愛知淑徳大学論集. 文学部・文学研究科篇33 2008)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/5y0JB4998u
【資料】Tulipsに、小谷俊博氏の論文「柿本人麻呂の人間観 近江荒都歌を中心に」(倫理学27 2011/3/20)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/5iESB88LKO
【資料】甲南大学機関リポジトリに、東谷智氏の論文「藤堂藩の成立と伊賀 : 藤堂高虎・高次・高久を素材にして」(甲南大學紀要.文学編162 2012/3/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/NcV0IEu0Jz
【資料】立教Rootsに、加藤睦氏の論文「藤原定家「堀河院題百首」覚書」(立教大学日本文学114 2015/7/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/SzyJTQ6jmH
【資料】CiNiiに、米井輝圭氏による書評と内容紹介「山田雄司著, 『怨霊・怪異・伊勢神宮』, 思文閣出版」(宗教研究89(1) 2015/6/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/WtdEWL9NFN
【資料】麗澤大学学術リポジトリに、竹中信介氏の論文「「三種の神器」の象徴的意味の解釈をめぐって―シンボルとしての鏡・剣・玉に備わる多義性について―」(言語と文明12 2014/3/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/bzjweQ4bDU
【資料】麗澤大学学術リポジトリに、竹中信介氏の論文「「三種の神器」の象徴的意味の解釈をめぐって―シンボルとしての鏡・剣・玉に備わる多義性について―」(言語と文明12 2014/3/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/bzjweQ4bDU
【資料】CiNiiに、田中貴子氏の論文「安徳天皇女性説の背景 : 女と子供の成仏をめぐって」(日本文学 51(7) 2002/7/10)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/p4ETBkba3E
【資料】CiNiiに、田中貴子氏の論文「外法と愛法の中世:[ダ]天行者の肖像(<特集>南北朝の視界)」(日本文学40(6) 1991/6/10)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/7Qs6vhX83W
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、井原今朝男氏の論文「鎌倉期の諏訪神社関係史料にみる神道と仏道 中世御記文の時代的特質について」(国立歴史民俗博物館研究報告139 2008/3/31)がpdfで公開されています https://t.co/SLa2sy1eCF
【資料】CiNiiに、福永美佳氏の論文「『竹取物語』に関する一考察 :『五行大義』でよむ求婚譚」(尚絅大学研究紀要 人文・社会科学編47 2015/3/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/M8Q7iuITKN
【資料】CiNiiに、谷口悦子氏の論文「南信濃和田 諏訪神社の御柱祭-富と栄誉の象徴-」(飯田市美術博物館研究紀要18 2008)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/Q4MOPYP1sD
【資料】HUSCAPに、武石智典氏の論文「吉田松陰の経世論」(研究論集13 2013/12/20)がpdfで公開されています。吉田松陰の忠誠観と対外認識及び政策に着目し、時代区分に沿って松陰の思想の変遷を明らかにするhttps://t.co/LvfDqbmUeJ

3 0 0 0 OA 口伝の行進曲

【資料】J-STAGEに、奥中康人氏の論文「口伝の行進曲:維新期における山国隊の西洋ドラム奏法受容とその継承」(東洋音楽研究70 2005)がpdfで公開されています。リンク先では英語表記の概要が表示されますが、論文は日本語です https://t.co/nKuTfL0XMA
【資料】大坂樟蔭女子大学リポジトリに、小西瑞恵氏の論文「自治都市長崎の歴史的位置 安野眞幸氏の研究を中心に」(大阪樟蔭女子大学学芸学部論集45 2008/1/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひhttps://t.co/2Qk9ehC0dT
【資料】J-STAGEに、軽米克尊/酒井利信氏の論文「直心影流の成立とその伝系及び伝承に関する一考察」(武道学研究Vol.47 2014-2015)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひhttps://t.co/rmTPt57DVH
【資料】日本女子大学学術情報リポジトリに、林久史氏の論文「竹取物語と錬金術」(日本女子大学紀要 理学部23 2015/3/31)がpdfで公開されています。図版も豊富で面白いです https://t.co/tYyjXOqm7G
【資料】同志社女子大学学術リポジトリに、寺川眞知夫氏の論文「 額田王の経歴と蒲生野贈答歌」(同志社女子大学日本語日本文学24 2012/6/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/aFdSeSS1tK
【資料】USAGIに、工藤泰子氏の論文「出雲大社と近代観光」(島根県立大学短期大学部松江キャンパス研究紀要52 2014/3/31)が公開されています。観光史研究の一環として、出雲大社周辺の近代観光都市としての形成過程を明らかにする https://t.co/eyOauIhLjI
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、井原今朝男氏の論文「神社史料の諸問題 諏訪神社関係史料を中心に」(国立歴史民俗博物館研究報告148 2008/12/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/kMZ9JBYOBu
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、酒井茂幸氏の論文「文安・宝徳期の武家歌壇 : 能登守護畠山義忠と正徹」(国立歴史民俗博物館研究報告第136 2007/3/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/njw8XqT0tz

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(8551ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tani6s: 『一物理学者が観た哲学』(谷村ノート)は以前と変わらずここに置いてあります:https://t.co/pcTTaFKtCU

5 5 5 5 OA 放送史料探訪

RT @BungakuReport: 放送史料探訪 『外地放送史資料・満州編』 「外地」放送史料から(4) 宮川 大介 https://t.co/iZdg5GzVl1
タイ料理の隠し味(NICHIBUNKEN NEWSLETTER) https://t.co/ddkT37XQMB #タイ #タイ料理 #料理 #比較文化 #日系企業 #食文化

5 5 5 5 OA 放送史料探訪

放送史料探訪 『外地放送史資料・満州編』 「外地」放送史料から(4) 宮川 大介 https://t.co/cSBBVkWkyl

5 5 5 5 OA 放送史料探訪

放送史料探訪 『外地放送史資料・満州編』 「外地」放送史料から(4) 宮川 大介 https://t.co/iZdg5GzVl1
Study on the Adjustment Mechanism of Feeling with Skin Care https://t.co/Meenlj14K3

80 1 1 1 OA 史籍雑纂

當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 https://t.co/cBeJL0DXxf #skbot
CiNii 図書 - 近松浄瑠璃善本集成 https://t.co/DSztNzcsKO #CiNii
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
Relationship Between Companies and Consumers over the Cosmetics https://t.co/nUIbgeMAK0
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
第九、わからん。 https://t.co/c7KYwgRj9R https://t.co/BLZkFqEqI9
Acutual Proof Study on the Adjustment Mechanism of Feeling with Manicure Using Profile of Mood States https://t.co/KgHRIsN9KF

2 1 1 1 日本刀講座

日本刀講座はトーハク行けばよめるのかなー。 https://t.co/2spkafkfO4
RT @genmaysan: なんだか気になったのでちょいと調べてみたら 藤田五郎:斎藤一と「いだてん」永井道明の名前が並んでる文献が見付かった件w #いだてん #新選組 #いだてん史料噺 東京女子高等師範学校一覧. 明治41,42年 - 国立国会図書館デジタル https…
RT @zasetsushirazu: 板垣哲夫「維新後における大久保利通の政治上の人間関係」(『史学雑誌』86-11、1977年)は、慶応3年10月〜明治10年3月、大久保がどんな人物と接触していたか、日記を分析。大久保の政府内での地位上昇に伴い、薩長土肥以外の出身者が中堅官…
板垣哲夫「維新後における大久保利通の政治上の人間関係」(『史学雑誌』86-11、1977年)は、慶応3年10月〜明治10年3月、大久保がどんな人物と接触していたか、日記を分析。大久保の政府内での地位上昇に伴い、薩長土肥以外の出身者… https://t.co/zxRRTvUDo7
ただ、江戸時代に流行した反切占いに使われる韻鏡。 この韻鏡は平安時代にもあって、宮中の秘術として反切占いによる姓名判断が行われていた。 江戸時代は、占いと古典語学が組み合わされた魔術 というのはとても興味深い。 こっち路線… https://t.co/6woRP8nVHn
RT @A_S_Pirogov: ソ連が当時日本に行った事は許せないし、猶予はあまりないのかもしれないけれど解決すべき事だとは思う。日ソ両国がどう考えたのか、どうしたのか、実際どうだったのか、それを知ることをやめてはいけないんだと信じてる。 占守島1945年・8月を是非読んで…
Study on Makeup Norm https://t.co/4E620npx39
法然六五〇年の御忌 ―「蕐頂山大法會圖録全」「勅會御式略圖全」の翻刻―(日本研究)https://t.co/cVdR1clgpK #佛教 #浄土宗 #法然 #日本研究 #御忌 #日本仏教 #仏教 #知恩院 #黒谷 #論文 #歴史 #歴史学 #京都
黒髪の変遷史への覚書き(日本研究) https://t.co/ddkT37XQMB #美人 #美女 #歴史 #歴史学 #黒髪 #風俗史 #文化史 #研究 #風俗 #平安 #ヘアスタイル #化粧 #化粧文化 #歴史 #日本研究 #論文 #風俗
Study on the Adjustment Mechanism of Feeling with Skin Care https://t.co/Meenlj14K3

3 3 3 0 OA 地図なき旅路

RT @Naga_Kyoto: 千田稔「地図なき旅路」 https://t.co/nPxGEOYLn7 >かつての翼賛的な地政学と,同列とまでは,とてもいいたくはありませんが,政治や政策になびきやすい習性があるかのように見えるときがあります >地理学は「エリア・スタディーズ」に…
RT @BungakuReportRS: 久保田 昌子 -  『常陸国風土記』における土蜘蛛伝承の検討 https://t.co/SmHBTI55OK
RT @BungakuReportRS: 瀧音 能之 -  記・紀と『出雲国風土記』の相克 : 黄泉国の記載をめぐって https://t.co/QcLm5H99Eg

3 3 3 0 OA 地図なき旅路

千田稔「地図なき旅路」 https://t.co/nPxGEOYLn7 >かつての翼賛的な地政学と,同列とまでは,とてもいいたくはありませんが,政治や政策になびきやすい習性があるかのように見えるときがあります >地理学は「エリア・… https://t.co/aFNe0by9wC
土屋長吉は終に乱軍の中に討死したり、以て主君家康の難を救いぬ。家康この日城に帰りて甲を脱せしに、銃丸二個ころげ出せりとかや、いかに戦闘の激烈なるかを思い見る可し。【徳川武士銘々伝・土屋長吉】 https://t.co/MKhGgGCCuu #skbot
RT @washou3956: PDF公開。石原比伊呂「光明天皇に関する基礎的考察」(『聖心女子大学論叢』134、2019年12月)先行研究の多くない光明天皇の基礎研究として、天皇を政治的側面から検討。文和元年に南朝によって賀名生に連行された三院等のうち、光明院だけが早くに解放…
鎌倉恵子氏「人形浄瑠璃『勧進帳』諸本の比較研究―詞章を中心に」(『芸能の科学』32号、、2005年所収)。 https://t.co/UmgX4Owzws https://t.co/76a8I8v1vk
黒髪の変遷史への覚書き(日本研究) https://t.co/ddkT37XQMB #美人 #美女 #歴史 #歴史学 #黒髪 #風俗史 #文化史 #研究 #風俗 #平安 #ヘアスタイル #化粧 #化粧文化 #歴史 #日本研究 #論文 #風俗
RT @washou3956: PDF公開。石原比伊呂「光明天皇に関する基礎的考察」(『聖心女子大学論叢』134、2019年12月)先行研究の多くない光明天皇の基礎研究として、天皇を政治的側面から検討。文和元年に南朝によって賀名生に連行された三院等のうち、光明院だけが早くに解放…
RT @washou3956: PDF公開。石原比伊呂「光明天皇に関する基礎的考察」(『聖心女子大学論叢』134、2019年12月)先行研究の多くない光明天皇の基礎研究として、天皇を政治的側面から検討。文和元年に南朝によって賀名生に連行された三院等のうち、光明院だけが早くに解放…
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1086「オーバーツーリズム―欧州諸国の事例と日本への示唆―」(PDF:519KB)を掲載しました https://t.co/6MDBSvuNVR
曼殊院門跡所蔵の文書聖教目録は、たとえば菊地大樹「「曼殊院文書」の伝来と構成」(五味文彦・菊地大樹編『中世の寺院と都市・権力』山川出版社、2007年)、髙田宗平「曼殊院門跡所蔵『論語総略』影印・翻印」(『国立歴史民俗博物館研究報告… https://t.co/2I4GW574rj
(メモ)郷土史家の中村良之進は、青森師範学校第十三回生? https://t.co/7JOru4lrVJ
RT @washou3956: PDF公開。石原比伊呂「光明天皇に関する基礎的考察」(『聖心女子大学論叢』134、2019年12月)先行研究の多くない光明天皇の基礎研究として、天皇を政治的側面から検討。文和元年に南朝によって賀名生に連行された三院等のうち、光明院だけが早くに解放…
PDF公開。石原比伊呂「光明天皇に関する基礎的考察」(『聖心女子大学論叢』134、2019年12月)先行研究の多くない光明天皇の基礎研究として、天皇を政治的側面から検討。文和元年に南朝によって賀名生に連行された三院等のうち、光明院… https://t.co/sVja2lwSnI
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1086「オーバーツーリズム―欧州諸国の事例と日本への示唆―」(PDF:519KB)を掲載しました https://t.co/6MDBSvuNVR
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1085「かんぽ生命保険の不適正募集問題」(PDF:489KB)を掲載しました https://t.co/CVGMotpVLP
RT @TohruGenka: 日本科学哲学会の『科学哲学』に載った論文「悲しい曲のどこが悲しいのか:音楽のなかの情動認知」がJ-STAGEで公開されました。昨年出た拙著『悲しい曲の何が悲しいのか:音楽美学と心の哲学』の元ネタのひとつです。 https://t.co/9F7Dv…
【イングランド法学提要 第2部「マグナ・カルタ註解」】 コーク https://t.co/KQw0wQ00vT イングランドのコモン・ローの法思想を理論化した、法律家エドワード・コーク氏の代表作『英国法提要』第二部の、一部翻訳ページ。 #コーク #Coke
RT @washou3956: PDF公開。竹中友里代「石清水八幡宮神人家文書にみる連歌師紹巴と細川幽斎」(『京都府立大学学術報告.人文』71、2019年12月)旧石清水八幡宮寺神人の橋本家に伝わる連歌資料を、地域の歴史に位置付ける試み。https://t.co/dkEG0lB…
久保田 昌子 -  『常陸国風土記』における土蜘蛛伝承の検討 https://t.co/SmHBTI55OK
瀧音 能之 -  記・紀と『出雲国風土記』の相克 : 黄泉国の記載をめぐって https://t.co/QcLm5H99Eg
RT @washou3956: PDF公開。竹中友里代「石清水八幡宮神人家文書にみる連歌師紹巴と細川幽斎」(『京都府立大学学術報告.人文』71、2019年12月)旧石清水八幡宮寺神人の橋本家に伝わる連歌資料を、地域の歴史に位置付ける試み。https://t.co/dkEG0lB…
Relationship Between Companies and Consumers over the Cosmetics https://t.co/nUIbgeMAK0
日本仏教における僧と稚児の男色(日本研究) https://t.co/XCnbrl5Iir #僧 #稚児 #美醜 #男色 #女犯 #児灌頂 #仏教 #佛教 #歴史 #宗教 #宗教学 #日本研究 #歴史学 #論文 #研究 #性欲
Study on Makeup Norm https://t.co/4E620npx39
Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes, Normative Consciousness and Dependence https://t.co/YJpOzH0w1a
『精進魚類物語』https://t.co/quXldOc3BB 室町時代、一条兼良作とか伝わる源平合戦擬人化パロディー。納豆や野菜に扮した精進物軍(源氏)が、魚や鳥(平家)を最後は鍋の具に。
#麒麟がくる 来週は1549年頃 ?ザビエルが来ますね。 ザビエルは鹿児島上陸前に種子島に立ち寄ったと書かれた書簡があり、写本の正誤についてフロイスの時代から議論があったそうですが、パチェコ神父様が論文「ザビエルと種子島」で帰路寄… https://t.co/N0nPCUAiQu

6 2 2 0 OA 源実朝

私が題材の能はもう一つ、文学者の土岐善麿が昭和25年に書いたものもある。こちらは喜多流の演目。土岐は戦時中に私の評伝も執筆しており、近代デジタルライブラリーで公開されている。 https://t.co/HYfh9AB8Pe
Study on the Adjustment Mechanism of Feeling with Skin Care https://t.co/Meenlj14K3

12 1 1 0 OA 前賢故実

【近代デジタルライブラリー】菊池容斎画、山田重忠https://t.co/bgmE2CyYia オレや藤原秀康殿を差し置いて、承久の乱の宮方武将から。顔書かれてないんだけどなw

9 1 1 0 OA 名将言行録

晩年恬退自ら守る時に本多正信、政を執り権内外を傾く、康政曰く大臣権を争うは国家の利にあらず、天下既に定まり復た力を効すことなしと言ひ、是と抗せず。議する者其器度に服せり。【名将言行録】 https://t.co/t0523r6TTa #skbot
一柳満喜子の生涯に関する一考察(日本研究) https://t.co/21MbpFoef5 #一柳満喜子 #華族 #クリスチャン #ヴォーリズ #近江兄弟社 #幼児教育 #近江八幡 #YMCA #研究 #論文 #宗教史 #キリスト教史 #教育史 #教育学
RT @washou3956: PDF公開。平雅行「平泉惣別当に関する基礎的考察」(『人間文化研究』43、2019年11月)鎌倉時代の中尊寺・毛越寺について、①良禅・良信を平泉惣別当とする当否、②弘長2年4月1日座主下知状の史料的信憑性を検討。「私にとって本稿は、鎌倉真言派研究…
PDF公開。竹中友里代「石清水八幡宮神人家文書にみる連歌師紹巴と細川幽斎」(『京都府立大学学術報告.人文』71、2019年12月)旧石清水八幡宮寺神人の橋本家に伝わる連歌資料を、地域の歴史に位置付ける試み。https://t.co/dkEG0lBFew
PDF公開。平雅行「平泉惣別当に関する基礎的考察」(『人間文化研究』43、2019年11月)鎌倉時代の中尊寺・毛越寺について、①良禅・良信を平泉惣別当とする当否、②弘長2年4月1日座主下知状の史料的信憑性を検討。「私にとって本稿は… https://t.co/8zaWyIgAh8
RT @wormanago: その某誌に出ていたちょっと面白い論文。推定精度はともかく、これによれば日本でのフナ釣り人口の推定値が76.7万人。これにはヘラブナがかなり含まれるだろうけど、ウグイ釣り人口が35.5万人もいるのが面白い。この中には食用目的の釣りがかなり含まれている…
法然六五〇年の御忌 ―「蕐頂山大法會圖録全」「勅會御式略圖全」の翻刻―(日本研究)https://t.co/cVdR1clgpK #佛教 #浄土宗 #法然 #日本研究 #御忌 #日本仏教 #仏教 #知恩院 #黒谷 #論文 #歴史 #歴史学 #京都
Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes and Self Deepness of Makeup https://t.co/6SRKIbmNIQ
RT @machi82175302: 拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要、2017年3月予定)。幕末期の黒田清隆を、ここまで扱った論文を知らない。https://t.co/qtxOT4vv0S
黒髪の変遷史への覚書き(日本研究) https://t.co/ddkT37XQMB #美人 #美女 #歴史 #歴史学 #黒髪 #風俗史 #文化史 #研究 #風俗 #平安 #ヘアスタイル #化粧 #化粧文化 #歴史 #日本研究 #論文 #風俗
Study on the Adjustment Mechanism of Feeling with Skin Care https://t.co/Meenlj14K3
RT @zasetsushirazu: 明治41年2月16日、建野郷三が死去。幕末の小倉藩士で、第2次長州征伐で小倉城が落城した際、赤心隊を結成した。明治期に大阪府知事、米国公使などを歴任。銭国紅「洋上の対話」(『日本研究』15)は、明治3年に英国留学した建野と、清国人・張徳彝…
Relationship Between Companies and Consumers over the Cosmetics https://t.co/nUIbgeMAK0
RT @zasetsushirazu: 明治41年2月16日、建野郷三が死去。幕末の小倉藩士で、第2次長州征伐で小倉城が落城した際、赤心隊を結成した。明治期に大阪府知事、米国公使などを歴任。銭国紅「洋上の対話」(『日本研究』15)は、明治3年に英国留学した建野と、清国人・張徳彝…
明治41年2月16日、建野郷三が死去。幕末の小倉藩士で、第2次長州征伐で小倉城が落城した際、赤心隊を結成した。明治期に大阪府知事、米国公使などを歴任。銭国紅「洋上の対話」(『日本研究』15)は、明治3年に英国留学した建野と、清国人… https://t.co/gKVR7l9ksv
RT @Fransisco1530: #麒麟がくる 今日は将軍家がテーマのようだから、これは何度でも宣伝します 足利一門再考 : 「足利的秩序」とその崩壊 谷口 雄太 https://t.co/2DO0nvaaGa 戦国期の足利将軍家の果たした役割を考える上で非常に参考にな…
RT @Fransisco1530: #麒麟がくる 今日は将軍家がテーマのようだから、これは何度でも宣伝します 足利一門再考 : 「足利的秩序」とその崩壊 谷口 雄太 https://t.co/2DO0nvaaGa 戦国期の足利将軍家の果たした役割を考える上で非常に参考にな…
#麒麟がくる 今日は将軍家がテーマのようだから、これは何度でも宣伝します 足利一門再考 : 「足利的秩序」とその崩壊 谷口 雄太 https://t.co/2DO0nvaaGa 戦国期の足利将軍家の果たした役割を考える上で非常… https://t.co/MxMohMoWrC
【E-journal GEO掲載論文】畠山輝雄 2020.公共施設へのネーミングライツの導入と地理学的研究の可能性,E-journal GEO 15(1),29-43. https://t.co/bEDZfRfDtX
RT @machi82175302: 拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要、2017年3月予定)。幕末期の黒田清隆を、ここまで扱った論文を知らない。https://t.co/qtxOT4vv0S

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…

191 191 191 2 OA 二人女王

鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりま… https://t.co/my2YHaAuHj
RT @zasetsushirazu: 昭和62年2月16日、歴史家の大月明が死去。死後、遺稿集『近世日本の儒学と洋学』(思文閣出版)が刊行され、論文「モリソン号事件をめぐつて」、「前期水戸学者の一考察」、「藤田幽谷研究ノート」などが収録された。下記は『史学雑誌』99巻7号に掲…
日本仏教における僧と稚児の男色(日本研究) https://t.co/XCnbrl5Iir #僧 #稚児 #美醜 #男色 #女犯 #児灌頂 #仏教 #佛教 #歴史 #宗教 #宗教学 #日本研究 #歴史学 #論文 #研究 #性欲
RT @zasetsushirazu: 昭和62年2月16日、歴史家の大月明が死去。死後、遺稿集『近世日本の儒学と洋学』(思文閣出版)が刊行され、論文「モリソン号事件をめぐつて」、「前期水戸学者の一考察」、「藤田幽谷研究ノート」などが収録された。下記は『史学雑誌』99巻7号に掲…
Study on Makeup Norm https://t.co/4E620npx39
RT @zasetsushirazu: 昭和62年2月16日、歴史家の大月明が死去。死後、遺稿集『近世日本の儒学と洋学』(思文閣出版)が刊行され、論文「モリソン号事件をめぐつて」、「前期水戸学者の一考察」、「藤田幽谷研究ノート」などが収録された。下記は『史学雑誌』99巻7号に掲…
@usataro1999 もちろん20年以上経過しているので研究は多少なり進んでいるのではないかとも思いますが…。ひとまず調べたかんじではこのあたりでしょうか。https://t.co/FedYJMyqEv
昭和62年2月16日、歴史家の大月明が死去。死後、遺稿集『近世日本の儒学と洋学』(思文閣出版)が刊行され、論文「モリソン号事件をめぐつて」、「前期水戸学者の一考察」、「藤田幽谷研究ノート」などが収録された。下記は『史学雑誌』99巻… https://t.co/VvhIawCHh0
日本仏教における僧と稚児の男色(日本研究) https://t.co/XCnbrl5Iir #僧 #稚児 #美醜 #男色 #女犯 #児灌頂 #仏教 #佛教 #歴史 #宗教 #宗教学 #日本研究 #歴史学 #論文 #研究 #性欲
Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes, Normative Consciousness and Dependence https://t.co/YJpOzH0w1a
RT @T_urade1987: 青木弥太郎の系譜について、私の中では謎の部分あったんですが、ようやく分かりました。青木八十次郎信之(秋助)→実子惣領青木金次郎→養子青木定太郎(弥太郎?)でした。屋敷は内藤新宿にあり、『御府内場末往還其外沿革図書』で変遷が分かります。 http…
RT @MValdegamas: だが愚直に近い信念と猛烈な勉強ぶりは一種の腹芸を打たせるので、まかり間違えば世界を束にして向うに廻す非常時日本の昨今には、先ず先ずはまり役の登場人物だ。…】国民新聞社政治部編『非常時日本に躍る人々』(1932年)https://t.co/lzY…

19 1 1 0 OA 史籍集覧

@hamamatsusayaka @koqzo1 高天神小笠原家譜によると、三河経由とのことです。https://t.co/92QBUSV5Ev
RT @BungakuReportRS: 三舟 隆之 -  貧窮する女性たち : 『日本霊異記』の説話から https://t.co/oWbiUUiI6R
推しCP論文です CiNii 論文 -  大伴古麻呂と藤原仲麻呂 https://t.co/5dNoZq6STf #CiNii
RT @jirokomori: メモ 「三陸海岸における術語「リアス海岸」の受容とその変容 ─ 津波常習地から観光の国立公園へ─ 」 三 浦・米 地(2015)季刊地理学 https://t.co/swUbcQsX4h
RT @shoemaker_levy: 三村昌司「近代日本における多数決の導入―明治初年地方民会を中心に―」『史潮』84、2018年。「全会一致」と、意見そのものが「至当であること」を重んじた近世政治文化の原則が、近代的議会における「多数決」にどのように取って代わるのかを論じた…
RT @LGBTQA_Article: 【化粧】平松隆円「男性による化粧行動としてのマニキュア塗抹がもたらす感情状態の変化に関する研究」佛教大学教育学部学会紀要 10巻 P.175-182 (2011-03-14) 佛教大学 https://t.co/AaafIp5cFk [P…
RT @LGBTQA_Article: 【G/男色】平松隆円「日本仏教における僧と稚児の男色」日本研究 34巻 P.89-130 (2007-03) 人間文化研究機構国際日本文化研究センター https://t.co/kDRqh6mL15

フォロワー(24224ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tani6s: 『一物理学者が観た哲学』(谷村ノート)は以前と変わらずここに置いてあります:https://t.co/pcTTaFKtCU
RT @lm700j: ドクターヘリの歴史を見てると、自衛隊のヘリ救難体制を構築した軍医が消防に移って始めたとのことで、乗り物を持ってる組織の部内の医師じゃないと始められないのが分かる。 https://t.co/wff9b026Pw
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…

5 5 5 5 OA 放送史料探訪

放送史料探訪 『外地放送史資料・満州編』 「外地」放送史料から(4) 宮川 大介 https://t.co/iZdg5GzVl1
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
大塚英志「 <特集 日本研究の道しるべ : 必読の一〇〇冊>ポピュラーカルチャー」『日本研究』第57集 https://t.co/6g8ihiZ5BR 考えてたことが書かれててとても勉強になった 在野研究、民俗学、サブカルあたりがキーワード 古本好きにもいいかも
RT @zasetsushirazu: 板垣哲夫「維新後における大久保利通の政治上の人間関係」(『史学雑誌』86-11、1977年)は、慶応3年10月〜明治10年3月、大久保がどんな人物と接触していたか、日記を分析。大久保の政府内での地位上昇に伴い、薩長土肥以外の出身者が中堅官…
@Gwanjyo 伊藤真徹「浄土宗捨世派の自律性と社会性」では、 https://t.co/sBVxgs17od 弾誓→澄禅→徳本 無能→関通→法岸 称念→以八→雲説→学信 忍澂→穏冏 とありますが、これらに明確な師弟関係があったわけではなさそうです。
RT @genmaysan: なんだか気になったのでちょいと調べてみたら 藤田五郎:斎藤一と「いだてん」永井道明の名前が並んでる文献が見付かった件w #いだてん #新選組 #いだてん史料噺 東京女子高等師範学校一覧. 明治41,42年 - 国立国会図書館デジタル https…
RT @zasetsushirazu: 板垣哲夫「維新後における大久保利通の政治上の人間関係」(『史学雑誌』86-11、1977年)は、慶応3年10月〜明治10年3月、大久保がどんな人物と接触していたか、日記を分析。大久保の政府内での地位上昇に伴い、薩長土肥以外の出身者が中堅官…
板垣哲夫「維新後における大久保利通の政治上の人間関係」(『史学雑誌』86-11、1977年)は、慶応3年10月〜明治10年3月、大久保がどんな人物と接触していたか、日記を分析。大久保の政府内での地位上昇に伴い、薩長土肥以外の出身者… https://t.co/zxRRTvUDo7
根上泰子. 2013. 野生動物の死亡原因の究明とその課題. 日本野生動物医学会誌 18(2): 53-59. DOI https://t.co/N3fepc8xKu
福井大祐. 2013. 人と野生動物の関わりと感染症―野鳥大量死と餌付けを例に. 日本野生動物医学会誌 18(2): 41-48. DOI https://t.co/HjeGnmVeiI
宇野裕之・横山真弓・坂田宏志・日本哺乳類学会シカ保護管理検討作業部会. 2007. ニホンジカ個体群の保全管理の現状と課題. 哺乳類科学 47(1): 25-38. DOI https://t.co/Kh5l7BEs0e
RT @136ism136: @ZFecEE62o71s2Su 製造した会社の資料によると客室内の新鮮空気は3割で、7割の空気が再利用されていることって、現場では伝えられているのでしょうか?https://t.co/AWkaqDYs8H
RT @A_S_Pirogov: ソ連が当時日本に行った事は許せないし、猶予はあまりないのかもしれないけれど解決すべき事だとは思う。日ソ両国がどう考えたのか、どうしたのか、実際どうだったのか、それを知ることをやめてはいけないんだと信じてる。 占守島1945年・8月を是非読んで…
遠藤 晃・松隈聖子・井上 渚・土肥昭夫. 2006. 霧島山,えびの高原における観光客によるニホンジカへの餌付けの現状. 哺乳類科学 46(1): 21-28. DOI https://t.co/4jnACsjElC
和田一雄. 1989. ニホンザルの餌付け論序説—志賀高原地獄谷野猿公苑を中心に. 哺乳類科学 29(1): 1-16. DOI: https://t.co/4ZHT0bWy3u #宮島の鹿 への #餌付け の影響を理解するために参考になると思います.
RT @BB45_Colorado: @teratamanabu 寺田さん、ダイヤモンドプリンセス号の空調が外気100%というのは嘘でした。 客室30%,共有空間50%,病院・ギャレ100%です。 もしも仮にエアロゾル感染があれば船全体がウィルスの培養槽となります。 リン…
『匡謬正俗疏證』なんて本が出ているとは知らなかった。不覚。 https://t.co/rFjWp87im6

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…
【最近出た論文】芳澤勝弘 国際禅学研究所顧問「正受老人と白隠 (特集 三百年遠諱記念 栽松翁 飯山の正受老人)」(『禅文化』(255), 2020)https://t.co/8pc9dgvj7i
RT @genmaysan: 更に翌年の見てみたら、こんな感じになってた。 #いだてん #新選組 #いだてん史料噺 東京女子高等師範学校一覧. 明治42-44年 - 国立国会図書館デジタル (藤田五郎の記述:この頃に退職)https://t.co/XgzSSNVnss (永…
RT @genmaysan: 更に翌年の見てみたら、こんな感じになってた。 #いだてん #新選組 #いだてん史料噺 東京女子高等師範学校一覧. 明治42-44年 - 国立国会図書館デジタル (藤田五郎の記述:この頃に退職)https://t.co/XgzSSNVnss (永…
RT @genmaysan: いや、なんか斎藤一と永井道明のWikipediaを見比べたら、あれ?もしかしてこれは? と思って読んでみたら、あらまびっくり。 :藤田五郎:斎藤一と永井道明の並び。 #いだてん #新選組 #いだてん史料噺 東京女子高等師範学校一覧. 明治41…
RT @genmaysan: なんだか気になったのでちょいと調べてみたら 藤田五郎:斎藤一と「いだてん」永井道明の名前が並んでる文献が見付かった件w #いだてん #新選組 #いだてん史料噺 東京女子高等師範学校一覧. 明治41,42年 - 国立国会図書館デジタル https…
RT @BB45_Colorado: @teratamanabu 寺田さん、ダイヤモンドプリンセス号の空調が外気100%というのは嘘でした。 客室30%,共有空間50%,病院・ギャレ100%です。 もしも仮にエアロゾル感染があれば船全体がウィルスの培養槽となります。 リン…
RT @BB45_Colorado: @teratamanabu 寺田さん、ダイヤモンドプリンセス号の空調が外気100%というのは嘘でした。 客室30%,共有空間50%,病院・ギャレ100%です。 もしも仮にエアロゾル感染があれば船全体がウィルスの培養槽となります。 リン…

3 3 3 0 OA 地図なき旅路

RT @Naga_Kyoto: 千田稔「地図なき旅路」 https://t.co/nPxGEOYLn7 >かつての翼賛的な地政学と,同列とまでは,とてもいいたくはありませんが,政治や政策になびきやすい習性があるかのように見えるときがあります >地理学は「エリア・スタディーズ」に…
@lawtomol こちらhttps://t.co/kmSsdZWSOI でのpdfへのリンクがローカルファイルのurlになっていてユーザー名?を晒しているので、いったん消去してhttps://t.co/NBccMZhlXh に書き換えなおした方が良いと思われます。
RT @BB45_Colorado: 外気100%って嘘やんか。 キャビンの外気率は30% "本船の新鮮空気量はキャビン(30 %),公 室・階段室(50 % )そして病院・ギャレについては衛生と臭気対策のために100%の条件である" 大型客の空調システム設計についての紹介…
RT @BB45_Colorado: 外気100%って嘘やんか。 キャビンの外気率は30% "本船の新鮮空気量はキャビン(30 %),公 室・階段室(50 % )そして病院・ギャレについては衛生と臭気対策のために100%の条件である" 大型客の空調システム設計についての紹介…

3 3 3 0 OA 地図なき旅路

千田稔「地図なき旅路」 https://t.co/nPxGEOYLn7 >かつての翼賛的な地政学と,同列とまでは,とてもいいたくはありませんが,政治や政策になびきやすい習性があるかのように見えるときがあります >地理学は「エリア・… https://t.co/aFNe0by9wC
RT @washou3956: PDF公開。石原比伊呂「光明天皇に関する基礎的考察」(『聖心女子大学論叢』134、2019年12月)先行研究の多くない光明天皇の基礎研究として、天皇を政治的側面から検討。文和元年に南朝によって賀名生に連行された三院等のうち、光明院だけが早くに解放…
RT @kitsunekon2: @mori_arch_econo 《セントラル方式の空調システムが適用されており,[中略]調整された空気がエアハンドリングユニット送風機によりダクトを経由して各室へ分配され,その一部が排気,残りが還気される2次ループにより構成されている(図2)…
RT @washou3956: PDF公開。石原比伊呂「光明天皇に関する基礎的考察」(『聖心女子大学論叢』134、2019年12月)先行研究の多くない光明天皇の基礎研究として、天皇を政治的側面から検討。文和元年に南朝によって賀名生に連行された三院等のうち、光明院だけが早くに解放…
RT @washou3956: PDF公開。石原比伊呂「光明天皇に関する基礎的考察」(『聖心女子大学論叢』134、2019年12月)先行研究の多くない光明天皇の基礎研究として、天皇を政治的側面から検討。文和元年に南朝によって賀名生に連行された三院等のうち、光明院だけが早くに解放…
曼殊院門跡所蔵の文書聖教目録は、たとえば菊地大樹「「曼殊院文書」の伝来と構成」(五味文彦・菊地大樹編『中世の寺院と都市・権力』山川出版社、2007年)、髙田宗平「曼殊院門跡所蔵『論語総略』影印・翻印」(『国立歴史民俗博物館研究報告… https://t.co/2I4GW574rj
(メモ)郷土史家の中村良之進は、青森師範学校第十三回生? https://t.co/7JOru4lrVJ
PDF公開。石原比伊呂「光明天皇に関する基礎的考察」(『聖心女子大学論叢』134、2019年12月)先行研究の多くない光明天皇の基礎研究として、天皇を政治的側面から検討。文和元年に南朝によって賀名生に連行された三院等のうち、光明院… https://t.co/sVja2lwSnI
RT @TohruGenka: 日本科学哲学会の『科学哲学』に載った論文「悲しい曲のどこが悲しいのか:音楽のなかの情動認知」がJ-STAGEで公開されました。昨年出た拙著『悲しい曲の何が悲しいのか:音楽美学と心の哲学』の元ネタのひとつです。 https://t.co/9F7Dv…
【イングランド法学提要 第2部「マグナ・カルタ註解」】 コーク https://t.co/KQw0wQ00vT イングランドのコモン・ローの法思想を理論化した、法律家エドワード・コーク氏の代表作『英国法提要』第二部の、一部翻訳ページ。 #コーク #Coke
【最近出た論文】小林圓照 名誉教授「善財童子の求道ものがたり(49)教師シルパーヴィジュニャ(善知衆芸)の字母教育とその仏教的シンボリズム 菩薩道五十三次 カピラブァストゥ都内の学堂 石薬師の宿駅」(『禅文化』(255), 2020)https://t.co/jkjJVyc5l0
RT @washou3956: PDF公開。竹中友里代「石清水八幡宮神人家文書にみる連歌師紹巴と細川幽斎」(『京都府立大学学術報告.人文』71、2019年12月)旧石清水八幡宮寺神人の橋本家に伝わる連歌資料を、地域の歴史に位置付ける試み。https://t.co/dkEG0lB…
RT @washou3956: PDF公開。竹中友里代「石清水八幡宮神人家文書にみる連歌師紹巴と細川幽斎」(『京都府立大学学術報告.人文』71、2019年12月)旧石清水八幡宮寺神人の橋本家に伝わる連歌資料を、地域の歴史に位置付ける試み。https://t.co/dkEG0lB…
RT @washou3956: PDF公開。竹中友里代「石清水八幡宮神人家文書にみる連歌師紹巴と細川幽斎」(『京都府立大学学術報告.人文』71、2019年12月)旧石清水八幡宮寺神人の橋本家に伝わる連歌資料を、地域の歴史に位置付ける試み。https://t.co/dkEG0lB…
後読 #狼 #オオカミ #山犬 #民俗学 →CiNii 論文 -  東北地方における狼の民俗儀礼--岩手県上閉伊郡大槌町の「オイノ祭り」を中心に https://t.co/yjoZc52pjZ
RT @yusumimi: 水銀が液体なのは相対論効果はグッとくる話 J-STAGE Articles - 金と水銀の異常性をどう理解するか : 第6周期元素は相対論とf電子の影響から逃れられない(ヘッドライン:周期表を読む) https://t.co/rB29IzMpXG
#麒麟がくる 来週は1549年頃 ?ザビエルが来ますね。 ザビエルは鹿児島上陸前に種子島に立ち寄ったと書かれた書簡があり、写本の正誤についてフロイスの時代から議論があったそうですが、パチェコ神父様が論文「ザビエルと種子島」で帰路寄… https://t.co/N0nPCUAiQu

6 2 2 0 OA 源実朝

私が題材の能はもう一つ、文学者の土岐善麿が昭和25年に書いたものもある。こちらは喜多流の演目。土岐は戦時中に私の評伝も執筆しており、近代デジタルライブラリーで公開されている。 https://t.co/HYfh9AB8Pe

12 1 1 0 OA 前賢故実

【近代デジタルライブラリー】菊池容斎画、山田重忠https://t.co/bgmE2CyYia オレや藤原秀康殿を差し置いて、承久の乱の宮方武将から。顔書かれてないんだけどなw
【最近出た論文】西村惠信 名誉教授「『維摩経』が面白い(3)「大乗」仏教思想の真髄に学ぶ」(『禅文化』(255), 2020)https://t.co/eY3KFLeucO
RT @washou3956: PDF公開。竹中友里代「石清水八幡宮神人家文書にみる連歌師紹巴と細川幽斎」(『京都府立大学学術報告.人文』71、2019年12月)旧石清水八幡宮寺神人の橋本家に伝わる連歌資料を、地域の歴史に位置付ける試み。https://t.co/dkEG0lB…
RT @washou3956: PDF公開。平雅行「平泉惣別当に関する基礎的考察」(『人間文化研究』43、2019年11月)鎌倉時代の中尊寺・毛越寺について、①良禅・良信を平泉惣別当とする当否、②弘長2年4月1日座主下知状の史料的信憑性を検討。「私にとって本稿は、鎌倉真言派研究…
PDF公開。竹中友里代「石清水八幡宮神人家文書にみる連歌師紹巴と細川幽斎」(『京都府立大学学術報告.人文』71、2019年12月)旧石清水八幡宮寺神人の橋本家に伝わる連歌資料を、地域の歴史に位置付ける試み。https://t.co/dkEG0lBFew
RT @iloha_train: @anpan_2634 コミュニティバスというのは、本質的に赤字を生み出す構造。 少々データが古いが、京都府内の場合全ての路線が赤字かつキロ当たり乗車人員が2人未満。というか殆どが営業係数200~1000以上でキロ当たり乗車人員が1人未満。 h…
PDF公開。平雅行「平泉惣別当に関する基礎的考察」(『人間文化研究』43、2019年11月)鎌倉時代の中尊寺・毛越寺について、①良禅・良信を平泉惣別当とする当否、②弘長2年4月1日座主下知状の史料的信憑性を検討。「私にとって本稿は… https://t.co/8zaWyIgAh8
RT @wormanago: その某誌に出ていたちょっと面白い論文。推定精度はともかく、これによれば日本でのフナ釣り人口の推定値が76.7万人。これにはヘラブナがかなり含まれるだろうけど、ウグイ釣り人口が35.5万人もいるのが面白い。この中には食用目的の釣りがかなり含まれている…
RT @zasetsushirazu: 明治41年2月16日、建野郷三が死去。幕末の小倉藩士で、第2次長州征伐で小倉城が落城した際、赤心隊を結成した。明治期に大阪府知事、米国公使などを歴任。銭国紅「洋上の対話」(『日本研究』15)は、明治3年に英国留学した建野と、清国人・張徳彝…

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…
RT @machi82175302: 拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要、2017年3月予定)。幕末期の黒田清隆を、ここまで扱った論文を知らない。https://t.co/qtxOT4vv0S
RT @zasetsushirazu: 明治41年2月16日、建野郷三が死去。幕末の小倉藩士で、第2次長州征伐で小倉城が落城した際、赤心隊を結成した。明治期に大阪府知事、米国公使などを歴任。銭国紅「洋上の対話」(『日本研究』15)は、明治3年に英国留学した建野と、清国人・張徳彝…
スズメバチによる多臓器不全 https://t.co/D1nzOljngA 新型コロナウイルスでも多臓器不全になるよね?
RT @zasetsushirazu: 明治41年2月16日、建野郷三が死去。幕末の小倉藩士で、第2次長州征伐で小倉城が落城した際、赤心隊を結成した。明治期に大阪府知事、米国公使などを歴任。銭国紅「洋上の対話」(『日本研究』15)は、明治3年に英国留学した建野と、清国人・張徳彝…
RT @zasetsushirazu: 明治41年2月16日、建野郷三が死去。幕末の小倉藩士で、第2次長州征伐で小倉城が落城した際、赤心隊を結成した。明治期に大阪府知事、米国公使などを歴任。銭国紅「洋上の対話」(『日本研究』15)は、明治3年に英国留学した建野と、清国人・張徳彝…
明治41年2月16日、建野郷三が死去。幕末の小倉藩士で、第2次長州征伐で小倉城が落城した際、赤心隊を結成した。明治期に大阪府知事、米国公使などを歴任。銭国紅「洋上の対話」(『日本研究』15)は、明治3年に英国留学した建野と、清国人… https://t.co/gKVR7l9ksv
RT @yashoku_nikki: そうすると「昆虫食×デザイン」という視点が重要です。 高橋祐亮さんの下記のような活動がとても示唆に富んでいます。 https://t.co/z9FwHqwI61 https://t.co/nt8Ii0dZFW https://t.co/…
RT @yashoku_nikki: そうすると「昆虫食×デザイン」という視点が重要です。 高橋祐亮さんの下記のような活動がとても示唆に富んでいます。 https://t.co/z9FwHqwI61 https://t.co/nt8Ii0dZFW https://t.co/…
RT @Fransisco1530: #麒麟がくる 今日は将軍家がテーマのようだから、これは何度でも宣伝します 足利一門再考 : 「足利的秩序」とその崩壊 谷口 雄太 https://t.co/2DO0nvaaGa 戦国期の足利将軍家の果たした役割を考える上で非常に参考にな…
RT @Fransisco1530: #麒麟がくる 今日は将軍家がテーマのようだから、これは何度でも宣伝します 足利一門再考 : 「足利的秩序」とその崩壊 谷口 雄太 https://t.co/2DO0nvaaGa 戦国期の足利将軍家の果たした役割を考える上で非常に参考にな…
RT @Fransisco1530: #麒麟がくる 今日は将軍家がテーマのようだから、これは何度でも宣伝します 足利一門再考 : 「足利的秩序」とその崩壊 谷口 雄太 https://t.co/2DO0nvaaGa 戦国期の足利将軍家の果たした役割を考える上で非常に参考にな…
RT @Fransisco1530: #麒麟がくる 今日は将軍家がテーマのようだから、これは何度でも宣伝します 足利一門再考 : 「足利的秩序」とその崩壊 谷口 雄太 https://t.co/2DO0nvaaGa 戦国期の足利将軍家の果たした役割を考える上で非常に参考にな…
【E-journal GEO掲載論文】畠山輝雄 2020.公共施設へのネーミングライツの導入と地理学的研究の可能性,E-journal GEO 15(1),29-43. https://t.co/bEDZfRfDtX
RT @machi82175302: 拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要、2017年3月予定)。幕末期の黒田清隆を、ここまで扱った論文を知らない。https://t.co/qtxOT4vv0S
RT @machi82175302: 拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要、2017年3月予定)。幕末期の黒田清隆を、ここまで扱った論文を知らない。https://t.co/qtxOT4vv0S
拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要、2017年3月予定)。幕末期の黒田清隆を、ここまで扱った論文を知らない。https://t.co/qtxOT4vv0S

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…
RT @zasetsushirazu: 昭和62年2月16日、歴史家の大月明が死去。死後、遺稿集『近世日本の儒学と洋学』(思文閣出版)が刊行され、論文「モリソン号事件をめぐつて」、「前期水戸学者の一考察」、「藤田幽谷研究ノート」などが収録された。下記は『史学雑誌』99巻7号に掲…
RT @palantien: @ursus21627082 手前味噌ですが、過去に視点をおくことと反実仮想との関係について論文を書いたことがあります。 https://t.co/vYTaAeUkVj

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…

191 191 191 2 OA 二人女王

RT @ukiyoeota: 鏑木清方による江見水蔭の小説『二人女王』の口絵。母親が自宅である岩室をダイナマイトで破壊後、2人の娘に女王になれと命じ、自ら命を絶つ。姉妹は女王を目指し、結果、姉は奇術師に、妹は筝の演奏家になります。何を言っているのかよく分かりませんね…。原典はこ…
RT @zasetsushirazu: 昭和62年2月16日、歴史家の大月明が死去。死後、遺稿集『近世日本の儒学と洋学』(思文閣出版)が刊行され、論文「モリソン号事件をめぐつて」、「前期水戸学者の一考察」、「藤田幽谷研究ノート」などが収録された。下記は『史学雑誌』99巻7号に掲…
RT @zasetsushirazu: 昭和62年2月16日、歴史家の大月明が死去。死後、遺稿集『近世日本の儒学と洋学』(思文閣出版)が刊行され、論文「モリソン号事件をめぐつて」、「前期水戸学者の一考察」、「藤田幽谷研究ノート」などが収録された。下記は『史学雑誌』99巻7号に掲…
RT @ayaka0212v: 刀剣展示も魅力的だけど!!! 水心子正秀の著作『刀剣実用論』『刀剣辨疑』が展示される〜!!!!!!!!!!!✨ 実物拝見出来るのめちゃくちゃ嬉しい!!✨ ちなみに中身は、大正時代にまとめられたものが国会図書館デジタルコレクションとして公開さ…
RT @zasetsushirazu: 昭和62年2月16日、歴史家の大月明が死去。死後、遺稿集『近世日本の儒学と洋学』(思文閣出版)が刊行され、論文「モリソン号事件をめぐつて」、「前期水戸学者の一考察」、「藤田幽谷研究ノート」などが収録された。下記は『史学雑誌』99巻7号に掲…
RT @zasetsushirazu: 昭和62年2月16日、歴史家の大月明が死去。死後、遺稿集『近世日本の儒学と洋学』(思文閣出版)が刊行され、論文「モリソン号事件をめぐつて」、「前期水戸学者の一考察」、「藤田幽谷研究ノート」などが収録された。下記は『史学雑誌』99巻7号に掲…