歴史ナビ (@rekinavi)

投稿一覧(最新100件)

【資料】国文学研究資料館学術情報リポジトリに、「和書のさまざま――国文学研究資料館通常展示図録(2018年版)」がpdfで公開されました https://t.co/iMQUPXHVh4
【その他】1月11日に、小松和彦氏(国際日本文化研究センター所長)が天皇陛下に御進講した原稿が日文研オープンアクセスに掲載されました。pdfで11pあります >日本妖怪文化再考 https://t.co/YLM4pBZWqC
【挨拶】本日のつぶやきはここまでといたします。1891(明治二十四)年の今日、名古屋市の東本願寺別院で、鉄道五千里祝賀会が挙行されました。記事は国立国会図書館デジタルコレクションの『新聞集成明治編年史 第十三卷』(70/295コマ)より。少し早いですが、おやすみなさい https://t.co/KyxSOg1CIs https://t.co/9hZvGHk7kZ
【資料】国際日本文化研究センターに、報告書「第290回 日文研フォーラム 火の女神と神になった男―16世紀の井戸茶碗を中心に―」(pdf 49p)が公開されました。興味のある方はぜひ https://t.co/oCrnqlISOS
【資料】国際日本文化研究センターに、報告書「第284回 日文研フォーラム 大英博物館「春画展」報告」(pdf 99p)が公開されました。興味のある方はぜひ https://t.co/ShnJ629RLN
【史実】先ほどつぶやいた、乱や変の呼称についての、安田元久氏の論考は、学習院学術成果リポジトリに、「歴史事象の呼称について:「承久の乱」「承久の変」を中心に」としてpdfで掲載されています。興味のある方は一読ください https://t.co/mpDKyfOYjy
【史実】先ほど紹介した、坂本龍馬の新説に関する記事に出てきた、町田明広氏(神田外語大学准教授)の論文「慶応期政局における薩摩藩の動向 : 薩長同盟を中心として」は、KUIS学術リポジトリでpdf(72p)が公開されています。興味深い論述されています。興味の有る方はぜひ https://t.co/FQr9u2Ty95
【史実】先ほど紹介した、とんかつのレシピが掲載されている「軽便西洋料理法指南」は国会図書館のデジタルコレクションで見ることができます。「豚肉カツレツ」はコマ番号11にありますね https://t.co/paFQODk41Y
【資料】つくばリポジトリに、名波弘彰氏の論考「延慶本平家物語の終局部の構想における壇浦合戦譚の位置と意味」(文芸言語研究 文芸篇45 2004)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/69bfBaVSqM
【資料】CiNiiに、ジョアン・パウロ・オリヴェイラ・イ・コスタ氏/日埜博司氏の論考「信長天下平定期の畿内におけるポルトガル人の動静(一五六〇〜一五八二年)」(流通経済大学流通情報学部紀要1 1997/3)がpdfで公開されています https://t.co/Xstk6z4eFO

35 0 0 0 浪士姓名簿

【新選組】先ほどつぶやいた、所在がわかった浪士組の「浪士姓名簿」は、1月には見つかっていて、ネットなどでは話題になっていました、ちなみに書誌情報が、CiNiiに掲載されています https://t.co/PG0SDlBBME
【資料】CiNiiに、上田穣氏の論考「歴史家の見た御伽草子『猫のさうし』と禁制」(奈良県立大学研究季報14 2003/12/10)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/toCm0mgLZ7
【資料】J-STAGEに、高田知紀氏/梅津喜美夫/桑子敏雄氏の論考「東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究」(土木学会論文集F6 2012)がpdfで公開されています……最近ネットで話題になった論考です https://t.co/Ls7Ho2qy3O
【資料】MUSEに、森正人氏の論考「近代国民国家のイデオロギー装置と国民的偉人--楠木正成をめぐる明治期のふたつの出来事」(人文論叢24 2007)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/p98du3l474
【資料】高崎経済大学学術機関リポジトリに、富澤一弘/佐藤雄太氏の論考「『加沢記』からみた真田氏の自立 : 外交政策・家臣統制を中心に」(高崎経済大学論集54 2012/2/1)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/IDpNqe7YYu
【資料】成城大学リポジトリに、曽我部一行/及川祥平/今野大輔氏の論考「『人類学雑誌』考 : 民俗学の揺籃期」(成城文藝201 2007/12)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/CP5ZbsjDUF
【資料】STARSに、増田忠信氏の論考「『今昔物語集』と『将門記』に見える兵[つはもの]像について」(人間文化研究1 2014/11/28)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/LzejSMLEg5
【資料】CiNiiに、大倉比呂志氏の論考「『我身にたどる姫君』論 -女帝と前斎宮-」(學苑 828 2009/10/1)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/dBSh5RYkdl
【資料】MUSEに、森正人氏の論考「1935年の楠木正成をめぐるいくつかの出来事--ナショナル・ローカル・資本」(人文論叢 : 三重大学人文学部文化学科研究紀要25 2008/3/1)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/jEBuu7hIgx
【資料】WURに、大橋幸泰氏の論考「幕末期における異端的宗教活動の摘発 -対馬藩田代領「新後生」の場合-」(学術研究 :人文科学・社会科学編63 2015/3/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/MsejdtJIqA

13 0 0 0 OA 妖怪の活躍時間

【資料】同志社女子大学学術リポジトリに、小林賢章氏の論考「妖怪の活躍時間」(同志社女子大學學術研究年報67 2016/12/26)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/iASUwPs09u
【資料】実践女子大学学術機関リポジトリに、中村茂子氏の論考「摩多羅神の顕現とその芸能」(実践女子大学美學美術史學23 2009/3/5)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/RPR72KnF9w
【資料】CiNiiに、沢田享氏の論考「周防・長門国に於ける中世社寺建築の研究-その構造細部と装飾細部の特徴-」(秋田公立美術工芸短期大学紀要12 2007)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/qcKtjpwoPa
【資料】つくばリポジトリに、朴恩姫氏の論考「崇徳院の怨霊と後白河院、そして清盛 : 崇徳院怨霊譚の物語化の問題をめぐって」(文学研究論集20 2002/3/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/v168or92ev
【資料】つくばリポジトリに、名波弘彰氏の論考「宝剣喪失、密教と神話の間の王権論(中)『愚管抄』と延慶本平家物語の関係をめぐって」(文藝言語研究 文藝篇47 2005/3/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/eQ9kR5EKjb
【資料】大阪樟蔭女子大学リポジトリに、小西瑞恵氏の論考「中世における粽伝承と年中行事 : 室町期食文化の周辺」(大阪樟蔭女子大学学芸学部論集40 2003/3/6)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/kg76ZZI8pH
【資料】CiNiiに、多田實道氏の論考「室町時代の神宮と仏教」(印度學佛教學研究62(1) 2013/12/20)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/bbkRFnyiJk
【資料】福岡大学機関リポジトリに、森茂暁氏の論考「「博多日記」の文芸性と九州の元弘の乱」(福岡大学人文論叢37(4) 2006/3)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひhttps://t.co/RChWAY8K4k
【資料】CiNiiに、藤原成一氏の論考「悪党の美学 : 日本文化史にみる男の生き方(2)」(日本大学芸術学部紀要43 2006)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/C3n2Cr4mtA
【資料】大阪樟蔭女子大学リポジトリに、小西瑞恵氏の論考「東大寺領播磨国大部荘についての一考察」(大阪樟蔭女子大学学芸学部論集40 2003/3/6)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/mBs5kosURK
【資料】CiNiiに、金本伊津子氏の論考「津軽・下北地方における生者と死者の癒しのコミュニケーション : 死者の語りと冥婚 (2)」(平安女学院大学研究年報2 2002/3/10)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/jAU8glp2Bb
【資料】CiNiiに、金本伊津子氏の論考「津軽・下北地方における生者と死者の癒しのコミュニケーション : 死者の語りと冥婚 (1)」(平安女学院大学研究年報1 2001/3/10)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/6KnFtTLayW
【資料】DSpaceに、大橋幸泰氏の論考「正統・異端・切支丹 : 近世日本の秩序維持とキリシタン禁制(上)」(學術研究. 地理学・歴史学・社会科学編 2006/2/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/0apDPl9Q68
【資料】先ほど紹介した那谷寺の庭園に関連した論考「前田利常の作庭と那谷寺庭園」(田治六郎氏 造園雑誌9 1942/7/30)が、CiNiiで公開されています。古い論考ですが、金沢城の玉泉院丸庭園などとあわせて紹介されています https://t.co/UAv5b2OMEx
【資料】Dspaceに、谷口眞子氏の論考「佐賀藩の殉死にみる「御側仕え」の心性」(稲田大学高等研究所紀要7 2015/3/15)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/BJoZg0soVE
【資料】CiNiiに、楠淳證氏の論考「貞慶の観音信仰再考 : 新資料『観世音菩薩感應抄』を中心として」(日本仏教綜合研究 (8) 2010/5/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/s4zuE3BD5J
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、吉水眞彦氏の論考「近江大津宮をめぐる諸問題 (新しい古代国家像のための基礎的研究) -- (宮都と官衙)」(国立歴史民俗博物館研究報告第179集 2013/11/15)が公開されてます https://t.co/pZq2WeGcwA
【資料】CiNiiに、西木政統氏の論考「室生寺金堂薬師如来立像と天台系薬師如来」(紀要13 2014/3/1)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/0y8bl2iHvc
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、宇田川武久氏の論考「ふたたび鉄炮伝来論 村井章介氏の批判に応える」(国立歴史民俗博物館研究報告第190集 2015/1/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/HKFjrU8wuB
【資料】CiNiiに、前川健一氏の論考「『叡山大師伝』と『比叡山延暦寺元初祖師行業記』」(印度學佛教學研究62(2) 2014/3/20)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/bCIrph1f1B
【資料】J-SATGEに、藤本章氏の論考「八幡古表神社の神相撲に関する研究-信仰と表現-」(スポーツ人類學研究2000(2) 2001)がpdfで公開されています。この神事は非常に興味深いです。興味のある方はぜひ https://t.co/8h96Kymifn
【資料】KGURに、河上繁樹氏の論考「服飾から見た足利義満の冊封に関する小論」(人文論究62 2013/2/10)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/dEGDkVujHl
【資料】KUIS-MAPSに、坂上雅翁氏の論考「光明山寺を中心とした南都浄土教の展開」(研究紀要9 2008/3)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/gOlqksV6iA
【資料】先ほど紹介した記事にあった死絵について、CiNiiに、川口高風氏の論考「三代目、四代目助高屋高助の死絵について」(愛知学院大学教養部紀要53 2006/2/25)がpdfで公開されています。さらに知りたい方はぜひ https://t.co/pao4dHIlQa
【資料】関西福祉大学に、半田結氏の論考「絵巻に見る「病のイメージ」『日本絵巻大成』から」(関西福祉大学社会福祉学部研究紀要19(1) 2016/3)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/PyDERtyK8m
【資料】日本福祉大学機関リポジトリに、西島千尋氏の論考「舞う政治と踊らせない政治─『加賀藩資料』にみる芸能統制─」(現代と文化 : 日本福祉大学研究紀要132 2015/9/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/v8oOTzvHMX
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、菱沼一憲氏の論考「桐生彦部家の足利将軍家旧臣活動」(国立歴史民俗博物館研究報告第182集 2014/1/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/2NDSNt7IYs
【資料】CiNiiに、佐藤晃氏の論考「系図を綴る中世武士」(日本文学 47(7) 1998/7/10)がpdfで公開されています。安東(秋田)実季を取り上げ、正史の歴史叙述の行間に自家の存在を滑り込ませ方法。興味のある方はぜひ https://t.co/OsO1kkv2GS
【資料】MMUに、田中薫氏の論考「「偽書問題」の存在」(宮崎公立大学人文学部紀要6 1999/3/20)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/2XOkIi4779
【資料】CiNiiに、松浦由起氏の論考「戦国軍記『武功夜話』における偽書説について: 語彙による年代確定の危うさ」(豊田工業高等専門学校研究紀要37 2004/11/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/KGwc7PChjB
【資料】先につぶやいた、千利休の死について、CiNiiに福井幸男氏の論考「千利休切腹の原因およびその後の千利休の死をめぐる言説に関する研究」(人間文化研究1 2014/11/28)がpdfで公開されています。参考までに https://t.co/s77IDjFPyK
【資料】国文学研究資料館学術情報リポジトリに、大橋幸泰氏の論考「《特集》キリシタンの跡をたどる―バチカン図書館所蔵マレガ収集文書の発見と国際交流――16-19世紀日本におけるキリシタンの受容・禁制・潜伏」が公開されています https://t.co/IK67BLlvAK
【資料】CiNiiに、橋内武氏の論考「『遠野物語』の成立とその百年」(桃山学院大学社会学論集44(2) 2011/3/28)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/3Z8336R5hC
【資料】CiNiiに、佐藤雅代氏の論考「死を悼む和歌の展開 : 心情表現「かなし」をめぐって」(山陽論叢 22 2016/3/18)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/Krq0h9aWpE
【資料】CiNiiに、宮谷聡美氏の論考「『伊勢物語』八七段「蘆屋の里」の主題と方法」(東京経営短期大学紀要23・24 2016/3/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/kZfqXlAXMM
【資料】竹の庫に、湯谷祐三氏の論考「金閣寺は、金閣寺として建てられた:「日本国王源道義」こと足利義満と五台山の仏教説話」(名古屋外国語大学外国語学部紀要42 2012/2)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/lXCEZ9THrJ
【資料】Dspaceに、岩崎日出男氏の論考「五臺山・金閣寺の構造とその敎理的背景について」(東洋の思想と宗敎30 2013/3/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/4b8EzMiIAb
【資料】OUKAに、吉田雅子氏の論考「祇園祭・大津祭伝来の花鳥獣文様染織品:動物入りの絵画的構図を中心に」(デザイン理論64 2014/8/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/oWvMV6k822
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、原淳一郎氏の論考「書物と寺社参詣 : 旅の往来物の分析から」(国立歴史民俗博物館研究報告第155集 2010/3/15)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/a0tWiRr9yn
【資料】SOARに、山森邦久氏の論考「 物語の歴史的変容 : 金太郎の場合」(信大国語教育6 1996/10/10 )がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/FT4obc1R6z
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、小島道裕氏の論考「洛中洛外図屏風歴博甲本の制作事情をめぐって(Ⅱ. 洛中洛外図屏風と社会的背景)」(国立歴史民俗博物館研究報告180 2014/2/28)がpdfで公開されています https://t.co/sTQ4TOAiXO
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、久留島典子氏の論考「戦功の記録 : 中世から近世へ」(国立歴史民俗博物館研究報告182 2014/1/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/REhv5pLvsW
【資料】先につぶやいた、祇園祭の山鉾のタペストリーについて、日文研オープンアクセスに、吉田孝次郎氏の論考「祇園会と渡来懸装染織品」(日本研究9 1993/9/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/1wpDZzn5UX
【資料】CiNiiに、和田達也氏のプレゼン資料「魅せる工事. 修理見学施設『天空の白鷺』: 姫路城大天守保存修理事業(キーノート4)」(プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集 2013(秋季) 13/9/5)がpdfで公開中 https://t.co/eNcxeOXeLW
【資料】CiNiiに、今村みゑ子氏の論考「鳥羽僧正覚猷と『鳥獣戯画』」(東京工芸大学芸術学部紀要13 2007)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/GoXw3axhER
【資料】CiNiiに、須藤茂樹氏の論考「海の大名行列 : 徳島藩を事例に」(交通史研究43 1999/5/15)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/4thEQAALvT
【資料】総合研究大学院大学学術情報リポジトリに、鈴木堅弘氏の論文「図像の数量分析からみる春画表現の多様性と特色--江戸春画には何が描かれてきたのか」(総研大文化科学研究 7 2011/3)がpdfで公開されています。大作ですw https://t.co/NTvTzydCCA
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、酒井茂幸氏の論考「『広幢集』考 猪苗代家の源流を求めて」(国立歴史民俗博物館研究報告130 2006/3)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/3SLVY9Nbor
【資料】日文研オープンアクセスに、平松隆円氏の論文「黒髪の変遷史への覚書き」(日本研究46 2012/9)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/CShbbcKvlW
【資料】CiNiiに、真鍋俊照氏の論考「東寺の立体曼荼羅の構想」(印度學佛教學研究63(1) 2014/12/20)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/OuZa0ZU3aP
【資料】国文学研究資料館学術情報リポジトリに、日下幸男氏の論考「久世家文書と古今伝授 (シンポジウム報告 近世の公家文書と学芸)」(調査研究報告32 2011)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/1IQRcVF2sC
【資料】成城大学リポジトリに、高木まどか氏の論文「吉原における客の身分 遊女評判記を中心に」(常民文化38 2015/3)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/Po6epsNXw7
【資料】CiNiiに、佐々木高弘氏の論文「多田源氏と丹波国の妖怪伝承」(京都学園大学人間文化学会紀要30 2013/3)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/pkfPF0eWna
【資料】CiNiiに、水野谷憲郎氏の論文「迎角から探る興福寺阿修羅像の立ち位置」(淑徳短期大学研究紀要53 2014/2/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/5jxl7o7HEk
【資料】麗澤大学学術リポジトリに、田辺龍氏の論文「幻想領域のメディア表象について―近世出版メディアから20世紀アニメーションに至る妖怪「ぬらりひょん」の変貌をめぐって」(麗澤大学紀要99 2016/1/31)がpdfで公開中です https://t.co/J8NF4cq28W
【資料】NIU-AIRに、安部直樹 氏の論文「大名茶の系譜 - 武辺の茶の統治機能 -」(長崎国際大学論叢7 2007/1)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/VKbWN8atd7
【資料】Tulipsに、劉權敏氏の論文「万葉集における天皇の神性について 柿本人麻呂と大伴家持を中心に」(倫理学25 2009/3/20)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/uinPRy7jlN
【資料】東北学院大学学術情報リポジトリに、新野一浩/七海雅人氏の論文「松島町雄島周辺海底採集板碑の報告(3)」(東北文化研究所紀要47 2015/12/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/NBDYmSw03K)
【資料】NIU-AIRに、安部直樹 氏の論文「大名茶の系譜 - 武辺の茶の統治機能 -」(長崎国際大学論叢7 2007/1)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/VKbWN8atd7
【資料】CiNiiに、阿部一彦氏の論文「近世初期軍記と『武功夜話』:関白豊臣秀次事件をめぐって」(愛知淑徳大学論集. 文学部・文学研究科篇33 2008)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/5y0JB4998u
【資料】Tulipsに、小谷俊博氏の論文「柿本人麻呂の人間観 近江荒都歌を中心に」(倫理学27 2011/3/20)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/5iESB88LKO
【資料】甲南大学機関リポジトリに、東谷智氏の論文「藤堂藩の成立と伊賀 : 藤堂高虎・高次・高久を素材にして」(甲南大學紀要.文学編162 2012/3/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/NcV0IEu0Jz
【資料】立教Rootsに、加藤睦氏の論文「藤原定家「堀河院題百首」覚書」(立教大学日本文学114 2015/7/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/SzyJTQ6jmH
【資料】CiNiiに、米井輝圭氏による書評と内容紹介「山田雄司著, 『怨霊・怪異・伊勢神宮』, 思文閣出版」(宗教研究89(1) 2015/6/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/WtdEWL9NFN
【資料】麗澤大学学術リポジトリに、竹中信介氏の論文「「三種の神器」の象徴的意味の解釈をめぐって―シンボルとしての鏡・剣・玉に備わる多義性について―」(言語と文明12 2014/3/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/bzjweQ4bDU
【資料】麗澤大学学術リポジトリに、竹中信介氏の論文「「三種の神器」の象徴的意味の解釈をめぐって―シンボルとしての鏡・剣・玉に備わる多義性について―」(言語と文明12 2014/3/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/bzjweQ4bDU
【資料】CiNiiに、田中貴子氏の論文「安徳天皇女性説の背景 : 女と子供の成仏をめぐって」(日本文学 51(7) 2002/7/10)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/p4ETBkba3E
【資料】CiNiiに、田中貴子氏の論文「外法と愛法の中世:[ダ]天行者の肖像(<特集>南北朝の視界)」(日本文学40(6) 1991/6/10)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/7Qs6vhX83W
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、井原今朝男氏の論文「鎌倉期の諏訪神社関係史料にみる神道と仏道 中世御記文の時代的特質について」(国立歴史民俗博物館研究報告139 2008/3/31)がpdfで公開されています https://t.co/SLa2sy1eCF
【資料】CiNiiに、福永美佳氏の論文「『竹取物語』に関する一考察 :『五行大義』でよむ求婚譚」(尚絅大学研究紀要 人文・社会科学編47 2015/3/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/M8Q7iuITKN
【資料】CiNiiに、谷口悦子氏の論文「南信濃和田 諏訪神社の御柱祭-富と栄誉の象徴-」(飯田市美術博物館研究紀要18 2008)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/Q4MOPYP1sD
【資料】HUSCAPに、武石智典氏の論文「吉田松陰の経世論」(研究論集13 2013/12/20)がpdfで公開されています。吉田松陰の忠誠観と対外認識及び政策に着目し、時代区分に沿って松陰の思想の変遷を明らかにするhttps://t.co/LvfDqbmUeJ

4 0 0 0 OA 口伝の行進曲

【資料】J-STAGEに、奥中康人氏の論文「口伝の行進曲:維新期における山国隊の西洋ドラム奏法受容とその継承」(東洋音楽研究70 2005)がpdfで公開されています。リンク先では英語表記の概要が表示されますが、論文は日本語です https://t.co/nKuTfL0XMA
【資料】大坂樟蔭女子大学リポジトリに、小西瑞恵氏の論文「自治都市長崎の歴史的位置 安野眞幸氏の研究を中心に」(大阪樟蔭女子大学学芸学部論集45 2008/1/31)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひhttps://t.co/2Qk9ehC0dT
【資料】J-STAGEに、軽米克尊/酒井利信氏の論文「直心影流の成立とその伝系及び伝承に関する一考察」(武道学研究Vol.47 2014-2015)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひhttps://t.co/rmTPt57DVH
【資料】日本女子大学学術情報リポジトリに、林久史氏の論文「竹取物語と錬金術」(日本女子大学紀要 理学部23 2015/3/31)がpdfで公開されています。図版も豊富で面白いです https://t.co/tYyjXOqm7G
【資料】同志社女子大学学術リポジトリに、寺川眞知夫氏の論文「 額田王の経歴と蒲生野贈答歌」(同志社女子大学日本語日本文学24 2012/6/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/aFdSeSS1tK
【資料】USAGIに、工藤泰子氏の論文「出雲大社と近代観光」(島根県立大学短期大学部松江キャンパス研究紀要52 2014/3/31)が公開されています。観光史研究の一環として、出雲大社周辺の近代観光都市としての形成過程を明らかにする https://t.co/eyOauIhLjI
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、井原今朝男氏の論文「神社史料の諸問題 諏訪神社関係史料を中心に」(国立歴史民俗博物館研究報告148 2008/12/25)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/kMZ9JBYOBu
【資料】国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリに、酒井茂幸氏の論文「文安・宝徳期の武家歌壇 : 能登守護畠山義忠と正徹」(国立歴史民俗博物館研究報告第136 2007/3/30)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/njw8XqT0tz

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(8459ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

2 2 2 2 OA 60年のあゆみ

そんなことより学史にかかわるオンラインリソースを今日も紹介しましょう。『60年のあゆみ』 土地制度史学会, 政治経済学・経済史学会史編纂委員会 https://t.co/oMjBwBIN1x
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 同号掲載だけど、こっちはpdf公開。 加納 靖之 , 大邑 潤三 , 山村 紀香 , 濱野 未来「「法蓮寺堂再建記木札」と応永一四年の地震」 地震 第2輯 72(0), 53-56, 2019 https://t.co…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 同号掲載だけど、こっちはpdf公開。 加納 靖之 , 大邑 潤三 , 山村 紀香 , 濱野 未来「「法蓮寺堂再建記木札」と応永一四年の地震」 地震 第2輯 72(0), 53-56, 2019 https://t.co…
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 石橋 克彦「同時代史料による文禄五年閏七月九日(1596.9.1)の伊予・豊後地震」 地震 = Zisin : journal of the Seismological Society of Japan 72(5…

2 2 2 2 OA 教伝弁解

RT @64sai: ツイッター上では富士講だ富士塚だ富士垢離だと言ってるが、先月からずっと取り組んでいるのは、それらと全く関係ない丸山教会の『教伝弁解』というテキストである。 これ、版本だが句読点も段落も無いので読みにくすぎる。というわけでNDLの影印からワードに起こしている…
RT @shima_mossa: 小林力. 図書室閉鎖で廃棄される雑誌の拾い読み(1)田辺三菱製薬・戸田事業所と「薬学雑誌」. 薬学図書館. 65(2), 56-62, 2020 / “CiNii 論文 -  令和元年度日本薬学図書館協議会 関東地区協議会 図書室閉鎖で廃棄され…
#こんな論文がありました 同号掲載だけど、こっちはpdf公開。 加納 靖之 , 大邑 潤三 , 山村 紀香 , 濱野 未来「「法蓮寺堂再建記木札」と応永一四年の地震」 地震 第2輯 72(0), 53-56, 2019 https://t.co/PJaQoyydjQ
#こんな論文が出ていたようです 石橋 克彦「同時代史料による文禄五年閏七月九日(1596.9.1)の伊予・豊後地震」 地震 = Zisin : journal of the Seismological Society of Japan 72(5), 69-89, 2020-01 https://t.co/GD2huflwtN
小林力. 図書室閉鎖で廃棄される雑誌の拾い読み(1)田辺三菱製薬・戸田事業所と「薬学雑誌」. 薬学図書館. 65(2), 56-62, 2020 / “CiNii 論文 -  令和元年度日本薬学図書館協議会 関東地区協議会 図書室閉鎖で廃棄される雑誌の拾い読み(1)田辺三菱製薬・戸田事業所と「薬学…” https://t.co/fLbfJYRfDo
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF

4 4 4 4 歴史と実験

RT @quiriu_pino: ! ? 長崎健吾「歴史と実験」 群像 75(6), 224-265, 2020-06 https://t.co/b76pj6kwAJ
RT @bibliophilism: 福井藩の「給帳」がエクセルとPDFで公開! 四代光通および六代吉品の代の「給帳」には、義経流軍学師・井原番右衛門の名も。井原は福井藩の忍者制度(忍之者・忍組)を導入・確立させた人物。 https://t.co/KdeXur0FlE 詳細は「…
RT @bibliophilism: 福井藩の「給帳」がエクセルとPDFで公開! 四代光通および六代吉品の代の「給帳」には、義経流軍学師・井原番右衛門の名も。井原は福井藩の忍者制度(忍之者・忍組)を導入・確立させた人物。 https://t.co/KdeXur0FlE 詳細は「…
前にもいったけど数年待てば工藤先生や松本弘毅先生たちが訓読・口語訳・注の旧事本紀本を出してくれるはず…信じてる https://t.co/8n4VCq9Q7h
先代旧事本紀は手に入るまともな注釈書が無いから、とりあえずオリジナル度の高い天孫本紀と国造本紀だけ大昔に栗田寛が書いた物部氏纂記・尾張氏纂記 https://t.co/EObeZnIg1y 、国造本紀考 https://t.co/OMtcExfx8g を参考にして、あとは引用元の記・紀・古語拾遺の注を見ながらなんとかするんじゃよ

5 1 1 1 OA 国造本紀考

先代旧事本紀は手に入るまともな注釈書が無いから、とりあえずオリジナル度の高い天孫本紀と国造本紀だけ大昔に栗田寛が書いた物部氏纂記・尾張氏纂記 https://t.co/EObeZnIg1y 、国造本紀考 https://t.co/OMtcExfx8g を参考にして、あとは引用元の記・紀・古語拾遺の注を見ながらなんとかするんじゃよ

4 4 4 4 歴史と実験

RT @quiriu_pino: ! ? 長崎健吾「歴史と実験」 群像 75(6), 224-265, 2020-06 https://t.co/b76pj6kwAJ

4 4 4 4 歴史と実験

! ? 長崎健吾「歴史と実験」 群像 75(6), 224-265, 2020-06 https://t.co/b76pj6kwAJ
伊那蕗原の里 : 大出とその周辺 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/SgRU7Xa360 >大出の地名・字名・呼名とその場所/70 氵嵐前、載ってるかもしれない
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @zasetsushirazu: 京浜歴史科学研究会編『近代京浜社会の形成』(岩田書院)。 神谷大介「弘化・嘉永期における幕府砲術稽古場と江戸湾防備の展開」、奥田晴樹「梵鐘の海防供出」、鈴木由子「和親条約締結直後のアメリカ船への対処」など。 下記PDFは『社会経済史学』7…
RT @nekonoizumi: 論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
あ、これj-stageで読めるのか。大塚久雄「山田理論と比較経済史学」(<特集>故山田盛太郎先生追悼特集) https://t.co/KvqRk0joCh #CiNii
RT @nekonoizumi: 論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @BungakuReportRS: 野中 哲照 - 『将門記』対句集中部=〈描写慨嘆評価層〉の後次性 https://t.co/MC6kSfW8FV
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
RT @zasetsushirazu: 京浜歴史科学研究会編『近代京浜社会の形成』(岩田書院)。 神谷大介「弘化・嘉永期における幕府砲術稽古場と江戸湾防備の展開」、奥田晴樹「梵鐘の海防供出」、鈴木由子「和親条約締結直後のアメリカ船への対処」など。 下記PDFは『社会経済史学』7…
京浜歴史科学研究会編『近代京浜社会の形成』(岩田書院)。 神谷大介「弘化・嘉永期における幕府砲術稽古場と江戸湾防備の展開」、奥田晴樹「梵鐘の海防供出」、鈴木由子「和親条約締結直後のアメリカ船への対処」など。 下記PDFは『社会経済史学』72-3の上山和雄氏の書評。 https://t.co/xmVLLU3Xxh
RT @a24isobe: 「大大阪」で検索してたら、網にひっかかってきた文献。 『印刷材料品仕入案内 1930/関西版』(印刷材料新報社、昭和05/07)。 「良否の識別を主とした活字購買に関する注意 特異の商習慣の数々」とかおもしろい。 ダウンロード! ▼NDLデジコレ…
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7

7 7 7 0 OA 房玄について

RT @washou3956: PDF公開。小木曽千代子「房玄について」(『中京大学文学部紀要』54-1、2019年12月)内容の紹介はリンク先を参照。https://t.co/iHN6v8Mn2X #こんな論文がありました https://t.co/vrRlG97tU1
#こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
CiNii 論文 -  聖書世界の美粧 https://t.co/BKqTuZNpJx #CiNii https://t.co/0anHMYgNQ8
「古武道」の定義についての考察と、実際に何流派か稽古されてそれぞれの実態について書かれている。たしか、津山の竹内流について武道学会誌で書かれていた先生と思うけど面白い。 それに真貫流が残った事にもびっくりです。 https://t.co/OdjoVUauJL
RT @baritsu: 古武道流派で継承される伝統の特徴 https://t.co/4zVxnMu7YC 周縁的 (広義の) な古武道として八光流も対象にしてる事で、古武道「らしさ」の問題も明確になるね
RT @fakedneilsen: 細川藤孝の出自について https://t.co/5YA5b50xtT @YouTubeより 勉強になりました。細川藤孝は明智光秀以上に分からない人物ですね。足利義昭を一乗院から救出して将軍にすべく尽力したのに最終的には義昭を見限って信長に仕…
RT @fakedneilsen: 細川藤孝の出自について https://t.co/5YA5b50xtT @YouTubeより 勉強になりました。細川藤孝は明智光秀以上に分からない人物ですね。足利義昭を一乗院から救出して将軍にすべく尽力したのに最終的には義昭を見限って信長に仕…
CiNii 論文 -  青蓮院蔵表制集及び灌頂阿闍梨宣旨官牒の紙背文書について https://t.co/87wJfz9Qnq #CiNii
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @bibliophilism: 福井藩の「給帳」がエクセルとPDFで公開! 四代光通および六代吉品の代の「給帳」には、義経流軍学師・井原番右衛門の名も。井原は福井藩の忍者制度(忍之者・忍組)を導入・確立させた人物。 https://t.co/KdeXur0FlE 詳細は「…
RT @bibliophilism: 福井藩の「給帳」がエクセルとPDFで公開! 四代光通および六代吉品の代の「給帳」には、義経流軍学師・井原番右衛門の名も。井原は福井藩の忍者制度(忍之者・忍組)を導入・確立させた人物。 https://t.co/KdeXur0FlE 詳細は「…
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF

2 2 2 0 OA 柳はし

RT @benimuseum: 浮世絵資料情報について 三代歌川豊国画「江戸名所百人美女 柳はし」 (デジタルコレクションURL: https://t.co/vmF32maB89) 鏡の裏に、唐草文様の紅猪口が伏せて置かれていることが確認できます
RT @bibliophilism: 福井藩の「給帳」がエクセルとPDFで公開! 四代光通および六代吉品の代の「給帳」には、義経流軍学師・井原番右衛門の名も。井原は福井藩の忍者制度(忍之者・忍組)を導入・確立させた人物。 https://t.co/KdeXur0FlE 詳細は「…
RT @bibliophilism: 福井藩の「給帳」がエクセルとPDFで公開! 四代光通および六代吉品の代の「給帳」には、義経流軍学師・井原番右衛門の名も。井原は福井藩の忍者制度(忍之者・忍組)を導入・確立させた人物。 https://t.co/KdeXur0FlE 詳細は「…
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @rrrokio: 思うのは、そもそも彼女の父が「幼いころ受けた差別のためか、アイヌの話をしたことがなかった」ためで、これは「サイレントアイヌ」という呼ばれ方をしていて(参考:https://t.co/y5TuXUL97b)自民族の文化の継承に積極的じゃない層がかなり居る…
世界同時不況下の経済対策と課題『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF-』647号, 2009.9.18. https://t.co/g2TNOJySaT #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
【イタリア】[立法情報]新型コロナウイルス感染症対策―感染地域での活動制限等―『 #外国の立法 』283-1号, 2020.04.10. https://t.co/MJXOhwoNHi #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
【イギリス】[立法情報]新型コロナウイルス対策のための規則の制定等『 #外国の立法 』283-1号, 2020.04.10. https://t.co/wg7dHwiInY #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
【フィリピン】[立法情報]大統領の権限強化による新型コロナウイルス感染症対策『 #外国の立法 』283-2号, 2020.05.10. https://t.co/MCGdE3PHlS #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
【韓国】[立法情報]新型コロナウイルス感染症対策強化のための法改正『 #外国の立法 』283-2号, 2020.05.10. https://t.co/cXFZVZAeyR #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
【イタリア】[立法情報]新型コロナウイルス感染症対策―緊急法律命令6件を制定―『 #外国の立法 』283-2号, 2020.05.10. https://t.co/8t1PZgxvZm #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
【ドイツ】[立法情報]新型コロナウイルス感染症対策関連法『 #外国の立法 』283-2号, 2020.05.10. https://t.co/uvHMlm3aUx #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
【EU】[立法情報]新型コロナウイルス感染症対策『 #外国の立法 』283-2号, 2020.05.10. https://t.co/pWTV8o6Hol #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
デジコレで読める…大河内一男『戦時社会政策論』https://t.co/tBlkCa9diu

10 3 3 0 OA 武士道

RT @hana76781232: ここでこんなことを解説面で述べたら笑われてしまうだけなんですけど、界隈外の皆さんに一応伝えておきますとですね。幕末武士の武士道を語るなら、文久生まれの明治っ子の新渡戸でなく、幕末大活躍志士の山岡鉄舟と勝阿波守が「武士道」について語っておりまし…
野中 哲照 - 『将門記』対句集中部=〈描写慨嘆評価層〉の後次性 https://t.co/MC6kSfW8FV
RT @washou3956: CiNii 論文 -  書評 石原比伊呂著『室町時代の将軍家と天皇家』 https://t.co/TIr0NtHvnf #CiNii
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
@cachete94249129 『蝦夷風俗どうけ百人』だった なんか物寂しいけどユーモラスな絵がツボなんだよね https://t.co/VXxX2mks4l
海邸の鉄砲稽古のこと遡るのに手っ取り早いので久々に奉答紀事を繙く。嘉永元年に雪江が暴瀉病で瀕死の状態に落ちいった話をまた熟読。嘉永元年ってコレラの流行年でもないよね…と思ったけど、これ見たら割と死亡者多かった。 江 戸 時 代 に お け る コ レ ラ病 の 流 行 https://t.co/pe609juTyP
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS
スキンケアによる感情調整作用に関する研究 #化粧 #化粧行動 #化粧心理 #心理学 #社会心理学 #大学 #研究 #スキンケア #ストレス https://t.co/Bd9FM7ir6o
「地名が教えてくれる地域性を知ることが地域アイデンティティとなり、ひいては地域ブランドに繋がる」という考え方は過去と未来のバランスをとった折衷案 宇田川 大介「地名情報を用いた地域ブランドの構築」 https://t.co/sQDT7vViaD https://t.co/PXfs2uFKPM
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
諸兄といえば藤原四子滅後の諸兄政権について触れてるこちらを少し前に読みました。単に反藤原というわけではなく疫病によるダメージで妥当な政策だったとの評価でした。 CiNii 論文 -  天平9年の疫病流行とその政治的影響について--古代環境とその影響についての予備的考察 https://t.co/qdSgw50cEk
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 山本康司 - 南北朝期室町幕府官制の研究 https://t.co/QVL0si2A8B
PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @BungakuReportRS: 加藤 禎行 - 楢崎勤宛佐多稲子書簡について : 一九五七年春、女性作家が旧知の元編集者に送った手紙 https://t.co/O5cVCthAVu
RT @BungakuReportRS: 平林 一成 - 『風姿花伝』「似せぬ位」における〝変身〞と〝花〞(一) https://t.co/ZYJxKU7Ucq
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 石塚由佳 - 韓国近代小説文体の成立過程に関する研究 https://t.co/qQlCyZ0zXs
Le Roux Brendan「フランス人宣教師メルメ・カションの「日本のヒエラルヒーに関する研究」」(『言語文化研究』31-2、2012年)は、幕末維新期の日本で活動したメルメ・カションが箱館で書いたと思われる史料を、和訳して紹介。竹内保徳と思われる人物などが出る。 https://t.co/YNaPCepzSd
RT @BungakuReportRS: 中里 理子 -  近松以後の浄瑠璃作品に見られるオノマトペ : 竹田出雲・並木千柳・近松半二らを中心に https://t.co/jTZxp1iXG1
化粧に関する研究(第5報)―化粧行動の文化化と化粧意識の社会化の一過程としての人物・メディア接触の検討― #化粧 #化粧研究 #化粧行動 #化粧意識 #心理学 https://t.co/pIa95iynYs
RT @archivearticles: 鏡板と本尊を共鋳とする懸仏の伝播について : 静岡県川根本町・上長尾八幡神社の懸仏を端緒として/ . 地方史研究 (via CiNii Articles). https://t.co/A5J4YcVMeP
@genmaysan 興味があり調べてみました。この論文によれば、1910~20年代はまだ、跡取り男児が生まれれば児とともに妻を入籍、生まれなければ事実上離婚という結婚方法が幅広く行われていたようです。金栗とスヤの結婚はT3=1914年、入籍T11=1922年なので、まさにこの時期かと。 https://t.co/A3KOTUAWY6
RT @e_ikuon: 教えていただいたこちらの論文(埼玉沖積層研究G 2016 https://t.co/iaNLavEkoj)では、元荒川の台地横断部分も自然流路として扱っているようです。古墳時代後期の利根川流路ということなので、天王山塚古墳の角閃石安山岩の輸送ルートとし…
化粧規範に関する研究― 化粧規範意識を規定する個人差要因(他者意識・自意識・形式主義・独自性欲求)― #化粧 #化粧行動 #化粧心理 #心理学 #社会心理学 #大学 #研究 https://t.co/d7QQLXD0bO
RT @riocampos: «大きく二つの系統の存在が確認できる。京都の大工頭中井家から出た系統(中井家系統)と、作成元は不明ながらもう一つの系統(「囲」系統)である。»|松平定信(楽翁)収集とされる茶室起こし絵図集について|建築史学/65 巻 (2015) https://…
RT @3Jarumo: 両方同じ資料なのに公開・非公開の違いは何故だろう. 昭和二一年一二月二一日南海道大地震調査概報 https://t.co/opURqpXRiS 昭和21年12月21日南海道大地震調査概報 https://t.co/KbORbIjnrr #ndldigi…
RT @3Jarumo: 両方同じ資料なのに公開・非公開の違いは何故だろう. 昭和二一年一二月二一日南海道大地震調査概報 https://t.co/opURqpXRiS 昭和21年12月21日南海道大地震調査概報 https://t.co/KbORbIjnrr #ndldigi…
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 山本康司 - 南北朝期室町幕府官制の研究 https://t.co/QVL0si2A8B
加藤 禎行 - 楢崎勤宛佐多稲子書簡について : 一九五七年春、女性作家が旧知の元編集者に送った手紙 https://t.co/O5cVCthAVu
平林 一成 - 『風姿花伝』「似せぬ位」における〝変身〞と〝花〞(一) https://t.co/ZYJxKU7Ucq
CiNii 博士論文 - 山本康司 - 南北朝期室町幕府官制の研究 https://t.co/QVL0si2A8B
CiNii 博士論文 - 石塚由佳 - 韓国近代小説文体の成立過程に関する研究 https://t.co/qQlCyZ0zXs
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @zasetsushirazu: 阿部裕樹「鳥取藩軍・新国隊をめぐる諸問題-創立者・岸本辰雄の周辺-」(『明治大学史資料センター報告』35、2013年)は、明治大学の創立者・岸本辰雄が所属していた組織で、慶応4年3月に京都で結成された新国隊を分析。新国隊を「鳥取藩の重要な…

フォロワー(23798ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @1972tue0127: https://t.co/ySdxyYpCbG PDFですが読んでみて欲しい。道徳的均衡化が、ネトウヨやレイシストの一面を説明する。
Google Scholar先生でサーフィンしていたら面白そうな論文見つけたわ。「海外で働く日本人女性に対する人材紹介会社の役割」 https://t.co/mOPfyW4Huw
RT @K2rooOka: @AirborneKanki @GmEEwVRIkAzBNmf ありがとうございます、離れた病室で感染したという事例は韓国のMERSでしたか。 SARSで、川名明彦先生が香港のマンションの分析から空気感染の可能性を仰っていたのを見つけました。 これは…
@mantrapri @knacklehead 信濃は河川辺り、河内は河内湖跡の湿地帯をつかったくさいです。 https://t.co/JeSki0VRHd 大和川水運を使いづらくなったことが決め手じゃないかなーと。
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 同号掲載だけど、こっちはpdf公開。 加納 靖之 , 大邑 潤三 , 山村 紀香 , 濱野 未来「「法蓮寺堂再建記木札」と応永一四年の地震」 地震 第2輯 72(0), 53-56, 2019 https://t.co…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 同号掲載だけど、こっちはpdf公開。 加納 靖之 , 大邑 潤三 , 山村 紀香 , 濱野 未来「「法蓮寺堂再建記木札」と応永一四年の地震」 地震 第2輯 72(0), 53-56, 2019 https://t.co…
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 石橋 克彦「同時代史料による文禄五年閏七月九日(1596.9.1)の伊予・豊後地震」 地震 = Zisin : journal of the Seismological Society of Japan 72(5…

2 2 2 2 OA 教伝弁解

RT @64sai: ツイッター上では富士講だ富士塚だ富士垢離だと言ってるが、先月からずっと取り組んでいるのは、それらと全く関係ない丸山教会の『教伝弁解』というテキストである。 これ、版本だが句読点も段落も無いので読みにくすぎる。というわけでNDLの影印からワードに起こしている…
#こんな論文がありました 同号掲載だけど、こっちはpdf公開。 加納 靖之 , 大邑 潤三 , 山村 紀香 , 濱野 未来「「法蓮寺堂再建記木札」と応永一四年の地震」 地震 第2輯 72(0), 53-56, 2019 https://t.co/PJaQoyydjQ
#こんな論文が出ていたようです 石橋 克彦「同時代史料による文禄五年閏七月九日(1596.9.1)の伊予・豊後地震」 地震 = Zisin : journal of the Seismological Society of Japan 72(5), 69-89, 2020-01 https://t.co/GD2huflwtN
RT @bibliophilism: 福井藩の「給帳」がエクセルとPDFで公開! 四代光通および六代吉品の代の「給帳」には、義経流軍学師・井原番右衛門の名も。井原は福井藩の忍者制度(忍之者・忍組)を導入・確立させた人物。 https://t.co/KdeXur0FlE 詳細は「…
RT @bibliophilism: 福井藩の「給帳」がエクセルとPDFで公開! 四代光通および六代吉品の代の「給帳」には、義経流軍学師・井原番右衛門の名も。井原は福井藩の忍者制度(忍之者・忍組)を導入・確立させた人物。 https://t.co/KdeXur0FlE 詳細は「…
RT @bibliophilism: 福井藩の「給帳」がエクセルとPDFで公開! 四代光通および六代吉品の代の「給帳」には、義経流軍学師・井原番右衛門の名も。井原は福井藩の忍者制度(忍之者・忍組)を導入・確立させた人物。 https://t.co/KdeXur0FlE 詳細は「…

4 4 4 4 歴史と実験

RT @quiriu_pino: ! ? 長崎健吾「歴史と実験」 群像 75(6), 224-265, 2020-06 https://t.co/b76pj6kwAJ

4 4 4 4 歴史と実験

! ? 長崎健吾「歴史と実験」 群像 75(6), 224-265, 2020-06 https://t.co/b76pj6kwAJ
RT @yamazaksv2: @apothek6 はい、その通りです。 次亜塩素酸水も次亜塩素酸ナトリウム水溶液も同じpH(すなわち同じ水素イオン濃度)にすると、ClO⁻とHClOの濃度比が同じになると言うことを理解していただきたいです。 https://t.co/Br513…

20 20 20 20 OA 釣場案内

RT @SeasideExp: 釣場案内. 第1輯(1946)終戦直後の釣り案内。戦後1年で釣り!?と思ったんだが前書きに「まったく食糧不足なのに釣りどころじゃないよな!?」「良き趣味は人間を向上させる」とその事に触れている。 https://t.co/Fmp26MA5eX h…

4 4 4 4 OA 釣り方図解

RT @SeasideExp: 釣り方図解. 第3集(T14-15)https://t.co/qt3Sm0DJuy 魚の名前って異名多すぎでしょ・・・ https://t.co/0bP2wWQju4
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
【最近出た論文】有吉淳一郎 教養教育課程教授「英英辞典を活用した英語学習指導について」(『花園大学文学部研究紀要』(52), 2020)https://t.co/yqIBaqLSbW
RT @muyosimuyo: https://t.co/FiNzameO9L 研究機関 熊本大学 ずいぶん前の研究でも、深刻な様子はうかがえます 現在は、もっと深刻なのではないでしょうか 香害に関心を持っていただけたら幸いです
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
RT @nekonoizumi: 論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @1972tue0127: https://t.co/ySdxyYpCbG PDFですが読んでみて欲しい。道徳的均衡化が、ネトウヨやレイシストの一面を説明する。
RT @zasetsushirazu: 京浜歴史科学研究会編『近代京浜社会の形成』(岩田書院)。 神谷大介「弘化・嘉永期における幕府砲術稽古場と江戸湾防備の展開」、奥田晴樹「梵鐘の海防供出」、鈴木由子「和親条約締結直後のアメリカ船への対処」など。 下記PDFは『社会経済史学』7…
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @nekonoizumi: 論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
RT @nekonoizumi: 論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
@padoma37 @tengudosyobo @ryumitsu_vajra 論考「密教におけるシキミと樒」田中文雄 https://t.co/lzrrJNlZIa 上記の論考が中国仏教から日本仏教に至る樒の歴史を網羅しており読み応えがあるのですがweb上のオープンソースになっていないんですよね汗 ・青蓮華の花弁に似ている ・日本で取れる香木である ・毒性を利用し屍体の獣よけだった等
RT @zasetsushirazu: 京浜歴史科学研究会編『近代京浜社会の形成』(岩田書院)。 神谷大介「弘化・嘉永期における幕府砲術稽古場と江戸湾防備の展開」、奥田晴樹「梵鐘の海防供出」、鈴木由子「和親条約締結直後のアメリカ船への対処」など。 下記PDFは『社会経済史学』7…
京浜歴史科学研究会編『近代京浜社会の形成』(岩田書院)。 神谷大介「弘化・嘉永期における幕府砲術稽古場と江戸湾防備の展開」、奥田晴樹「梵鐘の海防供出」、鈴木由子「和親条約締結直後のアメリカ船への対処」など。 下記PDFは『社会経済史学』72-3の上山和雄氏の書評。 https://t.co/xmVLLU3Xxh
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
1937年とか古い本だなーと思って検索したら普通にデジタルコレクションにあった、、、 田村左源太『阿波大西氏研究』 https://t.co/btuxka0JoI
デタラメな俗説日本語論者の一人として石川九楊氏が批判されている > J-STAGE Articles - 日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 https://t.co/R0HAh4i12B
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7

7 7 7 0 OA 房玄について

RT @washou3956: PDF公開。小木曽千代子「房玄について」(『中京大学文学部紀要』54-1、2019年12月)内容の紹介はリンク先を参照。https://t.co/iHN6v8Mn2X #こんな論文がありました https://t.co/vrRlG97tU1
#こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
RT @fakedneilsen: 細川藤孝の出自について https://t.co/5YA5b50xtT @YouTubeより 勉強になりました。細川藤孝は明智光秀以上に分からない人物ですね。足利義昭を一乗院から救出して将軍にすべく尽力したのに最終的には義昭を見限って信長に仕…
RT @fakedneilsen: 細川藤孝の出自について https://t.co/5YA5b50xtT @YouTubeより 勉強になりました。細川藤孝は明智光秀以上に分からない人物ですね。足利義昭を一乗院から救出して将軍にすべく尽力したのに最終的には義昭を見限って信長に仕…
CiNii 論文 -  青蓮院蔵表制集及び灌頂阿闍梨宣旨官牒の紙背文書について https://t.co/87wJfz9Qnq #CiNii
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @bibliophilism: 福井藩の「給帳」がエクセルとPDFで公開! 四代光通および六代吉品の代の「給帳」には、義経流軍学師・井原番右衛門の名も。井原は福井藩の忍者制度(忍之者・忍組)を導入・確立させた人物。 https://t.co/KdeXur0FlE 詳細は「…
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @bibliophilism: 福井藩の「給帳」がエクセルとPDFで公開! 四代光通および六代吉品の代の「給帳」には、義経流軍学師・井原番右衛門の名も。井原は福井藩の忍者制度(忍之者・忍組)を導入・確立させた人物。 https://t.co/KdeXur0FlE 詳細は「…
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @baritsu: 古武道流派で継承される伝統の特徴 https://t.co/4zVxnMu7YC 周縁的 (広義の) な古武道として八光流も対象にしてる事で、古武道「らしさ」の問題も明確になるね
RT @akabishi2: 《その出発点は60年安保闘争で新聞社が共同で発した七社共同宣言(略)にあった。そこで語られたのは,一言でいえば社会 運動に冷や水を浴びせる論理であり,60年安保闘争後のジャーナリズムを通底するのは,デモ報道の回避であった》 1960年代という「偏…
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF

2 2 2 0 OA 柳はし

RT @benimuseum: 浮世絵資料情報について 三代歌川豊国画「江戸名所百人美女 柳はし」 (デジタルコレクションURL: https://t.co/vmF32maB89) 鏡の裏に、唐草文様の紅猪口が伏せて置かれていることが確認できます
RT @bibliophilism: 福井藩の「給帳」がエクセルとPDFで公開! 四代光通および六代吉品の代の「給帳」には、義経流軍学師・井原番右衛門の名も。井原は福井藩の忍者制度(忍之者・忍組)を導入・確立させた人物。 https://t.co/KdeXur0FlE 詳細は「…
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF

2 2 2 0 OA 柳はし

浮世絵資料情報について 三代歌川豊国画「江戸名所百人美女 柳はし」 (デジタルコレクションURL: https://t.co/vmF32maB89) 鏡の裏に、唐草文様の紅猪口が伏せて置かれていることが確認できます
RT @1972tue0127: https://t.co/ySdxyYpCbG PDFですが読んでみて欲しい。道徳的均衡化が、ネトウヨやレイシストの一面を説明する。
RT @fakedneilsen: 細川藤孝の出自について https://t.co/5YA5b50xtT @YouTubeより 勉強になりました。細川藤孝は明智光秀以上に分からない人物ですね。足利義昭を一乗院から救出して将軍にすべく尽力したのに最終的には義昭を見限って信長に仕…
RT @1972tue0127: https://t.co/ySdxyYpCbG PDFですが読んでみて欲しい。道徳的均衡化が、ネトウヨやレイシストの一面を説明する。
RT @rrrokio: 思うのは、そもそも彼女の父が「幼いころ受けた差別のためか、アイヌの話をしたことがなかった」ためで、これは「サイレントアイヌ」という呼ばれ方をしていて(参考:https://t.co/y5TuXUL97b)自民族の文化の継承に積極的じゃない層がかなり居る…
「民度」という言葉を見る度に、この論文を思い出します。生成過程が大変興味深いです。 CiNii 論文 -  民度 : 和製漢語としての可能性 https://t.co/apPYkCDNJ4 #CiNii
RT @rrrokio: 思うのは、そもそも彼女の父が「幼いころ受けた差別のためか、アイヌの話をしたことがなかった」ためで、これは「サイレントアイヌ」という呼ばれ方をしていて(参考:https://t.co/y5TuXUL97b)自民族の文化の継承に積極的じゃない層がかなり居る…

3 2 2 0 OA 少年文学

RT @miakashi: 明治24年の「少年文学」第1巻の序文はmr先生。 https://t.co/NXni3TuTZM https://t.co/K9pJTedn1p

10 3 3 0 OA 武士道

RT @hana76781232: ここでこんなことを解説面で述べたら笑われてしまうだけなんですけど、界隈外の皆さんに一応伝えておきますとですね。幕末武士の武士道を語るなら、文久生まれの明治っ子の新渡戸でなく、幕末大活躍志士の山岡鉄舟と勝阿波守が「武士道」について語っておりまし…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  書評 石原比伊呂著『室町時代の将軍家と天皇家』 https://t.co/TIr0NtHvnf #CiNii
【最近出た論文】浅子逸男 教養教育課程教授「「張子の虎」と「おさだの仇討」について」(『花園大学文学部研究紀要』(52), 2020)https://t.co/9Pdo1rG8A5
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  万歳の誕生 (近代の文法) https://t.co/vZB1ob5LvI #CiNii 読みたいorz
@cachete94249129 『蝦夷風俗どうけ百人』だった なんか物寂しいけどユーモラスな絵がツボなんだよね https://t.co/VXxX2mks4l
海邸の鉄砲稽古のこと遡るのに手っ取り早いので久々に奉答紀事を繙く。嘉永元年に雪江が暴瀉病で瀕死の状態に落ちいった話をまた熟読。嘉永元年ってコレラの流行年でもないよね…と思ったけど、これ見たら割と死亡者多かった。 江 戸 時 代 に お け る コ レ ラ病 の 流 行 https://t.co/pe609juTyP
「地名が教えてくれる地域性を知ることが地域アイデンティティとなり、ひいては地域ブランドに繋がる」という考え方は過去と未来のバランスをとった折衷案 宇田川 大介「地名情報を用いた地域ブランドの構築」 https://t.co/sQDT7vViaD https://t.co/PXfs2uFKPM
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
RT @e_ikuon: 教えていただいたこちらの論文(埼玉沖積層研究G 2016 https://t.co/iaNLavEkoj)では、元荒川の台地横断部分も自然流路として扱っているようです。古墳時代後期の利根川流路ということなので、天王山塚古墳の角閃石安山岩の輸送ルートとし…
Le Roux Brendan「フランス人宣教師メルメ・カションの「日本のヒエラルヒーに関する研究」」(『言語文化研究』31-2、2012年)は、幕末維新期の日本で活動したメルメ・カションが箱館で書いたと思われる史料を、和訳して紹介。竹内保徳と思われる人物などが出る。 https://t.co/YNaPCepzSd

7 2 2 0 OA 左経記

RT @Wpl0JWzdw688IBR: @santetsuzoku 「亡国」に関する 下総国司の報告の出典は、 藤原実資『小右記』長元四年三月一日の記事 https://t.co/SVjWwFCAks その他に、 上総国司の証言の出典は、 源経頼『左経記』長元七年十月二十四日…

2 2 2 0 OA 小右記

RT @Wpl0JWzdw688IBR: @santetsuzoku 「亡国」に関する 下総国司の報告の出典は、 藤原実資『小右記』長元四年三月一日の記事 https://t.co/SVjWwFCAks その他に、 上総国司の証言の出典は、 源経頼『左経記』長元七年十月二十四日…
RT @e_ikuon: 教えていただいたこちらの論文(埼玉沖積層研究G 2016 https://t.co/iaNLavEkoj)では、元荒川の台地横断部分も自然流路として扱っているようです。古墳時代後期の利根川流路ということなので、天王山塚古墳の角閃石安山岩の輸送ルートとし…
RT @archivearticles: 鏡板と本尊を共鋳とする懸仏の伝播について : 静岡県川根本町・上長尾八幡神社の懸仏を端緒として/ . 地方史研究 (via CiNii Articles). https://t.co/A5J4YcVMeP
RT @e_ikuon: 教えていただいたこちらの論文(埼玉沖積層研究G 2016 https://t.co/iaNLavEkoj)では、元荒川の台地横断部分も自然流路として扱っているようです。古墳時代後期の利根川流路ということなので、天王山塚古墳の角閃石安山岩の輸送ルートとし…
RT @riocampos: «大きく二つの系統の存在が確認できる。京都の大工頭中井家から出た系統(中井家系統)と、作成元は不明ながらもう一つの系統(「囲」系統)である。»|松平定信(楽翁)収集とされる茶室起こし絵図集について|建築史学/65 巻 (2015) https://…
RT @Historian_nomad: なんか今頃拡散されてるので参考文献はっときますね https://t.co/PPc4yrl3cz
RT @Historian_nomad: なんか今頃拡散されてるので参考文献はっときますね https://t.co/PPc4yrl3cz
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 山本康司 - 南北朝期室町幕府官制の研究 https://t.co/QVL0si2A8B
RT @3Jarumo: 両方同じ資料なのに公開・非公開の違いは何故だろう. 昭和二一年一二月二一日南海道大地震調査概報 https://t.co/opURqpXRiS 昭和21年12月21日南海道大地震調査概報 https://t.co/KbORbIjnrr #ndldigi…
RT @3Jarumo: 両方同じ資料なのに公開・非公開の違いは何故だろう. 昭和二一年一二月二一日南海道大地震調査概報 https://t.co/opURqpXRiS 昭和21年12月21日南海道大地震調査概報 https://t.co/KbORbIjnrr #ndldigi…
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 山本康司 - 南北朝期室町幕府官制の研究 https://t.co/QVL0si2A8B
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii
RT @monogragh: 今日読んだ論文。こういうアプローチもあるのだなと勉強になりました。 石井要「教科書の中の丸山眞男 : 「「である」ことと「する」こと」の教材観史」(2017) https://t.co/RiqwZ1sO13 #CiNii
RT @zasetsushirazu: 阿部裕樹「鳥取藩軍・新国隊をめぐる諸問題-創立者・岸本辰雄の周辺-」(『明治大学史資料センター報告』35、2013年)は、明治大学の創立者・岸本辰雄が所属していた組織で、慶応4年3月に京都で結成された新国隊を分析。新国隊を「鳥取藩の重要な…