18 0 0 0 OA 日本永代蔵

著者
井原西鶴 著
出版者
富山房
巻号頁・発行日
1903

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (18 users, 19 posts, 9 favorites)

今日は初午か。毎年のことではあるが、井原西鶴の『日本永代蔵』冒頭を想起。「初午は乗て来る仕合 天道言ずして国土に恵みふかし、人に実あつて偽りおほし、其心は本虚にして物に応じて跡なし」https://t.co/GPTr1vxLRu
『日本永代蔵』巻1「浪風(なみかぜ)静(しづか)に神通丸(じんつうまる)」 https://t.co/LSJM2gObJ4 "形(かたち)ふつつかなれば廿三より後家となりしに後夫(こうふ)となるべき人もなく"
井原西鶴『日本永代蔵』富山房 袖珍名著文庫 巻16 明治36年12月11日発行 https://t.co/ImLcn9SQKp 金平糖の製造の話のついでに、胡椒の日本での栽培について。 巻之五「一 廻り遠きは時計細工」 "律儀な… https://t.co/8VaIzIX9yU
あった。長者丸は44P。 https://t.co/48ZvRHhZBq #あさが来た
西鶴の『日本永代蔵』巻五(長崎)にある金平糖の製法、なかなか詳しくて楽しい。: 近代デジタルライブラリー http://t.co/5thDXBOG コマ番号80

収集済み URL リスト