94 1 0 0 OA 小婦人

著者
アルカット 著
出版者
彩雲閣
巻号頁・発行日
1906

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (94 users, 95 posts, 160 favorites)

北田秋圃訳はとてもいい訳だと思う。 国会図書館のデジタルコレクションで公開されているので、関心ある方はぜひ。 https://t.co/uaGMVkHgnx https://t.co/3KfLs7MYXi
全部読んだ!面白かったです。ちなみにエイミーは恵美子(そのまんまだ!)、ローリーは萩野俊夫さんでした。四姉妹の姓は進藤。https://t.co/wrVtMfqHll
国会図書館デジタルコレクション アルカット 著「小婦人」 https://t.co/tVMGy4nLT3
国立国会図書館のデジタルコレクションが参照されることが増えているように思う。 https://t.co/pHzPbNDcYo https://t.co/Aod8PuNd5X
『小婦人』読めるのか。 https://t.co/pDIxAfT42o
洋服を着るたかしくん https://t.co/hRDFWlOX9F https://t.co/6tPR3zsv5B
国会図書館デジタルコレクションで全部読めます(『小婦人』は抄訳なのでそんなに長くないです)。訳者名は「北田秋圃」となっていますが、良家の若い女性3人の合作なのだそうです。だからか、若い女子の言葉がリアルな感じ。https://t.co/P6nX4kmbXp https://t.co/m5gU3LYJV6
オルコットの「若草物語」が日本で初めて出版されたのは1906(明39)年。北田秋圃という女性が「小婦人」として翻訳し、挿絵も描きましたが、実は“北田秋圃”は若い女性3人の共同筆名。中心人物であった高橋なほ子さん以外の人については殆ど情報がありません。 ※全文はこちら→https://t.co/DpinNCe3e9
国会デジタルで公開されてるみたい。PCからじゃないと見づらそう。人物の名前が翻案されてるhttps://t.co/8fK2Oy3Uim
きちんと研究しておられる方があり、初訳は明治39年に北田秋圃という人が小婦人として出したものであった。ところがこれは舞台を日本に設定するなど改変著しいものであったそうだが当時はよくある改変である。どこでも買えないが国会図書館のデジタルライブラリーにあった。https://t.co/fos3g30cau

収集済み URL リスト