18 0 0 0 OA 広文庫

著者
物集高見 著
出版者
広文庫刊行会
巻号頁・発行日
vol.第1冊, 1918

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (17 users, 17 posts, 9 favorites)

広文庫. 第1冊 物集高見 著 出版年月日 大正5-7 昔日叢書『長崎怪異書翰之写』三十五からの引用 https://t.co/g5IwZ4zQ6t https://t.co/2qvIUn2lU5
ニュースにあった『広文庫』所載の「アマビコ」ってこれね。 物集高見『広文庫』第1冊(広文庫刊行会、大正5年10月) https://t.co/pxtQ6dFl1m 「怪鳥 あまびこ 昔日叢書 長崎怪異書翰之写 三五(肥後国熊本の御領分、真字といふ所に、夜なゝゝ光物出て、人を呼ぶ、其の声猿の如し、 https://t.co/ugXNsXUUDi
→ そして国会図書館デジタルにもあった「アマビコ」さん。 つーか肥後とか熊本とか、いろいろとアマビエさんみたいな記述だなぁ。 (「許諾」なので画像を載せるのは控えます) 『広文庫 第1冊』 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/3KTiDEJ7sY
『広文庫』は国立国会図書館デジタルアーカイブズにて閲覧できる https://t.co/a5MaQuLP55 「あまびこ」は3つ,和名類聚抄にあるムカデと「おとづれ」の枕詞(用例は古今和歌集「あまびこのおとづれじとぞ今は思ふ我か人かと身をたどる世に」)と 長崎怪異書翰之写三五を出典とする「怪鳥あまびこ」 https://t.co/6qWMlSKfsk
_〆(。。)メモメモ… 『広文庫』の「あまびこ」を未だ見てないので、思い立って、 https://t.co/al6m2kElFM https://t.co/5xPVRvsWiB
https://t.co/mWWthJpbPO 物集『広文庫』。 https://t.co/FGNyig8T8G
国会図書館オンライン https://t.co/LvW3c7XH3M 確かに引くと楽しい。 https://t.co/XestCGeEHq
国立国会図書館デジタルコレクション 廣文庫第一冊 https://t.co/MZ2AKaEsUf https://t.co/cEI6oVuPxl

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: Sorafumi
2020-05-08 05:12:33 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト