言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 11 posts)

仙台には猫の魔物が多いな…… 「大昔は今の仙台市の土橋通りから西方一帯は大竹藪であった」 「寛永明暦の頃までさうした淋しさを続けてゐた、天和年中岩石を切崩して細道を附けたが魔物を恐れて通行する人は極めて
仙台には猫の魔物が多いな…… 「大昔は今の仙台市の土橋通りから西方一帯は大竹藪であった」 「寛永明暦の頃までさうした淋しさを続けてゐた、天和年中岩石を切崩して細道を附けたが魔物を恐れて通行する人は極めて
仙台の昔話、どれも面白いな。 ・広瀬川、米ケ袋近くの源兵衛淵 ・源兵衛の家に、ウナギの精と名乗る美女が夜に来た ・ウナギと大蜘蛛の戦争があるので加勢するふりをしてほしいと頼む ・結局恐ろしくて声が出ず、ウ
仙台の昔話、どれも面白いな。 ・広瀬川、米ケ袋近くの源兵衛淵 ・源兵衛の家に、ウナギの精と名乗る美女が夜に来た ・ウナギと大蜘蛛の戦争があるので加勢するふりをしてほしいと頼む ・結局恐ろしくて声が出ず、ウ
仙台の昔話、どれも面白いな。 ・広瀬川、米ケ袋近くの源兵衛淵 ・源兵衛の家に、ウナギの精と名乗る美女が夜に来た ・ウナギと大蜘蛛の戦争があるので加勢するふりをしてほしいと頼む ・結局恐ろしくて声が出ず、ウ
仙台には猫の魔物が多いな…… 「大昔は今の仙台市の土橋通りから西方一帯は大竹藪であった」 「寛永明暦の頃までさうした淋しさを続けてゐた、天和年中岩石を切崩して細道を附けたが魔物を恐れて通行する人は極めて
仙台、栽松院の猫塚について「滅び行く伝説口碑を索ねて. 第1輯」 ・猫像の「清女」はたぶんこの猫の名前 ・文久3年に記された好事家の本にある ・文久3年時点ではまだ首輪の塗料が赤かった ・追廻川前九軒丁の御馬
仙台、栽松院の猫塚について「滅び行く伝説口碑を索ねて. 第1輯」 ・猫像の「清女」はたぶんこの猫の名前 ・文久3年に記された好事家の本にある ・文久3年時点ではまだ首輪の塗料が赤かった ・追廻川前九軒丁の御馬
仙台、栽松院の猫塚について「滅び行く伝説口碑を索ねて. 第1輯」 ・猫像の「清女」はたぶんこの猫の名前 ・文久3年に記された好事家の本にある ・文久3年時点ではまだ首輪の塗料が赤かった ・追廻川前九軒丁の御馬
浪花節や講談でのヒーローだった仙台藩出身の架空人物・梁川庄八。仙台の愛宕橋には碑があったらしい。
浪花節や講談でのヒーローだった仙台藩出身の架空人物・梁川庄八。仙台の愛宕橋には碑があったらしい。

Twitter (8 users, 18 posts, 5 favorites)

ちなみにハフコホツが載ってる『滅び行く伝説口碑』はネットで全文見られるので、図書館に行けず悶々としている皆さんにおすすめしておきます。 https://t.co/swI6xPOZfj
きょうの参考資料です https://t.co/QseZfOB67i
『滅び行く伝説口碑を索ねて』はデジタルコレクションで見れます。大入道以外の妖怪もそのうち紹介する予定です。 https://t.co/mLM4ps8MhL
仙台の昔話。草刈昌之丞の猫「清女」は隣家の鶏を食べ、隣家の主人に鉄砲で撃たれた。すると隣家に猫の祟りと思われる不幸があり、供養のため栽松院に猫塚が作られたという話。 山門の左の松の下、木の葉型の猫が刻まれた碑はまだあるのだろうか? http://t.co/s5l39gCn3Q
明治・大正期に七夕飾りが有名だった仙台の肴町は、江戸時代「肴町お浜祭」で長曾我部ゆかりの末裔「香曾我部」が炭俵を裃として着て馬鹿殿様役を務める、相当ハジけた仮装行列祭りをやってたらしい http://t.co/TrZ0Qd9YFc http://t.co/3Iue1dX7zA
近代デジタルライブラリー - 滅び行く伝説口碑を索ねて. 第1輯 http://t.co/NXe2ldXSLT
仙台の昔話、どれも面白いな。 ・広瀬川、米ケ袋近くの源兵衛淵 ・源兵衛の家に、ウナギの精と名乗る美女が夜に来た ・ウナギと大蜘蛛の戦争があるので加勢するふりをしてほしいと頼む ・結局恐ろしくて声が出ず、ウナギは全滅した ・源兵衛も自殺 http://t.co/OejqMXx0kA
近代デジタルライブラリー - 滅び行く伝説口碑を索ねて. 第1輯 http://t.co/OVZNpIj85E
仙台には猫の魔物が多いな…… 「大昔は今の仙台市の土橋通りから西方一帯は大竹藪であった」 「寛永明暦の頃までさうした淋しさを続けてゐた、天和年中岩石を切崩して細道を附けたが魔物を恐れて通行する人は極めて稀」 「年経た黒猫であった」 http://t.co/JRV5LTcGxu
栽松院の猫塚 2 ・草刈昌之丞の飼い猫が、隣屋敷で飼われていた鶏を食べた ・隣屋敷の若者たちは猫を棒で叩いた ・再度、猫は鶏を食べた ・隣屋敷の殿様は鉄砲で猫を射殺した ・その後、隣屋敷の殿様一家に不幸があったらしい 猫の祟り話だった http://t.co/s5l39gCn3Q
仙台、栽松院の猫塚について「滅び行く伝説口碑を索ねて. 第1輯」 ・猫像の「清女」はたぶんこの猫の名前 ・文久3年に記された好事家の本にある ・文久3年時点ではまだ首輪の塗料が赤かった ・追廻川前九軒丁の御馬乗、草刈昌之丞の飼い猫 http://t.co/s5l39gCn3Q
浪花節や講談でのヒーローだった仙台藩出身の架空人物・梁川庄八。仙台の愛宕橋には碑があったらしい。 / “近代デジタルライブラリー - 滅び行く伝説口碑を索ねて. 第1輯” http://t.co/XY9MllFdrH

収集済み URL リスト