著者
岡野 八代
出版者
[出版者不明]
巻号頁・発行日
2010

制度:新 ; 報告番号:乙2295号 ; 学位の種類:博士(政治学) ; 授与年月日:2010/9/15 ; 早大学位記番号:新5473

言及状況

Twitter (7 users, 7 posts, 3 favorites)

岡野八代氏の博士論文(早稲田) 『フェミニズム理論による政治思想批判:「ケアの倫理」再考』 https://t.co/EDfTbafRtw
https://t.co/wbOTClMkby 包摂と排除の論理 https://t.co/1dczI766kx 包摂/排除の社会システム理論的考察 https://t.co/sDqjvmlUIw 現代市民社会における包摂と排除 ─「市民/非市民」の境界をめぐって─
備忘 岡野八代 「フェミニズム理論による政治思想批判――『ケアの倫理』再考」 https://t.co/d7y8pXmmFt
今更?https://t.co/ecmxaLOost《他者への依存に対する恐怖と抽象的な思考はともに、自他の身体性からいかに自己を解放するか、あるいは自他の身体性をいかに支配するか、といった伝統的哲学の探究のなかに表れている身体性への侮蔑が、異なる形で表れたものに他ならない》
@pririn_ 典型的なのは、先進国女性の社会進出が途上国との格差のうえに実現されているうえで、先進国のフェミニストが偉そうに自分たちの考えを押しつけているといったものですかね。たとえば岡野八代先生のこれを読んでください。 http://t.co/165CZgy48E

収集済み URL リスト