著者
三浦 裕行
出版者
北海道大学総合博物館
巻号頁・発行日
2005-03-31

内田正練(うちだまさよし)氏は北海道大学水泳部の大先輩です。大正9年(1920)のベルギーアントワープ大会に参加した日本最初のオリンピック水泳代表選手であり、彼の地でクロール泳法を会得して帰国し、広くクロール泳法を日本に広めた日本近代水泳の功労者であります。内田正練氏の業績を再確認しようと過去の記録をまとめ北海道大学総合博物館第20回企画展示を計画しました。本書はそのパンフレットとして作成したもので、当時の競技記録と写真をもとに日本泳法からクロール泳法へと転換していった大正末期の水泳事情と内田正練氏の足跡を辿ろうとするものです。

言及状況

Twitter (5 users, 6 posts, 0 favorites)

「アントワープ.では100m自由形と400m自由形に日本泳法で出場.予選.敗退し..水泳で世界と戦うにはクロール泳法を会得する事が必須であると認識..当時の日本国内では.クロールを受け入れる状況ではあり
先日閉会したリオ・オリンピック、メダルラッシュでしたね!実は日本最初の水泳代表選手が北海道大学の学生だったことを知っていますか?【ソックス】 https://t.co/fF5nZKbRwR
渋江抽斎の嗣子渋江保(渋江不鳴)の冒険小説『裸体旅行』(国会図書館蔵)読了。子供向けにしても内容が荒唐無稽すぎる。森鷗外に「保さんの精力は徒費せられたといわざることを得ない」と言われたのも仕方ない。当時の水泳競技事情はhttps://t.co/bJauRcxOLG が参考になる。
1 1 https://t.co/1GCw69cuAc

収集済み URL リスト