Katsushi Kagaya (@katzkagaya)

投稿一覧(最新100件)

オリジナルはこちらです。https://t.co/3dyvcRCVKC https://t.co/jt73ZAm31S
RT @HeathRossie: 動物心理学研究に寄稿した総説が早期公開でJ-Stageにアップロードされました。ぼくの博論の序論の要約版的な感じです。フリーで誰でも読めるので、よかったらご覧ください。 https://t.co/rLfMgpJqes
雄のザリガニを二匹水槽にいれてファイトさせると、しばらくすると二匹の行動が変化して、dominant と subordinate 個体になります。このときに、生理学的にも変化が起きています。行動が変わるのだから、当然といえば当然で… https://t.co/cmpQNL5xHY
NSは僕が脳内で出会ったものも同じで総じて静止電位は浅く、スパイクを出さず連続的な電位変化に応じてトランスミッタが出力されます。どこが入力でどこが出力かも明確ではなくあちこちで入出力が起きているようです。… https://t.co/o9O3fkntWE
ノンスパイカーの「計算」にフォーカスした研究だと、僕の先生のがあります。これも比較生理の総説(編集委員なので)。https://t.co/FFnAEZHRMX
久しぶりにノンスパイキングで検索すると、長山先生の比較生理の総説が出てきた。https://t.co/RirE6Fupfy
RT @hayashiyus: 1. 物理学者でない人にとって平衡統計力学とは https://t.co/y4vBTmTP64 2. ベイズ事後分布の相転移について https://t.co/tt9p1DZoCm 3. ベイズ学習における必要最低サンプル数の推定 https:/…
RT @katzkagaya: 再度、「生物学のための情報論」から。確率論の基礎の勉強をしていると、同時分布、事前分布、事後分布などの数学用語で<時間の前後関係>という日常の言葉の意味が理解を邪魔することがある。モデリングをするとき、すべての事象にタイムスタンプがついているから…
赤池弘次「意図と構造」https://t.co/bFXWf5hE47 https://t.co/jvJAGeTYDE
実データを解析するときの「具体的問題の感覚」というのはとても大切だ。赤池先生が闘っていた偏見や誤解はまだまだありそうだ。「偏見との闘い」https://t.co/cK9rDoO6fp https://t.co/Qs10I3oFeu
@dynamicsoar 補足します。これはAICでのモデル選択の考え方で、一致性がないことに対する赤池先生の反論として明確化されたものです。たとえば、次が参考にになりました。https://t.co/cK9rDoO6fp
“制御系に埋め込まれた陰的制御則が適応機能の鍵を握る!?” https://t.co/3SDV3HSUx4
RT @AkrSakr: ウミウシ遊泳行動の神経回路機構における相同性と多様性 https://t.co/KIAceFbcrK
RT @dynamicsoar: 安藤先生の総説。比較生理生化学会誌 2018 vol 35 / “スズメガで知る昆虫飛行の多様性” https://t.co/6vcKP9PYu3 #あとで読む #insect #physiology #control #moth
@dynamicsoar 僕も原著にあたってない発言でした。殺菌性があるなどの話は、例によって、下澤先生のこれです。https://t.co/3dyvcRCVKC
@TakahikoNojima これでしょうか?若手、僕はチャレンジしてもらえないで終わってしまいました。https://t.co/Q4n8dWQLnu
@MrUnadon あ、すみません、コオロギ気流感覚ニューロンとノイズの話はこの比較生理の下澤先生の総説の引用でした。憶測です。ノイズをどう御してるかの一例と思います。https://t.co/ayb2stOmQK
再度、「生物学のための情報論」から。確率論の基礎の勉強をしていると、同時分布、事前分布、事後分布などの数学用語で<時間の前後関係>という日常の言葉の意味が理解を邪魔することがある。モデリングをするとき、すべての事象にタイムスタンプ… https://t.co/zuGkMtTPpQ
第二回は、相互情報量の話で、そこで出てくる条件付き確率は、僕はこれで理解しました。https://t.co/CHxFBn1P3I
確実性は裏を返せば、不確実性で、これを定量化する研究を先生はされていた。「生物学のための情報理論」も比較生理の連載として読めます。https://t.co/gyG0W389mC
ただ真似るのではなく、生物機能からその原理を抽出してヒトの技術への転化を狙うのがバイオミメティクス。カエルと電池、イカとマウスクリック、魚と光ファイバーなどなど興味のある方は、下澤先生のこちらをどうぞ。https://t.co/3dyvcRCVKC
生態学ではないけど、たとえばタッチパネルの機械的チャタリングを防ぐ回路、シュミットトリガー回路は、ヤリイカの巨大軸索での活動電位のメカニズムを研究していた生理学者オットー・シュミットがそのメカニズムに触発されて発明した。参考… https://t.co/ZTecwanzfV
[比較生理生化学より] 下澤先生の連載解説(6): 生物学のための情報論 --- 情報とは何か?情報量とは何か?生命現象との関係は何か? http://t.co/DhzQOo3g
[比較生理生化学より] 下澤先生の連載解説(5): 生物学のための情報論 --- 情報とは何か?情報量とは何か?生命現象との関係は何か? http://t.co/MOH7WpDl
[比較生理生化学より] 下澤先生の連載解説(4): 生物学のための情報論 --- 情報とは何か?情報量とは何か?生命現象との関係は何か? http://t.co/P3bKY7gS

お気に入り一覧(最新100件)

#統計 https://t.co/ZetHtIVfar 特異モデルとベイズ学習 渡辺澄夫 2003 は面白く書かれているのでおすすめ。 数学畑の人達には、b函数やAtiyahさんによる特異点解消の使い方についても脚注で言及し… https://t.co/SOjg92Poov
論文が出版されていました! Plankton & Benthos ResearchのNoteです。 ウニの巣穴に住み込み共生する笠型巻貝ハナザラ。その幼生着底はエサではなくホストのウニに誘引される、という内容です。… https://t.co/3fqHv3yfnh
動物心理学研究に寄稿した総説が早期公開でJ-Stageにアップロードされました。ぼくの博論の序論の要約版的な感じです。フリーで誰でも読めるので、よかったらご覧ください。 https://t.co/rLfMgpJqes
1. 物理学者でない人にとって平衡統計力学とは https://t.co/y4vBTmTP64 2. ベイズ事後分布の相転移について https://t.co/tt9p1DZoCm 3. ベイズ学習における必要最低サンプル数の推定… https://t.co/JlFjJ7mCo3
赤池弘次「意図と構造」https://t.co/bFXWf5hE47 https://t.co/jvJAGeTYDE
“統計的モデルは実体の真の構造の忠実な再現を目指すものでなく,推論の根拠を示すものであるという信念で能動的なモデリングを実現してきた赤池弘次氏” 複雑系数理モデルの可能性 https://t.co/sGgCzPNjoB
これもめちゃくちゃ面白い。「現代制御理論は1950年代に芽があった」1982年、伊藤正美先生。 https://t.co/yfUWuCQxNd
安藤先生の総説。比較生理生化学会誌 2018 vol 35 / “スズメガで知る昆虫飛行の多様性” https://t.co/6vcKP9PYu3 #あとで読む #insect #physiology #control #moth
ウミウシ遊泳行動の神経回路機構における相同性と多様性 https://t.co/KIAceFbcrK
#統計 赤池さんの1980年の論説は次の場所で読めます。 https://t.co/YRhnSOzAll 統計的推論のパラダイムの変遷について(1980) 赤池弘次 こういう話を学生時代に聴きたかった。あと次も面白い。 https://t.co/0XWLnhwq6V
擬人主義・擬動物主義についてはこんなものを書いたことがあるよ!みんなみてね!PDFだよ!https://t.co/XFBMwJV6s6
#統計 11/5にGoogleのロゴが赤池弘次さんになっていたので、赤池さんが書いたものをググって読んでみました。次の2つ(どちらも1980年の論説): https://t.co/2yI8DNOy7N 統計的推論のパラダイムの変… https://t.co/pOAiRF8Pew

フォロー(386ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @urano_shinjcp: 「ダムすげー!八ツ場ダムのおかげ」と言う前に「調節池すげー!」と言うべきではないのか? 柏市と守谷市の3つの調節池で八ツ場ダムの総容量に匹敵する洪水調節力がある。同容量なら上流のダムより、下流の調節池の方が、下流域の水位への影響はずっと大き…
RT @sunbaiman: 大雨と六価クロム漏洩の関係性はこのような論文にまとめました。何度も何度も現場に通いつめて、降水量50ミリ以上で漏れだすことを明らかにしました。https://t.co/XuFX9KhSNd
#統計 赤池弘次さん自身によるKullback-Leibler情報量とそのSanovの定理と使い方に関する解説が https://t.co/hP2yrrP150 エントロピーとモデルの尤度 赤池 弘次 1980 にある。(相対… https://t.co/CJebrVm5Tw
総ルビが原則の社会にもどす。それは、そうなるといいなとおもう。あと、これまでの「地域社会を支えてきた教養」ってなんだろう。戦前の隣組とか自警団みたいなもののなごりはないのかな。RT> 「明治地方自治体制と町内会」https://t.co/3gR69UrZsp
RT @Moyollon: やさしい日本語が話題なので 野元弘幸(1999)「多文化社会における教養の再構築ー外国人住民の非識字問題を中心にー」『教育學研究』第66号、第4巻、p.436-442 https://t.co/iPNWwhTdxo https://t.co/OGJb…
RT @shiki_okasaka: 「やさしい日本語(共生)」の究極の目標 >「やさしい日本語」が無標になり,だれもが意識せずに話す日本語が「やさしい日本語」になる社会,そうした忘却の光栄を究極の目標としつつ https://t.co/5vOGXdeb09
RT @ballforest: 連続時間制御と離散時間制御理論の融合 https://t.co/IlNpSZjadN
Single-molecular and Ensemble-level Oscillations of Cyanobacterial Circadian Clock published as:… https://t.co/RcupQOgKXC
このカマツカの口のモジャモジャした部分は何だろうというのは人類が抱く共通の疑問と信じているのですが、組織学的には「味がわかる」部分であるらしいことがすでに報告されています。  https://t.co/9duhiFHe0s
@TksmaU 糸井先生といえば2012年11月に開催された日本ロールシャッハ学会第16回大会シンポジウムでの内容も私には衝撃的でした。ぜひ読ませていただきたいと思います。ご紹介ありがとうございます。 CiNii 論文 -  発… https://t.co/Qclhm01xla
RT @breathingpower: “EM菌に関しては経験者の方で「有効」と答える比率が有意に増加した(Table9:Fisherの正確確率検定,p=0.0007)” https://t.co/kLKH3feT4c 学校でEM菌を教えられた子どもたちはEM菌が正しいと信じる…
@ioloa_N 既に読んでいるかも分からないけど一応、1987年時点でのSVMの解説論文(多分)。SW素子はバイポーラになっていて電圧ベクトルは6個。常広譲先生か 村井由宏先生でjstage検索してそれっぽいの見ていけば何か分か… https://t.co/AXF35TvoBh
@ioloa_N 空間ベクトル変調の初出は1983年の国際会議IPECらしいのだが、この論文は入手できてないので厳密な歴史はちょっと分からん。それより古い関連しそうな論文ではSW素子ががサイリスタでセクタ=電圧ベクトルが12個なの… https://t.co/lAxE6DfsEM
国会図書館のデジタルコレクションで屋久島原生自然環境保全地域調査報告書がダウンロードできて感動した https://t.co/6wPz7zvFPf
J-STAGE Articles - 地すべり運動を磁気特性から探る-リングせん断試験の供試体を用いた帯磁率および残留磁化実験による検討- https://t.co/a5Qdum0T6l
しりたかったことをしらべた論文があった。
歌中に漢字を交えない原則 ― 高野切本古今和歌集の復元 https://t.co/uoMQHmF5QR
メモ: 「くずし字」教育と高等諸学校 : 名古屋高等商業学校の事例を中心として https://t.co/0LY6daoHCe
RT @lp_announce: "日本統治時代のパラオには、「日本内地人」を「一等国民」、「沖縄人」を「二等国民」、「島民」を「三等国民」とする社会的序列があったと言われる" CiNii 論文 -  まなざしの呪縛 : 日本統治時代パラオにおける「島民」と「沖縄人」をめぐっ…
RT @syuichiao89: 低所得者では医師の診察を受ける機会が少なく入院が多い。 J-STAGE Articles - Household Income Relationship With Health Services Utilization and Healthc…
@caprest BOSSとかいうのは、楽観的MDPをベイズ的に扱っているのでそれっぽいかなーと思います https://t.co/UEruNX7vpW 牧野先生のサーベイもおすすめです(「これからの強化学習」の中にも同様のもの… https://t.co/rEMuMDLBXI

フォロワー(736ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @urano_shinjcp: 「ダムすげー!八ツ場ダムのおかげ」と言う前に「調節池すげー!」と言うべきではないのか? 柏市と守谷市の3つの調節池で八ツ場ダムの総容量に匹敵する洪水調節力がある。同容量なら上流のダムより、下流の調節池の方が、下流域の水位への影響はずっと大き…
RT @sunbaiman: 大雨と六価クロム漏洩の関係性はこのような論文にまとめました。何度も何度も現場に通いつめて、降水量50ミリ以上で漏れだすことを明らかにしました。https://t.co/XuFX9KhSNd
総ルビが原則の社会にもどす。それは、そうなるといいなとおもう。あと、これまでの「地域社会を支えてきた教養」ってなんだろう。戦前の隣組とか自警団みたいなもののなごりはないのかな。RT> 「明治地方自治体制と町内会」https://t.co/3gR69UrZsp
RT @Moyollon: やさしい日本語が話題なので 野元弘幸(1999)「多文化社会における教養の再構築ー外国人住民の非識字問題を中心にー」『教育學研究』第66号、第4巻、p.436-442 https://t.co/iPNWwhTdxo https://t.co/OGJb…
RT @shiki_okasaka: 「やさしい日本語(共生)」の究極の目標 >「やさしい日本語」が無標になり,だれもが意識せずに話す日本語が「やさしい日本語」になる社会,そうした忘却の光栄を究極の目標としつつ https://t.co/5vOGXdeb09
RT @ballforest: 連続時間制御と離散時間制御理論の融合 https://t.co/IlNpSZjadN
連続時間制御と離散時間制御理論の融合 https://t.co/IlNpSZjadN
RT @oikawamaru: このカマツカの口のモジャモジャした部分は何だろうというのは人類が抱く共通の疑問と信じているのですが、組織学的には「味がわかる」部分であるらしいことがすでに報告されています。  https://t.co/9duhiFHe0s
このカマツカの口のモジャモジャした部分は何だろうというのは人類が抱く共通の疑問と信じているのですが、組織学的には「味がわかる」部分であるらしいことがすでに報告されています。  https://t.co/9duhiFHe0s
RT @ballforest: やまにしせんせのこれは要チェックですぜ / 記述長最小原理の進化:基礎から最新の展開 https://t.co/kFOZiLaFdG
@TksmaU 糸井先生といえば2012年11月に開催された日本ロールシャッハ学会第16回大会シンポジウムでの内容も私には衝撃的でした。ぜひ読ませていただきたいと思います。ご紹介ありがとうございます。 CiNii 論文 -  発… https://t.co/Qclhm01xla
視覚障害者とパソコン その歴史をたどるhttps://t.co/diVYjpC8FI 日本語ワープロが製品化されるまでhttps://t.co/aP7Dk5YOWC
点字を数学的に読み取るhttps://t.co/cQBGf1ak80 点字と手話と自然言語処理https://t.co/SXOLDmCkaM
@ioloa_N 既に読んでいるかも分からないけど一応、1987年時点でのSVMの解説論文(多分)。SW素子はバイポーラになっていて電圧ベクトルは6個。常広譲先生か 村井由宏先生でjstage検索してそれっぽいの見ていけば何か分か… https://t.co/AXF35TvoBh
@ioloa_N 空間ベクトル変調の初出は1983年の国際会議IPECらしいのだが、この論文は入手できてないので厳密な歴史はちょっと分からん。それより古い関連しそうな論文ではSW素子ががサイリスタでセクタ=電圧ベクトルが12個なの… https://t.co/lAxE6DfsEM
国会図書館のデジタルコレクションで屋久島原生自然環境保全地域調査報告書がダウンロードできて感動した https://t.co/6wPz7zvFPf
J-STAGE Articles - 地すべり運動を磁気特性から探る-リングせん断試験の供試体を用いた帯磁率および残留磁化実験による検討- https://t.co/a5Qdum0T6l
RT @rarara_chem: 山本 裕子氏の博士論文の博士論文の6ページ目の下の方、 https://t.co/XoD6tqOT9g Phys. Med. Biol. 45 (2000) R1–R59, Prospects for in vivo Raman spectro…
RT @rarara_chem: 山本 裕子氏の博士論文の博士論文の7ページ目のイントロダクション部分、 https://t.co/XoD6tqOT9g Medical Imaging Technology (Authors: Victor Mikla Victor Mikla…
しりたかったことをしらべた論文があった。
歌中に漢字を交えない原則 ― 高野切本古今和歌集の復元 https://t.co/uoMQHmF5QR
メモ: 「くずし字」教育と高等諸学校 : 名古屋高等商業学校の事例を中心として https://t.co/0LY6daoHCe
RT @lp_announce: "日本統治時代のパラオには、「日本内地人」を「一等国民」、「沖縄人」を「二等国民」、「島民」を「三等国民」とする社会的序列があったと言われる" CiNii 論文 -  まなざしの呪縛 : 日本統治時代パラオにおける「島民」と「沖縄人」をめぐっ…
RT @syuichiao89: 低所得者では医師の診察を受ける機会が少なく入院が多い。 J-STAGE Articles - Household Income Relationship With Health Services Utilization and Healthc…
RT @MT_urawatomiki: 被害者連絡会代表松藤氏のツイート。マジで「質問の意味がわかりません」だよ。https://t.co/8LWpZ6l7nG て云うか複数の型に感染してる上で統計から「ハイリスク型(16/18他)・ローリスク型」が判ったんじゃないの?16/1…
@caprest BOSSとかいうのは、楽観的MDPをベイズ的に扱っているのでそれっぽいかなーと思います https://t.co/UEruNX7vpW 牧野先生のサーベイもおすすめです(「これからの強化学習」の中にも同様のもの… https://t.co/rEMuMDLBXI