著者
木川田 朱美 吉田 光男 辻 慶太
出版者
日本図書館情報学会
雑誌
第58回日本図書館情報学会研究大会発表要綱
巻号頁・発行日
pp.1-4, 2010-10

本稿では、各都道府県が青少年保護育成に関する条例により図書類を有害図書類として指定する、いわゆる有害図書規制に関して、指定された図書に関する情報が散逸している問題について指摘する。その問題を解決し、規制の実態や有効性を明らかにするための量的調査を容易にするために、各都道府県が指定した有害図書等に関する情報を収録したデータベースを提案し試作する。

言及状況

はてなブックマーク (13 users, 13 posts)

[あとでよむ][表現][規制][図書館]
[表現規制][論文]
[論文][表現の自由][図書館] 木川田朱美、吉田光男、辻慶太(2010)。
[規制][book][db][表現の自由][図書館] なんだあいつらこんなの作ってたのか。チェックしてなかった。
有害図書規制は1950年に岡山県で始まり長野県を除く46都道府県で運用だが、データは各県に散逸したまま資料公開及び、網羅的調査研究もされてない。
有害図書データベースの試作と有害図書の分析

Twitter (48 users, 57 posts, 56 favorites)

関連してないけどTKBでこんなのあるのか:つくばリポジトリ https://t.co/Uyd4Ep1H9i
マンガの内容に立ち入った分析のできる知り合い研究者が増えてきたので、この研究を再開させたいな。少し大きめのグランドを書いてみるか。 / 有害図書データベースの試作と有害図書の分析 https://t.co/I82zPHvvQH
@zetman2015 参考にしたのがこれですが、この資料でも半分、今年も最新が公開されてたのがさらに半分といったところでしょうか https://t.co/IGCLwEWb5C
http://t.co/gNJePGLQEv 公表してる県が半々くらいか
ICTプロジェクトの枠が余っているようなので、予算要らないから http://hdl.handle.net/2241/106618 を完成させるとか。いやー、システムそのもので新規性主張するのは無理くさいんですが。
@t_narita されてないんですっけ ご参考)http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/handle/2241/106618
http://hdl.handle.net/2241/106618 ( #l1gp live at http://ustre.am/nMuz)
ボトルネックは静岡県。「緊急指定は書店等に通知することで告示に代えることが出来る」という規定。まったく静岡県は。 QT有害図書データベースの試作と有害図書の分析http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/handle/2241/106618
これはすげぇぇー でも各県とも形式がまちまちなので課題は多そうだ。 有害図書データベースの試作と有害図書の分析http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/handle/2241/106618
ぼくも宣伝。こんなデータベース作っています。もうすぐ出来ます。「有害図書データベースの試作と有害図書の分析」 http://hdl.handle.net/2241/106618
定期ポスト 「有害図書データベースの試作と有害図書の分析」 http://hdl.handle.net/2241/106618
そろそろ、自分がファーストオーサーになっている原稿も、つくばリポジトリで公開するか。 http://hdl.handle.net/2241/106618 (ファイル名のリネームは行わないようなので、提出する時は注意せねば)

収集済み URL リスト