オレオレオレだよオレ(アレ) (@ororeoredayoore)

投稿一覧(最新100件)

つづき9)そして、それが要約としてもおかしいことを確認されたい。原典 https://t.co/USTr6SAHtG は、頻度と是認度の比例関係を示していない。二群の対照しか行っていないからである。渡辺は、ここまで念入りに自説を補強している。
@ororeoredayoore あ、これ、参照先は https://t.co/0E3XdG9gJN です。
福富護「雑誌メディアに見られる性表現と男女描写」 https://t.co/Fe62J8Zu9h これの検索語は有害図書以外。この論文は、ある時期の雑誌各種の分析なので、世間で語られた事象にはまるっきり繋がらない。
前田稔”公立図書館における児童の「保護」について” https://t.co/12W7LP9Qia 素人向けの簡単な説明といった雰囲気で、芋蔓そのものがあんまりない。なお、このシリーズはここまで今世紀。やっぱり判例にならんといぢってもらえんもんだなあ。
杉原周治「ドイツ青少年保護法における有害図書規制」 https://t.co/pylDc9mN96 題目通りドイツの話なので、日本の現象に繋がる線はなし。
松村芳明「判例評釈 : 福島県青少年健全育成条例による有害図書類の規制に関する判決」 https://t.co/CHp5eeL7g4 判例評釈なので、条例のざっとした説明と他も含む判例への言及が中心で、別途検索された文献(詳細未… https://t.co/wLvtL0KDP7
RT @MxIxTxBx: ▼「戦後憲法は日本の権力者、抑圧者、搾取者、差別者に押しつけられた」とポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS、#ポルノ会)https://t.co/DUgNq5LqrO ちなみにPAPSの母体となったAPP研の角田由紀子弁護士は「改憲して皇室廃止を…
セックスワークサミット出演を断った事情 1—ホワイトハンズの何が問題か 1-(松沢呉一) https://t.co/HZJzF7FLPi 簡単に紹介されている草山論文が誰でもすぐ読める https://t.co/tlZfEryXEq のでとりあえず読んでみる。
近江龍一他2「ドメインにより意味が変化する単語に着目した猥褻な表現のフィルタリング」 https://t.co/xW9uH2kBJO 何をもって猥褻としたかと境界線上の判断例について言及がない。仮説の提示にすらならない駄論文である。発表要旨だからそこまでというなら致し方なしか。
平川和子「ことばで人を包むという仕事」 https://t.co/xq8fleIrq6 この方法論と洗脳セミナーはいったい何が違うのか…というあたりを細かく考えてみたい。
経肛門的にウオッカを注入し発症した化学性(アルコール性)直腸結腸炎の1例 https://t.co/AvV52yyGw1 世の中には症例の種を自ら作る方もいるんだなぁ…ああ判例もかw
山岡規雄・元尾 竜一「諸外国における戦後の憲法改正【第4版】」 https://t.co/KuPYo6wZxY 2014年のものである。改めて読むと勉強になるというか、そりゃそうだよなというべきか。
渡辺富久子「【ドイツ】売春に従事する者の権利を保護するための法律」 https://t.co/f8iYulDh2j 外国の立法誌の記事である。いずこも変わらぬようで、独自の正義に基づく主張が五月蝿いようである。
後藤 弘子「絶望の共有からの出発 ─フロアとのやり取りに触発されて─」 https://t.co/InM3e2boLU 木嶋佳苗事件を美しい建前に沿って語る一方で加藤智大を性差別の文脈で断罪する出だしでもうおなかいっぱい。(つづく
公明党の方が仰せの有害図書には、これ https://t.co/11IIR7aDwC とかこれ https://t.co/p8wPwSgGE0 とかこれ https://t.co/e2mY8Rf1II なんかは含まれるんですやろかという素朴な疑問。
公明党の方が仰せの有害図書には、これ https://t.co/11IIR7aDwC とかこれ https://t.co/p8wPwSgGE0 とかこれ https://t.co/e2mY8Rf1II なんかは含まれるんですやろかという素朴な疑問。
公明党の方が仰せの有害図書には、これ https://t.co/11IIR7aDwC とかこれ https://t.co/p8wPwSgGE0 とかこれ https://t.co/e2mY8Rf1II なんかは含まれるんですやろかという素朴な疑問。
1/6 角田由紀子「書評 -中里見博『ポルノグラフィと性暴力 -新たな法規制を求めて』」(2008年) https://t.co/fl7wXNTJ2H について。
岡野八代「現代における「希望」の在処 -ハンナ・アーレントと『想起の政治』」(2007年) https://t.co/EoIRl4NAa5 を読んだ。(しばらくつづく
中里見博「ポスト・ジェンダー期の女性の性売買 -性に関する人権の再定義」(2007年) https://t.co/5z6QU0mFjY に目を通してみた。(つづく
RT @JuuichiJigen: 小保方晴子氏の博士論文の審査員は、  常田聡 早稲田大学教授  武岡真司 早稲田大学教授  大和雅之 東京女子医科大学教授  Charles A. Vacanti (チャールズ・A・ヴァカンティ) ハーバード大学教授 の4人です。 http…

3 0 0 0 婦人新報

一部で大人気の婦人新報って、所蔵館がえらく少ないんだなぁ…とかそんなことを確認する朝。 http://t.co/kXFMNNk7eQ
前田稔「公立図書館における児童の『保護』について」京都大学生涯教育学・図書館情報学研究4号200503 http://t.co/Ip99gFHxft 。あっさりとした、言わずもがなの事項の再確認にとどまる雰囲気の簡潔なアレ。【シリーズ最近読んだもの】
吉川仁「『有害』図書規制と『図書館の自由』」中京大学教養論叢34巻1号199307 http://t.co/fLn451OWSX 。 ポルノ漫画への注視と図書館への着眼は斬新かも知れないとかそういうアレ。【シリーズ最近読んだもの】
CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究 http://t.co/OsSTFNjH0O #CiNii オレだよオレはどんな推定をされるなんだろうか…(どきどき
東野充成「児童買春・児童ポルノ処罰法立法過程に見る子ども観 」共栄学園短期大学研究紀要21号2005年3月 http://t.co/0HJXPQvocq 。非法学系からの、法律論に深入りしない分析ぶりの痒いところに手が届き切らない感じがアレ。【シリーズ最近読んだもの】
曽我部真裕「青少年健全育成条例による有害図書類規制についての覚書」京都大学法学論叢170巻4-6号(2012年3月)。入手は容易 http://t.co/YwtRS3jwHj 。その方面に詳しいと食い足りないが素人には難しいんじゃないかな…【シリーズ最近読んだもの】

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(617ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @mittsko: 韓敏(編)『近代社会における指導者崇拝の諸相』国立民族学博物館調査報告 No.127,2015年3月. 目次 https://t.co/GFsnEtlbfi ダウンロード https://t.co/VZFWLu5TmF

2 2 2 0 OA 性質

【PDF】古代鉄金物の冶金学的調査(堀川一男、1961年) https://t.co/TL6xE1fnN3 一口に「古釘」と言っても炭素などの含有量は製造時期・場所ごとにバラバラだから、一概に古釘が尊いというわけではなさそう。精錬は必要。
とりあえず、TLに流れてきたこの論文を時間があるときに読んでみよう。 https://t.co/Xb0WVt3MUW
RT @tanukino1964: @ms07bken @gunner_ike 恐れ入ります、はじめまして。カナダの先住白人による、日系移民排斥の背景がありました。自由と平等を勝ち取るためでありました。以下の論文をご紹介申し上げます。https://t.co/LJTkWbL2jj
RT @lm700j: 戦前期における京都市電・市バスの利用に関する一考察 https://t.co/fhXuA8gQeU
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…
あとこれも読みたい。 https://t.co/QetNjqeqHw
東京大学にあったのか。 https://t.co/xeUy5DNnwN https://t.co/gUnwBNXyrc
東京大学にあったのか。 https://t.co/xeUy5DNnwN https://t.co/gUnwBNXyrc

フォロワー(383ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @mittsko: 韓敏(編)『近代社会における指導者崇拝の諸相』国立民族学博物館調査報告 No.127,2015年3月. 目次 https://t.co/GFsnEtlbfi ダウンロード https://t.co/VZFWLu5TmF
RT @EARL_Med_Tw: 咽頭の診察所見(インフルエンザ濾胞)の意味と価値の考察(日大医誌 2013;72:11-8) https://t.co/GGNuToNzyD インフルエンザ疑いの患者を診察する時は必ず喉を見ましょう。迅速キット陰性の早期でも見られることは多い…
RT @inakatoko: 筋肉量の減少(&機能の低下)サルコペニアについての、ネットで閲覧可能な海道利実先生の記事 https://t.co/ChkWRqhk5V
RT @cm3: オープンアクセスとクリエイティブ・コモンズ採用における注意点:開かれた研究成果の利活用のために https://t.co/alhuvVQm0T CCコンテンツでの著作権のコンタミ対処、法の専門家がこういう実践的知識を論文に書いてくれたのありがたい https:…
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…
RT @finalvent: マラリ事件は単純な反日の枠組みで考えないほうがいいと思いますよ。参考: https://t.co/v8ccbtlWzx https://t.co/F76jXcPOyR
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…
あとこれも読みたい。 https://t.co/QetNjqeqHw
東京大学にあったのか。 https://t.co/xeUy5DNnwN https://t.co/gUnwBNXyrc
東京大学にあったのか。 https://t.co/xeUy5DNnwN https://t.co/gUnwBNXyrc