著者
齋藤 雅史 伊藤 毅志
雑誌
ゲームプログラミングワークショップ2022論文集
巻号頁・発行日
vol.2022, pp.159-166, 2022-11-04

現在,将棋AI はプロ棋士をはるかに凌駕するレベルにある.それに伴って,近年ではプロ棋士が将棋AI を用いた将棋研究を行うことが普通になってきた.こうした背景から,将棋AI が近年のプロ棋士の棋譜に大きな影響を与えていると言われているが,実際にどのような影響が生じているのかについて,定量的分析を行った研究はまだ少ない.そこで,本研究では将棋AI を用いて近年のプロ棋士の棋譜に現れる変化を定量的に分析した.その結果,強い将棋AI が普及し始めた2017 年前後において,プロ棋士の棋譜は将棋AI との一致率が有意に高くなることが示された.また,平均損失を調べたところ,序盤(40 手目まで)では平均損失の上昇が見られたが,中盤以降(41 手目以降)ではA 級棋士以外上昇が認められなかった。

言及状況

はてなブックマーク (7 users, 7 posts)

[将棋][論文][人工知能] via https://twitter.com/tayayan_ts/status/1595001918769987584
“本研究では将棋AI を用いて近年のプロ棋士の棋譜に現れる変化を定量的に分析した.その結果,強い将棋AI が普及し始めた2017 年前後において,プロ棋士の棋譜は将棋AI との一致率が有意に高くなることが示された.”

Twitter (198 users, 200 posts, 603 favorites)

おーこれか 将棋AI がプロ棋士の棋譜に与えた影響 ―定量的分析からの考察― https://t.co/ZaVhTUeLVP
将棋AIの力を借りて戦略を上げることは、序盤は皆可能。40手以上の攻防になると、AIによる上昇は一部のA級棋士…上級者に限られる。 「序盤ー終盤までAIを駆使できるのは一部の上級者のみ」との読み方も出来る。しかし、将棋AIと棋士の相性の問題もあり、一概に言えない。 https://t.co/ULcwH6jvYw https://t.co/ZSl7vMN9Cr
読んだ。手を「打つ」と書いていたのが気になった。 「将棋AI がプロ棋士の棋譜に与えた影響」 情報学広場:情報処理学会電子図書館 https://t.co/UhzySQyfLA
読んでる。齋藤雅史・伊藤 毅志「将棋AI がプロ棋士の棋譜に与えた影響 ―定量的分析からの考察―」 ゲームプログラミングワークショップ2022論文集所収 https://t.co/uQOl1FErGR
将棋AI がプロ棋士の棋譜に与えた影響 ―定量的分析からの考察― 興味深い論文ですね。直近10年における40手目以降の平均損失(1手平均でどれだけ将棋AI最善から評価値を落としたかの値。棋力と相関あり)は、A級棋士のみ有意に向上しており、その他のクラスでは差がないと。 https://t.co/LO0w8Pi5hq
「本研究では将棋AI を用いて近年のプロ棋士の棋譜に現れる変化を定量的に分析。2017 年前後においてプロ棋士の棋譜は将棋AI との一致率が有意に高くなった。中盤以降(41 手目以降)ではA 級棋士以外上昇が認められなかった」 やはりA級棋士は違うのか! https://t.co/rgtzgqmjns

収集済み URL リスト