著者
千田 稔
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究 (ISSN:09150900)
巻号頁・発行日
vol.35, pp.405-419, 2007-05-21

古代日本における政治・軍事権力の頂点に立つ者に対して、天皇という称号が用いられたが、その称号が用いられる以前は大王であった。大王から天皇へと称号が変わったのは、いつ頃かについては、これまで多くの議論があった。現在においても、その時期については、断案がない。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 13 favorites)

「天皇」号成立推古朝説の系譜 : もう一つの邪馬 台国論争的状況 https://t.co/eZwaPMWpJd
5 5 https://t.co/OdgOW0UWRO
【資料】日文研オープンアクセスに、千田稔氏の論文「「天皇」号成立推古朝説の系譜 もう一つの邪馬台国論争的状況」(日本研究35 2007/05/21)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/r4GCPA915b

収集済み URL リスト