著者
鈴木 翔 須藤 康介 荒川 智美 寺田 悠希 澁谷 功太郎
出版者
東京大学大学院教育学研究科
雑誌
東京大学大学院教育学研究科紀要 (ISSN:13421050)
巻号頁・発行日
vol.51, pp.103-116, 2012-03-10

The purpose of our study is to make clear the significance of a boyfriend or girlfriend for junior high school students. For this purpose, we firstly investigated the determining factors of having a boyfriend/girlfriend, and then clarified the effects of the fact that one has a boyfriend/girlfriend on their self-consciousness. As a result of our analyses, we got following two findings. First, there are various factors which determine whether junior high school students have a boyfriend/girlfriend or not, and the factors differ according to each student's gender. Furthermore, the levels of academic accomplishment of the school also make a difference. Second, when we analyze the effects of that fact on their self-consciousness, it is necessary to consider not only the very thing that one has a boyfriend/girlfriend or not, but also if she or he is likely to have a boyfriend/girlfriend. Our analysis suggests that a success in love for girls in junior high has a more complex meaning compared with that for boys.

言及状況

はてなブックマーク (4 users, 4 posts)

Twitter (80 users, 92 posts, 101 favorites)

JAIRO | 恋人の有無が中学生の意識に与える影響 「恋人のできやすさ」に着目して  http://t.co/SSsaoyXEQE
そして眩しくて読めない http://t.co/QPaL5gUq2X
共著者に友人が…笑 “@ceekz: 有益な研究だ。 / 恋人の有無が中学生の意識に与える影響 : 「恋人のできやすさ」に着目して http://t.co/J8FfBMLzIY”
へー…いろんな研究があるもんだ…中学や高校くらいで恋人ごいる女子は問題を抱えている可能性が高い…RT @iCharlotteblue: これだ。「恋人の有無が中学生の意識に与える影響――「恋人のできやすさ」に着目して――」http://t.co/cQRIgxSFWk
“JAIRO | 恋人の有無が中学生の意識に与える影響 : 「恋人のできやすさ」に着目して” http://t.co/GGoypLvOEH
有益な研究だ。 / 恋人の有無が中学生の意識に与える影響 : 「恋人のできやすさ」に着目して http://t.co/ULmAaed818
面白そうな論文→恋人の有無が中学生の意識に与える影響 : 「恋人のできやすさ」に着目して http://t.co/3LRrYuaE
こうやって論文情報を公開する仕事してます。ようやく仕事に張り合いがでてきた。 “@udohebi: 鈴木翔さんの論文、これですな。おもしろそう!#Life954 http://t.co/SHA173W3”
“JAIRO | 恋人の有無が中学生の意識に与える影響 : 「恋人のできやすさ」に着目して” http://t.co/Og9irll6
「以上のことから、中学生の恋愛は、恋人に高い社会的地位を期待するという将来への合理性を伴っていないのみならず、日常生活における充実感を獲得するといった現在の合理性も伴っていないことが示唆される。」 http://t.co/UAqBVWvg
「さらに、恋人がいることは、恋人ができにくい男子を除いては、学校生活満足感と自己肯定感を高めることはないことも示された。」 http://t.co/UAqBVWvg
「また、本稿では、家庭の経済的な豊かさや学業成績などの将来の社会的地位につながりうる要素が恋人の有無に明確な影響を与えていないことが明らかになった。特に、女子においては学業成績が負の影響を与えていた。」 http://t.co/UAqBVWvg
φ(. .) RT @NaOHaq: 『恋人の有無が中学生の意識に与える影響 : 「恋人のできやすさ」に着目して』 鈴木, 翔 , 須藤, 康介 , 荒川, 智美 , 寺田, 悠希 , 澁谷, 功太郎, 東京大学大学院教育学研究科紀要 http://t.co/Vn4IbwLH
『恋人の有無が中学生の意識に与える影響 : 「恋人のできやすさ」に着目して』 鈴木, 翔 , 須藤, 康介 , 荒川, 智美 , 寺田, 悠希 , 澁谷, 功太郎, 東京大学大学院教育学研究科紀要 http://t.co/UAqBVWvg
なぜだ。優等生・文化部女子。いいじゃないか!RT@littlehempknot 女子は校内成績のよさや文化部への所属が恋人の有無においては負の効果/(^O^)\http://t.co/BBD3pcIc
なんでボクがモテたのかよく分かる気がする http://t.co/FZkaAYZU
使用する変数がエグイ。 恋人の有無が中学生の意識に与える影響 : 「恋人のできやすさ」に着目して http://t.co/Z5t2ExSy http://t.co/TSg7ZPYA
恋人の有無が中学生の意識に与える影響 : 「恋人のできやすさ」に着目して(51pp.103 - 116 , 2012-03-10 , 東京大学大学院教育学研究科 ) http://t.co/Z5t2ExSy
へー「高学力校の男子ではより内面的な能力が恋人の有無を作用し,低学力校ではより外面的な属性が恋人の有無に影響するという対比ができる。」 RT @parosky1: 恋人の有無が中学生の意識に与える影響 http://t.co/vsK1ABtW
http://t.co/6k74iil2 帰ったらよも
なにこれ…(iPadに入れた)RT @parosky0 恋人の有無が中学生の意識に与える影響 http://t.co/s50vEni2 プリントアウトした
恋人の有無が中学生の意識に与える影響 http://t.co/r5R7dyNU プリントアウトした

収集済み URL リスト

http://jairo.nii.ac.jp/0021/00026957 (84)