8 0 0 0 OA 照明教室

著者
正木 光
出版者
一般社団法人 照明学会
雑誌
照明学会雑誌 (ISSN:00192341)
巻号頁・発行日
vol.43, no.2, pp.60-62, 1959-02-25 (Released:2011-07-19)
著者
小穴 純
出版者
一般社団法人 照明学会
雑誌
照明学会雑誌 (ISSN:00192341)
巻号頁・発行日
vol.33, no.6, pp.158-164, 1949-08-25 (Released:2011-07-19)
参考文献数
8
被引用文献数
1

5 0 0 0 OA 燈火の管制

著者
岩下 新太郎
出版者
一般社団法人 照明学会
雑誌
照明学会雑誌 (ISSN:00192341)
巻号頁・発行日
vol.12, no.4, pp.230-242, 1928 (Released:2010-10-27)

國家の力を以て重要都市及其近郊に於ける全燈火を管理統制することは職時都市の防空上極めて重要である。是れ夜間都市攻撃の爲め來襲する敵機をして目標地の發見竝之への近接を困難ならしむる爲めに大な値を有するからである。而して此事は平時より計書的に綿密に準備して置ぐにあらざれば實行の圓滑崔實は得期すべからざるものである。
著者
兵頭 正明
出版者
照明学会
雑誌
照明学会雑誌 (ISSN:00192341)
巻号頁・発行日
vol.58, no.5, pp.229-231, 1974-05
著者
関 亮
出版者
一般社団法人 照明学会
雑誌
照明学会雑誌 (ISSN:00192341)
巻号頁・発行日
vol.61, no.11, pp.636-641, 1977-11-25 (Released:2011-07-19)
参考文献数
16
被引用文献数
2
著者
原田 保之助 高間 繁
出版者
The Illuminating Engineering Institute of Japan
雑誌
照明学会雑誌 (ISSN:00192341)
巻号頁・発行日
vol.12, no.3, pp.168-177, 1928

本文は最近開通せる本邦最初の地下鐵道の照明に就き調査せる結果である。大膿の照度は床上80糎の照面に於て, 停車場及プラットホーム25乃至50米燭, 電車丙37米燭であつた。
著者
大島 祐之
出版者
一般社団法人 照明学会
雑誌
照明学会雑誌 (ISSN:00192341)
巻号頁・発行日
vol.49, no.2, pp.73-84, 1965-02-25 (Released:2011-07-19)
参考文献数
69
被引用文献数
1 1
著者
正木 光 田中 一
出版者
一般社団法人 照明学会
雑誌
照明学会雑誌 (ISSN:00192341)
巻号頁・発行日
vol.47, no.6, pp.234-239, 1963 (Released:2011-07-19)
参考文献数
11
被引用文献数
3 3

For the measurement of the extinction coefficient of light through the atmosphere, the layout of instruments on a large scale is usually needed. Methods to estimate the extinction coefficient σ or σλ by measurements with simple portable instruments and computations are studied.In the first method, targets shown in Fig. 3 are used and σ is estimated from the reduction of contrast and the known values of contrast threshold.In the second method a is obtained from the visual range of large dark objects.In the third method σ is estimated from the change of apparent luminance of natural objects with distance. The spectral extinction coefficient σλ is computed by equations (11) from the change of apparent colors, where σλ is assumed to be σo (λo/λ) n. Thereby electronic computation is applied and the solution is obtained graphically.Though high accuracy is not expected from these methods, a large number of data are easily obtained because of experimental simplicity and they can be applied to the discussion of visibility for the traffic safety.