著者
田浦 太志
出版者
九州大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2002

本年度は昨年度に引き続き、アグロバクテリウム法による大麻への遺伝子導入システムの確立を検討した。まず大麻成分生合成酵素であるTHCA synthase及びOLA synthaseのセンス及びアンチセンス遺伝子を有するアグロバクテリウムを大麻幼植物および培養細胞に感染させ、各種ホルモン添加によりカルスあるいは不定胚の形成を検討した。この結果、不定胚は得られなかったものの組み換えカルスを安定的に得る方法を確立した。しかしながら得られた組み換えカルスの成長速度が極めて遅く、多くがサブカルチャー中に枯死したため組み換え体を植物体として得るには至らなかった。そこで新たな方法として、細胞培養を必要としない形質転換法として近年注目を集めているFloral Dip法について検討を行った。材料として本学薬用植物園で栽培した開花時期の大麻雌株を用い、その地上部を上記アグロバクテリウムの培養液に数秒間浸すことにより感染させ、次いで、グロースチャンバー中で短日処理を行うことにより種子の成熟を検討した。しかしながら、アグロバクテリウム処理した植物体はダメージが大きく、種子を成熟させるに至らないことが判明した。Floral Dip法を行う際に、植物体をSilwet L-77などの薬剤で処理することで損傷を免れた例が報告されていることから、現在それらを含め、Floral Dip法の各種条件検討を行っており、今後、遺伝子導入を確認した種子について植物の栽培を行い、植物形態やカンナビノイド含量の変化について検討する計画である。本研究は遺伝子工学による組み換え大麻の作出とカンナビノイド含量のコントロールを目的としたが、本年度までにこれを達成するには至らなかった。しかしながら、本研究では細胞レベルで大麻を形質転換する方法の確立に成功しており、これは組み換え大麻作出に向けた重要な成果であると考えられる。

言及状況

Twitter (15 users, 21 posts, 8 favorites)

@Zbw6skb1tg7HlsB こんばんは。 確かに大麻解禁推進の方々はGMO反対の方が多いかもしれませんね。 これは特に隠されている情報でもないので、「大麻 遺伝子組み換え」で検索すれば色々な意見が見られると思います。 2つばかしリンク貼りますね。 https://t.co/rujvDdG137 https://t.co/TqMEketzET
https://t.co/JmfvT9o3LP https://t.co/fu2jHQmpLX https://t.co/TTDiAMMEbv https://t.co/c6T4CIG7GR
【大麻トリビア】 九州大学では文科省科研費によって、実際に大麻草を用いた医療及び産業利用目的の遺伝子組換え大麻を作る研究が行われていました。大麻は日本の学術的な分野でも注目されています。 医療及び産業応用を目的とした大麻新品種の遺伝子工学的手法による作出 https://t.co/97Qr9WkWzL
@nekogamisuteru 禅的なやりとりですよ
@nishikawa_z 私たちには殆ど知る機会がありませんが、驚くべきことに九州大学では科研費(文部科学省の支援を受けた研究)による大麻草を用いた医療及び産業利用目的の遺伝子組換え大麻を作る研究が行われています。 医療及び産業応用を目的とした大麻新品種の遺伝子工学的手法による作出 https://t.co/VH8ayQDoUi
私たちには殆ど知る機会がありませんが、驚くべきことに九州大学では科研費による実際の大麻草を用いた医療及び産業利用目的の遺伝子組換え大麻を作る研究が行われています。 医療及び産業応用を目的とした大麻新品種の遺伝子工学的手法による作出 https://t.co/VH8ayQDoUi
私たちには殆ど知る機会がありませんが、驚くべきことに九州大学では科研費による実際の大麻草を用いた医療及び産業利用目的の遺伝子組換え大麻を作る研究が行われています。 医療及び産業応用を目的とした大麻新品種の遺伝子工学的手法による作出 https://t.co/VH8ayQDoUi

収集済み URL リスト