著者
古久保 さくら 丸山 里美 高松 里江 須藤 八千代 山口 薫 茶園 敏美 小川 裕子
出版者
大阪市立大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2015-04-01

本研究は、1947~1997年に大阪府内に存在した婦人保護施設「生野学園」の50年間の記録・資料を主資料として研究を進めることにより、戦後日本の女性の貧困・困窮の実態について明らかにした。婦人保護施設は売春防止法により規定された施設であるが、その施設開設初期段階から家族のなかに居場所を失った多様な困難を抱える女性たちを受け入れ支援する場として存在したことが明らかになった。また、同時に「売春」と言われてきた行為について、性暴力・恋愛との連続性、言い換えれば客体化された被害者としての側面と主体化された行為者としての側面から概念を再検討する必要性も見えてきた。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

@officematsunaga 古久保さくら 氏 科研費 婦人保護施設から見た戦後日本の女性の貧困――貧困概念の再定義に向けて https://t.co/nCjQpH9uiS 研究分担者 5名 計6名 配分額 12,350千円 (直接経費 : 9,500千円、間接経費 : 2,850千円)

収集済み URL リスト